ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブレードサーバ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

製造IT導入事例:
研究開発業務のユーザーPC環境に仮想デスクトップ環境を導入
富士通は、日本たばこ産業医薬事業部の医薬研究開発業務のユーザーPC環境として、仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。基盤サーバに、富士通のブレードサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY BX400」を採用している。(2016/4/14)

押され気味なブレードサーバ
“元祖ブレードサーバ”であるハイパーコンバージドの弱点
ブレードサーバと似ている部分が多いハイパーコンバージド。ブレードサーバよりもコストメリットや柔軟性といった点で優れている一方、ハイパーコンバージドにもデメリットがある。(2016/4/13)

ホワイトペーパー:
「ITコストの7割が運用管理費」の現状を打破するためのブレードサーバの進化
仮想化によりハードウェアのコスト削減が進む中、IT運用管理コストのさらなるコスト削減を進めるためにはOpenFlowやOpenStackといった新技術への対応が必須となる。次世代データセンターに求められるサーバの要件とは?(2015/7/1)

大きく進化した最新製品を割安で提供:
PR:Cisco UCSの「これでどうだ」、3連発
あの「Smart Play」が帰ってきた。シスコシステムズの先進的サーバ製品群「Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)」を、手の届きやすい価格で提供するプログラムだ。今回はラックマウントサーバに加え、ブレードサーバもこのプログラムの対象となっている。またNexusスイッチを割安で購入できるプログラムも別途用意されている。Windows 2003システムの移行を考えている読者などにとって、サーバだけ、あるいはネットワークとセットでハードウェアが交換できる、またとないチャンスである。(2014/12/8)

HGST、回転数1万5000rpmを実現したエンタープライズ向けの2.5インチSAS HDD
HGSTは、ブレードサーバやネットワークストレージアレイなどに適したエンタープライズ向けの2.5インチSAS HDD「Ultrastar C15K600」を発表した。(2014/2/26)

ファイバチャネルスイッチの出荷、2012年は31.9%の大幅増に
IDC Japanによると、フィクスドポートスイッチやブレードサーバのエンベデッドスイッチともに需要が拡大し、国内ファイバチャネルスイッチの出荷ポート数は大きな伸びを記録している。(2013/11/21)

System Centerを通じたサーバの構成変更にも完全対応:
PR:“すべてが仮想化されている世界”がすぐそこに
ネットワーク市場をけん引し、ブレードサーバ市場でもシェア上位となったシスコシステムズ。同社が目指すのは、「すべてが仮想化され、なおかつ状況に応じて柔軟に運用できる世界」だという。どのようにしてそれを実現するのか。(2013/11/21)

製品動向:
データベース性能最大化を目指したHPブレードサーバ「NB56000c」 移行アセスメントも実施
 日本ヒューレット・パッカードはデータベースの処理性能最大化を目指した無停止サーバのハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c(以下、NB56000c)」を発表した。同時に「NonStop SQL移行推進プログラム」を開始、他社データベースサーバから同製品への移行促進を図る。(2013/10/1)

システムのバッチ処理を高速化するソリューション 日立製作所
日立製作所は、高集積のブレードサーバや運用管理製品などを組み合わせたソリューションを販売開始する。(2013/4/17)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ時代のクラウド活用
ビックデータ時代に向けたクラウドの強化と、それを支えるブレードサーバ・ストレージの最新情報を事例を交えて紹介する。(2013/4/4)

データセンタースイッチの新製品を発表:
日本HP、ブレードスイッチにも仮想シャーシ対応製品投入
日本HPは、仮想シャーシ機能「IRF」を同社スイッチの大部分に搭載してきていることを、同社の差別化ポイントとしてきた。今回、シャーシ型スイッチに加えてブレードサーバ用スイッチについてもIRF対応の新製品を投入、あらゆるレイヤでの対応をアピールした。(2012/10/26)

ブレードサーバ市場規模は24.5%増、NECと日立がけん引役に――IDC調査
IDCによれば、2011年下半期のブレードサーバ市場規模は318億6000万円、サーバ市場全体に占める割合は13.6%になったという。(2012/10/17)

コンピューティングの新時代へ:
PR:最先端のハードウェア技術を注ぎ込んだ「IBM Flex System」
IBMが2012年4月に発売した新しいコンピューティングシステム「IBM PureSystems」を構成するハードウェアコンポーネントが「IBM Flex System」だ。新アーキテクチャのブレードサーバを中心とする新製品は、高性能かつ高信頼性を実現し、管理負荷を軽減する機能が満載だという。(2012/9/24)

ホワイトペーパー:
ブレードサーバを活用した5つの海外先進事例
IBM BladeCenterは、ブレードサーバ界のリーダー的存在として、信頼性の高いブレードサーバファミリーを数多く提供している。このホワイトペーパーでは、IBM BladeCenterを活用して成功を収めた海外企業の事例を5つ紹介する。(2012/8/16)

日立製作所、ブレードサーバ「BS500」に最大4プロセッサの搭載モデルを追加
処理性能の向上を図るとともに、大容量メモリの搭載や広帯域I/Oなどの構成が組めるようになっている(2012/8/1)

デル、サーバ同士とToRをつなぐ40GbE対応ブレードスイッチ発売
ブレードサーバ「Dell PowerEdge 1000」向けの10/40ギガビット対応スイッチとなる。(2012/7/26)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載のサーバブレードを発売
日立製作所がブレードサーバ「BS500」と周辺機器のラインアップを拡充。新たにインテル「Xeon E5-2400ファミリー」を採用したサーバブレード「BS520Aサーバブレード」などを発売する。(2012/6/27)

日立、高集積ブレードサーバの新モデルを投入 Hadoop活用支援策も提供へ
日立製作所は、「HA8000-bd/BD10」の新モデルとしてインテル Xeonプロセッサを採用し、ストレージ容量を従来比で約2.3倍に増加させたブレードサーバを発売する。(2012/2/6)

人工知能研究:
ブレードサーバ6台、1秒間に1800万手を読む――113手でコンピュータ将棋ソフトが勝利
富士通研究所の研究員が開発したコンピュータ将棋ソフト「ボンクラーズ」が、日本将棋連盟の米長邦雄永世棋聖と対局し、勝利した。富士通のブレードサーバ「PRIMERGY BX400」を6台使用し、1秒間に約1800万手もの指し手を読むことができたという。(2012/1/16)

NEC、HVDC対応ブレードサーバを発売
380ボルトの高電圧直流(HVDC)給電システムに対応した電源ユニットを搭載する。(2011/12/15)

日立、ブレードサーバにSAP HANAを組み込んだアプライアンスを発表
SAP HANAをブレードサーバに組み込み提供することで、運用性を高めたという。(2011/11/8)

省電力・省スペース・省コストを実現
事例から学ぶ ブレードサーバ&仮想化
ラックマウントに比べサーバを集約でき、スペースや電力やコストを削減できるブレードサーバ。Intel(R)Xeon(R)プロセッサー搭載のIBM BladeCenterを活用した海外事例と、日本でのサーバ仮想化事例を紹介する。(2011/8/24)

仮想化とクラウドのための検証環境を提供 日本HPとヴイエムウェア
HPのブレードサーバと3PARのストレージ、VMwareのvSphereの構成による検証環境を日本HPの本社に開設した。(2011/8/4)

日本IBM、x86やPOWER7サーバと統合運用できる中堅向けメインフレームを発表
日本IBMの「IBM zEnterprise 114」は、ハイエンド製品の高信頼機能を盛り込みながらブレードサーバと統合運用できるミッドレンジのメインフレームだ。(2011/7/13)

ブレードサーバで実現するネットワークの集約:
PR:10GbE を効率良く利用できるNICパーティショニング(NPAR)の魅力とは?
社内ネットワークの通信能力は今や10Gbpsに達するまで高速化を遂げており、このネットワーク帯域を最適に利用する方法として注目を集めているのが10ギガビットNICを分割して利用する「NIC パーティショニング(NPAR)」だ。サーバのTCOを削減するためにこれまでさまざまな機能を実装させてきたデルのブレードサーバ製品「PowerEdge Mシリーズ」に、また1つ新たな武器が備わった。(2011/7/13)

北大が採用:
日立、XeonプロセッサE7系搭載のブレードサーバを発表
日立はハイエンドのブレードサーバBS2000にXeonプロセッサE7系を搭載する。同機種は、北海道大学情報基盤センターが採用する予定だ。(2011/5/25)

日立とSAPが協業関係を強化 ソリューション開発拠点を新設
ブレードサーバ「BladeSymphony」にリアルタイム分析製品「SAP HANA」を組み合わせるなど、日立とSAPは製品連携を強化していく。(2011/5/17)

ホワイトペーパー:
【事例】物理サーバの抑制と、将来的なシステム拡張にも対応できる仮想化インフラ構築を実現した盛岡市事例
将来的な拡張性や柔軟性に対応可能なシステム基盤として、仮想化環境は今や企業のみならず、自治体をはじめとする公共機関へも導入が進んでいる。岩手県の県庁所在地であり「杜と水の都」として知られる盛岡市では、ブレードサーバー上で仮想化システムを構築した(提供:デル)。(2011/4/25)

ブレードサーバシステム紹介
搭載技術の進歩によって、ブレードサーバシステムの用途は広がりを見せている。本連載では、主要なベンダーが提供するブレードサーバ製品を紹介する。(2011/3/4)

ブレードサーバシステム紹介:デル
運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」
サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。(2011/3/2)

日立、Hadoopに適したエントリーサーバにiSCSIブートモデルを追加
日立はブレードサーバのエントリーモデル「HA8000-bd/BD10」にiSCSIブート専用モデルを追加する。Hadoopなど分散型システムに向くという。(2011/2/17)

製造業の設計開発のためのHPC! 富士通 PCクラスタ:
PR:身近になったHPC「PCクラスタ」で、CAEが化ける!モノづくりの現場がいま、大きく変わる
「HPC」(High Performance Computing)が、もっと身近になってきた。大学や研究機関での学術研究だけでなく、製造業を中心とした一般企業の製品開発にもHPCが導入されつつある。それをかなえたのが、「PCクラスタ技術」だ。富士通のブレードサーバ(PCクラスタ)「PRIMERGY BX400」は、開発部門の投資コストが厳しいという中小企業にこそ、注目してもらいたい製品。ユーザー用途に応じたおすすめ構成やPCクラスタの専門知識に自信のないユーザーも安心な富士通のサポート体制なども活用し、モノづくりの現場を変革しよう!(2011/1/19)

中堅・中小向けにブレードサーバを強化 NEC
NECは従来製品をさらにコンパクト化、省電力化したブレードサーバを発表した。(2010/12/20)

「寝ているサーバをなくしたい」── 一歩先ゆくユーザー視点の仮想化ソリューション
パナソニック電工インフォメーションシステムズは12月2日、富士通のブレードサーバ「PRIMERGY BX900」用の仮想化ソリューション、「PAN Manager Software」を販売・サポートしていくことを明らかにした。(2010/12/3)

NEWS
富士通、一般オフィスにも設置可能なブレードサーバを発表
富士通が中堅・中小規模システム向けブレードサーバの新製品を発表。ニーズが高まる中堅・中小規模企業の基幹サーバや大企業の部門レベルのサーバ集約に対応する製品だ。(2010/11/26)

NEWS
日本HP、クラウド型統合に向けたブレードサーバ新機種を発表
日本HPはインテル Xeonプロセッサ搭載ブレードサーバ製品群の新機種を発表。I/O仮想化を実現するモジュールに対応し、より柔軟なITインフラ統合を実現する。(2010/10/14)

日本HP、ネットワーク仮想化機能を強化したブレードサーバを発表――バーチャルコネクトの新版も
日本HPは同社の第7世代に属するブレードサーバ製品を発表。ネットワーク仮想化機能の強化が主眼だ。(2010/7/15)

日立、BladeSymphonyにハイエンドモデルを追加――I/O割り当ての柔軟性を向上
日立はブレードサーバにハイエンドモデルを追加する。専用のI/Oスロット拡張装置を用意し、構成の柔軟性を向上した。「N+1コールドスタンバイ」構成をとる際の構築負荷も軽減する。(2010/7/14)

日立、Core iシリーズ搭載のブレードサーバを発表――集積度は業界最高水準
日立はプロセッサにCore iシリーズを採用したエントリークラスのブレードサーバを発表。主にデータセンター/コンテンツ配信事業者に適するという。(2010/7/7)

ホワイトペーパー:
4ソケット ブレードサーバの性能、消費電力比較
Dell、HP、IBMの4ソケット ブレードサーバをそれぞれ同スペック、同条件でJVM(Java仮想マシン)を稼働させた場合のピーク性能と消費電力の比較レポート(提供:デル)(2010/4/28)

導入事例:
ビジネスフォンを手掛ける岩崎通信機、富士通のブレードとVMwareでサーバ統合
岩崎通信機は富士通のブレードサーバ「PRIMERGY BX620」をVMwareで仮想化し、サーバの稼働状況に応じた負荷分散や運用の標準化を果たしたという。(2010/4/5)

日立、ブレードサーバにXeon 5600番台モデルを追加
日立はブレードサーバ「BladeSymphony」に最新のインテルプロセッサXeon 5600番台搭載モデルを追加。併せてI/O性能の強化を図った。(2010/3/17)

ホワイトペーパー:
拡大する外部ストレージやブレードサーバを支える電源管理手法「1システム1UPS」
外部ストレージの拡大に伴い電源管理が複雑化し、ブレードサーバの普及により、より長時間の電源バックアップやシャットダウン時間が求められている。そうした環境における最適な電源保護ソリューションを紹介する(提供:エーピーシー・ジャパン)。(2010/3/17)

NEWS
日本ネティーザ、中堅・中小企業向けDWHアプライアンス「Netezza Skimmer」
汎用ブレードサーバや、ユーザーの問い合わせに応じて必要データの読み出しと不要データ排除を同時実行する技術を搭載。セントラルDWHから部門DB/データマートに至るまで幅広い企業ニーズを満たすという。 (2010/2/24)

SeagateがSSD市場に参入 企業向け200Gバイトディスクを発表
Seagate初のSSD「Pulsar」はブレードサーバやサーバなど企業向けシステムが対象。容量は最大で200Gバイトとなる。(2009/12/9)

熱問題の本当の解決方法を指南
「冷やし過ぎ」のデータセンター、コスト削減の手はあるのか?
ブレードサーバや仮想化によるIT機器の高密度化は運用管理費の削減を可能にするが、同時に熱問題の対策費という新たなコストを突き付ける。一体どうすればデータセンターの電力コストは削減できるのだろうか?(2009/12/1)

24台を3台に:
日本オラクルと日立、ブレードサーバとRACによるDBサーバ統合で協業
日本オラクルと日立は、Oracleのデータベースクラスタリング技術と日立のブレードサーバを組み合わせたデータベースサーバの統合について、効果の検証を完了したと発表した。(2009/10/26)

JBCC、グループ全体のサーバ統合で約130台のサーバを10台に集約
日本ビジネスコンピュータは、グループのサーバ環境刷新プロジェクトで、「VMware vSphere 4」を採用。1カ所に集約された10台のブレードサーバ上で120台程度の仮想サーバを運用している。(2009/9/9)

ブレードサーバ「PowerEdge M905」導入事例
芝浦工大が基幹システムインフラにデルのブレードサーバを選んだ理由
教育・研究向けシステムのサーバ環境をデルのブレードサーバ「PowerEdge M905」で刷新する芝浦工業大学。デル製品選定の理由を聞いた。(2009/8/24)

Netezza、競合ベンダーを見据えた新DWHアプライアンスを発売
Netezzaは、IBMのブレードサーバにNetezzaのソフトウェアを組み合わせて処理速度を高めたアプライアンス新製品を発表した。(2009/8/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。