社会・経済

今、世間の話題をさらっている出来事やニュースは? これからの景気はどうなっていく? 社会・経済についての記事を集めました

新着記事一覧

news012.jpg

まだまだ天下が続きそうだ。大相撲の横綱・白鵬のことである。それにしてもなぜ白鵬はこれだけ勝ち続けるのか。日本相撲界を意のままに動かす背景には……。(2018/10/20)

news032.jpg

カボチャのランタンを飾ってパーティーを開いたり、仮装してパレードしたり。日本でも秋のイベントとしてすっかり定着した10月31日のハロウィーン。平成最後のハロウィーンは、この30年の「回顧」がキーワードの一つになりそうだという。(櫛田寿宏)(2018/10/18)

news124.jpg

国外では、ロシアの軍事スパイはヘマばかりするとして嘲笑の対象になっている。だが、ロシア政府の外交政策に対する軍の影響力は増大しており、軍が「秘密工作(ブラック・オペレーション)」を止める可能性はほとんどない。(2018/10/16)

news092.jpg

積水ハウスが都内の分譲マンション用地取引をめぐり約55億円をだまし取られた事件で、地面師グループのメンバーとみられる女らが逮捕された。(2018/10/16)

news074.jpg

全国で最も魅力的な都道府県はどこか? ブランド総合研究所が行った調査によると、10年連続で「北海道」であることが分かった。(2018/10/16)

news049.jpg

16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

news104.jpg

小林製薬は10月15日、「小学生のトイレ実態」に関する調査結果を発表した。調査によると、小学校のトイレ形態は4年前に比べて「洋式化」が進んでいるものの、依然として4割以上が「和式トイレのほうが多い」(44%)ことが明らかに。(2018/10/15)

news083.jpg

調査会社のサーベイリサーチセンターが「大阪府北部地震」発生後に拡散したデマに関する調査を実施。「箕面市全域の断水」など一部のうわさ・デマを多くの人が事実として捉えていたことなどが明らかになった。(2018/10/15)

news047.jpg

LGBT問題に取り組む企業を表彰するイベントが都内で開かれ、同性との交際をカミングアウトした経済評論家の勝間和代さんや、ゲイであることを公表した国文学研究資料館長のロバート・キャンベルさんがメッセージを寄せた。(2018/10/15)

news028.jpg

東京医科大の不正入試問題を受け、医学部医学科のある国公私立大計81校を対象に実施している文部科学省の緊急調査で、柴山昌彦文科相は12日、複数の大学の入試で女子や浪人の受験生を不利に扱っていた事例が判明したと発表した。具体的な大学名などは明らかにしていないが、文科省では今後、医学部医学科のあるすべての大学に訪問調査を実施し、事実関係の確認を急ぐ。(2018/10/15)

news065.jpg

阪神タイガースの金本知憲監督が今季限りでの辞任を表明した。虎党からは「ホンマかいな」と驚いたかもしれないが、成績不振の責任を取り、指揮官は身を引くことに。それにしても、なぜ金本監督は結果を残すことができなかったのだろうか。原因を探っていくと……。(2018/10/12)

news038.jpg

冒険家・阿部雅龍さんが11月、南極の単独踏破に挑む。時には営業マン張りのPR力やスピーチで約1250万円の費用集めに奔走。資金集めも冒険もあくまで行い1人で自由と責任を抱える。(2018/10/12)

news104.jpg

住みたい街(駅)はどこですか? 首都圏に在住している人に聞いたところ「吉祥寺」が14年連続でトップ。昨年に比べて、上昇したところは……。長谷工アーベスト調べ。(2018/10/11)

news050.jpg

相次ぐ器物損壊事件が発生し、一時撤去されていた静岡県沼津市が舞台の人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のオリジナルマンホールが10日、4カ月ぶりに再設置された。男子高校生らが逮捕される騒動にまで発展したマンホールが新たなイラストを含めて復活し、ファンや地元関係者から期待が高まっている。来年1月の劇場版公開に向け、市内各所で“聖地巡礼客”誘致に拍車がかかる中、再設置にこぎつけた市水道総務課の斎藤充弘課長は「皆さんで大切にして、見守ってほしい」と呼びかけている。(石原颯)(2018/10/11)

news045.jpg

内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/09)

news076.jpg

琉球大学観光産業科学部のゼミ生らが、景観を整えることで沖縄観光の質の向上を目指す「ブルーミングプロジェクト」を進めている。調査によると、道路景観が整っていると旅行先に選ばれる確率が1.06%高くなる傾向が分かった。(2018/10/05)

