ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大日本スクリーン製造」最新記事一覧

出版業界ニュースフラッシュ 2014年6月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。6月第2週は集英社の決算発表のほか、「デジタル・オンデマンド出版センター」の設立などが発表されています。(2014/6/16)

画像処理技術を応用:
がん創薬研究を支援、大日本スクリーン製造が高速3D細胞スキャナーを発売
大日本スクリーン製造は、3D細胞培養プレートで培養されたがん細胞の増殖や形態変化を、検査試薬なしで高速に計測・分析できる3D細胞スキャナーを開発・販売し、ライフサイエンス分野への参入を表明した。(2013/8/13)

EPUB 3.0の電子書籍も作れる――新しい一太郎、スキャナ付き最上位版も
ジャストシステムは、ワープロソフト「一太郎」と日本語変換システム「ATOK for Windows」の最新版を発表。2012年2月10日に発売する。(2011/12/8)

再検証「ロボット大国・日本」(9):
これぞロボット大図鑑だ!――【2011国際ロボット展】フォト&ムービーレポート
国内外の最先端ロボットが多数集結した「2011国際ロボット展」。産業用途をはじめとする実用的なものからユニークなものまで、非常に多くのロボットに出会うことができた。今回は、展示会場の模様を多数の写真と動画でお届けしたい。(2011/12/6)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
機械受注統計が予想を上回り買い先行だが上値も重い
(2011/3/9)

「書き手と読み手の字体の一致」を保証する「IVS」普及へ、MSやアドビなど協力
同じ文字コードで複数の字体が存在する文字などについて、「書き手と読み手が同じ文字を見ている」ことを保証するための「IVS」技術の実装・普及を目指し、MSやアドビなどが協議会を設立。(2010/12/6)

モリサワと大日本スクリーン、フォント事業で協力 「MORISAWA PASSPORT」にヒラギノ収録
モリサワのフォント定額制ライセンス「MORISAWA PASSPORT」にヒラギノフォントが収録される。(2010/8/19)

「日本の出版文化守りたい」 DNPと凸版の電子書籍業界団体にドコモ、東芝など参加
DNPと凸版印刷が発起人となって発足した電子書籍業界団体に、ドコモ、東芝、電通など89の団体などが参加。「日本の出版文化を残しながら、電子書籍ビジネス発展のための環境作りを行う」としている。(2010/7/27)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株安、円高、金利高にもかかわらず、前日の大幅高の反動もなく底堅い展開
(2009/6/11)

2008年の半導体設備投資、約30%の減少
供給過剰と不況による需要減が響き、「半導体製造装置業界にとって最悪レベルの年」になった。(2009/4/15)

モノクロコミックを効率よくカラー化――マンガ彩色ソフト「Comicool」
(2009/2/4)

ヒラギノフォントの中国語版開発 初の中国政府認証
大日本スクリーン製造が「ヒラギノフォント」の中国語版を開発。電子機器や家電、ソフトなどの表示用フォントとしての利用を見込む。(2008/11/19)

株価暴落の原因?――大口空売りリストをまとめてみた
東京証券取引所と大阪証券取引所が11月11日に、各上場銘柄の発行済み株式数の0.25%以上にあたる大口空売り取引の詳細の公表を始めた。そこで、12日までに公表されたデータをまとめて表にしてみた。(2008/11/12)

大型有機ELディスプレイ技術を共同開発 ソニー・シャープなど、40型量産化目指す
ソニーやシャープなど10社・1団体が、大型有機ELディスプレイの共同開発を始める。10年代後半までに40型以上・40ワット以下の大型パネル量産を目指す。(2008/7/10)

複数ファイルを開かずに確認 ページめくるように中身を閲覧する新ソフト
(2007/10/29)

レビュー:
第3世代iPod nano、使ってみてわかったこと(後編)
第3世代へと進化したiPod nano。前編に続く後編では新実装された動画再生機能について確認する。(2007/9/11)

2006年の半導体ナンバーワンはIntel――Gartner調査
Intelが首位の座を守った一方、AMDがATI買収で躍進した。(2007/4/5)

レビュー:
「テレビをiPod化する」Apple TVがわが家にやってきた
ついにApple TVがわが家にやってきた。フルHD液晶テレビを購入したこともあり、このApple製STBをわが家の環境に組み込んでみることになった。Apple TVは無事に家族の一員となるれるだろうか?(2007/3/28)

フロッピーが不要なCIDフォント「千都フォントライブラリー セレクトシリーズ」
大日本スクリーン製造は、Mac OS X対応CIDフォント「千都フォントライブラリー セレクトシリーズ Ver.5.0i高・低解像度用」を2月23日に発売する。キーフロッピーを廃止しており、また、Mac OS X環境でのプリンタへのフォントダウンロードに対応する。(2005/2/22)

トレンド解説(10):
IT化のカギを握る上級シスアドとは?
ユーザー系の資格として認知されてきた上級アドミニストレータ。実際に社内でどのような仕事を担当し、IT化においてどのような役割を担っているのだろうか(2005/2/18)

大日本スクリーンとニコン、次世代フォトリソプロセス共同研究を強化
(2004/11/4)

Mac OS Xに対応した千都CIDフォントVer.5.0i ATM対応版――大日本スクリーン製造
大日本スクリーン製造は、CIDフォント「千都フォントライブラリー セレクトシリーズ Ver.5.0i ATM対応」を10月20日に発売する。「ヒラギノ書体集」、「専用かな書体集」、「ファンシー書体集」計70書体をラインアップした。(2004/10/18)

屋根瓦に文字を印刷──大日本スクリーン、東本願寺から業務受託
(2004/6/25)

大日本スクリーン、デジタルコンテンツ販売部門を独立
(2004/3/17)

近代の鋳造活字を復刻したOpenTypeフォント集「日本の活字書体名作精選」
(2004/3/3)

DTP・印刷はどのように変容するべきか? PAGE2004に見る
2月4日〜6日まで池袋のサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催された、今年のPAGE2004(主催:社団法人日本印刷技術協会)は、ビジネスの変容と再定義が全体を通したテーマとなった。DTPの分野を中心にレポートする。(2004/2/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。