キーワードを探す
検索

「ベストセラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

AIが高度に発達し、やがて人間知を超えるとき、人類はいったいどこへ向かうのか。300万部超のベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」(セカチュー)を生み出した作家、片山恭一さん(60)が新作「世界の中心でAIをさけぶ」(新潮新書)でAI時代に生きる人間の意味を問い、話題になっている。

()

「バレットジャーナル」と呼ばれる箇条書きを使ったノート術に注目が集まっている。発案者のライダー・キャロル氏は、発達障害を抱えながら、自らの思考を整理するためにこの手法を生み出した。なぜバレットジャーナルは世界の人々に受け入れられているのか。ライダー氏に話を聞いた。

()

ベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』で知られる近藤麻理恵氏が、Netflixで冠番組を開始し、世界で話題になっている。「こんまりメソッド」の盛り上がりを見ると、同じように世界で人気になった「ピコ太郎」との共通点が見えてくる。

()

かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。

()

仕事の生産性を向上させて、社内コミュニケーションを活発化させるためにはどうしたらよいのだろうか? ベストセラー『職場の問題地図』の著者であり、多くの企業の働き方改革に関わってきた沢渡あまね氏に実践的な進め方を聞いた。

()

これからの時代は、エンジニアも数字を意識しないとダメ?――モバツイで経営を経験したえふしんこと藤川真一氏と、ベストセラー『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』の著者シバタナオキ氏が、なぜエンジニアは数字を味方に付けなければならないのかを探った。

()

出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?

()

ベストセラーとなったウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」を原作とするジョブズ氏の伝記映画「Steve Jobs」の米国での封切りが10月9日に決定。Sony Picturesから版権を譲り受けたUniversal Picturesが初のトレーラーを公開した。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る