キーワードを探す
検索

「竹中平蔵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。

()

BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。

()

慶應義塾大学総合政策学部の竹中平蔵教授が、「リスク管理、そしてこれからの日本」をテーマに語る。FMラジオ局ネットワーク「JFN(Japan FM Network)」の番組「ON THE WAY JOURNAL WEEKEND」の収録の模様を届ける。配信は1月17日16時15分〜。

()

慶応義塾大学の竹中平蔵教授と一橋大学の米倉誠一郎教授が「新しいニッポンを創るために!」と題して対談。東日本大震災が経済に与えた影響や今後の復興について議論する。竹中さんが理事長を務める「アカデミーヒルズ」主催のチャリティーセミナー。配信は4月20日19時0分〜4月20日20時30分。

()

日立システムアンドサービス主催のセミナー「Prowise Business Forum Executive Day 2010 未来を紡ぐ」が開催された。アスリートの荒川静香氏や、慶應義塾大学教授の竹中平蔵氏が「夢」について語った。

()

民主党への政権交代が起きたものの、いまだ経済政策の背後にどんな理念があるのか、よく分からないという人も多いのでは。「2010年度予算は過去最大」「4年間は消費税を引き上げない」など、このままでは投資家が“愛想”をつかすかもしれない。

()

新しくできた国家戦略局に期待していますか? 個人投資家に聞いたところ「期待している」という人は7割ほどに達した。e-株主リサーチ調べ。

()

時代を動かす人々が出会って“衝突”し、新しい何かを生み出す――慶應義塾大学SFC研究所が主催する「SFC Open Research Forum 2008」は、研究者やパネリスト、来場者がぶつかり合う仕組みを用意し、次の創造につなげる。

()

北京在住のコーディネーターにチベット問題についてたずねたところ、「あまり話題にしないんです。いつどこで盗聴されているかも分かりませんし」と言われハッとした。日本とはメディア事情が大きく違う中国。日本人は「言論の自由」を信じすぎてはいないだろうか。

()

 ネットワークが、単なる情報の伝達路から情報とアプリケーションやサービス、さらには人と人とを結びつけるものへとその役割を変化させてきている。こうした変化に対応すべく、ネットワークはどのように変わっていけばよいのだろうか。統合的なネットワークソリューションを提供しているシスコの篠浦文彦ビジネス開発ディレクターに聞く。

()

慶應義塾大学SFC研究所が1年に1度、湘南藤沢キャンパスで行なわれている研究の成果を一般公開するイベント「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2007」が11月22、23日に開かれる。会場は昨年の丸の内から2年ぶりに六本木ヒルズに戻り、SFCの持つ多様な“極限”が凝縮されたスペースでじっくり見せるという。

()

“新進”IT企業が“重厚長大”放送局を傘下に収めようとした「寸劇」から早1年。「通信と放送の融合」は、にわかに進んでいるかのようだ。いや、「融合」はまだだとしても、通信側が放送ビジネスを、放送側が通信網参入を、それぞれすでに始めている。それがいずれ、「融合」につながるのかもしれない。そこに生まれるのは、まずはネットで見れる放送、いわゆる「ネットテレビ」(※)となりそうだ。そのうち、今最も勢いよく成長しているのは、「GyaO」に代表される〔ネット‐ネット型〕である。

()

「SFC OPEN RESEARCH FORUM 2004」において、内閣府特命担当大臣の竹中平蔵氏とSFC政策・メディア研究科教授の金子郁容氏の対論が行われた。コーディネーターはSFC総合政策学部講師の玉村雅敏氏が務め、教育問題について積極的な討議が行われた。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る