ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリケーションサーバ」最新記事一覧

DockerやJenkins、Mavenにも対応:
WebLogic Server 12c R2が提供開始、マルチテナントに対応し可用性を向上
日本オラクルは、アプリケーションサーバソフトウェアの最新版「Oracle WebLogic Server 12c R2」を提供開始。マルチテナント、継続的可用性、開発生産性向上の3つに大きく注力した。(2016/2/16)

ホワイトペーパー:
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
ロードバランサ単体ではアプリケーションレベルで発生する予期せぬ問題への対応は難しい。アプリケーションデリバリコントローラーとHAクラスタリングソフトの連携利用による、アプリケーションサーバの可用性検証結果をレポートする。(2015/11/5)

OSSを活用したロードバランサ専用機、商用ミドルウェアからの脱却
アクセス急増に立ち向かう 大規模Webアプリケーションサーバの新たなアプローチ
ネットが社会に根付き、モバイル機器の利用が広まるに伴い、アクセスの急増によるWebサーバへの負荷が増し、対応のための追加コストや手間に悩む企業は多い。この現状を抜本的に解決する新たな対応策が登場した。(2015/9/30)

2012〜2017年の国内RDBMS市場は平均8.1%で成長、2017年には2619億円規模に
IDCの予測によると、国内アプリケーションサーバ市場も2012〜2017年に平均6.4%で成長し、2017年には895億3000万円の売上規模となる。(2013/10/10)

導入事例:
ホストコンピュータをオープン化、保守運用コストを25%削減 新東亜交易
新東亜交易はアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」、システム連携基盤製品「Oracle SOA Suite」を中核としたオラクル製品を活用し、基幹システムを刷新した。(2013/9/4)

ホワイトペーパー:
クラウドと融合するJavaベースのアプリケーション実行基盤
企業システムの要として、重要な役割を担うアプリケーションサーバ。「Java EE 6」に完全準拠し、エンタープライズクラウドのハイレベルな要件を満たす最新のアプリケーション実行基盤が注目を集めている。(2013/7/2)

エンタープライズ向けWebアプリケーション実行環境の機能を強化:
IBM WebSphere Application Serverの最新版となるV8.5.5を発表
WebSphereの新版がリリースされる。従来、個別に提供してきた機能を統合し、使い勝手を向上、Webアプリケーションサーバに求められる信頼性を向上している。(2013/6/5)

Tomcat、Jetty、Socket.IO/Node.js性能比較:
WebSocketが一番速いアプリケーションサーバはどれだ?
双方向通信を実現するHTML5関連技術WebSocketを実装した3つのアプリケーションサーバの実装の違い・性能などを徹底検証する。(2013/6/4)

NEC、アプリケーションサーバソフト最新版でクラウドの耐障害性を向上へ
「WebOTX Application Server V9」では10年以上にわたる技術サポートで得た知見に基づいた機能提供で、クラウドシステムの耐障害性や信頼性の向上をサポートする。(2013/5/30)

数カ月以内に日本語でも提供開始:
Amazonクラウド、設計・開発・運用技術の認定試験を開始
AWSは同社初となる認定プログラムを発表した。ネットワーク、ストレージ、セキュリティとデータベースに関する専門技術および、Webサーバやアプリケーションサーバに関する知識を問い、スキルを認定する。(2013/5/7)

引き金は「データベースドライバ」の更新
ヤマハ発動機も見落とした、「遅いWebサイト」の意外な原因
アプリケーションサーバをOSSへ移行したヤマハ発動機の海外法人。その直後、同社Webサイトのパフォーマンスが急速に悪化したという。原因はOSSではなく、別のところにあった。(2013/4/22)

Cloud Platformチームに統合:
Google、動的WebアプリケーションサーバのTalariaを買収
米Googleが、動的Webアプリケーションサーバの構築を手がける米Talaria Technologiesを買収した。(2013/3/18)

Red HatとZendが提携
OpenShiftとZend Serverの統合は開発者に何をもたらすか
オープンソースのPaaS「OpenShift」を有するRed Hatと、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server」のZendが提携した。中〜大規模企業をターゲットに、モバイルアプリケーション開発市場の拡大を狙う。(2012/11/27)

特集:企業システムを柔軟に統合する Part.3:
BPMでシステムインフラを作り変える
システム開発・実行環境だったWebアプリケーションサーバが、BPM機能を取り込んできた。これがどのようなメリットに結び付くのかを押さえよう。(2012/10/22)

