ニュース
» 2020年09月25日 11時30分 公開

スマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」に新製品 9月25日から予約受付開始 EchoとEcho Dotは球体に

Amazonが「Amazon Echoシリーズ」のラインアップを刷新する。メインストリームの「Echo」と、ディスプレイ付きの「Echo Show 10」では、新たに機械学習プロセッサを搭載することでAlexa利用時の応答速度が大幅に改善するが、日本における対応は後日となる。

[井上翔,ITmedia]

 Amazon(アマゾンジャパン)は9月25日、同社のクラウド音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応するスマートスピーカー/スマートディスプレイ「Amazon Echoシリーズ」の新製品を4機種発表した。4機種のうち3機種は、同日からAmazon.co.jpで販売予約を受け付けている。

ファミリー

Amazon Echo(10月22日発売予定)

 新しい「Amazon Echo」は、従来のEchoと「Amazon Echo Plus」を統合したような製品となっており、球体デザインを採用している。ボディーカラーはチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3つで、Amazon.co.jpでの税込み販売価格は1万1980円となる。

Amazon Echo 新しいAmazon Echo(左からチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルー)

 新モデルは、3.0インチウーファーと2基のツィーターを搭載し、Dolby Audioにも対応している。空間の音響特性を検知して、自動的に音質調整を行う機能も備える。

 また、Bluetooth Low Energyに加えて「Zigbee」規格の無線通信にも対応することで、ホームハブとしての利便性を向上した。無線LAN(Wi-Fi)通信はIEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応する。

 さらに、新モデルでは米Amazonが独自開発した機械学習プロセッサ「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」を搭載している。このプロセッサにより、Alexaの応答速度を大幅に改善しているとのことだが、発売当初は米国でのみこの機能を利用できる。日本でも、今後のソフトウェア更新によって高速応答に対応する予定だ。

 本体サイズは約144(幅)×144(奥行き)×133(高さ)mm、重量は約940gとなる。

中身 ステレオスピーカーとツィーターを搭載して音質を改善
諸元 新しいAmazon Echoの仕様

Amazon Echo Dot(10月22日発売予定)

新しい「Amazon Echo Dot」は、先述の新しいEchoと同様の球体デザインを採用する。新たに本体をタップしてアラームをスヌーズ(遅延)させる機能も搭載した(Echo Dot with Clockにあった機能)。ボディーカラーはチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3つで、Amazon.co.jpでの税込み販売価格は5980円となる。

 本体サイズは約100(幅)×100(奥行き)×89(高さ)mmで、重量は約328gとなる。

Amazon Echo Dot 新しいAmazon Echo Dot(左からチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルー)
中身 Echo Dotはスピーカーがシングル(モノラル)となっている
諸元 新しいAmazon Echo Dotの仕様

Amazon Echo Dot with Clock(11月5日発売予定)

 新しい「Amazon Echo Dot with Clock」は、先述のEcho DotにLEDを使った時計を追加したモデル。その他の仕様はEcho Dotと同様だ。ボディーカラーはボディーカラーはグレイシャーホワイト、トワイライトブルーの2つで、Amazon.co.jpでの税込み販売価格は5980円となる。

Amazon Echo Dot with Clock 新しいAmazon Echo Dot with Clock(左がグレイシャーホワイト、右がトワイライトブルー)
諸元 新しいAmazon Echo Dot with Clockの仕様

Amazon Echo Show 10(2020年内出荷予定)

 新しい「Amazon Echo Show 10」は、10型液晶を搭載するスマートディスプレイで、1300万画素カメラを使ったビデオ通話にも対応している。ブラシレスモーターを内蔵すること、カメラを使って人の動きに合わせて本体の向きを変えることができる。ボディーカラーはチャコール、グレイシャーホワイトの2つで、Amazon.co.jpでの税込み販売価格は2万9980円となる予定だ。

Amazon Echo Show 10 新しいAmazon Echo Show 10(左がチャコール、右がグレイシャーホワイト)
背面 背面の様子

 新モデルでは、、2つのツイーターと強力なウーファーを内蔵し、自動音質調整にも対応する。画面を搭載していることを生かして、Amazon Prime Video、ひかりTV、ParaviやNetflix(後日対応予定)のコンテンツを再生することもできる。

 また、先述の新型Echoと同様に第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサを搭載し、Alexaの応答速度を向上している(日本での提供が後日予定であることも同様)。Zigbee規格のホームデバイスのハブ機能も追加されている。

 本体サイズは約251(幅)×230(高さ)×172(奥行き)mmで、重量は2560gとなる。

カメラ カメラには物理的なシャッターがある
諸元 Amazon Echo Show 10の主な仕様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう