ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オールアバウト」最新記事一覧

複数メディアと提携し、記事広告を相互流通:
オールアバウト、分散型メディアプラットフォーム「citrus」を提供開始
オールアバウトナビは、新メディア「citrus」を提供開始。他社のWebメディアと提携し、分散型メディアのプラットフォーム構築を目指す。(2016/4/22)

訪日中国人向け商品のトライアルマーケティングも可能に:
オールアバウト子会社、中国アリババ傘下のショッピングモールに出店し日本企業の越境ECをサポート
「サンプル百貨店」を運営するオールアバウトライフマーケティングは2015年11月19日、中国の消費者向けショッピングモール「Tmall Globa」に出品代行を行う越境ECサポート事業を開始した。(2015/11/20)

外国人目線で日本情報を発信、越境ECにも対応:
オールアバウト、多言語による日本総合情報サイト「All About Japan」を開設
総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは、2015年9月29日より外国人向けの日本総合情報サイト「All About Japan」を開設すると発表した。(2015/9/30)

R25スマホ情報局:
Wi-Fiスポットを安全に使うための“3つの心得”
大手キャリアはもとより、「格安SIM」にも存在する“容量制限”。少しでも制限を回避しようとWi-Fi(無線LAN)スポットを活用している人も少なくないと思いますが、Wi-Fiスポットにはリスクもあります。そこで、All Aboutのガイドを務める岡田庄司さんにその傾向と、私たちが心がけるべきことを伺いました。(2015/8/24)

日本ハンバーグ協会や日本エスニック協会のノウハウを活用:
オールアバウト、マニアの協会ビジネスを支援する無料CMSを提供開始
オールアバウトは2015年6月10日、共通の嗜好性を持った愛好家(マニア)のコミュニティー運用を支援するための「協会ビジネス」向け無料CMS「Mania-Biz」を提供開始した。(2015/6/11)

オールアバウト、ディー・エル・マーケットを子会社化
CtoC事業の強化、デジタルコンテンツ販売による収益拡大を目指す。(2015/5/28)

シーズネットを子会社化:
オールアバウトが個人間のデジタルコンテンツ販売市場へ参入
オールアバウトは2015年5月25日、個人間のデジタルコンテンツ販売事業を営むシーズネットが会社分割により新設するディー・エル・マーケットの株式を100%取得し、子会社化すると発表した。(2015/5/26)

オールアバウト、ファイブスターズゲームを子会社化 位置情報ゲームをO2Oに
オールアバウトがスマートフォン向けゲーム開発などを手がけるファイブスターズゲームを子会社化。(2015/2/16)

コンテンツ生成は専門家にお任せ:
イノーバ、オールアバウトと提携し、コンテンツマーケティング支援事業を強化
イノーバは12月8日、総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトとコンテンツマーケティング領域で業務提携したことを発表した。(2014/12/8)

図書館蔵書検索「カーリル」が電子書籍に対応 「半数近くがオールアバウト」統計データ公開
全国の図書館の蔵書を横断検索できる「カーリル」が電子書籍に対応した。独自に整備した電子書籍の蔵書データも公開。出版社別で見ると、46.7%と半分近くがオールアバウトのものだと分かったという。(2014/10/27)

勤続年数が長い男性は、大企業? それとも中小企業?
あなたは転職したことがありますか? 首都圏在住のビジネスパーソンに聞いたところ、男性の50.2%、女性の68.1%が転職経験者であることが分かった。オールアバウト調べ。(2014/9/18)

昔はよく食べたけど、今は食べていないモノ
昔はよく食べたけど、今は食べていないモノは何ですか? 首都圏に住んでいる20〜69歳の男女に聞いた。オールアバウト調べ。(2014/7/28)

導入事例:
オールアバウト、「AllAbout」の分析基盤に「IBM Digital Analytics」を採用
オールアバウトは、自社で運営している総合情報サイト「AllAbout」および関連ビジネスサイトのパフォーマンス分析基盤として、「IBM Digital Analytics」を採用した。(2014/5/1)

クルマを選ぶ際の情報源は? 20代は意外にも
消費増税を見越して、クルマを購入した人はどの情報を参考にしたのだろうか。20〜60代の男女に聞いたところ、20代は「テレビCM」「テレビ番組」と答えた人が多いことが分かった。オールアバウト調べ。(2014/4/3)

オールアバウトから動画付き電子書籍シリーズ創刊
オールアバウトが、動画付き電子書籍シリーズをiBooks Storeから創刊。第1弾は著者のトーク内容を動画として収録した『はじめてのお受験』。(2014/2/5)

オールアバウト、ドワンゴの批判受け就活生「奨励金」支給を中止 「誤解を与えてしまったことは本意ではない」
オールアバウトは、新卒採用でドワンゴに受験料を支払った就活生に奨励金を給付する制度の中止を発表した。ドワンゴの「試みを尊重した上で、本企画の実施に至った次第」であり、「誤解を与えてしまったことは本意ではない」としている。(2013/12/13)

ドワンゴから批判されたオールアバウト、新卒採用の奨励金制度を中止
ドワンゴの新卒採用受験料制度を茶化すつもりはなかったと説明しつつ、混乱を招いたと謝罪しました。(2013/12/13)

「我々の取り組みを茶化し、無効化する」――ドワンゴ、オールアバウトの就活生「奨励金」支給を批判
「一石を投じようとした我々の取り組みを茶化し、無効化しようとするものです」――ドワンゴは、同社が就活生から徴集する「受験料」とほぼ同額の「奨励金」を支払うと発表したオールアバウトを批判する文書を公開した。(2013/12/13)

新卒採用制度めぐりドワンゴがオールアバウト批判 受験料への対抗企画「とても残念」
新卒採用に受験料制度を導入して話題になったドワンゴが、その案内ページに「受験するとお金がもらえる会社のご案内」を追加しました。(2013/12/12)

ドワンゴとオールアバウトを受験した就活生に「25円」支払うベンチャー現る
2525円支払ってドワンゴの新卒入社試験を受験し、オールアバウトを受験して2500円受け取った就活生が自社も受験した場合、差額の25円を支払うベンチャー企業が現れた。(2013/12/9)

オールアバウト、ドワンゴに受験料支払った就活生に“ほぼ同額”の奨励金 「本気の学生に会ってみたい」
オールアバウトは、2015年新卒採用で受験料を支払ってドワンゴにエントリーした就活生が自社にも応募してきた場合、受験料とほぼ同額の2500円を奨励金として給付する。(2013/12/9)

オールアバウトが新卒採用に2500円の奨励金導入 「ドワンゴを本気で目指す学生に会ってみたい」と勝手アンサー企画
ドワンゴの新卒採用受験料2525円を支払った学生さんは、オールアバウトの新卒採用試験を受ければ2500円の奨励金をもらえます。(2013/12/9)

40%が興味あり:
自分が将来かかりそうな病気が分かる「遺伝子検査」、受けてみたい?
今は健康、でも5年後は不安――と感じている人が約半数いることがオールアバウトの調査によって明らかになった。将来かかりそうな病気を予見できる「遺伝子検査」に興味を持つ人も多数いるという。(2013/11/19)

女子大生の突撃レポ! 貴社のソーシャルメディア活用術:
今やGoogle+が技術力アップのための基盤に オールアバウト
月間2900万人の読者を抱える総合情報サイト「All About」のIT基盤を支えるシステム部。メンバーの技術研さんを図るためにソーシャルメディアが活躍しています。(2013/11/13)

DNPが提供予定の電子図書館サービス、オールアバウトの電子書籍をバンドル
DNPなどが2014年4月に提供開始予定のクラウド型電子図書館サービスには、「All About Books」の電子書籍が標準でバンドルされる。(2013/10/29)

オールアバウト、コンテンツマーケティング支援サービスを開始
All About内でスポンサードサイトを開設しているクライアントへのオプションサービスとして、コンテンツを電子書籍化して無料配信する支援サービスが始まった。第1弾は再春館製薬所。(2013/9/18)

オールアバウト、メディアドゥと配信契約締結
総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトが電子書籍取次を手掛けるメディアドゥと配信契約を締結。Reader StoreやKinoppy、いつでも書店などで配信が開始されている。(2013/9/6)

All Aboutが「まとめ」公開
All Aboutがテーマに沿って各種記事を集めて再編集して提供する「まとめ」コンテンツの公開を始めた。(2013/4/23)

All Aboutガイド執筆コンテンツ、電子書籍として配信 1万2000冊
All Aboutのガイドが執筆したコンテンツを電子書籍としてGoogle Playで配信。750テーマ約1万2000冊をそろえた。(2013/1/21)

オールアバウト、1万点以上の電子書籍をGoogle Play向けに提供開始
電子書籍事業に乗り出しているオールアバウトが、1万点以上の電子書籍コンテンツをGoogle Playで提供開始した。(2013/1/21)

All About、電子書籍に本格参入 価格決定権を書店にゆだねる「ホールセールモデル」で
All Aboutのガイドがまとめたコンテンツなどを電子書籍形式で販売するサイトがオープン。他の電子書店やWebサービス企業にも、価格決定権を書店側にゆだねるホールセールモデルで卸売りする。(2012/11/13)

オールアバウトが電子書店「All About Books」を開設、ホールセールモデルでの卸売りも
生活総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトが電子書籍事業に本格参入。自社が運営する「All About Books」の開設のほか、ホールセール型のモデルで電子書籍コンテンツを卸売り先に販売していく意欲的な取り組みだ。(2012/11/13)

20代男性の76.6%が「美容に関心があり」
美容に関心がある男性はどのくらいいるのだろうか。20〜40代の働く男性に聞いたところ、約7割が「関心がある」と回答した。オールアバウト調べ。(2012/10/30)

夫の持ち物、勝手に処分したことがある妻は3人に1人
結婚して一緒に住むようになると、自分が大切にしていたものを配偶者に勝手に捨てられてしまうことはしばしばあるもの。既婚女性のうち夫の持ち物を内緒で処分したことがある人は3人に1人以上いるようだ。オールアバウトとルーク19調べ。(2012/6/19)

SNS利用者は、不用品を「友人・知人にシェア」する傾向あり
モノを捨てることにためらいを感じている人はどのくらいいるのだろうか。女性に聞いたところ「ためらいを感じることがある」と答えたのは87%だった。オールアバウトとルーク19調べ。(2012/2/23)

震災後、寄付に積極的なのはどんな人?
東日本大震災の発生を受け、どのくらいの金額を寄付しましたか? 被災地支援のために寄付した人に聞いたところ、1人当たりの平均金額は1万1612円であることが分かった。オールアバウト調べ。(2011/5/23)

オールアバウト、Reader Storeでも電子書籍を提供開始
オールアバウトは、ソニーの電子書籍専用端末「Reader」に対応する電子書籍ストア「Reader Store」でAll About Booksの販売を開始した。(2011/3/4)

オールアバウトの電子書籍ブランド「All About Books」、パブーに登場
All Aboutのコンテンツが「All About Books」として電子書籍化され、paperboy&co.が提供する電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」で販売開始された。(2011/2/7)

調査リポート:
iPhoneで日常的に使うサービス、トップはTwitter
オールアバウトが、iPhoneの利用実態に関する調査結果を発表。ダウンロードしたアプリのジャンルは「ゲーム」「ニュース」「天気」がトップ3となり、日常的に利用するサービスはTwitterがトップとなった。(2010/7/16)

「商品名入り川柳をつぶやいて」――オールアバウトがTwitter活用マーケティング
オールアバウトは、販売中の商品にまつわる川柳をTwitterで募集し、優秀作の作者に、その商品をプレゼントする企画を始めた。(2009/9/18)

ヤフーとAll About、ニュース記事風広告を配信
「Yahoo!ニュース」の固定枠でタイアップ広告を配信する新広告商品を、ヤフーとオールアバウトが開発した。(2009/5/12)

「調べて購入」できるサイトへ:
「All About」が大幅刷新へ テーマ数は10倍、「価格.com」との連携も
総合情報サイト「All About」が4月1日から大幅に刷新される。扱うテーマ数を10倍にして「価格.com」との連携を図るほか、サイトの構造も大幅に変える。(2009/1/15)

NEC、ユーザー意見反映したPCデスク発売 All Aboutと協力
室内インテリアと不釣り合い――といったPC周りの悩みを解決するというPCデスクをNECが発売する。(2008/11/28)

MSやヤフーら、ネット広告のブランディング効果調査で協力
マイクロソフト、ヤフー、ビデオリサーチインタラクティブ、オールアバウト、NTTレゾナントの5社は、ネット広告のブランディング効果に関する共同調査を行う。(2008/11/17)

自分の家が欲しい理由は、「安心感・満足感・達成感」を得たいから
賃貸物件に住んでいる人の過半数は自分の住まいに満足しているが、8割以上の人が理想としては自分の家を持ちたいと思っているようだ。オールアバウトとNTTレゾナント調べ。(2008/10/28)

オールアバウト、“モバゲータウン”にコンテンツ提供
(2008/9/12)

キャリアプランを考える理由と考えない理由――20〜30代のビジネスパーソン
あなたは転職をする場合、どのような点を重視するだろうか? 最も多かったのは「年収・給与」だったが、キャリアプランを考えている人とそうでない人には違いがあるようだ。オールアバウト調べ。(2008/9/2)

誠 Weekly Access Top10(2008年1月25日〜1月31日):
“脱メタボ弁当”編集部でも食べてみた
サークルKサンクスとオールアバウトのコラボ商品である“脱メタボ弁当”。発表会の席でおみやげにいただいたので、早速、編集部で試食をしてみた。その感想は……?(2008/2/4)

サークルKサンクス×オールアバウトの“脱メタボ”弁当を食べてみた
コンビニ弁当を買う男性は「ボリュームの多さ」を求めるという。サークルKサンクスとオールアバウトはコラボで、脱メタボを開発。そのお味は……?(2008/1/30)

50〜60代のミセス、携帯操作で困ったら誰に聞く?
オールアバウトとNTTレゾナントが、50歳から69歳の既婚女性を対象に行った「ミセスのパソコンと携帯電話の利用に関するアンケート」の結果を発表。約9割が携帯を持っており、約半数が「ほぼ毎日メールを利用している」と答えている。(2008/1/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。