ニュース
» 2011年10月11日 14時36分 公開

“音”で連絡先や画像を送受信――BUGがスマホアプリ「ジリリ」開発

ビー・ユー・ジーが、端末が発する音を使って連絡先や画像を送受信するiPhone/Android向けアプリ「ジリリ」を発表した。

[ITmedia]

 ビー・ユー・ジーは10月11日、音を利用してスマートフォン同士のデータのやり取りを実現するアプリ「ジリリ」を発表した。iPhone/Android向けに、10月下旬から無償提供する予定。

 ジリリは、送信側の端末が発する音を受信側の端末が聞き取ることで、連絡先や画像のやり取りを実現するアプリ。音にパラメーターなどの情報を埋め込む独自技術「スマート・サウンド・タッチ」を利用している。

 やり取りしたいデータ自体は3G回線やWi-Fiを通じて専用サーバにアップロードし、そのデータをダウンロードするための認証情報を音に埋め込む。受信側の端末は送信側の端末が発する音を解析し、サーバからデータをダウンロードする。従来の赤外線通信と比較して、(1)大容量ファイルのやり取りができる、(2)複数の端末に一斉に情報を送信できる、などのメリットがあるとしている。また、送信側の端末は、音を聞いた端末を認識でき、どの端末にデータを送るかを指定できるという。

photophoto ジリリの仕組み

 同社は10月12日から東京ビッグサイトで開催されるイベント「スマートフォン&タブレット2011秋」(主催:日経BP社)にブース(小間番号:12-6)を出展し、アプリを展示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう