ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注意喚起」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注意喚起」に関する情報が集まったページです。

夏期に多く発生する「水の事故」について消費者庁が注意喚起 もし流された時の対処法は「浮いて待て!」
子どもたちが外で元気に遊び出す季節は事故にも気をつけましょう。(2018/5/19)

スマホでの商品購入者、約4割が注意書きを見落としてサービスを誤認 消費者庁が注意喚起
割引サービスなどは制約がないか確認を。(2018/5/17)

ゴールドマン・サックス、同社との関係装う仮想通貨詐欺に注意喚起
ゴールドマン・サックスとの関係を装う仮想通貨の投資勧誘などが報告されているとし、日本法人が自社サイトで注意喚起。元ゴールドマン・サックスのアナリストを名乗る瀬尾恵子という人物がICOを行うとしているが、この人物が同社に在籍した事実はないという。(2018/5/10)

“はしか”による高熱と脱水で生命の危機 感染経験者が漫画でつづる生々しい体験談が注意喚起として広まる
「はしかの症状が疑われる場合はすぐに病院へ行かず、まずは保健所に連絡を」。(2018/5/2)

「コピペだけで月収50万円!」→多額の初期費用を請求 よく見るうさんくさい広告に消費者庁が注意喚起
そんなわけない。(2018/4/26)

「PEZY・ExaScalerのスパコンでマイニング」偽の勧誘に注意 「両社と無関係」
「PEZY ComputingとExaScalerが共同開発したスパコンでマイニングする」と虚偽の勧誘を行う業者を確認したとし、両社が注意喚起している。(2018/4/25)

ヤフーがパスワードの定期変更求める記載削除へ 総務省も「安全なもの」前提呼びかけ
ヤフーが、Yahoo! IDのパスワードについて、「定期的に変更いただくことをおすすめします」との注意喚起を近く削除する方針であることが分かった。(2018/4/24)

「PC、携帯は傍受されている」「機密情報は抜いて」 オランダ政府が訪中企業に指示
「PC、携帯は傍受されている」「機密情報は抜いて」――オランダ政府は、ルッテ首相の訪中に同行した企業・研究機関代表に対しこう注意喚起。(2018/4/11)

日本郵便を装うフィッシングサイトに注意 偽アンケートで個人情報を窃取か
日本郵便を装い、住所などの情報を盗もうとする不審なサイトが見つかったとして、同社が安易にアクセスしないよう注意を促している。(2018/4/3)

VRで目に見えないビル風を立体的に可視化――熊谷組、「風環境可視化技術」を開発
熊谷組が、VRを活用して風環境(ビル風)を可視化する「風環境可視化技術」を開発。流体解析で得た風速や風向のデータをVR空間で可視化することで、目に見えない3次元の風の流れをリアルに捉えられる。設計者や顧客との打ち合わせ、強風事故防止の注意喚起などへの活用を見込む。(2018/3/16)

ハンドスピナーの部品を子どもが誤飲する事故 国民生活センターが注意喚起
子どもが部品を誤飲した事故が報告されています。(2018/3/16)

「稼げる」「損失補償する」――コインチェックかたる詐欺多発 同社が注意喚起
コインチェックをかたる詐欺が多発しており、同社が注意を呼び掛けている。「損失を補償する」などとうたって個人情報の提供を求めたり、日本円の振り込みを求めるなどの詐欺が報告されているという。(2018/2/21)

検察庁の偽サイトに注意 職員名乗る電話でアクセス誘導、銀行口座詐取
検察庁を装う偽サイトに注意喚起。職員などを装った人から電話がかかり、検察庁Webサイトに見せかけた偽サイトへのアクセスを指示され、銀行口座などの入力を求められたりするという。(2018/2/21)

個人情報を不正に取得:
LINE装うメールに注意 アプリに酷似した詐欺サイトに誘導
LINEを装った不審なメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。リンクをクリックすると、「LINE」のログイン画面に酷似したWebサイトに移動する。遷移先は個人情報を不正に入手するための偽サイトという。(2018/2/20)

消費者庁、在宅ワーク事業者2社に注意喚起を発表 HP作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる
取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。(2018/2/19)

消費者庁、「コインチェック便乗詐欺」に注意喚起 「料金を支払えば出金ができる」と偽情報ツイート
コインチェックを装った偽アカウントが「料金を支払えば出金できる」と虚偽のツイートを行っているとの情報が寄せられているとし、消費者庁がTwitterで注意を呼び掛けている。(2018/2/8)

コインチェックをかたる便乗詐欺が発生 消費者庁が注意喚起
安易な送金はしないよう注意喚起。(2018/2/7)

不審な客が訪ねてきたら絶対ドアを開けずに! 不意の訪問者に応対し怖い目に遭った体験漫画が迫真の注意喚起に
昼か夜か、住居がアパートか戸建てか、家主が男か女かに関係なく、「悪いことをする人はそのつもりで来る」。(2018/2/3)

ジャガイモは光に当てないで―― 農水省が栽培や調理時の取り扱いについて注意喚起
ジャガイモは栽培から食べるまでの取り扱いを誤ると天然毒素が増え、食中毒を起こすことがあります。(2018/1/30)

「加熱式タバコ」を乳幼児が誤飲 国民生活センターが注意喚起
子どもの手が届かないところに置きましょう。(2018/1/26)

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起
所有者の2割弱が理解していない。(2018/1/24)

ジェルボール洗剤を食うな! 米YouTuberの危険行為にメーカーが注意喚起
見た目はおいしそうだけど食べちゃダメ。(2018/1/21)

“自動ブレーキ”過信しないで 国民生活センターが注意喚起
国民生活センターが「衝突被害軽減ブレーキ」への過信が事故につながる危険性があると指摘。人や自転車が急に飛び出してきた場合には作動しないこともあるという。(2018/1/18)

政府、アニメ「BEATLESS」とコラボ 心の隙を突く“アナログハック”に注意喚起
内閣サイバーセキュリティセンターが「BEATLESS」とコラボ。同作にはソーシャルエンジニアリングと近しい「アナログハック」という手法が登場する。(2018/1/17)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(22):
「Mirai亜種」の感染拡大で浮き彫りとなった、IoT機器ベンダー“反応の違い”
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、注意喚起の意味も含めて「Mirai亜種」の感染拡大に対するIoT機器ベンダーの“反応”について取り上げます。(2018/1/16)

餅は食べやすい大きさにしてよくかんで―― 消費者庁、年末年始に起きがちな事故について注意喚起
お年寄りが餅を食べるときは、周囲の人がしっかり注意して見守りましょう。(2017/12/29)

「最悪の場合、イベントの開催中止等も」 ラブライブ公式、一部ファンの迷惑行為に注意喚起
キャストの追跡など“ファン”を超えた迷惑ライバーに苦言。(2017/12/27)

消費者庁、ヤフーを装う架空請求に注意喚起 ギフトカード番号を連絡させて“未納料金”を求める手口
これまでにも報告されている「典型的な詐欺の手口」。(2017/12/22)

ヤフーかたる架空請求SMS、消費者庁が注意喚起
「未納料金を滞納しております。ご連絡なき場合は法的手続きに移ります。ヤフー。」――こんな内容の架空請求SMSによる相談が相次いでいるとし、消費者庁が注意を呼び掛けている。(2017/12/22)

悪質なショッピングサイトへの自衛方法 日本サイバー犯罪対策センターが解説図付きで注意喚起
しっかり気を付けていきたいところ。(2017/12/21)

こんろなど爆発、死亡例も:
カセットボンベの爆発事故に注意 過去5年で136件発生
年末年始はカセットボンベを使用したこんろやストーブの爆発事故が起きやすいとして、製品評価技術基盤機構(NITE)が注意喚起。(2017/12/21)

「ラブライブ!サンシャイン!!」聖地巡礼に注意喚起 「私有地入らないで」
「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台である静岡県沼津市などを“聖地巡礼”するファンに対して、住民などの迷惑にならないよう注意を呼び掛ける告知が、公式サイトに掲載された。(2017/12/15)

「ラブライブ!サンシャイン!!」公式 聖地巡礼について注意喚起
学校や私有地への立ち入りや無断撮影は法的なトラブルになる可能性があると注意。(2017/12/14)

「ペンタブの芯」に代用品を使うのは自己責任で―― 故障のリスクを注意喚起する漫画が興味深い
より良い描き心地を求め、ステンレスやパスタなどを芯として使う人の話はしばしば見かけますが、相応のリスクを伴うようです。(2017/12/15)

「ビワの種食べないで」 農水省が注意喚起、クックパッドなど一部レシピ削除
ビワの種に有害物質が含まれているとし、農林水産省が食べないよう注意喚起したことを受け、レシピサイト「クックパッド」や「楽天レシピ」の運営元はそれぞれ、ビワの種を使った一部のレシピを12月8日までに削除するなど、対応を行っている。(2017/12/9)

「お支払いが確認できませんでした」――Adobeかたるウイルスメール出回る
「Adobe Document Cloud チーム」をかたる不審なメールが出回っていると、アドビシステムズや警視庁が注意喚起。件名は「お支払いが確認できませんでした」。(2017/12/7)

「ディズニーランド」のチケット当選メールに注意喚起 「オリエンタルランドよりお送りしているメールではございません」
件名は「ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!」など。(2017/12/6)

警視庁など注意喚起:
「ディズニーランド」装うメールに注意 ウイルスが添付
東京ディズニーランドを装った不審なメールが出回っているとして、警視庁サイバーセキュリティ対策本部などが注意喚起。(2017/12/5)

ウイルスを含むファイルに誘導:
「楽天銀行」装うメールに注意 警視庁など注意喚起
楽天銀行を装った不審なメールが出回っているとして、警視庁サイバーセキュリティ対策本部などが注意喚起。(2017/11/28)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

「有料動画の未納料金がある」:
Amazonを装った架空請求が多発 消費者庁が注意喚起
アマゾンジャパンとその関連企業を装った架空請求が多発しているとして、消費者庁が注意を呼びかけている。(2017/11/14)

東武動物公園、グレープくんの銅像設立寄付について注意喚起
寄付を募るサイトに注意。(2017/11/12)

「人身事故による損害賠償」を利用した特殊詐欺について東急グループが注意喚起
東急は公式Twitterで「この東急の駅員を名乗る人物は東急と一切関係なく、詐欺行為の一種と考えられる」とコメント。(2017/11/12)

稲垣吾郎、誤って位置情報をオンにしたままツイート 香取慎吾「吾郎ちゃんどした?大丈夫か?」
ファンからの迅速な注意喚起により、位置情報は既に削除されております。よかった。(2017/11/12)

Togetter、「悪質広告」の報告が寄せられているとして注意喚起、情報提供を呼びかけ
すごい迷惑なやつ。(2017/11/8)

佐川急便かたるウイルスメール 警視庁など注意喚起
「[佐川急便] 請求内容確定のご案内」という件名の不審なメールが出回っていると、警視庁と佐川急便が注意喚起。(2017/11/7)

「瞬間接着剤は布や紙に染み込むと発熱。火傷することも」 セメダインが注意喚起
化学変化が原因です。(2017/10/31)

「写真投稿で簡単に稼げる」とうたう「カシャカシャビジネス」に消費者庁が注意喚起
「あなたの写真が今すぐお金に替わる」などとうたい、問い合わせたユーザーに情報商材の購入を持ちかけ、多額の金銭を支払わせる「カシャカシャビジネス」について消費者庁が注意喚起した。(2017/10/31)

「写真をネットに投稿するだけで稼げる」とうたう情報商材事業者による被害増加 消費者庁が注意喚起
ネットに写真を投稿するだけで稼げるとうたって勧誘し、やがて高価な情報商材を購入するよう誘導する手口。(2017/10/30)

ICOには「高いリスク」 金融庁が注意喚起
ICOについて「高いリスクがある」と注意を喚起する文書を金融庁が公表した。(2017/10/30)

PR:注意喚起|LAC WATCH 株式会社ラックの提供する「注意喚起」に関する記事



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。