日本HP、インメモリ技術によるアプリケーションサーバ高速化パッケージを発売
「Red HatJBoss Data Grid」とHP製のハードウェアを組み合わせて提供する。(2012/8/29)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」を提供
レッドハットがアプリケーションサーバの最新版をリリース。Java EE6に完全準拠したほか、仮想環境やクラウド環境での用途に合わせて動作を高速化したという。(2012/8/1)

銀行と政府機関での導入が進むExalogic
アプリケーションサーバ製品「Exalogic」の市場動向などについて、米Oracleの製品担当バイスプレジデントに聞いた。(2012/4/6)

アプリケーションサーバ「WebLogic」の最新版を発表 日本オラクル
日本オラクルはJava EE 6やJava SE 7に対応したアプリケーションサーバ製品の最新版を提供開始する。(2012/1/26)

ホワイトペーパー:
Javaの進化を先取る、最新Webアプリケーションサーバの新機能とは
世界で1万9000社が採用するWebアプリケーションサーバ「WebSphere Application Server」がバージョンアップした。Java EE 6対応など先進の新機能を盛り込んだ定番Webアプリケーションサーバの新機能を見る。(2012/1/26)

富士通、Java EE 6に対応したアプリケーションサーバを発売
富士通は、Java EE 6やスマートフォンアプリ開発フレームワークをサポートしたアプリケーションサーバを発売した。(2011/12/20)

激動の経営環境を支えるアプリケーションサーバの切り札:
PR:ICT資産の効率活用と“止まらないシステム”の短期構築を実現するInterstage
目まぐるしい経営環境の変化に加えて、仮想化、クラウドといった新たな技術への対応に伴い、多くの企業では「ICT資産の最適化」や「システムの短期構築」が急務となっている。これらの課題を解決するのが富士通のアプリケーションサーバ「Interstage」だ。(2011/12/6)

変化を続ける企業システムへの潤滑油:
PR:Java活用にまつわる諸問題を解決し、アプリケーションの長期利用を可能にするミドルウェアとは?
従来からのCOBOLやCに代わり、企業システムの多くにはJavaが開発言語に用いられているのが現状だ。だが、Javaアプリケーションを運用する上では、サーバ更改のたびにアプリケーションの改修が発生したり、運用の安定性確保に苦労したりするなど課題も多い。これらの問題を抜本的に解決し、「アプリケーションの長期利用」と「システムの安定運用」を実現する切り札が、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage(インターステージ)」だ。(2011/11/16)

富士通、アプリケーションサーバソフトの最新版を発売
「Interstage Application Server V10」ではハードウェアやソフトウェアの状況を自ら判断して最適化を図る「スマート・テクノロジー」を採用した。(2011/8/18)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(8):
Hadoopの死角、COBOLバッチ処理の並列化
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2011/1/26)

日立製作所「Cosminexus」製品リポート
サーバ仮想化環境における3つの課題を解決する業務アプリケーションサーバ
コスト削減では一定の成果を出しているサーバ仮想化だが、その導入と運用管理においては課題が山積みだ。本稿では、サーバ仮想化の効果を最大限に引き出す手法を業務アプリケーションの視点から考察する。(2010/10/1)

ホワイトペーパー:
VMware仮想化インフラでプライベートクラウドを構築した、キリングループ事例
2009年末には21台のVMwareESXサーバ上で230台の仮想サーバが稼働、2012年には新規アプリケーションサーバの8割を仮想化する予定(提供:ヴイエムウェア)。(2010/7/12)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(7):
サーブレットやJSPの“バージョン”意識してますか?
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/6/14)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(6):
ここが大変だよ、JavaのGC/メモリ管理
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/5/13)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(5):
OutOfMemoryError発生! その解決への近道とは
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/4/13)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(4):
調査の難しい「OutOfMemoryError」事例、5選
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/3/11)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(3):
Webの表示速度を遅くする「SSLハンドシェイク」とは
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/2/9)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(2):
WebアプリのHTML/画像表示を速くする3つの方法
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部) (2010/1/13)

Java Review:
APサーバを問わずJavaアプリケーションを動かすには?
Webシステムでは複数のベンダーのアプリケーションサーバを利用していたり、Webシステム更改の際アプリケーションサーバを変更したりする場合がある。このような場合に動くはずのアプリケーションが動かなくなったという経験はないだろうか。今回は、Webアプリケーションサーバを変更した時にJavaの業務アプリケーションで留意すべき点について説明する。(2009/12/18)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(1):
Java EEサーバからレスポンス返らず。何から調べる?
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2009/11/26)

JavaScriptアプリケーションサーバ「Persevere 1.0」リリース
JavaScriptベースのデータ主導型リッチインターネットアプリケーションを迅速に開発できるJavaScriptアプリケーションサーバ「Persevere 1.0」がリリースされた。(2009/11/20)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表
レッドハットはアプリケーションサーバの最新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表した。EJB3とJSFの連携をPOJOとアノテーションをベースに統合することが可能になった。(2009/11/12)

米Yahoo!、Hadoop実装に次ぐクラウド技術「Traffic Server」を公開
米Yahoo!は、2002年に買収したInktomiの技術を土台とするアプリケーションサーバ「Traffic Server」をオープンソースとして公開することを発表した。毎秒3万件以上の要求を処理し、データ伝送量は400テラバイトを実現しているという。(2009/11/4)

クラウド時代のデータベース新潮流:
仮想化、クラウド時代におけるミドルウェアの新たな役割
クラウドコンピューティングがアプリケーションサーバやデータベースサーバと絡めて論じられることは少ないが、実際には深く関係している。データベースを含めたミドルウェアの重要性は今後も高まる。(2009/11/4)

NEC、運用性向上を図ったWebOTXの最新版を発売
NECはサービス基盤ミドルウェア製品群の最新版「WebOTX V8.3」を発売した。アプリケーションサーバの運用性向上や仮想化環境に対応したライセンス体系を採用した。(2009/10/26)

Zend、原因分析機能を追加したPHPアプリサーバ「Zend Server 5.0」
Zendは、PHP Webアプリケーションサーバの最新版「Zend Server 5.0」のβ版を発表した。問題の原因分析、性能とレスポンス性の強化などの機能が加わった。(2009/10/21)

Tomcatベースのアプリケーションサーバ「Tcat Server」が登場
MuleSoftがApache TomecatベースのJavaアプリケーションサーバ「Mulesoft Tcat Server」を発表した。Apache Tomcat向けのアプリケーションと100%の互換性を確約するという。(2009/9/3)

任意のコード実行の恐れ:
SunのアプリケーションサーバにXSSの脆弱性
Sun GlassFish Enterprise ServerとSun Java System Application Serverにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。(2009/5/13)

BEAの資産:
日本オラクル、CやCOBOL開発者向けAPサーバを発表
日本オラクルは、C、C++、COBOL開発者向けアプリケーションサーバの提供を開始したと発表した。(2009/3/26)

Zend、PHP Webアプリケーションサーバ「Zend Server」を公開
ZendはApache、PHP、Zend Framwork、PHP Optimizerなどに対応したWebアプリケーションサーバのβ版を公開した。(2009/2/20)

Cosminexus V8 Review:
メモリリークが多発! メモリの開放漏れはこうやって見つける
システムダウンやスローダウンを招くWebアプリケーションサーバのメモリリーク。Cosminexusのメモリ解析機能はこのメモリリークの回避を支援する。(2009/2/9)

Javaアプリサーバ「Jetty」、Eclipseプロジェクトとして参加を提案
Javaアプリケーションサーバの「Jetty」がEclipseプロジェクトに参加すると提案した。Jettyはすでに「Eclipse IDE 3.3」「Equinox」などで使われている。(2009/1/30)

ホワイトペーパー:
JBossで学ぶEJB入門(上)
Javaによるアプリケーションサーバ構築の際、JSP/サーブレットに対し、より高機能分散化させる手段として「EJB」と呼ばれる仕組みがある。EJBによるアプリケーション構築について、基礎から解説する(提供:アイティメディア)。(2009/1/21)

オープンソースアプリケーションサーバ調査 懸念はサポート、人気はTomcat
米OpenLogicの調査結果によると、33%の企業がオープンソースのアプリケーションサーバに移行済みという。(2008/12/24)

Java EE 5対応「JBoss AS 5.0」がリリース
米Red Hat参加のJBossは、オープンソースのJavaアプリケーションサーバをリリースした。Java EE 5に対応し、さまざまなJBossプロジェクトを統合している。(2008/12/8)

米SpringSource、Tomcatベースのアプリケーションサーバを発表
米SpringSourceはTomcatベースのアプリケーションサーバに、サーバ管理やアプリケーション管理などの機能をパッケージ化して提供する。(2008/12/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。