ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「930SC OMNIA」最新記事一覧

ソフトバンクモバイル、基地局から時刻情報を配信――電源オン/オフで時刻を自動補正
ソフトバンクモバイルは4月4日より、ネットワーク設備から時刻情報の配信を開始する。端末の電源オン/オフ時に時刻の自動補正が可能になるが、「001SC」はソフト更新が必要。(2011/4/1)

ソフトバンク107機種のブラウザに不具合――個人情報詐取の恐れも
ソフトバンクケータイ107機種のブラウザ(JavaScript)に不具合があることが判明した。ソフトバンクモバイルはJavaScriptをオフにするよう呼びかけている。(2010/5/28)

ソフトバンクのSamsung電子端末18機種に不具合――預かり修理の場合も
ソフトバンクモバイルは、「X01SC」を除くSamsung電子製端末に、まれに音声通話などができなくなる不具合が発生したことを明かした。(2010/4/26)

ソフトバンク、「831N」「740SC」「930SC」「931N」のソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルが「831N」「740SC」「930SC」「931N」のソフト更新を開始。2010年6月に発生する恐れのある不具合が解消される。(2010/4/26)

「OMNIA VISION 940SC」の“ここ”が知りたい:
第1回 「931SC」から何が変わった?――「OMNIA VISION 940SC」
3.5インチの大型有機ELを搭載するSamsung電子製の「OMNIA VISION 940SC」は、AV機能が充実したフルタッチケータイだ。前モデルの「OMNIA POP 931SC」からどこが変わったのか。外観や対応機能、サービスを中心に調べた。(2010/1/18)

最新のSamsungケータイを体験、プレゼントも――「SAMSUNG X'mas CAFE」
Samsung電子が六本木ヒルズに「SAMSUNG X'mas CAFE」をオープン。最新のSamsung電子端末を体験できるほか、プレゼントも用意されている。(2009/12/8)

最新ケータイ徹底比較(タッチパネルケータイ 2009年夏モデル編):
第1回 タッチパネルで何ができる?――最新7機種を横並び比較
2009年夏モデルでも多数のタッチパネル搭載ケータイが登場した。すでに過去にタッチパネルを搭載したモデルの後継機もいくつかあることから、どこまで“使える”のかが気になる。そこで、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの夏モデルから7機種を選び、タッチパネルの使い勝手を数回にわたって検証していく。(2009/10/13)

「OMNIA POP 931SC」の“ここ”が知りたい:
第2回 マルチタスクは利用できる?――「OMNIA POP 931SC」
これまでのSamsung電子端末は、ほかの操作中にWebやメールを利用できる「スイッチバー」を搭載していたが、フルタッチ仕様の「930SC OMNIA」や「OMNIA POP 931SC」はスイッチバーは搭載していない。931SCではスイッチバーの代わりとなるマルチタスクを利用できるのだろうか。(2009/8/10)

「OMNIA POP 931SC」の“ここ”が知りたい:
第1回 S!アプリのタッチ操作はどう?――「OMNIA POP 931SC」
ソフトバンクモバイルの2009年夏モデルとして登場したSamsung電子製の「OMNIA POP 931SC」は女性をターゲットとしたモデルだが、「930SC OMNIA」から多くの点が改良されており、タッチケータイとしても注目の1台だ。今回はボディの持ちやすさやキーロック、S!アプリの操作性について調べた。(2009/8/5)

“フルタッチ”と“プレミアム”で全セグメントの勝者に――Samsung電子の戦略
今、携帯電話の世界市場で勢力を伸ばしているメーカーがSamsung電子だ。同社がさらに勢いを加速させるための方策とは。そして「まだギャップがある」日本市場で存在感を高めるために必要なものとは何か。(2009/7/17)

CommunicAsia 2009:
“スマートフォンよりスマート”なSamsungの新世代タッチケータイ「Jet」──日本投入の可能性は
Samsung電子はフルタッチフォン「Jet」の発表会を、シンガポール、ドバイ、ロンドンの3都市で同時開催した。スマートフォン相当の機能を備えた新しいコンセプトのハイエンド携帯電話だ。(2009/6/26)

坂本龍一さん出演の「OMNIA POP 931SC」テレビCMがオンエア
Samsung電子は、坂本龍一さんが出演する「OMNIA POP 931SC」のテレビCMを制作した。発売に合わせてオンエアするほか、Web限定版も同社Webサイトで配信する。(2009/6/19)

ソフトバンク「930N」「OMNIA POP 931SC」、6月19日に発売
薄型スタイリッシュ端末「930N」とタッチパネル採用の「OMNIA POP 931SC」が、6月19日に発売される。(2009/6/17)

ポップでコンパクトな女性向け「OMNIA」――「OMNIA POP 931SC」
全面タッチパネルの「OMNIA 930SC」を、女性向けにアレンジしたのが「OMNIA POP 931SC」。幅は片手で操作しやすい50.9ミリになり、撮った写真に文字やイラストを付加する「お絵かきアニメ」を搭載。楽しく使える機能を用意した。(2009/5/19)

坂本龍一の新アルバム、特別版全曲を無料配信──930SC OMNIA購入者限定で
Samsung電子は、坂本龍一の新アルバムの特別版全楽曲を同社携帯サイトで配信するキャンペーンを3月4日から実施する。同社のタッチ携帯「930SC OMNIA」購入者限定。(2009/3/3)

Mobile World Congress 2009:
日本にも“タッチ文化”は必ずやってくる──Samsung電子の日本戦略
2009年、Samsung電子は「タッチ」をキーワードに、タッチパネル搭載携帯電話を積極投入する。Mobile World Congress 2009では、3機種のタッチパネル端末を発表。世界で展開するという。同社のアジア、そして日本市場の戦略を聞いた。(2009/3/2)

930SC OMNIAの“お絵かきアニメ”専門携帯サイト、1月31日開設
Samsung電子は、930SC OMNIAに備えるお絵かきアニメ機能に特化した携帯サイト「お絵かきメール」を開設。アニメデータのダウンロードコーナーや人気モデルが使い方を解説するコーナーなどを設ける。(2009/1/30)

ソフトバンク、「930SC OMNIA」のソフト更新を提供――カメラ関連の不具合を改善
ソフトバンクモバイルがSamsung電子製「930SC OMNIA」のソフトウェアアップデートの提供を開始した。まれにカメラ撮影ができなくなる、留守電サービスが使えなくなるなどの不具合を改善する。(2009/1/16)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター山根編):
海外でも「タッチパネル」と「スマートフォン」が話題
3G版が登場し全世界に販路を広げたiPhoneや、米GoogleのAndroid携帯など、2008年も海外市場では話題性のある製品が多く登場した。中でも話題の中心は「タッチパネル」と「スマートフォン」だ。筆者が選ぶ注目の3機種を紹介しよう。(2008/12/26)

先着100人に最大5000円分のグルメカード──「930SC OMNIA お絵かきアニメパイオニアキャンペーン」
「お絵かきアニメ」機能を用いたアニメーション入りメールを送ると、先着100人に最大5000円のグルメカードがもらえる「930SC OMNIA」ユーザー向けキャンペーンが行われている。実施は2009年2月28日まで。(2008/12/26)

開発陣に聞く「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」:
タッチだからこそ“親指文化”にもこだわった――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」誕生秘話
ハーフXGAサイズの3.8インチのタッチパネルディスプレイ、モーションセンサーといった先進的なデバイスを搭載した「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、現行ケータイではトップクラスのスペックを誇る。大型ディスプレイを搭載した理由、タッチパネルに盛り込んだ工夫とは――シャープの開発陣に話を聞いた。(2008/12/20)

「930SC OMNIA」の“ここ”が知りたい:
第3回 ワンセグの感度はどう? メールの自動振り分け機能はある?──「930SC OMNIA」
海外メーカー製端末ながら、ワンセグを備える「930SC OMNIA」。ワンセグ機能やメールの細かい使い勝手に関する質問が寄せられた。(2008/12/15)

「930SC OMNIA」の“ここ”が知りたい:
第2回 文字入力はどう?──「930SC OMNIA」
基本的な操作をすべて3.2インチのタッチパネルで行う「930SC OMNIA」。タッチ操作による文字入力どうか。韓国Samsung電子製端末ということでハングル文字で入力できるかといった質問が寄せられた。(2008/12/11)

韓国携帯事情:
韓国でも「OMNIA」発売――ますます盛り上がる“タッチケータイ”市場
日本でも話題になったSamsung電子のOMNIA(オムニア)が韓国でも発売され、注目を集めている。これまで様子見だったメーカーも続々とタッチパネル端末を発売しており、韓国には今、本格的な“タッチケータイ”ブームが訪れている。(2008/12/11)

「930SC OMNIA」の“ここ”が知りたい:
第1回 キーロックはどんな感じ? 16GバイトmicroSDHCは使える?──「930SC OMNIA」
3.2インチのタッチパネルディスプレイを採用するSamsung電子製の「930SC OMNIA」。タッチ操作を含めて操作系がすべて表面にあるストレート端末なので、キーロックの方法に関する質問がかなり寄せられた。ついでに16GバイトのmicroSDHCが使えるかも試した。(2008/12/11)

小牟田啓博のD-room:
第26回 デザインから注目した各キャリアの2008秋冬モデル
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。10月27日のauを皮切りに、各キャリアから発表された秋冬モデルを、小牟田氏がデザインの視点からチェックした。(2008/11/25)

Samsung電子、東京・渋谷で「930SC OMNIA」発売記念イベント──坂本龍一氏起用のテレビCMも開始
Samsung電子は「930SC OMNIA」の発売記念イベント“OMNIA FANTASY”を11月28日から実施。東京・渋谷のタワーレコード横に会場を設け、端末のタッチ&トライコーナーやホットコーヒー提供コーナーなどを用意する。このほか、坂本龍一氏を起用したテレビCMも11月25日から放映する。(2008/11/21)

ワンセグ搭載の日本版OMNIA――「930SC OMNIA」、11月28日発売
全面タッチパネルのスリムボディに500万画素カメラやワンセグを搭載した日本版OMNIA「930SC OMNIA」が、11月28日から店頭に並ぶ。(2008/11/21)

バイヤーズガイド:
2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ヘッドセット編)
日本のケータイでも対応機種が爆発的に増えてきたBluetooth。Bluetoothはハンズフリーで通話できる基本機能に加えて、ワイヤレスの音楽再生やワンセグ視聴も行える特徴があり、この便利さは一度使うと手放せなくなる。今回は、数あるBluetooth製品の中から「初めてBluetoothケータイを購入したユーザー」に向くハンズフリー機器を紹介していこう。(2008/11/20)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

神尾寿のMobile+Views:
2008年冬モデルから読み解く、キャリアの携帯戦略――ソフトバンクモバイル編
携帯電話市場が転換期を迎える中、2008年の冬商戦向けモデルは、各キャリアが今後の戦略をかいま見せた点でも注目が集まる。auに続き、ソフトバンクモバイルのビジョンを、端末ラインアップから探っていこう。(2008/11/6)

神尾寿の時事日想・特別編:
日本のケータイ市場にじわりと浸透。存在感を増す海外メーカー
ソフトバンクモバイルが冬商戦のハイエンドモデルラインアップに台湾・HTCや韓国・Samsung電子のスマートフォンを加えるなど、各キャリアが海外メーカー製ケータイを採用する例が増えている。その背景には、販売奨励金制度の見直しやユーザーニーズの変化などで、日本市場に海外メーカーが参入しやすくなっていることがあるだろう。(2008/11/5)

神尾寿のMobile+Views:
2008年冬モデルから読み解く、キャリアの携帯戦略――au編
10月27日のauの発表会を皮切りに、携帯電話キャリア各社が相次いで冬モデルの発表を開始した。携帯市場が転換期を迎える中、各キャリアが“次世代ケータイ”のあり方をかいま見せる端末やサービスを投入しているが、その市場訴求力はどの程度なのか。まずはauのラインアップについて見ていこう。(2008/11/4)

10月25日〜10月30日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
au、ウィルコム、ディズニー・モバイル、ソフトバンクモバイルが秋冬モデルを発表した。発表会を目前に控えたドコモは、新ドコモ宣言を次のフェーズに進める成長戦略を発表。また、携帯電話関連のメーカー、通信キャリア各社が中間決算を発表した。(2008/11/4)

写真で解説する「730SC」
ソフトバンクモバイルのプリペイド携帯電話サービス「プリモバイル」専用端末として登場したSamsung電子製の「730SC」。プリペイド用として、最低限の機能を備えたシンプルなストレート端末だ。(2008/11/4)

写真で解説する「930SC OMNIA」
「930SC OMNIA」は、海外版OMNIAの外観イメージやタッチパネル、タッチUI「TouchWiz UI」、5Mカメラといった特徴をそのままに、Yahoo!ケータイや着うたフル、そしてワンセグまで対応する“ハイエンドケータイ”に仕上がっていた。(2008/10/31)

「インターネットマシン化する世界を切り開く」 孫社長、「ソフトバンクは攻めの一辺倒」
ソフトバンクモバイルの孫社長は、冬モデルでインターネットマシン戦略を加速。ニコニコ動画やモバゲーなどのホットなサービスと連携し、「インターネットマシン化する世界を切り開く」と意気込む。(2008/10/30)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)

日本版OMNIAはワンセグ搭載の日本オリジナル、8Gバイトメモリ+5Mカメラも搭載──「930SC OMNIA」
Samsung電子製の「930SC OMNIA」は、全面タッチパネルの薄型ボディにタッチUI、5Mカメラなど海外版OMNIAの特徴そのままに、ワンセグや独自OS、絵文字対応など日本市場向け仕様としたハイエンドケータイとして登場する。(2008/10/30)

ソフトバンクモバイル、冬モデルでタッチパネルケータイ4機種投入
ソフトバンクモバイルが、冬モデルでタッチ操作対応端末4機種を投入すると発表した。シャープの「AQUOSケータイ 931SH」、Samsung電子の「OMNIA」、HTCの「TOUCH PRO」「TOUCH DIAMOND」を投入する。(2008/10/30)

現地版「OMNIA」レビュー:
第4回 では、“日本版OMNIA”はどうなる?
日本での登場がささやかれるSamsung電子の「OMNIA」。この端末は、日本市場向けにどのような製品としてリリースされるのだろうか。Samsung電子のこれまでの日本市場戦略などから“日本版OMNIA”がどうなるかを勝手に予想してみよう。(2008/9/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。