レビュー
» 2021年08月26日 13時13分 公開

Windows搭載ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER」を試すちっちゃい物好きの夢が続く?(1/4 ページ)

8.4型で2560×1600ピクセルという高精細な画面を搭載したONE-NETBOOKの超小型PC「ONEXPLAYER」。ゲーミングPCをうたう本製品の実力はいかほどのものか、実機を使って試してみた。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 一般的にゲーミングPCというと、ギラギラと光る大型のノートPCやデスクトップPCを思い浮かべる人が多いだろう。一方で、最近は気軽に持ち運べる超小型PCの性能アップが著しい。GPDの「WIN Max 2021」や「GPD WIN 3」、AYA NEOジャパンの「AYA NEO」など、Windowsを搭載したポータブルゲーミングPCといえるモデルが相次いで登場している。

相次ぐ“ポータブルゲーミングPC”の登場

 そのような中で、中国のONE-NETBOOK Technologyが8.4型の液晶ディスプレイを搭載した「ONEXPLAYER」を、テックワンを通じてここ日本にも投入する。

ONEXPLAYER 日本正規代理店のテックワンが扱う、ONE-NETBOOK TechnologyのポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER」。8.4型と、このクラスでは大型の液晶ディスプレイを搭載しているのがポイントだ

 Nintendo Switchのように、液晶ディスプレイの左右にスティック付きコントローラーを配置したボディーは、2020年8月に発売された同社の「OneGX1」や、2021年に投入された「OneGX1 Pro」をさらに一歩突き進めた形状で、非常にインパクトがある。OneGx1では着脱式だったコントローラーだが、ONEXPLAYERはボディーじか付けで、Nintendo Switch Liteをほうふつとさせる。

 搭載CPUもOneGX1のCore i5-10210Y(4コア8スレッド、1.0GHz〜4.0GHz)で、GPUはIntel UHD Graphics 615から、OneGX1 Proで第11世代のCore i7-1160G7(4コア8スレッド、2.1GHz〜4.4GHz)に引き上げられた。

 GPUも、Intelが“ゲーミングPC向けにも使える”とうたうIris Xe Graphicsとなり、美しいグラフィックスのゲームタイトルも遊べるようになって、「ファイナルファンタジーXIV」のベンチマークスコアもかなりよくなった。

 そして3本目の矢として放たれONEXPLAYERは、最上位モデルのCPUがCore i7-1185G7に強化された。最大動作周波数は4.8GHzにアップして性能が向上ている。もちろんグラフィックスはIris Xe Graphicsだ。

ONEXPLAYERシリーズの主なスペックと価格

製品名称 CPU メモリ SSD 直販価格(税込み)
ONEXPLAYER Standard 国内正規版(512GB) Core i5-1135G7 16GB 512GB 13万1670円
ONEXPLAYER Standard 国内正規版(1TB) Core i5-1135G7 16GB 1TB 13万6620円
ONEXPLAYER Pro 国内正規版(1TB) Core i7-1165G7 16GB 1TB 14万9490円
ONEXPLAYER Ultimate 国内正規版(1TB) Core i7-1185G7 16GB 1TB 17万8200円
ONEXPLAYER Ultimate 国内正規版(2TB) Core i7-1185G7 16GB 2TB 21万5820円

現状求められる最高のスペックに進化

 まずはONEXPLAYERのハードウェアスペックから見ていこう。今回取り上げる最上位モデルとなるUltimate版のスペックを一覧にすると以下のようになる。

ONEXPLAYER Ultimateの主なスペック
CPU Core i7-1185G7(4コア8スレッド、最大4.8GHz, キャッシュ12MB)
GPU Iris Xe Graphics(96EU)
メモリ 16GB(デュアルチャネル/LPDDR4x 4266MHz)
ストレージ 1TB/2TB M.2 2280 SSD
ディスプレイ 8.4型ワイドIPS方式(10点マルチタッチ対応)
画面解像度 2560×1600ピクセル(358ppi)
キーボード QWERTY英語配列マグネットキーボード(オプション)
タッチペン 4096段階筆圧検知タッチペン(オプション)
ゲームコントローラー ALPS製アナログスティック(L3/R3対応)、トリガーボタン X/Y/A/Bボタン
スピーカー フロントステレオデュアルスピーカー
無線LAN Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax/a/b/g/n/ac対応)
Bluetooth Bluetooth 5.0
インタフェース USB4 Type-C×2、USB 3.0 Type-A、microSDカードスロット、3.5mmイヤフォンジャック
生体認証 指紋認証
バイブレーション機能
バッテリー 15300mAh 3.85V(59Wh)
OS Windows 10 Home 64bit
ボディーサイズ 約288(幅)×130(奥行き)×21(高さ)mm
本体重量 約820g

 何より圧倒されるのが、8.4型で2560×1660ピクセルという画面解像度だ。情報量が多く、100%の等倍表示では文字やアイコンなどが小さくなってしまい見づらい。筆者の場合は、200%程度のスケーリングで利用するのがちょうどいい。

ONEXPLAYER 8.4型で2560×1660ピクセル表示の液晶ディスプレイを採用する。タッチ操作も可能だ

 天面部分に2基のUSB4端子(Type-C)とUSB 3.0 Type-A端子、microSDカードスロットや3.5mmのイヤフォン端子を配置する。外部入出力はここに集約されている形だ。USB4は最大40Gbbpsでのデータ転送だけでなく、給電にも対応する。このため、電源はこのUSB4ポートに接続して充電することになる。

ONEXPLAYER ボディー天面に2基のUSB4とUSB 3.0 Type-A端子、microSDカードスロット、3.5mmのヘッドフォン端子を用意する。左右にあるのは排気口だ

 ボディー底面は大きな吸気口を左右に配置し、中央にキックスタンドを用意する。これを使って、本体を机に置きながらプレイすることも可能だ。中央一番上にあるのは電源ボタンで、指紋認証センサーも兼ねており、Windows Helloによるログインが行える。

ONEXPLAYER 本体底面。大きな吸気口とキックスタンド、電源ボタンが用意される。音量調節ボタンは右手側、ミュートボタンが左手側にある
ONEXPLAYER キックスタンドを広げて利用する
ONEXPLAYER このように机などの上でプレイするのも楽々だ。チルトは最大約65度まで対応する

 続いて、本機ならではのユニークなコントローラーを見ていこう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.