ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「達成」最新記事一覧

NIMSとシャープが開発:
緑色蛍光体を開発、8K放送のきれいな色を再現
物質・材料研究機構(NIMS)とシャープの研究チームは、色域を拡大する緑色蛍光体を開発した。この蛍光体を用いて白色LEDを試作したところ、8K放送に対応できる色再現域を達成できることが分かった。(2017/2/24)

製造ITニュース:
「PTC Navigate」は1年で10万ユーザーを達成、2017年末は「Windchill 12」投入
PTCは、2017年12月をめどに、PLMツール「Windchill」の最新バージョン「Windchill 12」の開発を進める。その一方で、IoTプラットフォーム「ThingWorx」を基にWindchillなどで集約したさまざまな情報をより多くの技術者が活用できるようにするアプリプラットフォーム「PTC Navigate」の開発を加速する方針だ。(2017/2/22)

「タッチ我慢スターター」1日で5000万パイタッチ・発表まで600日達成 担当者「コメントは差し控えたい」
一生発表できねぇ。(2017/2/21)

電子ブックレット:
好調 アルプス電気の「これから3年」を聞く
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2015年度に過去最高業績を達成したアルプス電気が、今後どのような成長戦略を描いているのかについて紹介します。(2017/2/19)

nano tech 2017:
導電性高分子を用いた熱電変換素子、50枚でLED点灯
産業技術総合研究所(産総研)は、「nano tech 2017」で導電性高分子「PEDOT:PSS」を用いた小型有機熱電モジュールの試作品を展示した。試作品は大きな出力密度を達成している。(2017/2/21)

FAメルマガ 編集後記:
いまさら聞けない第4次産業革命
現在進行系で変化し続ける「第4次産業革命」を解説する連載記事が記念すべき10本目に到達。まだまだ続きますよ。(2017/2/17)

世界初 トヨタ、HV車販売1000万台突破 プリウス投入20年での大台達成
トヨタ自動車は14日、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車の世界累計販売台数が1月末までに約1004万9000台となり、1000万台を突破したと発表した。(2017/2/15)

エコカー技術:
約19年で累計世界販売台数が1000万台突破、トヨタのハイブリッド車
トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が同年1月末までに1000万台を突破したと発表した。90以上の国と地域で、ハイブリッド車33モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを販売している。900万台を達成したのは2016年4月末で、約9カ月で100万台を積み増した。(2017/2/15)

「BALMUDA The Toaster」が熟成――トースター調理がやりやすく
お餅やグラタンなどを焼く「クラシックモード」をリフレッシュ。W(ワット)表示から温度表示に変更。到達温度は170°C、200°C、230°Cになるよう制御する。(2017/2/10)

TE Connectivity Sliver:
ボード上で25Gbpsの速度を実現するコネクター
TE Connectivityは2017年1月、ボード上で内部入力/出力(I/O)接続を可能にする内部ケーブル相互接続システム「Sliver」を発表した。同社の高速伝送ケーブルを使用した内部配線により、最大25Gビット/秒(Gbps)の速度を達成できるという。(2017/2/7)

塗布技術で製造コストを安価に:
半導体単層CNT、塗布型で最高級の移動度を達成
東レは、塗布型半導体単層カーボンナノチューブ(CNT)で世界最高レベルの移動度を達成した。一般的なアモルファスシリコンに比べて約80倍も高い移動度となる。(2017/2/6)

携帯販売ランキング(1月23日〜1月29日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が発売以来20連勝達成
総合ランキングは前回とほとんど同じ並び。ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」は、発売週からの連続トップを20に伸ばした。(2017/2/4)

村田製作所 PKMCS1818E20A0-R1:
リフロー実装対応、音圧100dBの車載用圧電ブザー
村田製作所は車室内の警報、報知音向けに表面実装型(SMD)圧電ブザー「PKMCS1818E20A0-R1」の量産を開始した。同社従来品の約4倍となる100dBの音量、音圧を達成している。(2017/1/30)

単なる自動化で終わらせない、DevOpsのすすめ:
PR:DevOpsを通じてITを企業の武器にするために重視すべき3つのポイント
デジタルトランスフォーメーションが進む中で、DevOpsの重要性はさらに高まっているが、その導入にまで踏み切れていない企業は多い。開発部門と運用部門の認識のズレだけでなく、そもそもDevOpsで何を達成するのかという基本的な部分から焦点がブレやすく、結果として単なる自動化と違いが分からないというケースも散見される。自動化とDevOpsは密接な関係にあるが、自動化がDevOpsのゴールではなかったはずだ。では、DevOpsの本質とは何か。自動化の他に何を重視するべきなのか。システムインフラのみならずDevOpsの導入を支援する取り組みを提供するレッドハットに話を聞いた。(2017/1/25)

異次元の頂上決戦:
排ガス不正のVWがトヨタを下したワケ
トヨタ自動車の5年連続グループ世界販売台数年間首位の達成が絶望的となった。ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンの2016年のグループの世界販売台数は1031万2400台だったのに対し、トヨタの見通しは1009万台で約20万台の大差を付けられての敗北となる。(2017/1/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
C-HRで到達 トヨタの「もっといいクルマ」
トヨタは大きく変わりつつある。2015年に打ち出した「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の第1弾プリウス、そして今回、第2弾のC-HRに乗って、トヨタが掲げる「もっといいクルマづくり」が推進されていることを体感したのだ。(2017/1/23)

太陽誘電 社長 登坂正一氏インタビュー:
売上高3000億円超の世界へ「野武士を組織化する」
太陽誘電は、主力のコンデンサー、インダクター、通信用フィルターを中心にスマートフォン向けが好調で、2016年3月期に過去最高となる売上高2403億円を達成した。今後も中期的には売上高3000億円の大台突破を狙う方針。事業規模拡大に向けた経営戦略を同社社長の登坂正一氏に聞いた。(2017/1/16)

年間5000万ケース突破:
「午後の紅茶」躍進を支えたマーケティング
2016年に発売30周年を迎えたキリン「午後の紅茶」。節目の年に、初の年間5000万ケースの販売を達成した。その飛躍を支えたマーケティング施策とは……。(2017/1/16)

“俺の嫁”召還装置「Gatebox」(30万円)、1カ月で300台売れる
“俺の嫁”召還装置「Gatebox」の予約台数が300台を達成した。(2017/1/13)

福田昭のデバイス通信(97) 高性能コンピューティングの相互接続技術(2):
NVIDIAがMOSFETの比例縮小則(デナード則)を解説(前編)
1970年代から1990年代にかけて、半導体集積回路は「デナード・スケーリング」という法則に沿って高密度化と高速化を達成してきた。今回は、デナード・スケーリングの内容と、なぜ1990年代以降は、この法則に沿って微細化を進めることが困難になったのかを説明する。(2017/1/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
残業ゼロでも目標達成!! 本気の「職場の時短術」
ムダなことを効率的にやることほど、ムダなことはない。やめても成果に影響しないことは、勇気をもってやめる、これこそが生産性を高める絶対条件だ。(2017/1/12)

製造業IoT:
低消費電力の通信技術を用いた着脱式センサーの実証実験
スカイディスクは、西松建設と共同で、広範囲/低消費電力の通信技術「LoRaWAN」を使った着脱式センサー「SkyLogger」のデータ取得実験を実施する。東京都内のビルにゲートウェイを設置し、カバー距離やビル内の到達可能距離などを測定する。(2017/1/11)

罪悪感と引き換えにポイントGET きんモザのスマホゲー「フレンドを50回削除する」でチャレンジ達成の闇……
どうしてこうなった。(2017/1/9)

Googleカレンダー、AndroidとiPhoneのフィットネスアプリと連係してゴール達成をサポート
モバイル版「Googleカレンダー」の目標達成サポート機能「ゴール」が「Google Fit」および「Apple Health」と連係し、フィットネス関連の目標であれば、自分で「完了」をタップしなくても達成状況が自動的に表示されるようになる。(2017/1/6)

ベンチャーニュース:
安川電機がベンチャー投資を加速、3年間で20億円規模
安川電機は新規事業の創出とコア事業領域拡大の加速を目的としたベンチャー投資活動を本格化する。投資規模は2016〜2018年度の3年間で20億円。同社の長期経営計画である「2025年ビジョン」達成に向けた成長戦略となる。(2017/1/5)

2016年のアキバを振り返る(後編):
HDDは10テラに到達、M.2 NVMe SSDがブレイク、そしてフラッシュの乱高下が目立った2016年
VRの台頭とグラフィックス&ゲーミング事情を中心にまとめた前編に続き、後編ではストレージ関連の動きを中心に2016年を振り返ってみたい。(2016/12/31)

同人ゲーム「ネコぱら」のアニメ化プロジェクトがわずか42分で目標達成! 現在もアニメの尺延長に向け支援を受付中
目標の10万ドル(約1000万円)を達成し、その後も支援が集まっています。(2016/12/30)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(後編):
「三権分立」で1年に200リリースを達成した楽天トラベル、150人規模のチームで実現できた秘訣とは
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第3弾では、楽天トラベルにおけるDevOpsとテスト自動化の取り組みを中心に、最適な開発ライフサイクル実現のヒントを紹介する。(2016/12/27)

スピード成長には理由がある:
サイバー女性役員が部下に失敗させるワケ
「新人時代から営業目標を毎月のように200〜300%達成」「わずか2カ月で産休から復帰」……。サイバーエージェントで数々の偉業を成し遂げてきた執行役員の石田裕子さんは、自らがスピード成長できたのは「失敗」があったからだという。(2016/12/26)

ショートケーキがブラになっちゃった! スイーツをモチーフにした下着が出資募集、1日で目標金額達成の人気ぶり
スイーツ×下着×女の子=カワイイ!(2016/12/21)

電力供給サービス:
低炭素社会に向けた日本のエネルギー戦略、どうする石炭火力と再エネの拡大
日本が取り組む温暖化対策では2030年の目標達成だけではなく、2050年以降を見据えたエネルギー戦略の転換が重要だ。CO2排出量の多い石炭火力発電を抑制しながら、コストの低下が進む再生可能エネルギーを飛躍的に拡大させる。政府は2050年に向けた低炭素社会のビジョンを策定する。(2016/12/19)

材料技術:
天然ゴムより高性能の合成ゴム、ブリヂストンがバイオマスから生産
ブリヂストンは、天然ゴムとほぼ同等の分子ミクロ構造を達成したポリイソプレンゴムの合成に成功した。天然ゴムと近い性質を実現したため、合成ゴムに置換することが可能になる。生産コストも「市況によるが、天然ゴムより少し高い程度」(ブリヂストン)に抑えたという。(2016/12/14)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 最終回:
「グノシー」の広告担当者に質問、高い効果を出すモバイル広告の運用法とは?
モバイル広告において、非ゲーム系アプリが高いユーザー獲得目標を達成し続けるには、どうすればいいのか。Gunosyの担当者に話を聞いた。(2016/12/19)

リニアテクノロジー LT8630:
効率93%以上を実現した600mA降圧レギュレーター
リニアテクノロジーは、3〜100Vで入力可能な600mA同期整流式降圧スイッチングレギュレーター「LT8630」の販売を開始した。同期整流方式により、効率93%以上を達成している。(2016/12/9)

自然エネルギー:
Google、2017年に再生可能エネルギー100%達成へ
米Googleは2017年に同社が世界で消費している電力を、100%再生可能エネルギーで賄える見通しであることを明らかにした。(2016/12/8)

自然エネルギー:
人工光合成に新技術、気体のCO2と太陽光でメタンを生成
太陽光と水と二酸化炭素から有用物質を作り出す人工光合成の研究成果が続々と登場している。昭和シェル石油は常温常圧下でエチレンや天然ガスの成分であるメタンを生成することに成功。気体のままCO2を利用できるのが特徴で、植物と同等レベルの変換効率を達成したという。(2016/12/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月14日〜11月20日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」がまさかの急落
デジタル一眼ランキングは、前回11連覇を達成したキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が4位まで一気に後退した。パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が初のトップ3入り。(2016/11/29)

2020年の実現目指す:
働き方改革で残業ゼロに 日本電産・永守氏
「元日の午前中を除き、365日働く」という日本電産のモーレツ創業者、永守重信会長兼社長が、働き方改革に乗り出した。目標達成のためには働き方を変える必要があると永守氏は読んでいる。(2016/11/29)

「このセカ」超えた! アニメ「少年ハリウッド」第26話完全版プロジェクトに4200万円超の支援集まる
11月29日18時までに5000万円達成ならアニメ史に残るライブパフォーマンスが!(2016/11/28)

初めてのゴルフレッスン中に“旗つつみ”でホールインワンを達成! あまりの驚きにはしゃぐ女性がかわいらしい
ナイスショット。(2016/11/28)

スマートハウス:
CO2を排出しない生活は可能か、既存住宅で実証開始
大阪ガスと積水ハウスは既存住宅をリノベーションし、CO2排出量ゼロとゼロエネルギーの達成を目指す実証実験に着手する。実際に人が居住しながら約2年半に渡って行う実証で、太陽光発電システムや燃料電池、空調制御を活用し、省エネと快適性の両立が可能化どうかを検証していく。(2016/11/28)

資金集まりすぎで異例のストップかかった「この世界の片隅に」クラウドファンディング、内容強化して再募集
映画「この世界の片隅に」のクラウドファンディングが盛り上がっている。募集からわずか半日で目標を達成してし、監督が「支援を控えて」と呼びかける異例の事態に。その後、実行内容を強化するなどして再び募集を始めた。(2016/11/25)

「湯〜園地」動画が4日で100万再生達成 別府市「(場所や予算は未定だけど)やります!」
1年以内はさすがに無理なんじゃないか。(2016/11/24)

エネルギー管理:
再エネ100%を記録したポルトガル、ADRで需給調整に挑む
2016年5月に一時的に電力消費における再生可能エネルギー100%を達成するなど、積極的なエネルギーシフトを図っているポルトガル。NEDOおよびダイキンはその首都リスボンで、自動デマンドレスポンス(ADR)による電力需給の安定化を目的とした実証実験を開始する。ADRで再エネの導入拡大と電力需給のバランスを取ることが狙いだ。(2016/11/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月7日〜11月13日):
デジタル一眼ランキング、トップ3動かず キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」11連覇
デジタル一眼ランキングは、前回からほとんど動きがなく、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が11連覇を達成した。トップ3もここ5週間変わっていない。(2016/11/21)

企業動向を振り返る 2016年10月版:
過去最高金額の達成あり、当局による無効あり、激動続く半導体業界M&A
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。2016年10月も動きは止まらず、クアルコムがNXPを5兆円近くで買収する合意に達しました。この金額は半導体史上最高額のM&Aとなります。(2016/11/21)

インフルエンザ、すでに流行入り? 昨年より2カ月早く……ヤフーがビッグデータ分析で予測
「Yahoo!JAPAN」の検索データから分析したインフルエンザの感染状況の予測で、14日に流行ラインに到達した可能性があることが分かった。(2016/11/16)

省エネビル:
都市部で「ZEB Ready」達成のオフィスビル、鹿島が業務を開始
鹿島は都市型省エネオフィスというコンセプトで建設した東京都港区の「KTビル」で、2016年11月から業務を開始した。都市部の限られた敷地制約の中でオフィス空間のスペース効率を最大化しつつ、さまざまな省エネルギー技術を導入。CASBEEの新築部門でSランク、BELSにおいて国内オフィスビルで初めて「ZEB Ready」を取得している。(2016/11/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月31日〜11月6日):
ニコン「D5500 18-55 VR IIレンズキット」が8カ月ぶりに総合ランキング入り
デジタル一眼ランキングは、上位陣に大きな動きはなく「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇を達成した。8位のニコン「D5500 18-55 VR IIレンズキット」は、3月7日週以来久々のトップ10入りだ。(2016/11/14)

自然エネルギー:
水素の貯蔵・輸送技術が進展、実用化に残る課題はコストダウン
千代田化工建設が水素を液化して貯蔵・輸送する技術の開発を進めている。気体の水素を有機化合物と反応させて液化した後に、再び気体の水素を抽出する方法だ。実証プラントを使って100%に近い変換効率を達成した。大規模な設備の実用化に向けて、改良によるコストダウンの段階に入った。(2016/11/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。