ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブロック崩し」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロック崩し」に関する情報が集まったページです。

PR:ダイナミックにネットを楽しみたいから、「リアルネットサーフィンマシン」を作ってみた
これがバーチャルリアリティーってやつか……。(2018/10/16)

車が傾くほど百円玉:
「名古屋撃ち」も話題に ゲームブームの元祖「スペースインベーダー」40周年の軌跡
ゲームセンターの主役で一大ブームになったビデオゲーム「スペースインベーダー」が、誕生から40周年を迎えた。開発したゲームメーカー「タイトー」は、JR大阪駅前の複合商業施設「ヨドバシ梅田」内に専門店を期間限定で展開するなど、節目の年を盛り上げようとしている。(2018/9/15)

神奈川県相模原市 「ふるさと納税」返礼品に相模原名物のUSBパドルコントローラーを指定
今年も相模原では立派なパドルコントローラーが収穫されたようです。(2017/12/21)

Over the AI ―― AIの向こう側に(17):
至宝の人工知能 〜問題に寄り添い、最適解をそっと教えてくれる
先人たちにより開発され、磨かれてきた「至宝の最適化アルゴリズム」。本当はこれを軽々しく「AI」とは呼びたくな……い……という気持ちをぐっとこらえ、AI技術として解説します。「試験前の一夜漬け」「雪山遭難」「井戸堀り」の例を使って、説明していきます。繰り返しますが、最適化アルゴリズムを軽々しく「AI」という言葉で片付けたくはないんですよ、本当は。(2017/11/30)

ZOZOTOWNのトップページが「ブロック崩し」に 上位だとクーポン最大5万円、ゲームで服が安く買える仕様
おれのバーさばきがうなるぜ。(2017/10/19)

ニッコリ笑うとコロコロ前進 表情でコントロールできるボール型ラジコンでみんな笑顔になれそう
専用アプリには、ボールをコントローラーとして使うゲームも収録。(2017/10/11)

真説・人工知能に関する12の誤解(5):
「人工知能ってどこでダウンロードできるんですか?」→無理です
「人工知能をダウンロードして使ってみたい」 こんな相談を受けることがありますが、そんなことはできません。こうした勘違いをしてしまうのは、人工知能の根幹技術である「機械学習」について、よく理解していないからではないかと考えています。(2017/8/24)

全身で魅力を体感――KDDI×HTCの「U11」先行体験イベントをリポート
KDDIとHTC NIPPONが「HTC U11 HTV33」を先行体験できるユーザーイベントを開催した。当日は熱心なauのHTCユーザーが集まり、HTV33の魅力を“体感”した。(2017/7/4)

「HTC U11」と接続:
HTC、VR空間を動き回れるHMD「LINK」を日本投入 実機を体験してきた
HTC NIPPONが、VRヘッドマウントディスプレイ「LINK」を発表。スマートフォン「HTC U11」とケーブルで接続して利用する。ユーザーの位置を検出することで、VR空間を動き回れるようになる。(2017/5/25)

往年の名作がスマホゲーでコラボ! ただのブロック崩しとは一味違う「アルカノイドvsインベーダー」がおもしろそう
よくあるブロック崩しとも、シューティングともちょっと違うゲームシステム。(2017/5/19)

任天堂“Switch”コントローラーに隠しメッセージが見つかる スティックを傾けるとゲーマーへの感謝が
見つけた方もすごい。(2017/3/6)

PR:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革
(2016/11/29)

レトロゲームの黄金期:
ゼビウス! ダライアス! スペースハリアー!「あそぶ!ゲーム展 stage2」はアーケード/ファミコン全盛期特集で遊びきれない!
2015年の10月から2016年の2月にかけて、埼玉県西川口のSKIPシティ映像ミュージアムで開催されていた「あそぶ!ゲーム展 stage.1 デジタルゲームの夜明け」の終了から半年。9月から「あそぶ!ゲーム展 stage.2 ゲームセンター VS ファミコン」が開催中だ。(2016/11/25)

特集:「人工知能」入門(6):
人間を超えた人工知能と共生し、日本が主導権を握るための最終戦略とは
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXSPO 2016」を開催。多くの講演の中から将棋棋士 羽生善治氏、東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏らが登壇した特別講演「人工知能は人を超えるか?」の内容を紹介する。(2016/11/15)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(2):
人工知能はどうやって「学ぶ」のか――教師あり学習、教師なし学習、強化学習
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能つまりコンピュータが「機械学習」という技術を使って、どうやって学習していくのかについて具体例を交えて解説する。(2016/11/30)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(1):
人工知能とは何か――強いAIと弱いAI、チューリングテストとチャットボット、中国語の部屋
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。初回は、人工知能/AIという言葉について、あらためて整理する。(2016/11/28)

特集:「人工知能」入門(5):
日本トップクラスのAI研究者が語る、人工知能の歴史と産業との関係
2016年6月14日に開催された金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」第2回では、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊 東京大学大学院 准教授がプレゼンテーションを行った。(2016/7/13)

IoTスペシャリストを目指そう(2):
第2問 人工知能「ディープラーニング」について
IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していく連載。第2回はIoTシステムの構成と、センサー、通信、クラウドといった各要素の役割について説明し、最後にディープラーニングによる分析に関する内容を出題します。(2016/5/23)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの誕生とハドソン成功の理由
任天堂が発売した家庭用ゲーム機「ファミコン」は、80年代を代表する社会的な大ブームを巻き起こしました。どのようにしてそのブームはでき上がっていったのでしょう? その裏側にあったものとは? 立役者の一人である高橋名人が語ります。(2016/4/14)

MAは開発者のM-1になったのか:
マッシュアップもIoTへ――「下手な芸人より面白い」「狂気を感じる」「絶句した」な12作品が集まった #MA11 決勝戦まとめ
全国の開発者が、自らの技術力と、世の中に公開されているさまざまなAPI、ハードウエア、センサーなどを「マッシュアップ」して、新たな作品を作り出すコンテスト「Mashup Awards」(MA)が今年も開催。同コンテストの最優秀作を決定する最終プレゼンテーション「ファイナルステージ」と、各賞の発表が、11月18日に東京の渋谷ヒカリエで行われた。(2015/12/25)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ その2:
小学生からのプログラミング――Scratchでゲーム作りを楽しんだ週末
「あそぶ!ゲーム展」で子ども向けプログラミング教室を体験。脱レトロゲー初心者を目指すテクニックも紹介しよう。(2015/12/24)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ:
ゲームの神様こと遠藤雅伸氏とカードゲーム作りを楽しんだ週末
ゼビウスやドルアーガの塔を生み出した伝説のゲームデザイナー、遠藤雅伸氏が考える“ゲーム像”とは。それにしてもぜいたくな週末だな!(2015/12/11)

スワッグアップ、30秒でどこまで崩せるかを競うブロック崩しアプリ「breaker」をリリース
スワッグアップは、無料のブロック崩しアプリ「breaker -30秒でどこまで壊せますか?ブロック崩し-」をリリースした。(2015/5/19)

イラッと不可避 人類には早すぎる「人を馬鹿にしたブロック崩し」クリアしてみろ
出オチすぎるわ!(2015/3/19)

“勝手にゲームが上手くなる人工知能”をグーグルが開発 どんどん賢くなってます
話題の深層学習(ディープラーニング)の成果だとか。(2015/2/26)

Googleの人工知能「DQN」、アタリゲームで人間よりハイスコア叩き出す
Google傘下の人工知能企業DeepMindが、ブロック崩しなどのビデオゲームのルールをほぼゼロから学習し、人間よりハイスコアを獲得するまでに成長する人工知能アルゴリズム「DQN」に関する論文をNatureで発表した。(2015/2/26)

闘会議2015:
えっ、もしかしてまだ遊んでないの? 面白いのに知られていない、「もっと遊ばれるべき自作ゲーム」4選
近年盛り上がりを見せつつある「自作ゲーム」。その中から、めちゃくちゃ面白いのにまだあまり知られていない4本のゲームを紹介します。(2015/1/22)

大山のぶ代の別荘にあったアルカノイド筐体(きょうたい) 高田馬場ゲーセン・ミカドが引き継ぐ
ドラえもんの声優で知られる大山さんがプレイしまくった台で遊べるだと!?(2014/8/21)

逆転の発想が生んだ名作ゲーム「ブロック崩さぬ」にハマる人が続出
難易度高すぎィ!(2014/1/20)

逆転の発想「ブロック崩さぬ」人気 「往年の名作ゲームに真っ向からケンカ」
「守りたい、そのブロック」――ブロックを「崩さない」ように画面上のバーを操作するゲーム「ブロック崩さぬ」が人気だ。(2014/1/20)

最新PC速攻レビュー:
「HP ENVY 17-j100 Leap Motion SE」――手振りで操れる“タッチの次”を先取りしたノートPCはアリか?
タッチパネルは直感的な操作が可能だが、画面が指紋で汚れて気になるという人も少なくない。タッチ操作の次として考えられる“触れずに操作”をいち早く体験できるのが、この「HP ENVY 17-j100 Leap Motion SE」だ。(2013/12/30)

無料で遊べるスマホゲーム:
昔懐かしのブロック崩しかと思いきや!――「普通じゃないブロック崩し - ぶろくず」
「普通じゃないブロック崩し - ぶろくず」は、どこか懐かしさを感じるごく普通のブロック崩し――に見える。しかし、操作できるのは画面下のバーではなく、ボールなのが一味違う。(2013/9/13)

この発想はなかった:
ブロック崩しのブロックの中でさらにブロック崩しを同時プレイするブラウザゲームがおもろい
ブロック崩しのブロックの中にブロック崩しがあってブロックにボールを当てるとブロックの中のブロック崩しが(以下ゲシュタルト崩壊)(2013/7/12)

Googleの画像検索で「ブロック崩し」が遊べる!
検索結果のサムネイルがブロックに。(2013/5/14)

現場が教えるUnityで実践iPhoneゲーム制作(3):
Unity4紹介&iOSの傾きセンサを使う3Dゲーム制作
3Dコンテンツ開発ツール「Unity」を使った、簡単な3Dミニゲーム制作の流れを一から解説していきます。今回は、Unity4についてライセンスの注意点を紹介し、傾きセンサによって3D空間上を移動するキャラクターを作る方法などを解説します(2012/12/20)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第21回:ゲームは耳でも楽しめる! 効果音による快感演出のマジック
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の21回目は、ビデオゲーム独特の効果音に焦点を当ててみました。(2012/9/4)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第17回:これ以上ないプレイヤーへのご褒美!? 極上の快感を与えてくれるエクステンドの演出
そもそもエクステンドってなんですか? 「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の17回目は、なんだかお得ですって話。(2012/3/21)

ウォズが語るジョブズの思い出――iPad3発表の日に
ブロック崩しのピンハネ事件やバチカンへのいたずら電話などジョブズとの思い出を明かした。(2012/3/9)

Made in Javan!地方コミュニティ探訪記:
沖縄の技術者がアツい!ハッカソンレポ&代表者に聞いた
本連載では、代表者に話を聞いたりイベントに潜入したり名産品を食べたりして、Javaを中心に地方のさまざまなコミュニティを紹介していきます(2011/12/14)

CSSだけで描いた有名企業ロゴを展示しているサイト
ecsspertというサイトは、JavaScriptも画像も使わずに、CSSだけで描いたTwitterなどの企業ロゴやスティーブ・ジョブズ氏追悼ロゴを展示している。(2011/10/28)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第11回:開発者VSプレイヤーの知恵比べ? あの手この手で編み出されたボーナス得点システムの数々
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の11回目は、ユニークなボーナスシステムの魅力について。(2011/7/14)

テトリスにブロック崩し、名作ゲームをグミで再現!
カラフルなグミを使って名作ゲームを再現した動画がかわいい!(2011/5/13)

日々是遊戯:
「ブロック崩し」と「テトリス」が一緒に楽しめるブラウザゲーム「TetrisOut」
「テトリス」と「ブロック崩し」。どちらも単品で遊ぶ分には簡単ですが、1人で同時に遊ぶとなったら……?(2011/4/6)

「るろうに剣心 再閃」の続報到着! 登場キャラや限定版を公開
(2011/1/14)

日々是遊戯:
「パックマン」「スペースインベーダー」の生みの親が明かす、ビデオゲーム黎明期の真実
12月18日、19日に開催された日本デジタルゲーム学会の2010年次大会。初日の18日には、遠藤雅伸氏がモデレータを務める基調講演「日本ビデオゲームの黎明」が人気を集めました。(2010/12/21)

日々是遊戯:
ちょっと変った「夏休みの工作」はいかが?
夏休みの宿題にちなんで「工作ネタ」縛りでお届けします。ファミコンの「IIコン」が、あんなモノに変身するとは……!?(2010/8/20)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ゲーム作りの参考になる? 「えりかとさとるの夢冒険」
連載第82回は「えりかとさとるの夢冒険」(ナムコ)。2人同時プレイができるアドベンチャーゲームです。動物が人間のように暮らす“不思議な世界”を探検する、ほのぼのとした世界観なのですが……。(2010/1/29)

博報堂が展開するAR広告「テノヒラアド」って何だ?
「セカイカメラ」のヒットもあり、最近さらなる注目を集めているAR技術(拡張現実)。このARを使った新しい広告を、博報堂と慶應義塾大学、IMJが開発。11月から新聞広告が始まっている。(2009/12/4)

iのあるGames(その3):
GWはゲームをするウィーク
心理ゲームもあるでよ!(2009/5/1)

今日のアプリ第389回:エンターテインメント:
昔懐かしいブロックくずし風のデジタル時計「BLOCLOCK」
ブロック崩しとデジタル時計を組み合わせた時計アプリ「BLOCLOCK」は、時計として機能するのはもちろん、ブロック崩しゲームとしても楽しめてしまうアプリです。デスクサイドにiPhoneを置いている人は、こんなアプリを表示しておくと楽しいかもしれません。(2009/4/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。