ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キューバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キューバ」に関する情報が集まったページです。

「Skylake」「Kaby Lake」で確認:
IntelのCPUに新たな脆弱性、研究チームが実証コード公開
脆弱性はIntelのCPU「Skylake」「Kaby Lake」で確認され、研究チームはこの問題を突いて、TLSサーバからOpenSSL秘密鍵を盗むことに成功したという。(2018/11/6)

タイムアウト東京のオススメ:
ワンコインバーホッピングに繰り出す
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/11/6)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの「姫」、セイラ・マスはなぜ投資で成功できたのか?
「機動戦士ガンダム」に登場するセイラ・マスは、かつて医学の道を目指していたが、後に投資で活躍していることが明らかになる。彼女はなぜ投資で成功できたのだろうか? さまざまな視点から分析しよう。(2018/10/30)

「悔しいけど笑った」 SKE48須田亜香里、ファースト写真集“爆死”報道に切実な思いを吐露
写真集は長年の夢であり目標だったという須田さん。(2018/10/4)

びっくりサイエンス:
増加する音響“攻撃” 米大使館で被害、若者に撃退音も 人体への影響評価は不十分
音を使って相手にダメージを与える非殺傷型の“攻撃”報告が各国で増えている。音波は目に見えないだけに、不意打ちへの防御は難しく、リアルタイムでは気づかないケースも多い。(2018/6/5)

増加する音響“攻撃” 米大使館で被害、若者に撃退音も 人体への影響評価は不十分
音を使って相手にダメージを与える非殺傷型の“攻撃”報告が各国で増えている。人体への悪影響に関する研究はまだ少なく、有効な対策のないまま被害がさらに増える恐れがある。(2018/6/4)

モンスターエナジーからライム使った日本限定フレーバー「キューバリブレ」 4月24日新発売
春に合いそう。(2018/4/3)

“独りぼっちの絵描き”が生み出した逸物 中澤一登、「B: The Beginning」を語る
「僕は第一に絵描き」と話す希代のアニメーター、中澤監督が明かす秘話。(2018/3/3)

ジェフ・ベゾス氏、3300万ドル(約37億円)をDACA学生支援組織に寄付
世界一の資産家になった米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、子どものころ親に連れられて米国に不法入国した若者(DREAMers)の大学進学を支援するために非営利育英事業団体に3300万ドル(約37億円)寄付した。(2018/1/13)

「最も美しい顔/ハンサムな顔100人」発表、石原さとみは日本人2位 赤西仁、小松菜奈らもランクイン
石原さとみさん、赤西仁さんは5年連続ランクイン入り。(2017/12/28)

タイムアウト東京のオススメ:
食後のデザートも妥協しない
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/11/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は大丈夫なのか 米大使館を苦しめている「音響兵器」
キューバで起きた奇怪なニュースが話題になっている。キューバに駐在する米大使館員の多くが体調不良を訴えていて、その原因が「音波」ではないかと指摘されているのだ。音波による攻撃とは一体どんなものなのかというと……。(2017/10/5)

平昌五輪公式サイトの地図で日本列島消える、ネットで物議 日本政府が是正申し入れ復活
意図的に消したのではないか疑う声があがっていた。(2017/9/27)

タイムアウト東京のオススメ:
異国情緒に酔いしれる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/7/25)

火山島の煙をあおぎながら「機内禁煙」 ニュージーランド航空の機内安全ビデオが壮大なスケール
シートベルトや酸素マスクの使いかたも、ニュージーランドの美麗な景色を舞台に展開。(2017/7/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
やっかいな「ダークツーリズム」に近づいてはいけない
北朝鮮で拘束されていた米大学生が解放された。ただ、その学生は意識不明のまま米国に移送され、その後死亡する。そもそも、なぜこの学生は国交のない北朝鮮に行くことができたのか。調べてみると、「ダークツーリズム」の存在が見えてきた。(2017/6/29)

Amazon.comのジェフ・ベゾス氏、慈善活動アイデアをTwitterで募集中
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾス氏が、即効性のある慈善活動のアイデアを募集するとツイートした。同氏はForbesの世界長者番付3位。これまで表立った慈善活動は行っていない。(2017/6/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
千葉ロッテに「身売り説」が再燃する裏事情
千葉ロッテマリーンズの「球団身売り説」が再燃している。チームが低迷している中で、なぜこのようなウワサが飛び交っているのか。(2017/5/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何があったのか バッシングを跳ね返した侍Jの小久保監督
日本代表の侍ジャパンが絶好調である。WBCで決勝トーナメントに駒を進めたわけだが、この結果を想像していた人は少ないかもしれない。2015年に開催されたプレミア12の采配をめぐって、大バッシングを受けた小久保監督のその後に何があったのだろうか。(2017/3/17)

インターネットの力でプロ野球人気が回復してきた?
(2017/3/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「少年の顔」を報じて何の意味があるのか WBCの捕球騒動
WBCの日本VS.キューバ戦でハプニングが起きた。ホームラン性の打球をキャッチした少年の顔写真が、複数の新聞社で報じられたのだ。ボールをキャッチしたことは許されることではないが、顔写真を報じる必要があったのか。米国の場合は……。(2017/3/10)

WBC中にTwitterトレンドに現れた「コバヤシィ」「やまーだ」 ネットでなぜこんな呼ばれ方に?
実況ツイートも楽しいWBC。(2017/3/10)

WBCキューバ戦、山田哲人の“幻のホームラン”を巡ってネット上ではデマも拡散
11対6で勝利した侍ジャパンですが、ネット上では“幻のホームラン”を巡って混乱が起きました。(2017/3/8)

TBSドラマ「カルテット」の“時間軸ズレてる問題”に終止符 「私達の単純なミスです」と異例の謝罪周知ツイート
考察するのも楽しみの1つとはいえウワサが拡散されすぎた?(2017/3/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
WBC消滅危機で侍ジャパンが抱え込む苦悩
いよいよワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。侍ジャパンも2月22日に合宿がスタートし、本番に向けて準備を整えていくのだろう。しかし、その一方で気になる情報がある。それは、今回限りでWBCは終了するという報道だ。(2017/2/17)

CIAの元機密文書約1200万ページがネット上でも閲覧可能に UFO研究や「スターゲイト・プロジェクト」に関する情報も
モルダーの「スカリー、やっぱり連中は隠していたんだ……!」という声が聞こえてきそう。(2017/1/20)

「家庭料理」を届けるフードデリバリー、 ニューヨーク発の「Umi Kitchen」とは
(2016/12/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
侍ジャパンはこのまま“終わる”のか
野球日本代表・侍ジャパンが、いまひとつパッとしない。第4回ワールド・ベースボール・クラシックの開催まで残り4カ月を切っているのに、なぜ盛り上がらないのか。その最大の要因は……。(2016/11/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
2016年は誰が手にした? ノーベル平和賞なんていらない理由
2016年のノーベル平和賞、誰が受賞したのかご存じだろうか。答えは、コロンビアのサントス大統領。名前を聞いてもピンとこない人が多いだろうが、そもそもなぜ彼が賞を取れたのか、疑問の声が多い。なぜなら……。(2016/11/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“トランプショック”で大リーグが氷河期を迎える危険性
ドナルド・トランプが大統領選を制したことで、思わぬところにも影響が及ぶかもしれない。米メジャーリーグ(MLB)だ。どういうことかというと……。(2016/11/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローも悲しむ若手右腕の事故死 「悲劇」で語った大物たちの言葉とは
悲しくショッキングなニュースが野球界に入ってきてしまった。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデス投手がボート事故で突然の死去――。メジャーリーグを代表する投手の死に、全米中が深い悲しみに包まれた。(2016/9/28)

写真展:
立木 義浩 写真展「La Habana」(EOS80D 特別企画展)
(2016/6/23)

お待ちしておりました司令官! 映画「トランスフォーマー」最新作でオプティマスプライムが帰還
すべてのオートボットへ。オプティマスプライムは闘う準備ができている。君たちはどうだ?(2016/5/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
結局のところ、オバマは「ヒロシマ」を訪問できるのか
「オバマ大統領が広島を訪問するかもしれない」――。関係者の間でこのような声があるが、本当に実現するのだろうか。現実味が高まっている一方で、実現するのにはいくつかの壁が立ちはだかっている。(2016/4/14)

Twitterに「キューバ、元気かい?」と投稿 オバマ大統領、現職のアメリカ大統領としては88年ぶりのキューバ訪問
元気のようです。(2016/3/21)

ポップコーンやお茶漬け風カクテルが堪能できるBARがある 締め的なやつかな?
お茶漬け風カクテルは、あられ、海苔、梅チップスなどがトッピングされている。(2016/2/13)

プレゼントに最適! インクなしで書けるイタリアデザインのおしゃれペン
(2016/1/30)

大田昌秀の「日本を背負って立つリーダーたちよ」:
90年の人生で確信したリーダーの条件とは?
研究者時代の長い海外経験、そして沖縄県知事として国内外の数多くのリーダーたちと交り合った経験などによって、大田昌秀氏が行き着いた理想のリーダー像とは。(2015/12/16)

日本の「カレーうどん」がまさかの大不評 海外の子どもに世界の給食を食べさせてみた結果
おいしいだろうが!(2015/9/5)

「シルク・ドゥ・ソレイユ」メンバーの妻が世界を旅して出会った、16の魅力的な街
『世界150都市を旅した暮らしで出会った魅力溢れる街16選』の著者・たぐちまりさん。旅行と違い、生活のために世界を旅して回るとはどういう気分なのだろうか。著書に込められた思いとともに話を聞いた。(2015/8/29)

タイムアウト東京のオススメ:
残暑はカクテルで吹き飛ばす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/8/25)

写真展:
皆川はじめ 写真展「キューバ!明日を信じて」
(2015/8/21)

最大で2万ドルの報奨金:
LINE、脆弱性の公募プログラム実施を発表
LINEは2015年8月5日、ユーザーが発見した脆弱性の公募プログラム「LINE Bug Bounty」の実施を発表した。脆弱性の報告者には、最大で2万ドルの報奨金が支払われるという。(2015/8/5)

Google Earthが10周年 20%ルールから生まれた新機能「Earth View」などを追加
2005年に誕生しました。(2015/6/30)

村上春樹がスペイン・アストゥリアス皇太子賞の候補に
(2015/6/11)

キヤノン「EOS 5D」シリーズが誕生から10周年
ハイアマチュア向けとしては初めて、35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとして発表された「EOS 5D」の登場から10年。EOS 5Dsの発売を前に、改めて5Dシリーズの10周年が告知された。(2015/5/28)

日本人はお米をたくさん食べていると思ったら大間違い 世界で比較したらまさかの順位に
おにぎり食べたい。(2015/4/10)

人に話したくなるコラム:
「サマータイム」がもたらす1年で“最も危険な日”
米国では3月に、1年で「最も危険」と言われる日がやってくる。その日とは、「デイライトセービングタイム」(サマータイム)が開始された直後の月曜日のこと。この日は、交通事故や職場でのケガなどが、増加するのだ。(2015/3/26)

旅行者が選んだ「世界のベストビーチ2015」発表 国内では宮古島が1・4・8位を獲得
ビーチ行きたい。(2015/2/19)

どんなルービックキューブでも瞬殺 台湾最速キューバーが人間辞めましたレベル
ジャグリングしながらでもそろえられちゃう。(2015/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。