ニュース
» 2009年03月05日 07時15分 公開

緊急時の医用画像をauケータイで――KDDI研の「MobileMIMAS」

KDDI研究所が、緊急時携帯電話医用画像伝送システム「MobileMIMAS」の最新版を発表。医療用画像検査機器の標準画像フォーマットに対応した。

[ITmedia]

 KDDI研究所は3月4日、au携帯電話を利用した緊急時携帯電話医用画像伝送システム「MobileMIMAS」の最新版を開発したと発表した。

 MobileMIMASは、医用画像を病院外からau携帯電話でセキュアに閲覧できるシステム。今回、医療用画像検査機器の標準画像フォーマットであるDICOM(DigitalImaging and Communications in Medicine)に加え、JPEGやビットマップなどの汎用画像フォーマットに対応した。

 最新版ではまた、3.1インチから3.5インチの大画面ディスプレイを搭載したau携帯電話で、大画面の画像を高速表示できるようになった。

Photo MobileMIMASの利用イメージ
Photo MobileMIMASの用途

関連キーワード

携帯電話 | 研究機関 | KDDI研究所 | 医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう