ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注意喚起」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注意喚起」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

トレンドマイクロ、アドウェアを含んだAndroid端末向け“偽アプリ”について注意喚起 アイコンを消してバックグラウンドで動作
世界で約900万回もアドウェアアプリがダウンロードされているという事実。(2019/1/14)

Netflix映画「バード・ボックス」が人気→目隠しで歩き回る「BirdBoxChallenge」が流行 Netflixが注意喚起
「こんなことを言わなければならないのは信じられないですが、Bird Box Challengeでケガをしないでください」と呼びかけ。(2019/1/3)

お正月に多発する「お餅による窒息事故」について消費者庁が注意喚起 安全な食べ方や応急手当など
高齢者の事故をみんなで防ぐための知識。(2018/12/29)

「ボタン電池の誤飲は要手術の危険な事態」医師がベーコンで実験し注意喚起 電池の放電が元で粘膜が溶ける
誤飲の6割は機器に入っている電池を子どもが取り出して飲んだケースとのこと。買い置きの電池だけでなく、リモコン等のフタにも注意を。(2018/12/28)

消費者庁、マッサージ機の展示品などの使用に注意喚起 「転倒し、骨折した、歯が折れた」などの報告
操作方法を把握してからの使用を。(2018/12/26)

三井住友銀行かたるフィッシングサイト、SMSで誘導
JPCERT/CCは、三井住友銀行をかたるフィッシングサイトへ誘導するショートメッセージ(SMS)について注意喚起を行った。午後2時現在、フィッシングサイトは稼働中。(2018/12/25)

「トイレ修理に20万円」 国民生活センターが「暮らしのレスキュー」のトラブルに注意喚起
2017年度の相談件数は2763件。(2018/12/26)

iPhoneの標準機能「マークアップ」での塗りつぶしに注意喚起 消した文字が明るさ等の編集で透けて見える
マークアップのマーカーを“消す用”として使ってる人は注意です。(2018/12/20)

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが増加 不審なメール開かぬよう注意喚起
うっかりURL先で情報を入力して「登録」などのボタンを押してしまうと、個人情報が攻撃者に渡る恐れが。(2018/12/20)

エアゾール缶&スプレー缶の重大な火災事故 2007年以降で24件 札幌の爆発事故受けて経産省が注意喚起
処分する際の注意点をTwitterで周知しています。(2018/12/17)

PayPay「利用した覚えのないクレジットカード請求」に注意喚起 クレカの登録方法に問題があるとの指摘も
一度レシート画面を確認してみましょう。(2018/12/16)

「Amazonからこんなメールきて感心してる」 Amazonから届いた注意メールに「これはいい取り組み」「やるじゃないか」と称賛
自分に当てはまる事柄の注意喚起だからこそハッとなる。(2018/11/30)

クレーンを不正に遠隔操作、10年前より「攻撃しやすい」? 専門家が注意喚起
トレンドマイクロのリサーチャーが、産業用クレーンに対してセキュリティ面から調査を実施。クレーンの模型が遠隔操作され、人をかたどった人形に吊り荷を当てるデモンストレーションも公開した。(2018/11/29)

はてなブックマーク、不正利用でブックマーク数の水増しを推奨する情報商材やセミナーに注意喚起
不正行為を発見した場合、情報提供するよう協力を求めています。(2018/11/26)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

携帯電話の店頭広告で景表法違反の恐れ 消費者庁が注意喚起
消費者庁は11月13日、携帯電話等の販売に関する店頭広告表示について、景品表示法上の考えを公表した。端末を安価で販売することを強調した広告では、条件の表示がなければ景表法違反の恐れがある。同庁は販売店に対し、条件等を丁寧に説明をするよう求めている。(2018/11/13)

「1分で1万円らくらくGET」 虚偽のアンケート、消費者庁が注意喚起
「1分で1万円」などとうたい、アンケートサイトに登録させ、入会金を支払わせていたとして、消費者庁が事業者名を公表。(2018/11/9)

「即レスしなかった程度で失われるものを、友情とは呼ばない」 歩きスマホの注意喚起ポスターが考えさせられる
即レスは必要?(2018/11/4)

ハロウィーン仮装でエアガンの取り扱いに気をつけて 老舗メーカーの東京マルイが注意喚起
公共道徳とイベントのルールを守るよう呼びかけています。(2018/10/25)

感情分析ソリューション:
PR:働き方改革や健康経営を実現する「感情の可視化」とは
製造業をはじめとする企業の働き方改革や健康経営に向けてNECが開発したのが「感情分析ソリューション」だ。ウェアラブルデバイスで計測した従業員の生体データをクラウドに集めて分析し、感情の状態を可視化することで、適切な業務支援や注意喚起を行うとともに、これまで気付いていなかった業務プロセスや職場環境の改善に役立つ。(2018/10/25)

「はてな匿名ダイアリー」でGoogleかたる不正広告 運営が注意喚起
はてなが運営するWebサービス「はてな匿名ダイアリー」で、Googleを装う不正広告が表示されているという。原因となる広告事業者を特定するため、同社はユーザーに対して情報提供を呼びかけている。(2018/10/19)

消費者庁、「スマホをタップするだけでお金が稼げる」うたう事業者について注意喚起
そんな簡単に稼げるわけない。(2018/10/19)

「スマホタップだけで稼げる」 虚偽広告、消費者庁が注意喚起
払ったお金以上に儲けるのは難しい。(2018/10/17)

「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿を撮影した」――仮想通貨求める恐喝スパムが横行 NISCが注意喚起
受信者が使用しているメールアドレスやパスワードがスパムに記載されているケースも。各機関はメールは無視することと、記載されていたパスワードの変更を推奨しています。(2018/10/12)

サイバー犯罪に利用される公開ツール、5カ国のセキュリティ機関が注意喚起
報告書では広く流通している5種類のツールにスポットを当て、それぞれの機能や対策などを紹介して警戒を促している。(2018/10/12)

ドメイン管理の仕組み「DNS」が運用変更 総務省が注意喚起
ドメイン管理の仕組み「DNS」で、暗号鍵の一部が更改されることを受け、総務省がインターネットサービスプロバイダーなどに対応を求めた。(2018/10/2)

地震後の停電は「ブレーカー落として」 火災の危険、消防庁らが呼びかけ
「地震後の停電はブレーカーを落として」。給電再開時に火災が発生する可能性があるとして、消防庁らが注意喚起している。(2018/9/6)

メーカー各社が注意喚起する“カップ麺にちょい足ししてはいけないもの”
「意外とおいしくなかった」みたいな問題ではない。(2018/9/6)

DDoS攻撃やマルウェアの脅威が続く:
memcachedやMiraiによるDDoS攻撃を観測、IIJが2018年7月のセキュリティレポート公開
IIJは、国内のサイバーセキュリティに関する観測レポートを公開した。2018年7月はDDoSやマルウェアによる攻撃が続き、前月と似た傾向を示した。災害時に設置される無償の公衆無線LANについても注意を喚起した。(2018/9/5)

「株式会社リード」が実施:
「毎月30万円分のビットコインがもらえる」投資案件はうそ 消費者庁が注意喚起
「株式会社リード」と称する企業がWeb上に「仮想通貨で稼げる」などの広告を展開し、同社のアプリ経由で、ビットコインのマイニング事業者に投資すれば、毎月最低30万円分のリターンが得られるとうたっていたが、実績はうそであることが分かった。(2018/8/28)

「毎月30万円分のビットコイン稼げる」 架空の体験談でアプリ販売 消費者庁が注意喚起
仮想通貨のマイニングを行う事業者に投資すると、毎月最低30万円分のビットコインを受け取り続けられる――そんな架空の体験談を掲載し、アプリを販売していた事業者に関する相談が昨年11月から相次いでいる。消費者庁が8月28日に注意喚起した。(2018/8/28)

「金融庁の取り決め」などど記載:
企業への「送金依頼」を装ったビジネスメール詐欺が横行 専門団体が注意喚起
送金依頼を装った偽のビジネスメールが出回っているとして、情報処理推進機構が注意喚起。実在するCEOの名をかたり、金銭の振り込みなどを求めてくる。従来は文面が英語だったが、初めて日本語によるメールが報告されたという。(2018/8/27)

佐川急便をかたる架空請求、なおも被害報告あがる 島根県消費者センターが事例を紹介し注意喚起
不審な請求があったら、まず消費者ホットライン(188番)へ電話を。(2018/8/24)

漫画を無断使用したシール、メルカリに出品しないで 漫画家の団体が注意喚起
漫画家の公式イラストを無断使用したシールが、フリマアプリ「メルカリ」に出品されている――そうした状況を受け、マンガジャパンが無断複製を止めるよう注意を呼び掛けた。(2018/8/22)

国民生活センターが注意喚起:
ダイソー、筆箱8万個を自主回収 購入者がふたで指を切る「重大事故」
大創産業が、筆箱「CRISP バナナandチェリー」「CRISP レモンandオレンジ」計約8万個を自主回収。購入者がふたで指を切る事故が起きたため。国民生活センターが「絶対ふたに触れないで」と注意喚起している。(2018/8/16)

雷ゴロゴロしたら「PCを切り、プラグを抜く」 メーカーが注意喚起
8月13日、関東地方の各地で雷雲が発生。PCメーカーなどは、PCの電源を切り、プラグをコンセントから抜くよう注意を呼び掛けている。(2018/8/13)

「.iqy」ファイル付きウイルスメール、日本語で初確認 1日で29万通、トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロは、拡張子「.iqy」ファイル付きの日本語ウイルスメールを8月に入って初めて確認した。ファイルを開くとExcelが起動し、最終的にオンライン銀行詐欺ツールに感染させられるという。(2018/8/8)

ウイルス感染・フィッシングの恐れ:
イニエスタ選手の「偽ユニフォーム詐欺」が横行 ヴィッセル神戸が注意喚起
イニエスタ選手の“偽ユニフォーム”が出回っているとして、ヴィッセル神戸が注意喚起。類似品がWeb上で取引されているという。誤って購入すると、商品が届かないほか、ウイルス感染などの被害に遭う危険性がある。(2018/8/3)

豪雨災害で故障した太陽光パネルで感電の恐れ、経産省が注意喚起
西日本豪雨による浸水や土砂崩れにより、各地の太陽光発電所で設備が故障。太陽光パネルは故障中でも光があたれば発電し続ける可能性があり、経済産業省は感電する恐れがあるとして作業員らが不用意に近づかないよう関係自治体に注意喚起を始めた。(2018/8/2)

「不正ログインあった」と嘘の電話、パスワード聞き出す コインチェックが注意喚起
コインチェックの関係者を装い、「不正なログインがあった」などと虚偽を伝えてログインパスワードや認証コードを聞き出そうとする電話があったの情報が寄せられているとし、同社が注意を呼び掛けている。(2018/7/25)

「AbemaTV」装い偽の出演依頼、金銭や肉体関係強要……運営元が注意喚起
「AbemaTV」運営元は、同社に無関係の第三者が、同社の社員や関係者を装い、実在しない番組の出演依頼を持ち掛けて金銭を要求したり肉体関係を強要するなどの行為が確認されているとし、注意を呼び掛けた。(2018/7/24)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
疑え、無線LAN接続 「暗号化されているから安全」は本当か
7月初旬、西日本豪雨で各地に被害が出る中、携帯電話各社が公衆無線LANのアクセスポイントを無償開放しました。しかし「通信内容の盗聴や偽のアクセスポイントを用いた情報の窃取が行われる恐れがある」と総務省が注意喚起しています。公衆無線LANを正しく使う方法は。(2018/7/24)

佐川急便装う迷惑メール急増 「不在通知」「1340万円配達します」など、23の事例で注意喚起
佐川急便を装った迷惑メールが急増。「【不在通知】」「宅配便お届けのお知らせ」などのタイトルの迷惑メールやSMSが報告されており、同社は23もの事例を挙げて注意を呼び掛けている。(2018/7/23)

消費者庁と国民生活センター、電池の事故に注意喚起
誤った使い方していませんか?(2018/7/21)

「この時期に熱中症で連れこまれた犬がばんばん死んでいく」 獣医師の家族が“猛暑のリスク”について注意喚起
 「犬は地面に近く強い輻射熱を浴びる」「散歩は早朝に」(2018/7/21)

豪雨被災地支援「Yahoo!ネット募金」の偽サイト確認、注意喚起
「平成30年7月豪雨」の支援を募るYahoo!JAPANの募金ページをまねた偽サイトを確認したとし、ヤフーが注意を呼び掛けている。(2018/7/19)

夏祭りで販売の玩具、子どもの事故に気をつけて 消費者庁が注意喚起
折り曲げると発光するケミカルライトやおもちゃのボタン電池などに注意。(2018/7/16)

狙いはIoTデバイスか 仮想通貨採掘ツールをインストールさせるボット トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロが、仮想通貨採掘ツールをインストールさせるボットによる攻撃を確認したとして注意を呼び掛け。SSHサービスを実行しているサーバやIoTデバイスを狙い、不正スプリクトでツールをダウンロードして「Monero」や「Ether」を採掘させるという。(2018/7/13)

災害時用無料Wi-Fi「00000JAPAN」悪用した攻撃に内閣府が注意喚起
西日本豪雨の被災地などで、災害時用の無料Wi-Fi「00000JAPAN」が提供されている。ただ、通信内容が第三者に盗聴されるリスクがあるため、「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用してほしい」と内閣府が注意を呼び掛けている。(2018/7/10)

広島県警「デマ情報に惑わされないで」 “窃盗グループが被災地に入っている”などのデマについて注意喚起
災害のたびに繰り返し拡散されている典型的なデマです。(2018/7/9)

PR:注意喚起|LAC WATCH 株式会社ラックの提供する「注意喚起」に関する記事



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。