ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Apache」最新記事一覧

NCSA httpd Ver.1.3をベースとして、1995年にだれでも無償で修正、再配布を行うことができるフリーソフトウェアとして開発が開始されたWebサーバ。
Apache − @IT Linux用語事典

関連キーワード

Sparkの速度メリットをオンプレミスRユーザーに提供:
マイクロソフト、Hadoop上の「R Server」で「Spark」をサポート
マイクロソフトは、Hadoop環境上の「Microsoft R Server」で「Apache Spark」をサポートしたと発表した。(2016/6/30)

Apache Strutsに複数の脆弱性、攻撃実証コードも公開
脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、サービス不能状態にさせられたりするなどの恐れがある。(2016/6/20)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第3回:Apache Cordovaでプラグインを使ってみよう
Apache Cordovaのプラグインを使うと、OSプラットフォームの判別やファイルの読み書きなどが可能になる。本稿ではその方法を解説する。(2016/5/23)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年4月版:
セキュリティエンジニアを目指す若者の4月
2016年4月は、「Apache Struts2」の脆弱性や「OSコマンドインジェクション」を使った攻撃が騒ぎを呼ぶ一方で、突如「Yahoo!知恵袋」に注目が集まったのでした。(2016/5/17)

Apache Struts2の脆弱性対策はGW前に、攻撃活発化で「緊急事態」
攻撃実証コードの有効性が確認され、国内で脆弱性の悪用を狙う攻撃が活発化している。(2016/4/28)

またこの時期に……攻撃コードの公開も確認:
Apache Struts2に深刻な脆弱性、アップデートや回避策の実施を推奨
Webアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」に、深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が存在することが明らかになった。この脆弱性を狙うアクセスも観測されており、修正版へのアップデートといった速やかな対策が推奨される。(2016/4/27)

(更新)Apache Strutsに危険度「高」の脆弱性、攻撃実証コードも公開
悪用された場合に任意のコードを実行される恐れがある。(2016/4/27)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第2回 Apache Cordovaでリソースやライブラリを活用しよう
今回はCordovaアプリでの画像ファイルやフォント、jQuery/jQuery UIの使い方の基本を説明し、最後にIonicフレームワークを紹介する。(2016/3/29)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第1回 Apache Cordovaでできること
Visual Studioは単なるWindowsアプリ開発ツールではない。本連載ではVisual Studioを使ってiOS/Androidアプリを開発する基礎知識を紹介していく。(2016/3/15)

Myriadも同梱:
MapR、Dockerに対するデータサービス機能追加で統合データ基盤としての役割強化
米マップアール・テクノロジーズ(以下、マップアール)は2016年3月9日(米国時間)、同社の「Data Convergence Platform」で、Dockerからの永続的なデータアクセス機能の追加、およびApache Myriadの実装を発表した。(2016/3/9)

Java、Pythonでのグラフデータ処理が簡単に:
GraphXよりも使いやすいグラフデータ処理ライブラリ「GraphFrames」
「Apache Spark」のグラフデータ処理ライブラリ「GraphFrames」がリリースされた。米Databricks、米カリフォルニア大学バークレー校、米マサチューセッツ工科大学がSparkの「DataFrame」をベースに共同で開発したもの。(2016/3/7)

さまざまなデータ管理ツールとの相性も抜群
データサイエンティストが太鼓判、「Apache Spark」がIoT分析に選ばれる理由
産業機器が生成する膨大な量のデータの意味を理解するには、IoTのビッグデータ分析が欠かせない。このタスクにはSparkが対応できるかもしれない。(2016/3/7)

分単位でHadoop/Sparkが利用できるマネージドサービス:
「Google Cloud Dataproc」が正式リリース
グーグルは、「Apache Hadoop」や「Apache Spark」を簡単に利用できるクラウドサービス「Google Cloud Dataproc」を正式にリリースした。(2016/2/23)

ランタイムとしてSwiftもサポート:
米IBMがAWS Lambda的なサービスOpenWhiskを発表、オープンソース提供も
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、AWS Lambdaに似たイベントドリブンなプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」を発表した。同時にこれを、Apache 2.0ライセンスに基づくオープンソースコードとして公開。同社は特徴として、オープン性とエコシステムの展開を強調している。(2016/2/23)

Kafka、Spark、Stormとの組み合わせも想定:
IBMがエッジコンピューティングのためのOSSランタイム「Quarks」をASFに提案
IBMは、IoTデータストリームをゲートウェイなどのエッジデバイスで分析できるようにするオープンソース技術「Quarks」を発表した。Apacheインキュベータープロジェクトとして提案している。(2016/2/22)

構築の手間を掛けずにSparkを無料で体験できる:
Databricksがクラウド版Apache Sparkサービスのβプログラム参加者を募集中
「Apache Spark」の開発を主導する米Databricksが自社のクラウドベースビッグデータプラットフォームの無料版をApache Spark学習者向けに提供する。招待制のβプログラムを近く開始し、2016年第2四半期に正式版をリリースする。(2016/2/18)

データ分析のロジックをオープンでプラガブルに:
グーグルらがDataflowのOSS化をASFに提案
米グーグルがCloudera、Data Artisans、Talend、Cask、ペイパルらと共同でDataflowをApache Software Foundation(ASF)のインキュベータープロジェクトに提案。さまざまな実装アイデアが登場するデータ分析実行エンジンに対応した仕組みをオープンエコシステムで構築するという。(2016/1/25)

Dev Basics/Keyword:
Apache Cordova
Web標準技術を利用して、クロスプラットフォーム対応のハイブリッドアプリを開発できるApache Cordovaの概要を説明する。(2016/1/19)

CIOやIT幹部が注目
「Hadoop」から「Spark」へ、移り変わるビッグデータ分析の注目技術
米TechTargetのデータ活用に関する連載コラムから2015年にみられたトレンドを紹介する。それらのテーマはバイモーダルIT、自動化、「Apache Spark」などだ。(2016/1/13)

より高速に改良:
大規模分散データ処理フレームワーク「Apache Spark 1.6」正式リリース
大規模分散データ処理フレームワーク「Apache Spark 1.6」がリリースされました。メモリマネジャーなどの変更、拡張が行われ、より高速になっているようです。(2016/1/7)

VMware、Apache Commons Collections関連の脆弱性を修正
「vRealize Orchestrator 6.x」「vCenter Orchestrator 5.x」を対象とするパッチが公開された。(2015/12/21)

米イーベイ発、“ペタバイトスケール”のデータ分析エンジン:
「Apache Kylin」がトップレベルプロジェクトに昇格
OLAP on Hadoopを実現する「Apache Kylin」がトップレベルプロジェクトに昇格した。巨大なデータセットを扱うことができ、既存BIツールと組み合わせることもできる。(2015/12/11)

データ分析専門家が注目する「Apache Spark」
あなたにしか見えないテレビCMも可能? ビッグデータ分析が変える広告配信
有料テレビ広告の最適化を手掛ける米BlackArrow。同社CTO(最高技術責任者)のジョー・マタレス氏は、ビッグデータ分析技術の「Apache Spark」が同社のITシステムの要だと語る。(2015/12/8)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「Hadoop」
大規模データの効率的な分散処理を実現するソフトウェア基盤である「Hadoop(Apache Hadoop)」は、ビッグデータの活用を支えるテクノロジーとして注目を集めてきました。今回はHadoopの役割について整理してみましょう。(2015/11/30)

カッサンドラを愛するアポロンと4人の男たち
NoSQLデータベース「Cassandra」を愛した4つの事例
ビッグデータ時代になり注目を集めるNoSQLデータベース。その中の1つ、Apache Cassandraの支持が高まっている。4つの事例を通してCassandraの魅力に迫る。(2015/11/26)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
40倍速い「Apache Spark」、それでも採用できない理由とは?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/11/23)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(3):
知らないと大損する、Apache Sparkの基礎知識と3つのメリット
社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。今回は、IoTやビッグデータのキーテクノロジとして注目されている「Apache Spark」について、Sparkを製品に取り込んでいる日本IBMの土屋敦氏と、数多くの企業のデータ分析を担うブレインパッドの下田倫大氏に話をうかがった。(2015/11/30)

“エンタープライズSpark”超入門:
PR:IoTやビッグデータ分析が注目される現在、企業がSparkでビジネスを拡大するには
Hadoopよりも高速なデータ分析ができると話題のApache Spark。Sparkを企業で活用し、本当の意味でのビッグデータ分析を行ってビジネスに役立てるためには、どのようにすればよいのだろうか。(2015/11/30)

Apache Commonsライブラリの脆弱性問題、Oracleなどが対応表明
OracleはWebLogic Serverの脆弱性に関するセキュリティ情報を公開し、当面の回避策を紹介した。(2015/11/13)

Google、ディープラーニングをサポートした機械学習システム「TensorFlow」をオープンソース化
商用利用が可能なApache 2.0ライセンス下で公開。(2015/11/10)

Google、機械学習システム「TensorFlow」をオープンソースで公開
人工知能に注力するGoogleが、自社開発した機械学習システム「TensorFlow」をApache 2.0ライセンスでオープンソース化した。(2015/11/10)

ビッグデータも世代交代の時期か
MapReduceよりApache Sparkを採用すべき理由、採用できない理由
Apache Sparkの採用が増えている。最大の魅力は、MapReduceよりも圧倒的に高速なことだという。それ以外にも、さまざまな人が多くのメリットを語る。一方、Sparkを採用しないという意見もある。なぜか?(2015/11/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :今、リプレースが必要な理由
巻頭特集は、IE旧バージョンのサポート終了をめぐる動きをリポート。また、セキュリティ的に脆弱なFlashに代わりHTML5を使うべきと説く識者のオピニオンを掲載。解説記事では、MapReduceからApache Sparkへ移行するメリットを紹介。他に、第6世代Intel Coreが市場に及ぼす影響を紹介する。(2015/11/2)

IBM Insight 2015:
データ分析基盤をApache Sparkベースに置き換え、BluemixではSparkサービスも――米IBM
米IBMは、年次イベント「IBM Insight 2015」で、データアナリティクスに関する複数の発表を行った。ビッグデータ分析基盤はApache Sparkベースになり、PaaS「Bluemix」上でもApache Sparkサービスを提供する。CognosはセルフサービスBIを念頭にUXシナリオを再設計している。(2015/10/29)

Apache Struts2にXSSの脆弱性、更新版が公開
脆弱性は2件あり、悪用された場合に任意のスクリプトを実行される恐れがある。(2015/9/4)

Database Watch(2015年7月版):
Apache Sparkに注力するIBM、目指すは「データ分析のOS」
北米トヨタ販売子会社での採用事例の発表などもあり、日本国内でも注目を集めつつある「Apache Spark」。具体的にはどんな特徴があって、何ができるのだろうか。Sparkへの大規模投資を発表したIBM(日本IBM)を取材した。(2015/7/27)

Hadoopの3倍以上の計算速度:
ノーチラス、さくらインターネット向けにSparkベースの原価計算システムを導入
ノーチラス・テクノロジーズは7月8日、さくらインターネット向けに、自社フレームワークで開発した原価計算システムを導入したと発表した。分散処理基盤にApache Sparkを採用することで、ほぼリアルタイムでの原価の把握を可能にしたという。(2015/7/9)

R言語の強化で生産性向上を支援:
日本IBM、エンタープライズ向けHadoop製品の最新版を発表
日本IBMは7月8日、エンタープライズ向けHadoop製品の最新版「IBM BigInsights for Apache Hadoop V4.1」を発表した。データサイエンティストなど専門家向けの機能が強化された。(2015/7/9)

企業動向:
IBMがビッグデータビジネスの大規模プロジェクトを発表、「Apache Spark」関連に3500人を投入
IBMがビッグデータ解析のビジネスに力を入れている。同社は、クラウドサービス向けのデータ処理プラットフォームとして「Apache Spark」を採用すると発表した。3500人の研究員を投入する一大プロジェクトになりそうだ。さらに、100万人のデータサイエンティストを育成することも発表している。(2015/6/17)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
米ClouderaのCEO激おこ「Apache Software Foundationへの侮辱だ」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/6/7)

「WAFは面倒」は過去のもの:
PR:進化した国産WAF「SiteGuard」でWebにセーフティネットを
Apache Sturtsの脆弱性や「Shellshock」に代表されるように、2014年以降相次いで深刻な脆弱性が公になっている。次々明らかになる脆弱性からWebアプリケーションを守るためのセーフティネットとして、あらためて注目を集めているソリューションがWebアプリケーションファイアウォール(WAF)だ。その中でも、ブラックリスト方式を採用することで、長年安定した保護を提供してきた国産WAF、「SiteGuard」の特徴とは何だろうか。(2015/6/1)

Androidアプリをワンクリックで改ざん、Apache Cordovaに脆弱性
ユーザーに不正なURLをクリックさせるだけで攻撃者がアプリを改ざんできてしまう恐れがあるという。(2015/5/29)

サーバー管理者のためのChef超入門(4):
Apache、PHP、MySQLパッケージのインストールで見るChefのRecipeの基本的な書き方
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、外部Cookbookを利用したリポジトリ設定や、yumによってApache、PHP、MySQLパッケージをインストールするRecipeの書き方と実行の仕方などについて解説します。(2015/5/18)

ビッグデータ市場に勢力再編の動き
ビッグデータ市場に新たな火種「ODPはApache Software Foundationへの侮辱だ」
Hortonworksら13社が立ち上げたHadoop普及団体ODPイニシアチブに、ClouderaのCEOレイリー氏が怒りをあらわにした。レイリー氏の真意とは? ビッグデータ市場で何が起きているのか?(2015/5/14)

ホワイトペーパー:
商用Hadoopディストリビューション一覧表
「Apache Hadoop」を利用すれば、ビッグデータを高速かつ安価に処理することができる。だが、その導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。本稿では注目の6種を紹介する。(2015/4/17)

ビッグデータ活用を支える分散処理基盤
企業向け機能とサポートが充実の「商用Hadoopディストリビューション」6選
Apache Hadoopを利用すれば、ビッグデータを高速に処理可能だ。だがその導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。注目の6種を紹介する。(2015/3/31)

「Microsoft Office」との違いも解説
オープンソースのオフィスソフト比較:「LibreOffice」vs.「OpenOffice」
企業でオフィス製品をオープンソースに切り替えると決めた場合、候補に挙がる無償のオープンソースオフィススイート製品「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」、そして「Microsoft Office」を比較した。(2015/3/5)

微妙になる「MapReduce」との関係
「Hadoop」はビッグデータ処理の中心に居続けることができるのか?
英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」に関するうわさは夏の間その影を潜めていた。その一因は旧友である米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。(2014/11/5)

NECと米Cloudera、「Apache Hadoop」で協業
ビッグデータを分散処理するためのソフトウェアフレーム「Apache Hadoop」による大規模分散処理基盤ソフトウェア分野の協業を進める。(2014/10/14)

企業秘密の窃盗犯を米当局が訴追、Xbox Oneやシミュレーターソフトなど狙う
訴追された4人は盗んだパスワードを使うなどしてネットワークに侵入し、Xbox OneのソースコードやApacheヘリコプターのシミュレーターソフトなどを盗んだとされる。(2014/10/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。