ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「越境EC」最新記事一覧

中国のベビーマタニティ市場開拓へ:
アリババグループのTmallがデジタルマーケティング推進に向けて大王製紙、ピジョンと提携
アリババグループのEC部門であるTmallは、大王製紙およびピジョンと戦略提携意向書を締結した。(2017/12/8)

プロモーション費用のみで集客、販売、CS対応、物流までサポート:
越境ECへのトライアルを可能にする新サービス、ホットリンク子会社が開始
トレンドExpressは、プロモーション費用のみで中国越境EC出品における集客、販売、CS対応、物流まで全てをトータルサポートする新サービス「トレンドEKKYO」を開始した。(2017/12/7)

越境ECのキモはコンテンツ:
中国人の心をつかむクリエイティブとは? インフルエンサー「山下くん」の仕掛け人が語る
越境ECはビジネスの成長に向けた重要課題。中国市場に食い込むためのヒントをコンテンツの視点から探る。(2017/12/1)

Inagoraと資本・業務提携:
KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagoraと資本・業務提携したと発表した。(2017/11/22)

DHL、香港ハブ拡張へ444億円 越境EC活発、アジア貨物需要に対応
アジア域内は越境ECの急拡大で国際宅配便事業の需要が伸びていることから投資を決めた。(2017/11/15)

中小企業のマーケティングツールに:
Facebookが注目する「中小企業」と「地方」
Facebook日本法人が国内の戦略を発表。個人向けサービスのイメージが強いFacebookだが、「企業のビジネス成長のベストパートナーになる」ことを目指す。カギとなるのが「中小企業」と「地方」だ。(2017/9/15)

海外店舗事業は撤退が続くが……:
伸び悩むヴィレヴァン、越境ECに注力 tensoと提携
「遊べる本屋」をコンセプトに独自路線で成長してきた書店「ヴィレッジヴァンガード」が、tensoと業務提携し越境ECに力を入れる。国内は売り上げが伸び悩み、海外展開では撤退が続いていた。(2017/8/3)

小売・流通アナリストの視点:
日本の百貨店はまた同じ道をたどるのか?
インバウンド消費によって支えられている日本の百貨店だが、この恩恵が未来永劫続く保証はない。客離れという本質的な問題にメスを入れ、大変革を遂げるのは今しかないのではなかろうか。(2017/7/20)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

海外本格展開:
カルビー、越境ECで「フルグラ」の販売開始へ
カルビーがAlibaba(アリババ)と組み、越境ECサイト「天猫国際」で「フルグラ」の販売を開始する。(2017/5/25)

【連載】よく分かる越境EC 第2回:
中国向けビジネスはいつも想像の斜め上を行く――越境ECを阻む「3つの壁」について
大きな潜在需要が見込める一方、リスクも少なくない中国向けビジネス。今回は、日本企業が直面しがちな3つの課題について考察する。(2017/5/23)

映像業界で人材不足:
FlashアニメのDLEが赤字転落 希望退職を実施
Flashアニメ制作事業などを展開するDLEが赤字に転落する。(2017/5/15)

主要ECモールへの出店支援:
イー・エージェンシー、ASEAN向け越境EC支援サービスを提供
イー・エージェンシーは2017年5月8日、ASEAN各国の関連会社とともにEC事業者向けの現地主要ECモール出店支援サービス「中国・ASEAN EC DESK」の提供を開始したと発表した。(2017/5/8)

越境ECでは、中国の購入先1位が日本:
EC市場、日本は米国と中国に続き3位──PayPal調査
PayPalは、オンラインショッピングおよび越境ECに関する消費者の行動と意識について調査した「越境ECグローバル調査」レポートを公開した。(2017/3/23)

国内EC運営者の海外展開の意向に関する調査結果:
国内EC運営者の67.2%は越境EC出店の意向、イーベイ・ジャパンが調査
イーベイ・ジャパンが「国内のEC出店者におけるECの海外展開(越境EC)意向」に関する調査を実施。その結果を発表した。(2017/3/8)

化粧品や生活雑貨を中心に需要が拡大:
日本からの中国向け越境ECは1兆円市場に――富士経済が調査結果を発表
富士経済は、中国のEC市場、中でも伸びが著しい中国向け越境ECを中心に調査を実施。その結果を報告書「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」にまとめた。(2017/2/13)

中国コンシューマー向け直販モデルを確立:
Inagora、中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主」で鯖江眼鏡の販売を開始
Inagoraは2016年12月27日、同社の中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で「鯖江眼鏡」の販売を開始したと発表した。(2016/12/27)

【連載】よく分かる越境EC 第1回:
中国向け越境ECはなぜ「乗るしかないビッグウェーブ」なのか、3つのキーワードで考察する
良質な日本製商品を中国市場へ。今、中国向け越境ECがかつてないほど注目されている。その背景にある中国国内の事情から求められる商品のトレンド、越境EC参入のポイントまで、専門家が解説する。(2017/1/10)

老舗×ソーシャルギフト:
嘉永2年創業 山本海苔店が取り組む「若者のお歳暮離れ」対策としてのO2Oマーケティング
江戸時代から続く老舗海苔店が、スマートフォンで手軽に贈りものができるソーシャルギフトサービスを導入。その背景にある市場の変化と今後の展望について聞いた。(2016/12/21)

日本企業の越境ECを支援:
マイクロアド子会社が中国「Youku」と提携、KOLを起用した動画プロモーションを開始
マイクロアド・クロスボーダー・マーケティングは中国動画共有サイト「Youku」と業務提携契約を締結すると決定。中国トップクラスのKOLが出演する新番組 「Smart Beauty」 内で商品プロモーション支援を開始した。(2016/11/30)

日本企業と中国4億人ユーザーを結ぶ:
「越境EC2.0」へ、インアゴーラが「淘宝全球購(タオバオグローバル)」と業務提携
中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは2016年11月29日、資金調達および大型業務提携に伴う新戦略発表会を実施した。(2016/11/30)

中古ブランド品やチェキ関連商品など:
欧米向け越境EC最大の山場「サイバー5」に売れる商品とは
イーベイ・ジャパンは欧米向けの越境ECを手掛ける、もしくは検討している日本のEC事業者に向けて、2015年の「サイバー5」で人気があった商品のラインアップを公開した。(2016/11/10)

越境EC事業を拡大:
アイスタイル子会社、中国最大級のフラッシュセールサイト運営会社と戦略パートナーシップ契約を締結
istyle Chinaは、中国最大級の女性向けフラッシュセールサイト「VIP.com」を運営する唯品会と戦略パートナーシップ契約を締結した。年内をめどに3店目となる越境EC旗艦店を出店する。(2016/11/9)

リリース当日に海外消費者の購入も:
ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」をファッションブランド「KOE」の通販サイトに提供
ナビプラスは、ファッションブランド「KOE」の通販サイトに、越境ECソリューション「BuySmartJapan」を提供したと発表した。(2016/10/6)

【連載】単品通販、海を渡る 前編:
台湾で日本流ECを成功させるためにできること、するべきこと
EC事業を営む企業が海外進出を考えるとき、ファーストステップとなることが多い台湾。他の国や地域と比較した際の“地の利”、そして台湾でビジネスを円滑に進めるポイントについて解説する。(2016/10/11)

「豌豆公主」に出店:
DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディーエイチシー(DHC)と出店契約を締結し、「豌豆公主」にて商品販売を開始した。(2016/8/31)

1億6000万人以上の買い手とつながる:
「ポンパレモール」から「eBay」への出品を今秋開始、国内出品者の越境EC進出を手軽に
「ポンパレモール」を運営するリクルートライフスタイルとeBay、tensoの3社は、越境ECに関して業務提携契約を締結したと発表した。(2016/7/25)

中華圏に向けたプロモーションをサポート:
GMO TECH、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービスを提供開始
GMO TECHは、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス「AsiAD byGMO」を2016年6月21日より提供開始した。(2016/6/22)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

世界各国・地域に最適化したFacebook広告で越境ECを支援:
海外進出企業のFacebook広告ローカライズを支援、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは海外進出を行う国内企業に向けて世界各国の地域の言語や文化に最適化したFacebook広告の運用をワンストップで支援するパッケージサービスを開始したと発表した。 (2016/5/13)

週刊「調査のチカラ」:
若者の有料アプリ離れ? 「ダウンロードしない」が8割
若者のスマートフォンアプリ利用状況に企業の越境EC参入意向、今夏の気象予測と冷し中華の関係、水族館のマグロの現在まで、今週も話題てんこ盛り。(2016/4/17)

日系企業のインド国内でのEC販売を支援:
マイクロアド、インド越境ECパッケージを提供開始
マイクロアド・インディアは、インドへ進出する日系企業に向けて、インド国内でのEC販売を可能にしたマーケットプレース型のインド越境ECパッケージのサービス提供を開始した。(2016/3/17)

訪日中国人向け商品のトライアルマーケティングも可能に:
オールアバウト子会社、中国アリババ傘下のショッピングモールに出店し日本企業の越境ECをサポート
「サンプル百貨店」を運営するオールアバウトライフマーケティングは2015年11月19日、中国の消費者向けショッピングモール「Tmall Globa」に出品代行を行う越境ECサポート事業を開始した。(2015/11/20)

インバウンド・越境EC施策の効果を高める秘策
誰も見に来ない海外向けWebサイト、何が問題?
リアルのビジネスにおいてもECにおいても海外に向けた情報発信の取り組みが盛んだ。一方、案外おろそかにされがちなのが配信インフラ。施策の効果を上げるため、まず着手すべきこととは?(2015/10/23)

外国人目線で日本情報を発信、越境ECにも対応:
オールアバウト、多言語による日本総合情報サイト「All About Japan」を開設
総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは、2015年9月29日より外国人向けの日本総合情報サイト「All About Japan」を開設すると発表した。(2015/9/30)

NHNグループのテコラス、越境ECの支援事業に参入
EC事業者の海外展開を支援する新規事業を立ち上げ、中国大手サイトの「Tmall Global」への出店代行などのサービスを提供する。(2015/9/25)

独自のICT活用で帰国後訪日客の購買を促進:
パルコ、ショップブログから商品取り置き・購入ができる「カエルパルコ」で、海外からの商品注文が可能に
パルコは、同社が運営する商品取り置き・注文サービス「カエルパルコ」に、ベリトランスが提供する海外向けの購入代行支援サービス「BuySmartJapan」を導入、海外からの注文、発送への対応を開始したと発表した。(2015/9/25)

開始から1週間で70社が中国EC市場へ参入:
オプトグループのソウルドアウト、中国ECモール大手「京東全球購」にて中国越境ECサービスを開始
ソウルドアウトは2015年9月9日、親会社であるオプトホールディングが中国ECモール大手の「京東全球購」と公式パートナー契約を締結したことを受け、中国越境ECサービスの提供を開始したと発表した。(2015/9/11)

台湾にリピート通販文化を:
台湾越境EC支援事業でマイクロアドとペンシルが業務提携
マイクロアドとペンシルは2015年8月4日、台湾越境EC支援事業における業務提携に合意したことを発表した。(2015/8/4)

中国“アルファバイヤー”による爆買いで日本はかき回される
春節が過ぎても中国人による爆買いは止まらない。観光客ではない「アルファバイヤー」による爆買いの裏にあるものとは──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/7/9)

多言語対応など現地の事情に対応:
成長する東南アジア市場へ越境ECを支援、ソーシャルエージェントが「EC-PORT」を開始
ソーシャルエージェントは2015年6月23日、東南アジア向けの越境EC支援に向けた物流アウトソーシングおよび多言語販売支援サービス「EC-PORT」を発表した。(2015/6/23)

クラウド ビフォア・アフター:
震災復興に向けた「融合産業」の創出
東北で「エネルギー×IT」「医療×IT」といった「融合産業」を創出し、被災地復興と日本の産業発展を目指す。(2011/9/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。