ニュース
» 2021年02月22日 06時00分 公開

IntelでPCIe 4.0 SSDが使える超小型PC――第11世代Core iを搭載したNUCがデビュー!古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

デスクトップ向けの第11世代Core iシリーズに対応したIntel Z590マザーボードに続き、モバイル版の第11世代Coreプロセッサを備えた超小型ベアボーンの新型Intel NUCが登場した。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、複数のショップで話題になっていたのはIntelの超小型ベアボーンの新モデル「NUC11TNHi3」(開発コード名 :Tiger Canyon)だ。価格は4万円弱(税込み、以下同)だ。

NUC11TNHi3 茶箱で登場した新型Intel NUC「NUC11TNHi3」。パソコンSHOPアークで撮影

Core i3-1115G4搭載の新世代NUC「NUC11TNHi3」が発売

 モバイル版の第11世代Coreプロセッサを採用した初のIntel NUCで、2コア4スレッドの「Core i3-1115G4」(1.7GHz〜4.1GHz)を搭載しているのがポイントだ。これにより、PCIe x4 Gen 4接続のM.2スロット(Type 2280)が使える他、USB4対応のType-C端子(Thunderbolt 4とThunderbolt 3兼用)を2基備えるなど、インタフェースの幅が広がっている。

 さらに、無線LAN用M.2スロット(Type 2230)、PCIe/SATA接続のM.2スロット(Type 2242)と2.5インチSATAベイ各1基がストレージ用に使える。メモリスロットはDDR4-3200対応のSO-DIMMが2基あり、対応容量は最大64GBだ。

NUC11TNHi3 NUC11TNHi3の外観
NUC11TNHi3 2基のUSB4(Thunderbolt 4/3兼用)端子や、2.5GbE端子を新たに搭載している

 発売直後は詳細スペックに未公開の部分があり、ショップ側も評価しきるのを待つ空気があった。それでも「4万円で第11世代Core iが使えて、HDMI(2.0b)などを使って最大4画面が構築できるなど、見所が多いですね」(パソコン工房 秋葉原BUYMORE店)など、概ね好意的な見方が多かった。

 同時に、期待が高まるのがデスクトップ版の第11世代Core iシリーズの登場時期だが、当初の3月登場説(2021年第1四半期)を不安視する声も複数上がっている。某ショップは「第2四半期にずれ込むうわさも聞こえてきて、ちょっと見通しが立たない感じになっていますね。マザーボード売り場はIntel 500シリーズのためにもうスペースを空けているのに……。ただ、コロナ禍など色々で厳しい状況は分かっていますから、過度に期待したり焦ったりせずにどっしり構えていたいですね」と話していた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう