レビュー
» 2021年11月19日 12時45分 公開

これを待っていた! 小型キーボードの決定版「Keychron K2」を試す(1/3 ページ)

Keychronが製造し、日本ではコペックジャパンが販売する「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」は、いわゆる「60%キーボード」では省略されがちなファンクションキーや機能キーを省かず備えた「75%キーボード」だ。ともすると長期間に渡りそうな「修行」をすることなく快適に使える小型キーボードを探しているなら、最良の選択肢の1つとなりそうだ。

[佐倉瑞歩,ITmedia]

 リモートワークで仕事をするスペースに困っている人も多いと思う。筆者もそれは同様で、リビングで仕事をすると結構ストレスがたまってしまう。そんな思いもあったので、「KOMORU」「Think Lab HOME」といった“お一人様用ブース”を試したりもしたが、常に利用できるデスクスペースに限りがあるあることが課題であった。

 狭いデスクスペースに悩んでいる所で出会ったのが、いわゆる「60%キーボード」だ。テンキーだけでなく、一部の機能キーも省略することでコンパクト化を図っていることが特徴で、最近はさまざまなメーカーから発売されるようになった。

 複数の60%キーボードを試してきたが、いずれも一長一短があり、特に“一短”の方が気になって常用する気にならなかった。結局、ある意味で60%キーボードの礎ともいえるPFUの「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID」(HHKB)にたどり着いた。

 HHKBはキーの打ち心地はいいし、音も軽やか。日本語配列モデルには独立した矢印キーもあるので非常に使いやすい。そこそこ値は張るが、人気が出るだけのことはある。しかし、不満点がないわけではない。何かといえば光らないことである。

 最初は光るキーボードを「なんだこのキワモノは」と思っていたのだが、使ってみるとこれが意外といい。美しいし、キーが光ると打ちやすいのだ。

HHKB 筆者が60%キーボード探しの末にたどり着いたのが「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID」の日本語配列モデル。非常に満足度は高いのだが、光らないので物足りないのである

 少し前置きが長くなった。そんなことを考えていた筆者の目に止まったのが、今回レビューする「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」である。メーカーのKeychron(キークロン)は2017年に設立された新進気鋭のメーカーで、フランスと香港に拠点を持つ。キーボードの愛好家が集まって結成されただけあって、キーボードにこだわる人にとって魅力的な製品を取りそろえている。

 このK2は、設置面積的には「75%キーボード」で、日本ではコペックジャパンを通して販売されている。この記事では、K2の魅力をお伝えしていく。

レビューするやつ 今回レビューする「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」は、RGBアルミニウムフレームの日本語配列モデル。直販価格は1万5400円(税込み)となる

小型サイズに必要十分な機能を詰める

 日本で発売されているK2には白色LEDバックライトの「White LEDプラスチックフレーム」カラーLEDでキーが表示される「RGBアルミニウムフレーム」の2種類が用意されており、それぞれ日本語配列と米国英語(US)配列を選択できる。税込みの直販価格は、White LEDプラスチックフレームモデルが1万1990円、RGBアルミニウムフレームが1万5400円となる。

 今回選んだのは、RGBアルミニウムフレームモデルの日本語配列である。筆者はEnterキーが小さい英語キーボードがどうしても苦手で、かつ“いっぱい光る”方がいいじゃんという単純な理由からだ。

選択肢したやつ 筆者が今回レビューするRGBアルミニウムフレームの日本語配列モデル。フレーム部分がやや厚めになっていることが特徴だ
アルミフレーム こちらはRGBアルミニウムフレームのUS配列モデル。本稿の担当編集者はこちらの方が好みのようである(コペックジャパン公式サイトより)
プラスチックフレーム White LEDプラスチックフレームの日本語配列モデル。RGBアルミニウムフレームモデルと比べると、フレームが薄くスマートになっている(コペックジャパン公式サイトより)

外観をチェック!

 まずは外観から見ていこう。まず寸法と重量は以下の通りとなる。

  • RGBアルミニウムフレームモデル
    • 寸法:約317(幅)×129(奥行き)×30〜40(高さ)mm
    • 重量:約794g
  • White LEDプラスチックフレームモデル
    • 寸法:約313(幅)×123(奥行き)×30〜40(高さ)mm
    • 重量:約663g

 RGBアルミニウムフレームモデルは重量がやや重めで、キータイプをしても動かずにしっかりと打てる。やや重いとはいえ、1kgは切っているので、持ち運びに苦労することはない。

 K2はキーボードの上部にEscキーやファンクションキーが並び、右端にPage Up/Page DownキーやHomeキーが配置されている。故に、Keychronいわく「75%キーボード」ということになる。なお、「↑(上)」キーはEndキーとのコンビネーションとなっている。

 実測でのキーピッチは約18mm、キーストロークは約4mmとなっている。

キー配列 日本語配列モデルのキー配列図。60%キーボードと比べるとキーの数がやや多いこともあり(87キー)、60%キーボードよりもやや大きめとなっている

有線/無線、Windows/Macどちらでも使える!

 本体の左脇には、PCと接続するためのUSB Type-C端子と、キーアサイン切り替えスイッチ(Windows/AndroidとMac/iOS)、接続モードの切り替えスイッチ(電源スイッチ兼用)が用意されている。K2は「マルチOS対応」が特徴の1つで、キーアサイン切り替えスイッチを操作することでOSごとに使いやすいキーアサインに変更できる。Windowsに最適化されたキーキャップも付属しているので、好みで付け替えてもよい。

 Bluetooth接続時は、最大で3台とのマルチペアリングに対応している。スマートフォンやタブレットなど複数台のデバイスとキーボードを共有したい時にも便利だ。バッテリーの容量は4000mAhと比較的大きめだ。この辺のインプレッションは後に回したい。

スイッチ類 左側面には内蔵バッテリーの充電端子を兼ねたUSB Type-C端子、キーアサイン切り替えスイッチと電源スイッチを兼ねたモード切り替えスイッチが付いている
付属品 本体の付属品。Windows PCで使う際に最適なキーキャップや、色違いのEscキーキャップなども用意されている(標準で付いているキーキャップはMac/iOS向けのもの)。キーキャップリムーバーや充電と接続の両方に使えるUSB Type-A to Type-Cケーブルも付属する

 本体のチルト機構は、本体裏の奥に足が2本用意されている。この足は2段式で「足を出さない状態」「小さい足を出した状態」「大きな足を出した状態」の3段階で傾斜を変えられる。一番大きな足を出した場合は9度の傾斜が付く。

 個々人の好みによると思うが、筆者は大きな足を出した状態が一番快適に使えた。

裏面 本体の裏面。チルト用の足は2段階になっている
1段目 1段目(小さな足を出した状態)のチルト角
2段目 2段目(大きな足を出した状態)のチルト角
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.