レビュー
» 2021年04月15日 12時00分 公開

トラックパッドを搭載したロジクール「FOLIO TOUCH iK1094BKA」は純正品と何が違う?第4世代iPad Air向けキーボード一体型ケースを試す(1/6 ページ)

第4世代iPad Air用のカバー兼キーボードにトラックパッド付きモデルが登場した。Apple純正キーボードとどのような違いがあるのか、試してみた。

[山口真弘,ITmedia]

 ロジクールから、第4世代iPad Air向けのキーボード一体型ケース「FOLIO TOUCH」(iK1094BKA)が登場し、人気を博している。

 第4世代iPad Airと組み合わせて使えるキーボード一体型ケースには、Apple純正の「Magic Keyboard」と「Smart Keyboard Folio」が存在する。今回取り上げる製品はMagic Keyboardと同じくトラックパッドを搭載する他、同社のiPad向けキーボード一体型ケースとしては初めて、日本語JIS配列を採用したことが特徴だ。

 前述のMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioと比較しつつ、本製品の特徴をチェックしよう。

FOLIO TOUCH iK1094BKA ロジクールの第4世代iPad Air向けのキーボード一体型ケース「FOLIO TOUCH」(iK1094BKA)。同社オンラインストアの価格は税込み1万9580円だ。

関連記事

iPad Airの側面もカバーする高い保護性能

 まずは外観を見ていこう。本製品は第4世代iPad Airを保護するケースに、キーボードが合体した構造になっている。Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioは側面が露出しており、落下時に四隅の衝撃に弱いのに対し、本製品は四隅までがっちり保護してくれるのが特徴だ。

 本体はファブリック風の、かなり目の粗い素材で覆われている。この素材はパームレスト部にまで回り込んでいるが、汗ばむことがなく、かつ手の脂がつきにくいため、使っていると手の脂だらけになる純正のMagic Keyboardより清潔感がある。ただし、高級感はあまりない。

 接続にはSmart Connectorを使うため、Bluetoothのようにペアリングを行う必要もなく、本体をはめ込むだけですぐに使える。もちろん充電も不要だ。他の純正2モデルも同様なので本製品だけのアドバンテージというわけではないが、市販のBluetoothキーボードと比べた場合は有利だ。

FOLIO TOUCH iK1094BKA キックスタンドで背後からiPad Airを支える構造だ
FOLIO TOUCH iK1094BKA キックスタンドは日本マイクロソフトのSurfaceなどと同じ構造で、20〜60度の範囲で無段階に可変する
FOLIO TOUCH iK1094BKA 閉じた状態のフットプリントは純正キーボード2モデルと同じだが、厚みはややある
FOLIO TOUCH iK1094BKA 製品を展開した状態。キーボード部とケース部は連結されており分離はできない
FOLIO TOUCH iK1094BKA 外側を覆うファブリック素材は、このようにパームレスト部まで回り込んでいる
FOLIO TOUCH iK1094BKA Smart Keyboard FolioやMagic Keyboardと異なり、四隅も保護する構造だ。ただし側面のボタン部分などは大きく開いている
FOLIO TOUCH iK1094BKA 接続にはSmart Connectorを用いるため、Bluetoothのようなペアリングは不要だ
FOLIO TOUCH iK1094BKA 上面部分のフリップ内側に、Apple Pencilもしくはロジクール「Crayon」を収納できる
FOLIO TOUCH iK1094BKA 反対側はファブリック素材がたるんでいるため、若干膨らんだように見える
FOLIO TOUCH iK1094BKA 左側面にスピーカー部およびマイク部の穴が開いている形だが、Touch IDを兼ねる電源ボタンは大きくくりぬかれている
FOLIO TOUCH iK1094BKA 右側面にあるUSB Type-Cポートとスピーカー部は、いずれも穴が開けられて貫通している
FOLIO TOUCH iK1094BKA 上部は第2世代Apple Pencilを取り付けて充電を行うために大きく開いている

 続いて、純正2モデルとの細かな違いを見ていこう。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.