ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD VISION」最新記事一覧

関連キーワード

日本じゃ買えない“Ontario”なEee PC:
実売価格“240万!”の「Eee PC 1015B」を買ってしまった
ジャカルタの電脳ビルで見つけた超高額なEee PC。値札はなんと「Rp.2,400,000」! なお、現地通貨「インドネシアルピア」は約0.01円で計算してください。(2011/7/29)

「A75」マザーボード、各ベンダーから
AMDが発表した「A75」チップセットを搭載したマザーボードがベンダー各社から発表された。(2011/6/28)

ノートPCからLlano始まる:
AMD、“Llano”世代APUを採用するノートPCプラットフォーム「Sabine」
AMDは、6月14日に“Llano”世代のFusion APU「Aシリーズ」とAシリーズを採用するノートPC向けプラットフォーム“Sabine”を発表した。(2011/6/14)

イマドキのイタモノ:
ようやく「Llano」登場──“Sabine”ノートで実力をチェック
メインストリーム向けFusion APU“Llano”と、ノートPC向けプラットフォーム「Sabine」が登場。クアッドコアAPUが発揮する性能を検証する。(2011/6/14)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
AMDブースで“Llano”対応をうたう!──「A75」チップセット搭載マザーボード図鑑
COMPUTEX TAIPEI 2011で、未発表ながら公開されたAMDのA75チップセットは、どうも、「Llano」に対応するという。ならば、展示サンプルで予習しなくては。(2011/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
MSIブースで「クアッドコアのAPU」が動いていた!
MSIのブースに展示されている液晶一体型PCで「A8-3510MX」なる“クアッドコアAPU”が動いていた。ならば! 速攻で! アレとアレとアレをチェックだ!(2011/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
“FM1”対応マザーボードを大量に動員できたのも「ASRock」
COMPUTEX TAIPEI 2011では、“最新”“未発表”チップセットが主役。AMDの“FM1”対応マザーもその1つだ。数をそろえたASRockブースでラインアップをチェックする!(2011/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
私はAPUを愛しています!──拡大する“Fusion”と変わる“VISION”
AMDは、6月1日に台湾の台北市で行った説明会で、これから登場する予定の自社製品とVISIONブランドのリニューアルについて概要を明らかにした。(2011/6/1)

レノボ、“シリーズ最小”筐体採用のCore i3搭載モバイルノート「ThinkPad Edge 11”」
レノボ・ジャパンは、11.6型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「ThinkPad Edge 11”」を発売する。(2010/9/28)

「ATIというブランドには別れを告げます」──製品ブランドをAMDに統一へ
2006年にAMDに買収されたグラフィックスベンダー「ATI」のブランド名が2010年中になくなることが、正式に発表された。(2010/8/30)

「AMD Radeon」に AMD、ATIブランドを統合
AMDがATIブランドを統合。年内に切り替え、「AMD Radeon」になる。(2010/8/30)

IONはどうなる。Tegraはどうなる:
「PowerDVD 10 MarkII」で普通のユーザーに訴求する3D Vision
「NVIDIA 3D Vision」は、Blu-ray 3Dの対応に続いて、立体視変換性能が向上。その実力と「ION」「Tegra」対応の可能性をNVIDIA幹部に聞いた。(2010/7/16)

神様が伝述する「Kシリーズオーバークロック」の極意──DIY PC Expo in Nagoya
秋葉原を飛び出した自作PCユーザーのお祭りに、主要チップベンダーのキーマンが登場。自作PCユーザーの“名古屋場所”は大いに盛り上がった。(2010/7/5)

こちらが先の“VISION”だからね:
「AMD VISION」は着実に増えつづける
AMDが「プロセッサやスペックについて語るのはやめて」始めたAMD VISIONブランド。2010年の夏モデルで登場した“VISION”なPCが集合した。(2010/6/22)

マウスコンピューター、ゲーミングPC「NEXTGEAR」に“VISION Black”ロゴ取得モデルを追加
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR」シリーズの新モデル「NEXTGEAR A700SA1」を発売する。(2010/6/22)

TSUKUMO、「VISION」プラットフォーム準拠のデスクトップPC計5製品
Project Whiteは、AMDの“VISION”プラットフォーム準拠モデルとなるPhenom II X6搭載デスクトップPC計5製品を発表した。(2010/6/22)

古田雄介のアキバPickUp! 番外編:
「いろんな人に深く自作を楽しんでほしい」――2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣
自作PCの祭典「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」が開催され、コアな自作ユーザーから声優ファン、女性やカップルまで、幅広い客層がベルサール秋葉原に集まった。(2010/6/14)

2011年までAMDは何を訴求するのか
「AMDの次の波は2011年」というのがPCパーツに興味を持つ多くのユーザーで共通する意見だ。2010年、AMDは、どんなメッセージをユーザーに送るのだろうか。(2010/1/20)

2010 International CES:
インテルとAMDが「Netbookとは何ぞや?」で激突!
CESのパネルディスカッションというと“結論ありき”で盛り上がらない。しかし、Intelのエデン氏とAMDのダッソー氏がNetbookで議論するとあっては、平和に終わるわけがない。(2010/1/13)

Lenovo、AMDプロセッサ搭載のThinkPad発表
Lenovoの「ThinkPad X100e」「ThinkPad Edge」はThinkPadでは初めてAMDのプロセッサを採用している。(2010/1/5)

dv2の直系が登場:
CULV版はインテルだけじゃない!!──Congo採用のちょい上ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm3a」の実力は!?
13.3型ワイド液晶を搭載した低価格スリムノートPCを複数ラインアップする日本HP製品の中で、唯一のAMDプラットフォーム採用モデルが「dm3a」だ。(2009/11/25)

日本AMD、“VISION”ブランドをアピールするキャンペーンを開始
日本AMDが始めたこのキャンペーンでは、“ATI Stream”に対応して高速トランスコードが可能な「MediaShow Espresso」が先着1万名にプレゼント。おお、太っ腹。(2009/11/20)

「プロセッサについて語るのはやめよう」から始まるAMDの“VISION”ブランド
AMDは、9月10日に“Tigris”と呼ばれてきた新世代ノートPC向けプラットフォームを発表した。同時に新しいブランド「VISION」のプロモーションも展開する。(2009/9/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。