ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チャットボット」最新記事一覧

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期アップデートは「AirDrop」のような共有機能を追加
2018年3月ごろに配信される予定のWindows 10次期大型アップデート「Redstone 4」。その開発プレビュー版では、興味深い新機能や機能強化が増えつつある。(2017/11/15)

「今後はすさまじい伸び」 国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込み──IDC調べ
IDC Japanが、国内のAI(人工知能)市場予測を発表。2021年には2501億900万円まで成長する見込みという。(2017/11/15)

PR:「4万6200時間分の仕事を150時間で」──AIはビジネス活用の検討段階ではなく“実用段階”に入っている
(2017/11/17)

システムと組織の両面で改革:
カードの不正利用もAIで暴く――JCBのデータ活用、その裏で活躍する分析チームの姿
国産クレジットカードの草分け的存在であるJCB。最近では、カードの不正利用検知にAIを利用するなど、データ活用を進めている。膨大なデータを保有するクレジットカードをビジネスに役立てるため、システムと組織の両面で改革を進めているのだという。(2017/11/13)

UCaaSは群雄割拠の時代
SlackやAlexaとの統合も常識に ビジネスコミュニケーションツールの次の一手は
ユニファイドコミュニケーションツールの先進的なベンダーは利用の広がる「Slack」などのビジネスチャットツールや、音声認識技術との統合に乗り出している。(2017/11/13)

DXの課題抽出から解決手段の提案、導入まで:
「Microsoft HoloLens」を活用した開発やメンテナンスも――日本マイクロソフト、三菱ふそうトラック・バスをAIやIoTで支援
日本マイクロソフトは、三菱ふそうトラック・バスのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に関して、課題の抽出から、人工知能やIoT、AR(拡張現実)といった最新技術を活用した解決手段の提案、導入までを一貫してサポートする。(2017/11/9)

少ない学習で高い正答率のAI、富士通がコンタクトセンター向け「CHORDSHIP」
富士通がAIを活用したコンタクトセンター向けソリューションを発表。事前に膨大な教師データを学習させなくても、企業が保有しているFAQなど既存データのみで高い正答率を実現できるという。(2017/11/9)

音声認識機能は今後伸びるのか:
偽のコンテンツが増加傾向に――Gartnerが考える「2018年以降に企業に待ち受ける展望」とは
Gartnerは、2018年以降にIT部門やユーザーに対して長期にわたって大きな変化を与えると同社が考える重要な展望を発表した。新たに登場する技術によって変化する未来への知見を提供する。(2017/11/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
英国気象庁はどうやって膨大なデータを処理しているのか
前例のない量のデータに対応している英天気予報サービス機関は、「怠慢な」オープンソースツールに支えられている。(2017/10/31)

「小さく始めて大きく育てる」:
JALのチャットボット「マカナちゃん」に学ぶ、AI活用の“肌感覚”
「AI Business Forum」で開催された講演に、日本航空Web販売部の岡本昂之主任が登壇。ビジネスへのAI活用を成功させるためのコツについて語った。(2017/10/30)

経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言われても」 JALがAIを“実用化”するまで
JALがAIを活用したチャットbotサービス「マカナちゃん」を開発。「そもそもAIで何ができるのか、肌感がなかった」という担当者が、サービスを実用レベルまで引き上げることができた理由は。(2017/10/28)

ポケモンのLINEアカウントが“りんなベース”のAI導入 開発に約3カ月
ポケモン社が日本マイクロソフトのAI「りんな」をベースにしたAIを導入。ポケモンと実際に話しているかのような感覚を楽しめる、チャットボットをスタートした。(2017/10/27)

0.5歩先の未来を作る医療IT
「診療所探しは検索サイトで」な時代の診療所経営に必要なIT
新規開業する診療所にとって重要な課題が「多くの患者に診療所の存在を知ってもらい、来院してもらえること」、つまり「集患」です。診療所経営において、マーケティングにITを活用するポイントとは?(2017/10/24)

IoTやbot活用型のアイデアが躍進:
テクノロジーで、社会や働く個人の課題を「素早く、シンプルに」解決するには――第3回 MVP Awardレポート
「テクノロジーで社会の課題を解決する」をテーマにしたビジネスアイデアコンテスト「第3回 MVP Award」が開催され、2点のアイデアが入賞を果たした。(2017/10/20)

ユーザーが自己解決する環境の実現が理想
本当に頼りになるヘルプデスクの作り方
ユーザーが理想とするのは問題に突き当たって助けを求める場合、すぐ仕事に戻れるよう効率的なサービスを提供するヘルプデスクだ。その実現のためにはヘルプデスク担当者だけではなくIT部門の活躍が必須となる。(2017/10/19)

ワイン初心者をフォロー:
「おススメの赤は?」 AIがメルシャンのワインを提案
国内ワインメーカーのメルシャンが同社サイトを訪れたユーザーに人工知能(AI)を使ったワインの提案サービスを始めた。(2017/10/17)

chatbotに話しかけてビジネス文書を作成 Watsonを活用した業務支援ソリューション登場
ソフトバンクは、Watsonを活用した業務支援ソリューションのラインアップに、話しかけるだけで文書を作成できる「SPALO」と、Q&Aサービス用の学習データとチャットbotの構築を支援する「AI導入エントリーパック」を追加した。(2017/10/12)

真説・人工知能に関する12の誤解(8):
人はなぜ「人工知能に自我が芽生える」と思ってしまうのか
進化した人工知能が自我を持つ――。人工知能にまつわるよくある議論の1つですが、実際に開発しているエンジニアからすれば、全く現実的な話ではありません。それでも、なぜ人は、人工知能に自我が芽生えると思ってしまうのでしょうか。(2017/10/12)

RPA市場が急伸、2020年には80億円市場に――ITR調査
アイ・ティ・アール(ITR)の調査によると、2016年度のRPA市場は前年度比4倍増の急成長。今後も継続的な伸びが見込まれ、2018年は2016年度の5倍強、2021年度には同10倍強になると予測する。(2017/10/6)

Oracle OpenWorld San Francisco 2017 Report:
AIですべてのSaaSがスマートに、先端技術が簡単に使えるOracle Cloud
Oracle OpenWorld San Franciscoは3日目を迎え、基調講演には製品開発を統括するプレジデントのクリアン氏と、総帥エリソン会長兼CTOが再びステージに上がった。(2017/10/4)

「私の一部はスタンフォード大学で開発されました」:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

コンカー、情報共有基盤にAIチャットbotを導入 年間10人分の仕事を削減へ
社内の情報共有基盤に、自然文の理解し、適切な回答を返すNTT ComのAIエンジンを活用した自動チャットを導入。間接業務の時間を短縮し、サービスと業務効率の向上を図る。(2017/10/3)

AIは先進的パートナーだ
ディープラーニング(深層学習)が人から奪う作業、人を超えない作業の違い
人工知能(AI)は既に遠い未来の技術ではなく、徐々に日常生活に浸透して来ている。仕事を奪われるといった否定的な意見も多いようだが、まずAIは何が得意か何を任せられるのかを理解しよう。(2017/10/3)

PR:格安SIM「OCN モバイル ONE」が安心できる10の理由
格安SIMに乗り換えたいけど、「通話料が高い」「店舗が少ない」「サポートが不十分」といった不安を抱いている人は多いだろう。そんな人にオススメしたいのが「OCN モバイル ONE」。その理由とは?(2017/10/3)

Microsoft Focus:
AIのカスタマイズをノンプログラミングで 「AIの民主化」を加速させるMicrosoft
“誰でも使えるAI”の提供を目指すMicrosoftが、その取り組みを加速させている。どのようなアプローチで“AIの民主化”を進めているのか。(2017/9/30)

Gartner Insights Pickup(33):
“パーベイシブBI”の目標はどこまで達成できているか
Gartnerの調査によれば、BI/アナリティクスの普及率は3割程度だ。これは「多い」といえるのだろうか、それとも「少ない」のだろうか。BI/アナリティクスは、どれだけ普及すれば十分なのだろうか。(2017/9/29)

「AIとの共存を前提とした業務プロセスの整備」など:
2018年、企業が注目すべき12のIT戦略テーマ ITRが発表
ITRがITトレンドの将来予測を行った「ITR注目トレンド2018」を公開。2018年に企業が注目しておくべきIT戦略テーマは何か。(2017/9/28)

導入期間と費用が3分の2に:
パッケージ版の「Watson」登場、拡販目指す2つの施策
日本IBMが「IBM Watson」関連ソリューションのパッケージ化を発表。各業界や業務に向けた45種類を用意しており、導入期間や費用が従来の3分の2程度になるという。営業の工数を減らして、拡販を目指す狙いもうかがえる。(2017/9/28)

想像力の欠如が可能性を閉ざす
「iPhone X」のすごさを理解できないIT幹部は職を失う?
「ARKit」「ニューラルエンジン」「Face ID」など、Appleが「iPhone X」に詰め込んだ要素は数多い。企業のCIOにとっては、それが実現する具体的な未来こそが重要だ。(2017/9/27)

0.5歩先の未来を作る医療IT
遠隔診療の診療報酬増額か 普及すればこれだけある、医療機関と患者のメリット
「遠隔診療を2018年の診療報酬改定で評価する」旨の首相発言から、診療報酬増額が実現し、遠隔診療の普及を後押しするのではと期待が集まっています。この動向は医療界にどのような変化をもたらすでしょうか。(2017/9/26)

東京ゲームショウ2017:
「電話番号教えて」「え、ケンカ番長?」 日大生が作った“ボケるAI”
私「ミンミン蝉」→ロボホン「え、進研ゼミ?」(2017/9/21)

むしろセールスフォースユーザーに適する?:
「Amazon Connect」の、コールセンターを変える「破壊力」
Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Connect」は、コールセンターをクラウド上にソフトウェアで構築できるサービスだ。最大の特徴はコールセンターの構築・運用コストの大幅な削減。だが、従来型のコールセンターシステムを、ビジネスの変化に柔軟に対応できるツールに変えたいという用途にも適している。AWSとセールスフォースの説明に基づき、このサービスをあらためて紹介する。(2017/9/20)

不要語が多くなる音声検索をサポート:
NTTレゾナント、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」に新機能「不要語の除外」を搭載
NTTレゾナントは日、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」において、新機能「不要語の除外」を提供すると発表した。(2017/9/15)

「デザインシンキング」が生み出す改革の芽:
PR:「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える
「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。(2017/9/15)

ユニクロ、チャットbotでコーディネート提案 2018年春に実用化
「ユニクロアプリ」に、チャットbotがコーディネートなどを提案してくれる機能「UNIQLO IQ」が追加。まず一部会員向けに試験提供する。(2017/9/13)

おすすめのコーディネートやトレンドワードをユーザーにお知らせ:
ユニクロ、AIコンシェルジュ「UNIQLO IQ」の試験運用を開始
ユニクロは、おすすめのコーディネートやトレンドワードをユーザーにお知らせするAIコンシェルジュ「UNIQLO IQ」の試験運用を開始すると発表した。(2017/9/13)

“低コストで良質な睡眠体験を”──常識破りのマットレス・ベンチャー「Casper」
従来的なマットレスの販売手法にITでメスを入れた、米国のベンチャー企業を紹介する。(2017/9/9)

真説・人工知能に関する12の誤解(6):
人工知能は暴走する、ただしそれは“人の手”によって
人間を超えた知能を得た人工知能が暴走し、人間が支配される――。第3次人工知能ブームの初期のころは、そんなSFのような話がよく聞かれましたが、最近では少なくなってきました。むしろ、人工知能で問題とすべきリスクは別のところにあります。(2017/9/7)

賢く使用してビジネス価値を享受する
チャットbot導入で浮上する「顧客サポート不要論」は真実ではない?
企業のチャットbotへの投資は十分な効果をもたらすが、それでも顧客サービス部門は複雑な問題に対処し、顧客の言葉に共感し魅力的な意見を提供するために担当者を置き続ける必要がある。(2017/9/7)

製造マネジメントニュース:
デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」トップ10
ガートナージャパンは、デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」のトップ10を発表した。1位は機械学習(ML)/人工知能(AI)で、2位に仮想パーソナルアシスタント(VPA)、3位に拡張現実(AR)/仮想現実(VR)を挙げた。(2017/9/4)

TechFactory通信 編集後記:
「表現AI」が接客ロボットの“違和感”を解消する?
より生き生きと人間に語りかけるロボットの開発へ。(2017/9/2)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがメアド「ezweb.ne.jp」を「au.com」にチェンジ――「今さら」ではなく、次の秘策に向けた布石か
auのキャリアメールのドメインが2018年4月の新規取得分から「au.com」に変更される。「今さらメールなんて使わない」という冷めた見方もあるが、この変更は予想以上に大きな意味を持っている可能性がある。(2017/9/1)

「不確実性」に備えることが成功の鍵
「コンピュータは絶対正しい」という“勘違い”がAI活用を失敗させる
人工知能(AI)技術に関する誇大広告が世にあふれている。AI技術の真の可能性を生かしたいのなら、できること、できないことを正しく理解することが大切だ。(2017/8/29)

人工知能ニュース:
人間に合わせて最適な返答とジェスチャーを行う「表現AI」の開発に着手
大日本印刷と電気通信大学は、AIが人間の言葉や表情、ジェスチャーに合わせて、自動的にその返答とジェスチャーを生成する「表現AI」の研究を共同で開始した。2017年度中にプロトタイプを開発する予定だ。(2017/8/28)

ML、AI、VPA、AR……:
どの技術がビジネスに有効か Gartnerが「投資を検討すべき」と提言するパーソナルテクノロジートップ10
Gartnerが「今後のビジネスを支援するパーソナルテクノロジー トップ10」を発表。AIや仮想パーソナルアシスタント、AR、3Dプリンティング、ワイヤレス給電などが挙げられた。(2017/8/25)

認識系API活用入門(終):
学習させることで、どんどん賢くなっていくLUISをbotサービスで活用するには
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。最終回となる今回は、LUIS(Language Understanding Intelligent Service)とMicrosoft Bot Frameworkを組み合わせてbotサービスを作成します。(2017/8/22)

厳重なデータ保護管理は今後必須に
なぜ、チャットbotは金融や医療業界に普及していないのか
チャットbotは、マーケティングや会話型コマースを手始めにターゲット業界を拡大中だ。ただ、金融や医療など、重要な個人情報を扱う業界ではセキュリティ面で高いハードルに直面している。(2017/8/22)

「会話型」AIサービス拡大、求人やごみ分別案内 人間同士のような自然な会話
人工知能を活用し、文字を使って自然に“会話”するプログラム「AIチャットボット」を使ったサービスが広がっている。(2017/8/21)

「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性も
iPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳
Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。(2017/8/21)

AIで複雑化するサイバー攻撃、対抗できるのもまたAIか、それとも人か
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。複雑化するサイバー攻撃の現状、AI(人工知能)/機械学習、自動化、データ、人や組織体制に関するセッションを中心にレポートする。(2017/8/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。