レビュー
» 2021年08月04日 12時00分 公開

トラックパッドも備えたロジクールの新型iPad Pro向けキーボード一体型ケース「COMBO TOUCH」を使ってみたMagic Keyboardとの使い勝手の差は?(5/5 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

高い完成度を備える Magic Keyboardとの価格差をどう見るか

 本製品に興味を持つきっかけの多くは、純正のMagic Keyboardが高価で予算的に折り合わず、代替製品を探していて行き着いたというパターンだろう。となると、実際の選び方としてはMagic Keyboardと比べて何が違うのかに焦点が絞られるはずだ。

 実際のところ、Smart Connectorによる接続、トラックパッド搭載、日本語JIS配列のキーボードという特性は酷似しているが、その一方で保護性能や利用スタイル、奥行きの差、さらにファンクションキーの有無など、異なる要素は非常に多い。Magic Keyboardには、パススルー充電用のUSB Type-Cポートなどの便利機能もある。

COMBO TOUCH Magic Keyboard(右)はパススルー充電に対応したUSB Type-Cポートを備えるが、本製品に同様のギミックはない
COMBO TOUCH 本製品は、第5世代の12.9インチiPad Proに合わせて設計されている。第4世代と組み合わせることは不可能ではないが、このようにスピーカー穴の位置がずれてしまう

 これらのポイントは人によって重み付けが異なるため、どちらが優れているとは一概には言えないが、例えばトラックパッド非搭載だったり、あるいは接続方式がSmart ConnectorではなくBluetoothだったりといった部分に違いはなく、純粋に機能や使い勝手で比較できるのは、ユーザーにとってもありがたい。致命的な欠点もなく、完成度も非常に高い印象だ。

 実売価格は税込み2万6730円(直販のオンラインストア)ということで、Magic Keyboard(4万1580円)との価格差はかなりある。Magic Keyboardを買うほどの予算はないが、12.9インチiPad Proと組み合わせて使うキーボードを必要としているユーザーにとっては、見逃せない製品と言えそうだ。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.