ニュース
» 2021年02月22日 06時00分 公開

IntelでPCIe 4.0 SSDが使える超小型PC――第11世代Core iを搭載したNUCがデビュー!古田雄介のアキバPick UP!(3/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

無音PCが作れるファンレス仕様の小型ケースがデビュー

 PCケースでは、STREACOMのMini-ITXケース「DB1 Fanless」が目立っていた。21mm厚押し出し加工のアルミヒートシンクと4mm厚のアルミパネルを採用したケースで、ヒートパイプを経由してCPUの熱をケース全体で分散する仕様となっている。

 ボディーサイズは約222(幅)×222(奥行き)×101(高さ)mmで、重量は約1.8kgだ。

DB1 Fanless STREACOM「DB1 Fanless」
DB1 Fanless Mini-ITXマザーボードを組み込み、横置きにしたところ
DB1 Fanless 全てのパネルを交換できるモジュラー設計を採用している

 ブラックとシルバーがあり、本体価格は1万9800円だ。オリオスペックではATX24ピンコネクターに挿すDC-DCコンバーター「Mini-Box picoPSU-150-XT」や、108W出力のACアダプターをセットにした「ACアダプタ化キット」も売り出しており、そちらは3万4650円となる。

 対応するCPUはTDP 45Wまでとなっているが、オリオスペックは「テストした結果、TDP 35W以下を推奨とさせていただくことになりました」という。

DB1 Fanless CPUの熱を、ヒートパイプ経由でケース全体で冷却する

 無音PCは音楽用途で根強い人気があるが、普段使いで好むユーザーも少なくないそうだ。「ファンやドライブの動作音が気になる人もいますからね。存在を意識せずに作業に集中できるPCを組みたい人にもお勧めです」とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう