ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注意喚起」最新記事一覧

「詐欺被害相談サービス」をかたる悪質事業、消費者庁が注意喚起 “架空請求業者との交渉を代行”で依頼料を請求
消費者が怪しい電話番号を検索する行動を利用していました。(2017/5/22)

「詐欺被害の相談サイトに注意して」――消費者庁、悪質業者を名指しで注意喚起
詐欺被害の相談サイトをかたる悪質事業者の住所に行っても実態はつかめず、連絡も一切取れなかったという。(2017/5/22)

Vineユーザーの一部の個人情報流出でTwitterが注意喚起
Twitterが、1月にサービス終了したVineの一部のユーザーのメールアドレスと電話番号が流出した可能性があるとして、該当するユーザーに注意喚起のメールを送った。(2017/5/20)

「駐禁報告書」などを称するスパムメールが拡散 銀行やクレカの情報を狙うマルウェアとしてトレンドマイクロが注意喚起
同様のスパムは5月14日から確認され、16〜17日に急増しています。(2017/5/19)

宴会では7皿に1皿が食べ残し 農林水産省が飲食店等での「食べ残し」について注意喚起
廃棄される「食品ロス」を減らすため、外食での食べきりを促しています。(2017/5/19)

「持ち出し端末からの感染を確認」「Port445/TCPのスキャンに注意」 JPCERT/CCがWannaCry情報を更新
JPCERT/CCが、ランサムウェア「WannaCry」の亜種によるサイバー攻撃についての注意喚起情報を更新し、新たに判明した感染経路の情報や、日本国内に向けたポートスキャンの状況などを告知した。(2017/5/17)

エステサロンの決済代行業者からカード情報流出か 日本クレジット協会が注意喚起
「身に覚えがない利用履歴があれば、カード会社に問い合わせてほしい」という。(2017/5/17)

「駐禁報告書」「保安検査」……ウイルスメール拡散 警視庁が注意喚起
「駐禁報告書」や「全景写真添付」「保安検査」などの件名のウイルス付きメールが拡散しているとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。(2017/5/17)

ランサムウェア「WannaCry」に注意、総務省が呼び掛け 「セキュリティパッチを最新版に」
世界各地で猛威をふるうランサムウェア「WannaCry」について、総務省が注意喚起。(2017/5/16)

世界的被害のランサムウェア、国内被害に警察庁が注意喚起 日立ではメール障害も
5月22日、記事を追記いたしました。(2017/5/15)

メールの添付ファイルに注意 ランサムウェア「Wanna Cryptor」にIPAも注意喚起
5月12日夜から世界で感染が拡大しているランサムウェア「Wanna Cryptor」について、IPA(情報処理推進機構)が緊急会見を開き、注意喚起した。週明けのメール開封時には特に注意が必要だという。(2017/5/15)

モバイルバッテリーやLightningケーブルに偽造品 アンカーが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品の取り扱いをAmazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で確認。購入時に注意するよう呼び掛けている。(2017/5/8)

偽造品に気をつけて! モバイルバッテリーのAnkerが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品が市場に出回っていることについての告知を行った。(2017/5/8)

食べてはいけない 食中毒を引き起こす有害植物に厚労省が注意喚起
高齢者のいる家庭は特にご注意を。(2017/5/2)

「LINEみどりくじ【公式】」をかたる成り済ましアカウントが登場 LINE公式が注意喚起
公式サービスに便乗した悪質なかたり行為です。(2017/5/1)

太陽光:
太陽光パネルの飛散が問題に、2019年に設計ガイドライン策定へ
太陽光発電所の運営時に注意したい点の1つが、強風などによるパネルの飛散だ。台風シーズンを前に、経済産業省は再点検を行うよう注意を喚起している。その一方で、耐風性能の指針となる設計ガイドラインの策定に向けた動きも進み始めた。NEDOのプロジェクトとして耐風性能の検証を行い、2019年に設計ガイドラインが公表される予定だ。(2017/4/27)

Amazonマーケットプレイス詐欺にメーカーが注意喚起 正規の業者が出品停止になる影響も?
Amazonマーケットプレイスでの相次ぐ不審な激安出品により、正規の商品が「異常に高い」と判断されて出品停止になる影響も出ているようです。(2017/4/26)

テレコムサービス協会、MVNOサービス利用検討者に8つの「チェックポイント」を提示
テレコムサービス協会のMVNO委員会が、MVNOサービスを検討している人に向けた「チェックポイント」を作成し公開した。国民生活センターからの注意喚起や総務省からの要請を受けての措置だ。(2017/4/21)

「真贋鑑定は行ってない」 オークションに出回る「水木しげる直筆サイン」に水木プロダクションが注意喚起
ご注意を。(2017/4/19)

大学生向け履修管理アプリに大学が「個人情報流出のおそれあり」と注意喚起 開発元は安全性を主張
大学側が「学生IDやパスワードを第三者に提供する行為は個人情報の流出に直結」とする一方、アプリ開発元は「学生の個人情報が弊社サーバーを経由することはない」と公式見解を示しています。(2017/4/18)

「メールが送れない」「端末が使えない」 急増する格安スマホのトラブル 国民生活センターが注意喚起
格安スマホ(MVNOサービス)が契約数を伸ばす一方で、トラブルも増えている。国民生活センターが、消費者から寄せられた事例をもとに、格安スマホのトラブルをまとめた。ユーザーはどこに注意すればいいのだろうか?(2017/4/17)

国土交通省が自動車の「自動運転」について注意喚起 「あくまで支援技術であり、完全な自動運転ではない」
昨年11月の事故を受けてとのこと。(2017/4/16)

「完全な自動運転ではありません!!」――日産の自動車事故めぐり、国交省が注意喚起
昨年11月、日産自動車の「プロパイロットシステム」を搭載した試乗車が起こした事故を受け、国土交通省が注意喚起。(2017/4/14)

格安スマホのトラブルが数年間で急増 サービス内容などをしっかり確認するよう国民生活センターが注意喚起
安さの反面、不便な面もあるのでご注意を。(2017/4/13)

韓国滞在を「控える必要はない」:
韓国滞在の邦人、安全に影響ある状況でない=官房長官
菅官房長官は、外務省が韓国に滞在する邦人に対して出した注意喚起情報に関連し、直ちに邦人の安全に影響ある状況ではないとの見解を示した。(2017/4/12)

外務省、韓国への渡航について注意喚起 北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を受け
朝鮮半島情勢に関する最新情報に注意するよう促しています。(2017/4/12)

総務省ら、マイナンバーの更新を求める虚偽のメールに注意喚起 フィッシング詐欺などの狙いか
運営団体であるJ-LISを装ったもの。(2017/4/10)

ハチミツが原因とみられる乳児ボツリヌス症で男児死亡 各省庁が1歳未満の乳児にハチミツを与えないよう注意喚起
乳児ボツリヌス症の死亡例は全国で初めて。(2017/4/8)

中国人、案外気にする「マナー」評価
中国のメディアには「日本では○○をしてはいけない」などと外国旅行をする際のマナーについて注意を喚起する記事が多数登場する。(2017/4/5)

「性行為をのぞき見られる」 カメラ付き女性用アダルト玩具に脆弱性 英セキュリティ企業が注意喚起
カメラを搭載した女性向けバイブレーション「Siime Eye」(米SVAKOM製)に脆弱性が判明したと、英サイバーセキュリティ企業のPen Test Partnersが報告。(2017/4/4)

最新ビジネスメール詐欺 だましの手口は「メールアドレスで嘘をつく」
IPAがビジネスメール詐欺の手口について事例に基づき注意喚起している。(2017/4/3)

「ビジネスメール詐欺」が急増中 IPAが注意喚起
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が、「ビジネスメール詐欺」(BEC)について注意喚起を行った。具体的な手口の事例解説とともに、対策を提示している。(2017/4/3)

「Nintendo Switch」のエミュレータを餌にした詐欺が早くも登場 セキュリティ企業が注意喚起
YouTubeの紹介動画から偽装サイトへ誘導します。(2017/3/31)

粉製品は冷蔵庫保管で賞味期限内に食べきって! 開封後常温放置でダニ繁殖とTwitter漫画で注意喚起
開封済みを常温放置はダメ、絶対。(2017/4/1)

「鍵の盗み見にご注意!」――鍵番号から合鍵を作製、女子大生宅に侵入 福岡県警が注意喚起
過去には、SNSなどに投稿した写真から合鍵を作製できるという報告もあった。(2017/3/31)

USBストレージのデータを盗み取るマルウェアが発見、セキュリティ団体が注意喚起
クローズド環境で作業したファイルでも、接続先のネットワーク端末が感染していた場合は盗まれてしまう。(2017/3/31)

「必ずもうかる」信じないで!――仮想通貨トラブル、2年間で3倍超に 国民生活センターが注意喚起
知人から仮想通貨を購入するように勧められ、金銭が戻って来なくなったなどのトラブルが急増。(2017/3/30)

セキュリティのアレ(43):
どれだけ注意喚起しても「パスワードの安全な管理」が普及しないのはなぜなのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第43回は「パスワード」を切り口に、認証をめぐる最新動向について議論します。(2017/3/21)

クルマの窓で「大根もばっさり切れる!」――手や頭を挟まないで JAFが注意喚起
日本自動車連盟(JAF)が、自動車のパワーウインドーに手や頭を挟み込まないように注意喚起。窓が閉まる力は「大根もばっさり切れる!」ほどだという。(2017/3/17)

乗用車のパワーウインドーの危険性をJAFが調査 大根やゴボウすら切断するとして注意喚起
子どもが首や手をはさまないように、チャイルドシートに乗せスイッチにはロックを。(2017/3/16)

旅客機内で乗客のヘッドフォンが突如爆発……原因は内蔵バッテリー、豪運輸安全局が注意喚起
爆発したヘッドフォンの型番等は未公開。(2017/3/16)

LINEをかたるフィッシングメール、また出回る 件名は「LINE 安全認証」
LINEをかたるフィッシングメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意喚起。件名は「LINE」「LINECorporaitnopc」「LINE 安全認証」など。(2017/3/16)

ディズニー初のLGBTキャラ登場「美女と野獣」、「ゲイ的瞬間」にシンガポールの教会が注意喚起 マレーシアでは公開延期に
ロシアではPG-16指定にも。(2017/3/14)

Nintendo Switchにシールを貼ると表面が傷つくおそれ 米スキンシールメーカーが注意喚起
メーカーはNintendo Switch用スキンシールの受注をすべてキャンセルし、返金対応をしています。(2017/3/6)

「有料コンテンツの料金が未払い」「裁判手続きをしている」――DMM.comかたるSMS、消費者庁が注意喚起
DMM.comをかたるSMSを送り付け、金銭を支払わせようとする被害が相次いでいると消費者庁が注意喚起。「利用料金が未払い」「訴訟手続きに移行する」などと不安を煽るという。(2017/3/1)

DMMをかたる架空請求詐欺に消費者庁が注意喚起 SMSで未払料金の支払いを要求する手口
そもそもDMMの有料サービスは前払い制。(2017/2/28)

JCBかたるフィッシングメール出回る 「第三者によるアクセスを確認」と不安煽る
「【重要:必ずお読みください】 MyJCB ご登録確認 ●●●●」という件名のフィッシングメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意喚起。(2017/2/21)

ポケモンGO運営元、「ポケコイン無料配布」と称するキャンペーンに注意喚起 「公式ではない」
偽キャンペーンを行う業者には法的措置も検討するとのこと。(2017/2/16)

「ロト6が当たったので個人情報を教えてください」 ゲーム開発会社をかたる不審な電話で注意喚起
被害にあった場合は速やかに警察署へ。(2017/2/10)

セキュリティのアレ(41):
「自社を騙るメールが出回っている……」――企業はどう“注意喚起”すべきか?
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第41回は、2016年10月ごろに出回ったICT-ISACを騙るメールを取り上げます。(2017/2/10)

PR:注意喚起|LAC WATCH 株式会社ラックの提供する「注意喚起」に関する記事



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。