ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AirMac」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AirMac」に関する情報が集まったページです。

PR:AirMacシリーズ販売終了……Macユーザーが今買うべき無線LANルーターは?
Synologyの無線LANルーター「RT2600ac」がMacやiPhoneユーザーから注目を集めている。その理由は……(2018/6/26)

Apple、Wi-FiルーターのAirMacを終了
Wi-Fi隆盛の火付け役となったAirMacが終了することをAppleが認めた。(2018/4/27)

Apple、無線ルータから撤退か
Appleが、2013年からアップデートしていない無線ルータ「AirMac」シリーズの部門を閉鎖すると、Wall Street Journalが情報筋の話として伝えた。(2016/11/22)

AirMac ExtremeとTime CapsuleにHeartbleed対策のファームウェアアップデート
2013年6月以降に発売されたAirMac ExtremeとTime Capsuleのファームウェアアップデート7.3.3が公開された。OpenSSLの脆弱性(いわゆる「Heartbleed Bug」)が修正される。(2014/4/23)

11ac対応:
3倍速い「AirMac Extreme」と「Time Capsule」が登場
アップルは、IEEE802.11acに対応した無線LAN製品として「AirMac Extreme」と「Time Capsule」の新モデルを発表した。転送速度は従来比3倍。(2013/6/11)

スピーカーも一体化:
AirMac対応の“McIntosh”こと「McAire」の国内販売がスタート
エレクトリは、米McIntoshのAirPlay対応オーディオシステム「McAire」を6月3日に発売する。(2013/5/21)

広田稔のMacでゴー!!(16):
アップル製品は無線が快適! AirMacでケーブルレス生活を始めよう
新生活を始めたらまず用意したいのがネット環境。どうせならさまざまな周辺機器を無線LANで接続し、快適なデジタルライフを送りたい。(2013/4/4)

「AirMac Express」を壁や机にスッキリと取り付けられる専用アダプター
付属のネジやバンドを使って、壁や机、PCやモニターのスタンド部分に「AirMac Express」を取り付けられる。(2013/4/3)

思わず重ねたくなる?:
アップル、Apple TVサイズになった「AirMac Express」
アップルが無線LANルータ「AirMac Express」をモデルチェンジ。Apple TVと同じ本体サイズの新デザインを採用し、IEEE802.11nのデュアルバンドに対応する。(2012/6/12)

Apple、Time CapsuleとAirMacのファームウェア更新版をリリース
「ファームウェア7.6」では、任意のコード実行に利用される恐れのある脆弱性に対処した。(2011/11/14)

アップルがiLife '09をはじめとした多数のアップデータを公開
アップルがiMovieやiPhotoなどiLife '09を中心に、AirMacユーティリティソフトやデジタルカメラRAW互換性アップデータをリリースした。(2009/6/7)

Apple、AirMac ExtremeとTime Capsuleのファームウェアアップデートを公開
AirMacとTime Capsuleの予期せぬシャットダウンやDoS攻撃などを引き起こす複数の脆弱性に対処するアップデートが公開された。(2009/3/7)

アップルがiLife '09などのアップデータを多数公開
アップルが、iLife '09やiWork '09をはじめ、AirMac関連のアップデータをリリースした。(2009/3/4)

フォーカルポイント、Mac mini用の壁面設置対応マウンタなど2製品
フォーカルポイントコンピュータは、Mac mini用/AirMac Extreme用のアクリル製マウンタ計2製品を発売する。(2009/2/13)

Apple、RAWファイルとAirMacの脆弱性に対処
今回のパッチは、Aperture/iPhotoのRAWファイル処理とAirPort Extreme(AirMac Extreme)の脆弱性に対処した。(2008/3/21)

アップル、無線LANルータ「AirMac Express」新モデルを発表――11n対応に
アップルは、無線LANルータ「AirMac Express」の新モデルを発表した。新たにドラフト11nをサポートしている。(2008/3/18)

Apple、802.11n対応の新AirMac Expressの提供開始
「AirMac Express」に新モデルが登場。次世代規格IEEE 802.11nに対応し、通信速度は最大5倍に。価格は1万1800円。(2008/3/18)

Time Machineはワイヤレスで:
アップル、HDD+AirMac Extremeの「Time Capsule」を投入
アップルが2月に出荷予定の「Time Capsule」は、1Tバイト/500GバイトのHDDを内蔵した無線LAN機能付きNASだ。(2008/1/16)

Apple、AirMac Extremeのファームウェアアップデートを公開
IEEE 802.11n対応のAirPort Extreme Base Stationに脆弱性があり、DoS攻撃に利用される可能性もある。(2007/9/6)

Apple、AirPort Extremeベースステーションのセキュリティ問題に対処
802.11n対応のAirPort(AirMac)Extremeに2件のセキュリティ問題が存在。Appleはアップデートで対処した。(2007/4/11)

Apple、アップデートでAirportの相互運用問題に対処
「AirPort Extreme Update 2007-002」では、セキュリティ問題に加えてサードパーティー製品との相互運用問題に対処した。(2007/3/12)

アップル、ドラフト11n対応の無線LANシステム「AirMac Extreme」新モデル発売
アップルは、無線LANシステム「AirMac Extreme」新モデルの発売を開始した。IEEE802.11b/gおよびドラフト11nをサポートする。(2007/2/2)

Apple、Airportの脆弱性に対処
昨年11月に報告されたAirport(AirMac)の脆弱性を修正するパッチがリリースされた。(2007/1/27)

Appleがセキュリティパッチ公開、Mac OS Xの脆弱性に対処
「Security Update 2006-007」では22本のパッチを提供し、既に情報が公開されているAirMacワイヤレスドライバの脆弱性などを修正した。(2006/11/29)

AirMac、iSightが使えるようになったBoot Camp新β版
MacBook、MacBook ProがWindows XPマシンとして独り立ちできるようになった。(2006/8/16)

フォーカル、AirMac Expressを机上に設置できる専用ドッグ
フォーカルポイントコンピュータは、AirMac Express専用ベースドック「AirBase」を発売。約2メートルの電源ケーブルが付いている。(2005/5/27)

ビザビ、AirMac Express用シリコン製キャップを発売
ビザビは、アップルコンピュータ製「AirMac Express ベースステーション with AirTunes」の各ポートを保護するシリコン製カバーを10月初旬に発売する。実勢価格は940円。(2004/9/24)

AirMac Expressをあれこれ試してみた
1週間ほどAirMac Expressを借りることができたので、AirTunesで遊んでみたり、ルータとして負荷をかけてみたり、Windowsで使ってみたりと、とにかくあれこれ試して(いじめて?)みた。(2004/8/3)

LifeStyle Weekly Access Top10(7月9日〜15日)
ちょっと楽しみな“小型装置”
先週は小型デバイス関連の記事が人気を集めた。「iPod mini」「PSP」「HDDウォークマン」「AirMac Express」……。でかいのは、30インチの「Apple Cinema HD Display」くらいのものだ。(2004/7/16)

ウワサの「AirMac Express」で遊んできました
アップルが開催した製品説明会で、「AirMac Express」をじっくりと見てきた。「AirTunes」と呼ばれる新機能を備えたAirMac Expressは、「iTunes」搭載パソコンをサーバにして、ワイヤレスネットワーク経由の音楽配信が可能な無線ルータだ。(2004/7/14)

iTunesをワイヤレスで〜アップルが「AirMac Express」発表
アップルが発表した「AirMac Express」は、軽量コンパクトなモバイル用のIEEE 802.11g無線LANアクセスポイントだ。さらに、オーディオ機器に接続し、MacやWindowsマシンの中にある楽曲をストリーミング再生できる「AirTunes」をサポートしている。(2004/6/8)

アップル、スペックアップした新PowerBook G4などを公開
アップルコンピュータは4月22日、先日発表された「PowerBook G4」「iBook G4」「eMac」「AirMac Extremeベースステーション(PoE)」の製品説明会を行った。(2004/4/22)

Power over Ethernetに対応したAirMac Extremeベースステーションの新モデルを発売
アップルコンピュータは、ワイヤレスネットワーク製品 AirMac Extremeベースステーションの新モデル「AirMac Extremeベースステーション(PoEモデル)」を発売した。3万240円。(2004/4/20)

アップル、AirMac Extremeの最新ドライバを公開
(2004/4/20)

アップル、PowerBook G4新シリーズを発表
アップルコンピュータは4月19日、PowerPC G4 1.5GHz、AirMac Extremeを搭載した「PowerBook G4」の新モデルを発表した。(2004/4/19)

AirMac Extremeベースステーション用冷却スタンド
(2004/3/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。