ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カード型」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カード型」に関する情報が集まったページです。

モバイル決済、利用シーントップはコンビニ 66.6%が「キャッシュレス化に賛成」
MMD研究所が「2018年5月 モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」の結果を発表した。カードタイプで利用している電子マネーのトップは都会が「交通系」、地方が「WAON」で、利用シーンは都会・地方共にコンビニがトップだった。(2018/6/13)

AI・人工知能EXPO:
名刺サイズのAndroidデバイスでIoT活用「スマホでもゲートウェイでもない」
ビッグローブは、「第2回 AI・人工知能 EXPO」において、名刺サイズのAndroidデバイスを披露した。IoTのエッジデバイスに最適としており、スマートフォンのようにIoTデバイスとして不要なアプリを持たない一方で、LinuxベースのIoTゲートウェイと比べてアプリ開発が容易だという。(2018/4/10)

阪急電鉄、阪神電鉄ら4社「レールウェイカード」を廃止 ICOCAを導入、2019年春から
磁気カード型のレールウェイカード。改札機利用も2019年秋に終了。(2018/3/29)

SIMカード型MVNOの1位は「楽天」――総務省が2017年度第3四半期のシェアデータを公表
総務省が2017年度第3四半期(2017年12月末)における電気通信サービスの契約数及びシェアに関するデータを公表。楽天がSIMカード型MVNOサービスのシェアでトップに立ったことが判明した。(2018/3/16)

NEC、業界最小をうたった名刺サイズの小型LTEモバイルルーター「Aterm MP01LN」など2製品
NECプラットフォームズは、SIMロックフリー仕様の小型LTEモバイルルーター「Aterm MP01LN」を発売する。(2018/2/1)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
販売数1万台を突破 カード型ケータイ「NichePhone-S」はなぜ売れたのか?
クラウドファンディングを経て、一般発売した「NichePhone-S」。機能をそぎ落としてほぼ通話に特化したことで、カード型のサイズを実現。既に販売台数は1万を突破。なぜシンプルなケータイがここまでヒットしたのか?(2017/12/22)

実用にはどう? カードサイズのSIMフリーケータイ「NichePhone-S」を試す(後編)
クラウドファンディングによる先行販売を経て、家電量販店などでも販売が始まった「NichePhone-S(ニッチフォンS)」。カードサイズのケータイは「実用的」なのか、実際に使って確かめてみよう。(2017/11/26)

どれくらい小さい? カードサイズのSIMフリーケータイ「NichePhone-S」を試す(前編)
クラウドファンディングによる先行販売を経て、家電量販店などでも販売が始まった「NichePhone-S」。どれくらい小さいのか、チェックしてみよう。(2017/11/23)

国内最小・最軽量! お財布に入るカードサイズのSIMフリー携帯電話「NichePhone-S」がニッチすぎてステキ
最低限あればいい。(2017/11/8)

カードサイズのSIMフリー携帯「NichePhone-S」、11月10日に一般販売開始
薄型軽量のSIMロックフリー携帯電話「NichePhone-S」が、11月10日に一般販売される。家電量販店などで購入できる。通話やテザリングなどに機能を絞っている。(2017/11/6)

FM:
「暑い」「寒い」をこっそり申告できる、個人に寄り添う空調システム
アズビル、村田製作所、戸田建設は、「暑い」「寒い」といった体感情報を専用のカード型デバイスなどで申告できる空調システムを開発した。室内の気温と申告の内容に応じて、空調を最適に制御できるという。(2017/9/22)

にゃんとかわいい迷子札 愛猫のためのIDカード型迷子札「マイニャンバー迷子札」が登場!
かわいいだけじゃにゃいんです(2017/8/29)

10個のプリセットボタンで簡単選局、ソニーから新しい名刺サイズラジオ
(2017/7/18)

カードサイズのSIMフリー携帯電話「NichePhone-S」クラウドファンディングで先行販売
フューチャーモデルは、独自開発したSIMフリー対応の携帯電話「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」のクラウドファンディングサイトを通した先行販売を開始。厚さ6.5mm、重量38gの端末で、テザリング機能やBluetoothも利用できる。(2017/7/18)

Intel、「Galileo」「Edison」「Joule」の提供終了へ
Intelは、Raspberry Pi対抗の「Galileo」、SDカードサイズのコンピュータ「Intel Edison」、IoTモジュール「Joule」のサポートを6月16日に終了し、出荷を12月16日に終了する。(2017/6/22)

最大18コアのCore Xプロセッサー、カードサイズのコンピュートモジュールなど:
Intelが進める「2025年、800億台超のIoTデバイス」を支える新技術──COMPUTEX TAIPEI 2017発表内容まとめ
IntelがCOMPUTEX TAIPEI 2017で、最大18コアのCore Xプロセッサー、カードサイズのIoTコンピュートモジュール、3D NAND技術を採用した第2世代のデータセンター向けSSDなどを発表。基調講演のハイライトをまとめた。(2017/6/1)

ARMプロセッサを搭載:
96Boards仕様に準拠、名刺サイズのCPUボード
富士通エレクトロニクスは、Linaroの「96Boards」仕様に準拠した、名刺サイズのCPUボード「F-Cue(エフキュウ)」を開発した。(2016/10/27)

ラピスセミコンダクタ Lazurite Mini:
乾電池3本で10年動作、SDカードサイズの無線搭載マイコンボード
ラピスセミコンダクタはSDカードサイズの超小型マイコンボード「Lazurite Mini」を販売開始する。徹底した省電力化により、単三形乾電池3本で10年以上の動作が可能だ。(2016/10/11)

ドコモの「ポータブルSIM」技術を活用:
4枚のSIMカードをリモートで切り替え――Cerevoが「SIM CHANGERデルタ」発表
Cerevoが、4枚のSIMカードを切り替えられる「SIM CHANGERデルタ」を発表。ドコモの「ポータブルSIM」技術を活用しており、スマホにはSIMカード型のBluetoothデバイスを挿入する。クラウドファンディングで限定200台を1万円で販売し、2017年3月の発売を目指す。(2016/8/2)

富士フイルム、スマホ写真を10秒で印刷する“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」発売
富士フイルムは、スマホで撮影した写真をカードサイズで印刷できるプリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」を7月に発売する。画質が向上し、印刷時間も短縮した。(2016/6/27)

MEDTEC Japan 2016:
TDKが電磁誘導式ワイヤレス給電に新手法、コイルの位置合わせ不要で複数対応可
TDKは、「MEDTEC Japan 2016」において、小型機器やカード型デバイスに最適な、電磁誘導方式のワイヤレス給電技術を披露。電磁誘導方式の課題だった、送電コイルと受電コイルの正確な位置合わせが不要であり、同時に複数台の機器へのワイヤレス給電も可能だという。(2016/4/21)

IIJ、SIMカードサイズ変更・交換・再発行手数料の1000円割引キャンペーンを実施
IIJは、3月30日からモバイルデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のSIMカードのサイズ変更、交換、再発行にかかる手数料の1000円割引キャンペーンを実施する。(2016/3/24)

専門知識不要でスマートフォン専用サイトを制作:
店舗アプリ制作支援ツール「AppGoose」にスマートフォンサイト簡単作成機能
スターティアラボは2016年2月3日、カード型のスマートフォンサイトを専門知識なく作成できる制作支援ツール「creca」の提供を開始した。(2016/2/4)

人生最悪の時を乗り越えて:
“名刺サイズスパコン”「Parallella Board」を作った男の話
“名刺サイズスパコン”こと「Parallella Board」のテクニカルカンファレンスが開催され、開発者のアンドレアス・オロフソン氏が来日した。5時間にも及んだ濃厚なイベントを紹介する。(2015/6/4)

ソニーの“山ラジオ”が進化――FM補完放送に対応した「ICF-R354M」発売
ソニーは、登山に適した名刺サイズのAM/FMラジオ「ICF-R354M」を発表した。山の名前から受信しやすい放送局を簡単に選局できる「山エリアコール」対応。(2015/5/21)

ゲームボーイ文化がよみがえる? クレジットカードサイズのゲーム機「Arduboy」誕生
ゲームはすべて無料で、ユーザーも作成・公開が可能。(2015/5/13)

組み込み開発ニュース:
“名刺サイズスパコン”「Parallella board」ユーザーイベントが開催
16コアの演算アクセラレータを搭載し、高速な並列処理プログラミングも行える“名刺サイズスパコン”「Parallella board」ユーザーイベントが開催。開発者も来日する。(2015/5/8)

任天堂がamiiboの新作を発表! ヨッシーの編みぐるみがamiiboに!?
カード型のamiiboも出るよ!(2015/4/2)

Google検索でカクテルの作り方カード表示
英語版Googleで「how to make Bloody Mary(ブラッディマリーの作り方)」などと検索すると、カクテルのレシピがカード形式で表示されるようになった。(2015/3/6)

名刺サイズコンピュータの新モデル「Raspberry Pi 2」登場 クアッドコア・メモリ1Gバイトで6倍超に高速化
名刺サイズの超小型コンピュータの新モデル「Raspberry Pi 2」が発売された。価格は従来品から据え置きで、6倍超の高速化を実現したという。(2015/2/2)

2015 CES:
Samsung、ほぼ名刺サイズの1TバイトSSD「Portable SSD T1」
Samsungが、名刺より少し小さい(厚さは9.2ミリ)ポータブルSSDを発表した。250Gバイト/500Gバイト/1Tバイトの3種類で価格は179.99ドルから。(2015/1/6)

名刺サイズに32GFLOPS スーパーコンピュータボード「Parallella」国内発売
名刺サイズのスーパーコンピュータボード「Parallella board」をアールエスコンポーネンツが国内販売。(2014/11/10)

組み込み開発ニュース:
アールエスコンポーネンツ、“名刺サイズスパコン”「Parallella board」発売
アールエスコンポーネンツは米Adapteva製ボードコンピュータ「Parallella board」の販売を開始した。16コアの演算アクセラレータを搭載し、高速な並列処理プログラミングも行える。(2014/11/10)

アールエスコンポーネンツ、名刺サイズのスパコンボード「Parallella board」の国内取り扱いを開始
アールエスコンポーネンツは、米Adapteva製となる超小型スパコンボード「Parallella board」の取り扱い開始を発表した。(2014/11/10)

さらにスリムに:
ソニー、胸ポケットにちょうどいいスティック型ICレコーダー「ICD-TX650」
ソニーは、スタイリッシュなICレコーダー「ICD-TX650」を10月に発売する。従来機は“カード型デザイン”だったが、今回は細身のスティック型になった。(2014/9/24)

TECHNO-FRONTIER 2014:
カード型ワイヤレスキーが可能に! 薄さ0.32mmのLF帯アンテナ――東光
東光は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、自動車のスマートエントリーシステムで使用されるLF(長波)帯のアンテナとして薄さ0.32mmを実現した超薄型無指向アンテナを公開した。(2014/7/29)

半径300メートルのIT:
これも立派なパスワード管理――「ミルパス」を使ってみた
かつて流行した住所録付きカード型電卓のような不思議なパスワードマネージャーを使ってみました。いまどきに逆行して「ネットワークに接続できない」のが特徴です。(2014/7/28)

画像センシング展2014:
名刺サイズながらPCレスの画像認識システムを実現――ルネサス子会社
ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テスト ソリューションズは、画像認識ソリューションとして名刺サイズの小型画像認識ボードや画像認識ユニット、ソフトウェア開発環境などを「画像センシング展2014」で展示した。(2014/6/12)

組み込み開発ニュース:
クラウドファンディングから生まれた、名刺サイズのマルチ計測ボード
アールエスコンポーネンツは、スロベニアの計測機器ベンチャー企業レッドピタヤと独占販売代理店契約を締結し、2014年4月28日より、名刺サイズの低価格マルチ計測ボード「Red Pitaya」の販売を開始する。(2014/4/24)

実はAPIが公開されている!:
PR:FlashAirはSDカードサイズの超小型Webサーバだ
無線LAN機能を搭載したSDメモリカード「FlashAir」。写真の共有に便利なSDカードというイメージが強いが、実はAPIが公開され、さまざまなカスタマイズが可能だ。既にFlashAirが持つ「SDHCカード」「無線LANアクセスポイント」「Webサーバ」という3つの機能を生かした機器が市販されている。ここでは、さまざまなFlashAirの使い方や応用例を紹介していく。(2014/4/24)

「テトリスが遊べる名刺」が誕生 カード型のゲームボーイみたいでかっこいい
もらいたい。(2014/3/5)

「他人のブログを拝見 充実した休日が妬ましい」 カードになった「大人向け」人生ゲームはちょっぴりビター
人生ゲームがカードタイプに。イベント内容は「ムカつく上司の肩に鳥のフンが落ちた!」など大人が笑える毒気あるもの。(2013/12/29)

3000円でおつりが:
「Raspberry Pi」が暗視カメラに!――赤外線カメラモジュール「Pi NoIR」登場
アールエスコンポーネンツは、ARMプロセッサ搭載の名刺サイズPC「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」用の赤外線カメラモジュール「Pi NoIR(パイ ノイア)」の販売開始を発表した。(2013/10/29)

アイ・オー、Android端末で使える名刺サイズのポータブルSSD
アイ・オー・データ機器は、Android端末への接続に対応したUSB 3.0外付け型のポータブルSSD「SSDP-ST」シリーズを発表した。(2013/9/18)

パナソニック、名刺サイズの小型プロジェクター「LF-PJ525H」用の折りたたみ式23型スクリーンを発売
パナソニックは、同社製の超小型モバイルプロジェクター「LF-PJ525H」用のオプションとなる23型モバイルスクリーンを発売した。(2013/7/29)

サンコー、容量2200mAhで名刺サイズの「ごくうすバッテリー 7.5mm」を発売
サンコーから、USBコネクタと同じ厚さ7.5ミリの「ごくうすバッテリー 7.5mm」が登場。名刺サイズのボディに容量2200mAhのバッテリーと4Gバイトの内蔵メモリーを備える。(2013/7/26)

他社スマホもPHSで通話を「だれとでも定額」に ウィルコムからカードサイズのPHSアダプター
他社のAndroidスマートフォンの音声通話をウィルコム回線経由にできるPHSアダプター「だれとでも定額パス」が登場。月額1470円で、他社スマホも「だれとでも定額」化できる。(2013/7/4)

2013年夏モデル:
だれのスマートフォンでも定額なのだ──ウィルコム、カードサイズ「だれとでも定額パス」
ウィルコムは、ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンでだれとでも定額が利用できるカード型アダプター「だれとでも定額パス」を発表した。(2013/7/4)

RSコンポーネンツ BeagleBone Black:
Raspberry Piよりちょっと高性能!? な名刺サイズPC「BeagleBone Black」
アールエスコンポーネンツが、名刺サイズのLinuxシングルボードコンピュータ「BeagleBone Black」の販売を同社オンラインサイトで開始。ARM Cortex A8プロセッサ(800MHz)や高い拡張性、Androidサポートなどが特徴。(2013/6/28)

ヒビノ、iBassoのカードサイズ“ポタアン”「D zero-SE」を発売
ヒビノインターサウンドは、iBasso AudioのUSB-DAC付きヘッドフォンアンプ「D zero-SE」を6月28日に発売する。(2013/6/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。