ニュース
» 2020年05月20日 12時44分 公開

富士通、APU採用のリビング向け15.6型スタンダードノートなど2シリーズを発表

富士通クライアントコンピューティングは、リビング利用に向く15.6型スタンダードノート「LIFEBOOK AH」シリーズなど計2シリーズの発表を行った。

[ITmedia]

 富士通クライアントコンピューティングは5月20日、15.6型スタンダードノート「LIFEBOOK AH」シリーズの新モデルを発表、5月22日から順次販売を開始する。ラインアップは下位構成の「AH42/E1」と上位構成の「AH43/E1」の2タイプを用意、価格はオープンだ。

photo LIFEBOOK AHシリーズ

 リビングでの利用を想定したスタンダード設計の15.6型ノートPCで、プロセッサとしてAMD製APUを搭載。下位のAH42/E1はAthlon Gold 3150Uを、上位のAH43/E1はRyzen 3-3300Uを装備した。ともにPCIe接続対応のSSDを内蔵、Office Home & Business 2019も標準で利用可能だ。


 この他、スマートな4辺狭額縁デザインを採用した23.8型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FH」新モデルを発表、6月4日から販売を開始する。価格はオープン。

photophoto ESPRIMO FHシリーズ

 フルHD表示対応の23.8型液晶ディスプレイを採用した一体型デスクトップPCで、Core i7-8565Uを搭載した上位構成の「FH70/E1」の他に下位モデルも用意。ストレージにはPCIe接続対応SSDを採用、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)無線LANもサポートしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう