コペック、Keychron製ワイヤレスキーボード「Keychron K4」を販売開始

» 2022年06月21日 13時10分 公開
[ITmedia]

 コペックジャパンは6月21日、中国Keychron製ワイヤレスキーボード「Keychron K4」の取り扱いを発表、販売を開始した。白色LED搭載モデルとカラーLED搭載モデルの2タイプを取りそろえ、それぞれに日本語配列/US配列モデルを用意。またキースイッチの異なるバリエーション構成も選択可能となっている。価格は白色LED搭載モデルが1万3970円、カラーLED搭載モデルが1万6500円、カラーLED搭載/ホットスワップ対応モデルが1万7930円だ(税込み)。

photo Keychron K4

 Bluetooth 5.1接続およびUSB Type-C有線接続に両対応したメカニカルキーボードで、Gateron製メカニカルキースイッチを採用。省スペース設計ながらテンキー有りのフルキーレイアウトを実現したモデルで、USモデルは100キー、日本語モデルは103キーを備えている。

 白色LEDモデルはプラスチック製、カラーLEDモデルはアルミ製のフレーム筐体を採用。またカラーLEDモデルには、キースイッチをユーザーが任意に交換できるホットスワップ対応モデルも用意している。

photo
photo カラーLED/日本語配列モデル(上)、ホワイトLED/US配列モデル(下)

 容量4000mAhのバッテリーを内蔵、駆動時間は最大240時間(バックライトオフ時)だ。本体サイズおよび重量は、白色LEDモデルが371(幅)×124(奥行き)×41(高さ)mm/重量744g、カラーLEDモデルが376(幅)×129(奥行き)×41(高さ)mm/重量915g。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. iOS/Andorid版「Winamp」が正式版リリース/Zoomに複数の脆弱性 最大深刻度は「High」 (2024年07月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー