ニュース
» 2020年05月08日 13時40分 公開

CORSAIR、水冷機構を内蔵したミニタワー筐体採用のハイスペックゲーミングPC

リンクスインターナショナルは、CORSAIR製のミニタワー型ゲーミングPC「CORSAIR ONE i145s」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは5月8日、CORSAIR製のミニタワー型ゲーミングPC「CORSAIR ONE i145s」の取り扱いを発表、5月16日に販売を開始する。予想実売価格は36万1818円(税別)。

photo
photophoto CORSAIR ONE i145s

 本体サイズ172.5(幅)×200(奥行き)×380(高さ)mm、容量約12l(リットル)の省スペース筐体を採用したゲーミングPCで、CPUとしてCore i7-9700Kを、グラフィックスカードとしてGeForce RTX 2080 SUPERを搭載。CPUとGPUの水冷を実現する2基の水冷ユニットを内蔵しているのも特徴だ。

 メモリは32GB、ストレージは960GB M.2 NVMe SSD+2TB HDDを内蔵。ギガビット有線LAN、IEEE 802.11ac無線LAN、HDMI、DisplayPort×3なども標準で利用できる。OSはWindows 10 Home 64bitだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう