プロナビ
コラム
» 2020年12月31日 16時15分 公開

モバイルdeワークスタイル変革:いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか? (1/3)

働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。

[井上晃,ITmedia]

 2020年は国内で5G(第5世代移動通信システム)がローンチされたエポックメイキングな年であった。一方で、筆者にとっては「コロナ禍」で外出頻度が“極端に”減った1年でもあった。

 企業に所属していないフリーランスのライターである筆者だが、記者会見などを現場で取材する頻度が減り、在宅勤務時間が大幅に増えた。その経験から働き方を見直すきっかけも得られた。

 この記事ではそんな2020年を振り返り、筆者がモバイル/PC回りで試行錯誤した3つの事柄について、読者の皆さんと共有したいと思う。

イメージ画像 2020年はワークスタイル変革の年でもあった

スマホの料金プランを「段階制」に 節約できたがストレスも

 筆者にとって、2020年はモバイル通信に“消極的”な1年だったといえる。新型コロナウイルスの感染予防を図るべく自宅にこもるようになってから、通信は自宅のWi-Fi(無線LAN)がメインとなり、月に使用する通信量は平均で1GBを下回るようになった。

12月25日現在 12月25日現在のデータ消費量。0.8GB(800MB)しか消費していない……

 仕事柄、会社に出社することもないので、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が解除された後も、基本は自宅で執筆業を営み、取材も9割以上をWeb会議ツールで済ませた。どうしても現場で実機を確認しなくてはならない取材や、機器を身に付けるなどした筆者自身が撮影されるタイアップ(広告)記事案件などでは、なるべく自動車を使って都内へと足を運んだ。

 ただ、何だかんだで東京の都心部に赴いた回数は、緊急事態宣言後では10回にも満たない。下手すると週5日出向いたこともあった去年(2019年)と比べると差は歴然だ。

 モバイルを取材するライターとして、メーカーからの貸出機を使って5G通信を試すこともあった。しかし、まだまともな恩恵は受けておらず、プライベートでは必要ないというのが本音である。生活圏内でも、5G通信を利用できるエリアはキャリアショップのみなので、「今年(2020年)は5Gを使わない」と対応端末の購入を見送った。

 そんなこともあり、少しでも携帯電話回線の維持費を節約しようと考えた。筆者のメイン回線はau(KDDI)で契約しているが、外出が減った早い段階で段階制の「ピタットプラン 4G LTE」(契約当時は「新ピタットプランN」)に切り替えた。それまで契約していたプランと比べると、料金は月額で2000円前後は安くなった。年間換算だと、1.5万円くらいの節約はできたのではなかろうか。

切り替えたプラン 節約のために新ピタットプランN(現在のピタットプラン 4G LTE)え xに切り替えた。割り引き前の月額料金は2980円からである

 しかし、月に1GBも利用していないのに、結局約3000円もかかっていると思うと、かえって価格に過敏になってしまい、不満を覚えるようになってしまった。実際、お留守番サービス(留守番電話)や、端末紛失補償などのオプションを含めると、毎月4000〜5000円を支払っている。サブ回線として使っているLINEモバイルの音声通話SIM(3GBプラン、月額1628円)の方が通信量も多いし安いという逆転現象が起きてしまっている。

 auのピタットプラン 4G LTEでは、月間の通信容量が1GBを超えると、料金が一気に1000円も上がってしまう。数回だが、わずか100MB超過して1000円余計に払った月もあった。悔しい気持ちになったものだ。

 気前が悪くてお恥ずかしい話ではあるが、今思えば、IIJmioがeSIM対応端末向けに用意している「データプラン ゼロ」などを活用して、通信量を少量継ぎ足ししていけばワンコイン分は安く抑えられたかもしれない。

IIJmioのプラン IIJmioのデータプラン ゼロは、データ容量が必要なときに買い足すスタイル。これならもっと節約できたかもしれない

 関連した失敗談としては、通信量節約のためにモバイルデータ通信をオフにすることが増えた結果、たまの外出時に急ぎの連絡を受信できなかったり、au PAYを使った決済に失敗したりということもあった。

 その後は、なるべくLINEモバイルのSIMカードを入れたサブ機でテザリングを活用したり、au PAYを使う時には、ピンポイントでモバイル通信をオンにしてから利用したりするなどの対策を行った。また、iPhoneでApple Payに取り込んだau PAYプリペイドカードを「QUICPay+」として使えば、モバイル通信がオフでも利用できると気が付いたので、近所のスーパーがQUICPayに対応してからは、こちらも活用するようにしている。

 「auから乗り換えればいいのでは?」という人もいるかもしれないが、そこまで考えなかったのは、au PAY プリペイドカードや「世界データ定額」「auじぶん銀行」といったたくさん利用していたためである。

 しかし、それでも今年はいろいろと悩むことが多かった。年明けにauから「20GBで3000円以下」のプランが発表されるのであれば、条件次第だが、前向きに検討したいのが本音である。どう考えても1GB未満で4000〜5000円ほど払っている現状よりは満足できるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう