ニュース
» 2021年02月22日 06時00分 公開

IntelでPCIe 4.0 SSDが使える超小型PC――第11世代Core iを搭載したNUCがデビュー!古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

ASUSとASRockからもZ590マザー、ギガバイトからB560マザーも!

 第11世代Core iシリーズに対応するIntel Z590チップセット搭載マザーボード、は先々週にギガバイトとMSIから登場している。先週からは、そこにASUSTeKとASRockのモデルも加わり、メジャーメーカーのラインアップが店頭に並ぶにようになっている。

 ASUSTeKから登場したのはゲーミングブランドの「ROG STRIX Z590-F GAMING WIFI」と、高耐久ブランドの「TUF GAMING Z590-PLUS WIFI」だ。価格は順に4万円前後と3万3000円前後となる。

ROG STRIX Z590-F GAMING WIFI ASUSTeK「ROG STRIX Z590-F GAMING WIFI」
TUF GAMING Z590-PLUS WIFI ASUSTeK「TUF GAMING Z590-PLUS WIFI」

 ASRockからは「Z590 Steel Legend」と「Z590 Steel Legend WiFi 6E」が登場した。「〜WiFi 6E」はWi-Fi 6+Bluetooth 5.2機能をプラスしている。価格は順に2万8000円前後と3万2000円前後だ。

Z590 Steel Legend ASRock「Z590 Steel Legend」と「Z590 Steel Legend WiFi 6E」

 その他、ギガバイトからはIntel Z590マザーのラインアップにクリエイター向けモデル「Z590 VISION G」とゲーミングモデル「Z590 AORUS PRO AX」に加え、初のIntel B560チップセット搭載モデル「B560M AORUS PRO AX」も投入されている。価格は順に3万2000円強と4万円弱、2万2000円弱となる。

B560M AORUS PRO AX ギガバイト「B560M AORUS PRO AX」

 続いては、ユニークなPCケースをチェックする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう