ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「センター試験」最新記事一覧

12月4日は「ごちうさ」チノちゃんの誕生日 公式はティッピーケーキで祝福、ニコ動の第1話は“お前らの愛で見えない”状態に
2日前の12月2日は中の人・水瀬いのりさんの誕生日でした。(2016/12/4)

ロボットは東大に入れるか:
難関私大も「A判定」 受験AI「東ロボくん」の実力
国立情報学研究所が定例報告会を実施し、「東ロボくん」が受験した模試の結果を発表。(2016/11/17)

人工知能「東ロボくん」、自動求解により東大模試数学で偏差値76.2を記録
自動求解などの技術開発で、東大入試模試の数学、センター試験模試の物理とも偏差値を大幅に向上した。(2016/11/15)

「ロボットは東大に入れるか」成果報告会(1):
“東大断念”も「近未来AIとしての結果に驚き」──人工頭脳「東ロボくん」、今年は535大学が合格圏内に
大学入試問題でAIの進化を測る「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトが2016年の成果を報告。昨年を大きく上回る成績を記録したという。(2016/11/14)

勝てる受験生ほぼいないじゃないですか! AI「東ロボくん」が東大模試の数学で偏差値76.2を記録
問題文、数式の理解力などが向上し、偏差値が40台から飛躍的に上昇。(2016/11/14)

マークシート式の試験に運だけで挑戦! 「鉛筆ころがし」でキセキは起こせるのか検証してみた - PR
俺は「鉛筆ころがし」の力を信じる。(2016/9/30)

全寮制で“缶詰め”状態 東大受験専門「N塾」の狙いは──カドカワ川上社長に聞く
カドカワの通信制高校「N高」と連携する、東大受験に特化した全寮制の個別指導塾「N塾」が4月に開校。「入塾者数は?」「本当に成績は上がっているのか」――川上社長に聞いた。(2016/9/23)

リクルートの「スタディサプリ」、夏期講習のライブ配信を期間限定で実施――1コース4980円(税別)から
リクルートマーケティングパートナーズが提供する「スタディサプリ」で、夏期講習のライブ配信を実施。利用料金は1コース4980円(税別)から。(2016/7/13)

教育に人工知能、導入の“壁” AIには「絶望的に難しい」科目も 
教育分野へのAI導入が進んでいる。だが、AIには「絶望的に難しい」科目もあるという。(2016/6/9)

人工知能「りんな」は「かわいいから頑張れ」と応援してくれた
日本マイクロソフトが提供する人工知能「りんな」は、おしゃべり相手の女子高校生だ。少し元気が回復し「がんばる!」と送ると、「かわいいから頑張れと応援する」と返ってきた。(2016/6/8)

Weekly Access Top10:
人工知能が採点する世界
高校生の時、職員室から聞こえた悲鳴を思い出しました。(2016/3/7)

闘会議 2016:
センター試験第2ラウンドや! 「ゲームのセンター試験」で学生時代の気持ちを思い出せた
“ゲーム学力”とは一体。(2016/1/30)

センター試験の国語評論問題に「やおい」が注釈付きで登場 受験生じゃない人たちもざわざわ
さまざまな意見があるようです。(2016/1/16)

「バルス」歓迎? Twitter公式も「ぜひお楽しみください」 「もしかするとサーバ遅くなるかも」
15日夜の「天空の城ラピュタ」放映(日本テレビ系)に合わせ、Twitter日本版の公式アカウントは「ぜひTwitterを片手にお楽しみください」と歓迎している。(2016/1/15)

“連続ドラマ”感覚で英語を楽しめる――スマホで学べる「英語サプリ」の秘密
リクルートマーケティングパートナーズが英語学習アプリ「英語サプリ」の配信を10月末に開始。「話す」と「聞く」を重点に、ストーリーのある学習コース、ゲーム的な演出などひと味違った英語学習アプリだ。担当者にアプリ開発の舞台裏を聞いた。(2016/1/14)

性的表現含む漢字問題集、駿台文庫が新規の出荷停止と自主回収を決定
「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる」といった例文を掲載していた。(2016/1/13)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
2016年は日系製造業の“夏休み”か!?
頑張れ! 受験生!!(2016/1/12)

Meet Recruit:
情報処理力から情報編集力へ 「東京都で義務教育初の民間校長」を務めた藤原和博が語る、教育環境のパラダイムシフト
18年間勤務したリクルートを退社し、義務教育初となる民間人の中学校校長になった経歴を持つ藤原和博氏。現在は教育改革実践家として、自らが提唱する正解がない答えに向き合うための教育を軸とした「よのなか科」を、講義、著書、『受験サプリ』などで発信。リアルな教育現場を知る藤原さんに、日本の教育環境の変化や今後求められる教育の在り方について伺った。(2015/12/25)

マイクラで作った「俺たちの新国立競技場」、フード販売に薬草やポーション 「闘会議2016」の詳細発表
ゲームイベント「闘会議2016」の各エリアの詳細や協賛企業企画などが発表されました。(2015/12/16)

人工知能「東ロボくん」、センター試験模試で「偏差値57.8」 数学と世界史は偏差値60超え
東大合格を目指す人工知能「東ロボ」くんが、大学入試センター試験模試で偏差値57.8を記録。数学と世界史の計3科目を偏差値60を超える好成績を収めた。(2015/11/16)

「ロボットは東大に入れるか」 2021年の東大合格を目指す人工知能「東ロボ」がセンター試験模試で偏差値57.8の好成績
得意科目・苦手科目もしっかりあるようです。(2015/11/15)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:生徒の「分かった!」の瞬間が見えるITツールとは?
アクティブラーニングに取り組む静岡県立韮山高等学校の鈴木映司教諭が、授業中に「鳥肌が立った」という体験とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/10/7)

CEDEC 2015まとめ:
バンナム、スクエニ、東ロボ、MS――人工知能や機械学習はゲーム開発者に何をもたらすのか
8月26日に開催されたゲーム開発者向けイベントの中から、バンナム、スクエニ、東ロボ、MSなどによる人工知能や機械学習、データ解析における取り組みについての講演内容をまとめてお伝えする。(2015/9/29)

外国人観光客も増えてますし:
いつでもどこでも英会話、カシオからポケットサイズの学習ツール「joy study」登場
カシオ計算機は、英会話のデジタル学習ツール「joy study」を発売する。通勤や移動時間などちょっとした空き時間に英会話を繰り返し聞くことで各種フレーズを学習できるという。(2015/7/30)

応援メッセージつきだと!? 声優・雨宮 天さんが朗読を担当する「センター試験にでる順英単語」発売
天ちゃーん!(2015/2/21)

R25スマホ情報局:
スマホカンニングの攻防がこんな発展を!?
スマホが普及し、メガネ・時計のウェアラブル端末も販売されている昨今。こうしたデバイスが大学入試のカンニングに悪用される可能性が高くなっています。大学側がどう対処しているのか、調べてみました。(2015/2/13)

「大学入試」に悩むのは受験生よりも大学教授?
大学教授が奔走する、意外な大学受験の裏側をのぞいてみましょう。(2015/2/3)

中堅私立高校が進学校に大変身した“体育会系”学校改革の全貌
登校拒否の生徒を克服させた先生の熱意とは。(2015/1/20)

センター試験国語に「クソリプ」問題出題で反響 → 著者「このままだとクソリプの本てことになっちゃう(泣笑)」
「クソリプ」「パクツイ」が主題の本、というわけではなかったようで……。(2015/1/18)

センター試験の国語に「クソリプ」「パクツイ」問題 著者「俺が正解できるのか」
Twitterしない人もいるんですよ?(2015/1/17)

「センター試験」廃止を中央教育審議会が答申
後継は「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」。(2014/12/22)

3Dプリンタの意外な使い道:
現役東大生が、光り輝くフィギュアお守りに――東大受験はこれで決まり?
東大を受験する人向けに、赤門前の「法真寺」が一味違うお守りを打ち出した。現役東大生をモデルにし、3Dプリンタでフィギュア化した黄金に光り輝くお守りだ。(2014/12/15)

覚悟はいいか? オレはできてる 全国からジョジョラーたちが集う謎のイベント「ジョジョリンピック」とは
実は今回でもう8回目。(2014/12/7)

入試採点の効率化とペーパーレス化を実現
iPadで入試採点をより早く、正確に――洗足学園のタブレット活用術
米Appleのタブレット「iPad」を入学試験の効率化に生かすのが、洗足学園音楽大学などを運営する洗足学園だ。iPad活用の実態や導入効果について、同学園の担当者に聞いた。(2014/11/20)

人工頭脳「東ロボくん」、センター模試英語で「偏差値50.5」 国公立4校でA判定
人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」で、人工知能「東ロボくん」が代ゼミセンター模試に挑戦したところ、英語で偏差値50.5と平均を超え、全体成績では国公立4校6学部でA判定だったという。(2014/10/30)

累計300万部突破の『きめる!センター』シリーズ――全教科にWebアプリを付属
センター試験対策書『きめる!センター』シリーズに、書籍とデジタルコンテンツを融合させる「ハイブリッドブック」が採用。学習をサポートするWebアプリが付属する。(2014/6/25)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
月980円のオンライン予備校「受験サプリ」は、どのようして生まれたのか
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。本連載は、その変化を象徴するキーワードをテーマに、第一線で働く現役社員に聞く。「新規事業」の第3回前編に引き続き、後編をお届けする。(2014/4/25)

伝説の「センター忘れコピペ」本人が2chに10年ぶり降臨か 当時の心境明かす
明日じゃない! 今日! 今日! っていうアレです。(2014/1/21)

センター試験受験者を応援 東大の赤門前から定点生中継(2日目)
大学入試センター試験の当日に試験会場の1つである東京大学の赤門前からニコニコニュースが定点生中継する。配信は1月19日8時30分〜。(2014/1/16)

センター試験受験者を応援 東大の赤門前から定点生中継(1日目)
大学入試センター試験の当日に試験会場の1つである東京大学の赤門前からニコニコニュースが定点生中継する。配信は1月18日8時30分〜。(2014/1/16)

センター試験解いてみた! ひろゆき氏ら有識者が挑戦(2日目)
「有識者たちはセンター試験を突破できるのか?」――大学入試センター試験に各分野の有識者が挑戦する。解答者は西村博之さん、税理士の山田真哉さんなど。配信は1月19日17時0分〜。(2014/1/16)

センター試験解いてみた! 堀江貴文さんら有識者が挑戦(1日目)
「有識者たちはセンター試験を突破できるのか?」――大学入試センター試験に各分野の有識者が挑戦する。解答者は堀江貴文さん、弁護士のよこくめ勝仁さん、書評家の大森望さん、認知科学者の苫米地英人さん。配信は1月18日19時0分〜。(2014/1/16)

ニコニコ生放送で「センター試験特番」放送決定 ホリエモンやひろゆきによる「センター試験解いてみた」も
東大赤門前からの定点中継も。(2014/1/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/14)

学研電子ストアで、入試に役立つマンガ参考書シリーズ半額セール
学研電子ストアで、私大・センター試験にも対応した「新マンガゼミナールシリーズ」が半額になる「入試直前!受験生応援セール!」スタート。(2013/12/27)

人工頭脳「東ロボくん」、代ゼミ東大模試に挑戦 結果は“偏差値60”
人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」が開発を進めている「東ロボくん」が代ゼミ模試に挑戦し、「偏差値約60」という結果を出した。(2013/11/25)

「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
高額な受験予備校に疑問を持ち、完全無料の受験動画サイトを作った東大生がいる。利用者は月5万人。運営費用はほとんど自腹。「教育の地域格差、経済格差を解消したい」という。(2013/11/22)

世界王者・木原直哉氏の生き方:
プロのポーカープレイヤーって何? 優勝賞金5000万円を手にした男に聞く
2012年の世界大会で優勝賞金5000万円を獲得した、プロ・ポーカープレイヤーの木原直哉氏。東大卒のキャリアでポーカーを生業とする道を選んだ木原氏は、どのような思いでポーカーと向き合っているのだろうか。(2013/10/18)

ブックモールのiPhone向け学習アプリに河合出版の学習参考書が登場
ブックモールジャパンが手がけるiPhone向け学習アプリブランド「学参ドットコム」に、河合出版の『センター試験英語第2問 出題形式別問題集[文法・語法、対話文完成、語句整序]』が登場。発売記念キャンペーンも実施する。(2013/6/24)

カンニングも私語もOK カヤックが新卒採用で「面白センター試験」実施
「面白センター試験」は試験形式の会社説明会。ネットで検索しても、助っ人を連れてきてもいい。(2013/3/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。