news031.jpg

巨人の高橋由伸監督が今季限りで辞任することになった。後味の悪さが際立ったが、巨人の対応に問題はなかったのか。そして高橋監督が選ぶ、今後の道は……。(2018/10/05)

news013.jpg

暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/05)

news096.jpg

結婚相手紹介サービスを手掛けるオーネットが20〜34歳の独身者を対象に結婚希望年齢などに関する意識調査を実施。多くの人が30歳前後までに結婚を希望する中、結婚に対して真剣に考える故の回答も見受けられた。(2018/10/04)

news048.jpg

第4次安倍改造内閣が2日、発足した。来年10月に実施される消費税増税、解決が急がれる北朝鮮の拉致問題、そして憲法改正……。待ち受ける諸課題に新内閣は、どう向き合っていくのか。真価が問われる正念場のかじ取りが始まった。(2018/10/03)

news028.jpg

貴乃花親方が「電撃引退」を発表した。この報道を受けて、あるジャーナリストはこのように解説した。 「まあ、自尊心の強い人ですからね。一兵卒にはなったけれど結果が出なかった。それが我慢できなかったのでしょう」。なぜこのジャーナリストは「印象操作」とも言えるようなコメントをしたのか。その背景には、日本人の根深い問題がからんでいて……。(2018/10/02)

news040.jpg

「私は幸福な人間だ」。免疫を抑制するタンパク質「PD−1」を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授(76)が1日、ノーベル医学・生理学賞の受賞決定を受け、京都大で会見した。患者を救いたいと医師を目指し、画期的な免疫療法を確立、がん治療に新たな道を開いた本庶さん。「研究者の人生はエゴイスティック」と語っていた日本が誇る“知の重鎮”は、研究者として最高の栄誉に輝いた喜びを語った。(2018/10/02)

news041.jpg

「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。記者が家族を連れて遊びに行ってみた。(2018/09/28)

news023.jpg

『新潮45』に掲載された杉田水脈衆議院議員のLGBTに関する寄稿から始まった炎上事件は、同誌の休刊が発表される事態に。杉田氏の主張にある「生産性」は、社会に潜んでいる“ある価値観”を表面化させた。それは……(2018/09/28)

news037.jpg

米国・トランプ政権が日本をターゲットにした貿易交渉に動き始めた。日本側が米国の要求をすべて拒否するのは難しく、何を捨てて何を取るのかという選択になるのはほぼ確実といってよい。(2018/09/28)

news048.jpg

ふるさと納税制度をめぐり、過度な返礼品で寄付を集める自治体を制度の対象から外す総務省の方針が波紋を広げている。都会に偏りがちな税収を地方に分散させようと創設された制度だが、返礼品競争が過熱。返礼品を地場産品に限定するなどして自治体間の公平性を保つことを目指す総務省の方針に対し、特産品に乏しい中で収入や知名度アップの手段として制度を活用してきた自治体が反発しているのだ。(2018/09/28)

news034.jpg

京の都に行く東海道五十三次の最後の宿場町として栄えた滋賀県大津市で、伝統的な町家を観光資源に生かす取り組みが本格的に動き出す。木造注文住宅を設計・施工する「木の家専門店 谷口工務店」(滋賀県竜王町)が中心市街地の空き町家を改装したホテル7棟がオープンした。近隣の飲食店や商店も巻き込んだ“商店街丸ごとホテル”として観光客を誘致、昔のにぎわいを取り戻す。空き家の解消と地元商店街の活性化につながると大津市も注目する。(2018/09/27)

news068.jpg

日本相撲協会から貴乃花親方が退職を表明した。平成の大横綱が廃業に追い込まれることになったわけだが、貴乃花親方はこのまま土俵から去っていくのか。いや、次なる一手があるような気がしていて……。(2018/09/26)

news055.jpg

ネットを使った通信制高校「N高等学校(N高)」を運営する角川ドワンゴ学園(沖縄県うるま市)は、中学生を対象にした「N中等部」を2019年4月に開校する。一種のフリースクールで、既存の中学校に在籍しながら通学できていない生徒に来てもらい、創造力を身につけるための実践型授業を行う。eスポーツのアジア競技大会金メダリストや囲碁の女流タイトルホルダー、プログラミング大会の成績優秀者を輩出し、進学でも成果を出しているN高の教育ノウハウも生かし、将来イノベーションを起こせるような若い人材を育成し、送り出していく。(2018/09/26)

news110.jpg

LGBTを巡る論調が問題視されていた「新潮45」が休刊。「編集体制を整備しないまま刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて決断した」という。今後は社内の編集体制を見直していくという(2018/09/25)

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -