連載
» 2020年12月23日 12時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:Appleの「HomePod mini」をひときわシビアに採点する (1/3)

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Appleの小型スマートスピーカー「HomePod mini」を取り上げる。

[山口真弘,ITmedia]

 Appleからスマートスピーカー「HomePod mini」が新しく登場した。従来の「HomePod」が小型のバケツほどの体積があり、重量も約2.5kgとヘビー級だったのに比べ、今回のHomePod miniは大きさもソフトボール大とコンパクトで、重量も約345gと、小さく軽いことが特徴だ。

 それでいて音質にこだわっており、2台を組み合わせてのステレオペア再生にも対応するなど、性能/機能ともにこだわっているのが特徴だ。今回は量産機2台を入手したので、基本性能に加え、他社のスマートスピーカーとの違いをチェックした。

HomePod mini 「HomePod mini」。写真のスペースグレイの他にホワイトを用意する

球形デザインを採用。HomePodから大幅に小型化し手のひらサイズに

 本体は球形のデザインを採用している。ハードウェアとしては何の関連もないはずだが、ちょうど2020年の10月に、Amazonのスマートスピーカー「Echo Dot」も球形へとモデルチェンジしており、タイミングの一致には驚かされる。

 周囲を覆うファブリック素材は、Amazonの「Echo」や Googleの「Nest Audio」などに比べると目が粗く、外見上の特徴になっている。そのサイズ感および形状もあって、果物のリンゴを輸送時に覆うスチロールの緩衝材に見えなくもない。

 水平に切り取られた天面部は、音楽再生に特化したタッチスクリーンが搭載されており、操作中にはカラフルに点灯する。「+」「−」アイコンをタップしての音量調整に加えて、アイコンがない中央部分をタップすれば、再生の一時停止と再開が行える。

 さらにHomePodと同様、ダブルタップで次の曲、トリプルタップで前の曲への移動にも対応する。他社のスマートスピーカーの場合では、操作は音量調整と一時停止/再生に限定されているので、早送り/早戻しにも対応するのは大きな利点だ。

 背面の電源ケーブルは本体に直付けで、付属のACアダプター(USB Type-C)を経由してコンセントに接続する。このACアダプターは、現行のiPhone 12シリーズや第4世代iPad Airなどに付属するのと同じ、最大20Wで給電が行えるモデル(型番:A2305)だ。

HomePod mini パッケージ。本体同様コンパクトに仕上がっている
HomePod mini 付属品一覧。ACアダプター、説明書が付属する。ケーブルは本体に直付けだ
HomePod mini 本体。ボディーを覆うメッシュは、AmazonのEchoシリーズやGoogle Nestシリーズのそれに比べるとやや目が粗い
HomePod mini 500mlペットボトルとのサイズ比較。高さは約84.3mmと、同じ球形デザインのEcho Dot(高さ約89mm)よりもコンパクトだが、球形ゆえちょっとした隙間に置けず、意外と広い設置スペースが必要になるのは同様だ。HomePod miniの直径は約97.9mmある
HomePod mini 水平にカットされた天面部分に、タッチパネルが搭載されている。他にボタン類はない
HomePod mini 付属のACアダプターは20W対応の「A2305」。iPhone 12シリーズや第4世代iPad Airと共通のモデルだ

iPhoneによる設定はアプリいらず

 セットアップは、本製品に電源を入れた後、手持ちのiPhoneを近づけると認識され、以降はウィザードに従って選択していくだけで利用可能になる。

 Amazon EchoやGoogle Nestシリーズだと、事前にスマホに専用アプリをインストールしておく必要があるが、本製品はiPhoneを近づけるだけで内蔵のウィザードが起動する。セットアップの手間は、他社製品に比べると明らかに簡単だ。

 他社製品にも言えることだが、デフォルトでの音量設定が爆音で、なおかつ選択肢によってはSiriからの指示による例文の読み上げを要求されるので、家族が寝静まった夜中のセットアップは避けることをお勧めする。

HomePod mini 電源を入れた本体にiPhoneを近づけると、自動的にセットアップ画面が表示される。AirPodsなどと同じ仕組みで、設定アプリをインストールする必要はない
HomePod mini まず置き場を決めた後、パーソナルリクエストとSiriを有効にし、利用規約に同意した上で設定を転送する
HomePod mini カメラ機能を使い、枠の中に本製品が映るように調整することで、設定が行われる。終了するとSiriが(かなりの大声で)話し掛けてくるので、指示された文を読み上げれば、セットアップは完了だ
HomePod mini セットアップ中にSiriが大声でしゃべり出すことがたびたびあるので、天板の「−」をタップして音量を下げようとするが、実質固定されていて下がらないのは困りものだ

 それでは、早速利用してみよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう