レビュー
» 2021年08月04日 12時00分 公開

トラックパッドも備えたロジクールの新型iPad Pro向けキーボード一体型ケース「COMBO TOUCH」を使ってみたMagic Keyboardとの使い勝手の差は?(1/5 ページ)

Apple純正品以外で、iPad用のトラックパッド搭載キーボードを積極的にリリースするロジクール。ここで取り上げる「COMBO TOUCH」は、最新の第5世代12.9インチiPad Pro用モデルだ。

[山口真弘,ITmedia]

 ロジクールから、新型iPad Pro向けのキーボード一体型ケース「COMBO TOUCH」が登場した。純正である「Magic Keyboard」と同様、Smart Connectorでの接続に対応しつつ、トラックパッドを搭載しているのが特徴だ。

 従来モデルからは日本語JIS配列に対応したことで、US配列が苦手で見送っていたユーザーにとっても、注目すべき製品となっている。今回12.9インチiPad Pro用モデルを借用したので、純正のMagic Keyboardとの違いを中心に、その特徴を紹介する。

COMBO TOUCH ロジクール「COMBO TOUCH」。今回取り上げるiPad Pro 12.9インチ(第5世代)対応モデルの他、11インチiPad Pro(第1世代/第2世代/第3世代)用や第4世代iPad Air用もある

関連記事

ケース部とキーボード部が合体した構造で保護性能は高い

 まずは外見から見ていく。本製品は、iPad Proをはめ込むケース部と、画面を覆うように吸着させるキーボード部に分かれており、利用スタイルに応じてそれらを着脱できる構造になっている。

 ケース部は、四隅はもちろん側面までもがっちりカバーする構造で、高い耐衝撃性に加えて、防水/防じんにも高い効果を発揮する。スピーカー部などは穴が開いているので完全防水というわけではないが、側面がガラ空きのMagic Keyboardと比べた場合に、この点は大きなアドバンテージとなる。

COMBO TOUCH ロジクールのiPad用キーボード一体型ケースに共通する、キックスタンドで背後からiPadを支える構造だ
COMBO TOUCH キックスタンドは日本マイクロソフトのSurfaceなどと酷似した構造で、角度調節の自由度は高い
COMBO TOUCH カバーを閉じた状態。カメラ部分は穴が開いており、段差を吸収してくれる
COMBO TOUCH ケース部はキーボード部とマグネットで吸着しており、分離可能だ
COMBO TOUCH 12.9インチiPad Pro用ということもあり、横幅は約28.5cmと大きい
COMBO TOUCH ケースは四隅まで保護する構造だ。電源ボタンや音量ボタンもカバー上から操作する
COMBO TOUCH 第2世代Apple Pencilを吸着させる部分は露出している
COMBO TOUCH ケース部とキーボード部はマグネットで吸着する
COMBO TOUCH 左側面。USB Type-Cポート、スピーカー部に穴が開いている
COMBO TOUCH 右側面。こちらもスピーカー部が開いている
COMBO TOUCH 純正のMagic Keyboard(上)と重ねたところ。側面までカバーしているのは本製品のみだ
COMBO TOUCH 正面から見たところ。Apple Pencil吸着部が空いているのはどちらも同じだが、本製品は音量調整ボタンを含む四隅をカバーしている

 続いて、12.9インチiPad Proを取り付けてみよう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.