ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Dell Streak」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dell Streak」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの1.7GHz帯3Gサービス、1月末で提供終了
Y!mobileは2月1日午前0時をもって、同社の1.7GHz帯の3G通信サービスの提供を終了した。これにより、1.7GHz帯を使用する音声、パケットサービスの提供も終わり、対象となるプランの契約は自動で解除されるという。(2018/2/1)

GmailにTrelloなどのアドオン WebとAndroidで横断利用可能
Googleが、メールサービス「Gmail」にサードパーティーアプリのアドオンを追加できるようにした。タスク管理のTrelloなどを受信箱を離れずに使える。(2017/10/25)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

機種変更でキャンペーンも:
ソフトバンクがiPhone 6/6 Plusの端末価格を発表、一括で7万80円〜9万9360円
ソフトバンクモバイルが、iPhone 6/6 Plusを9月19日午前8時から販売する。端末価格も発表し、iPhone 6の16Gバイトモデルは、新規契約なら実質0円となる。機種変更ユーザー向けにさらに1万80円を割り引くキャンペーンも行う。(2014/9/12)

ソフトバンク、スマホ向けプリペイドサービス「プリスマ」に7機種を追加
ソフトバンクモバイルは、スマホのプリペイドサービス「プリスマ」に数量限定の7機種をラインアップする。端末価格は1万260円〜1万5660円。(2014/6/6)

AtomからCore iまで、SIMフリー(3G)も選べる:
圧倒的な強みがある“Windows 8.1タブレット”で勝負――デル「Venue Pro」発表会
デルが日本でもWindows 8.1タブレット「Venue Pro」シリーズを投入。6つの差異化ポイントを挙げ、その優位性をアピールした。(2013/11/14)

Dell、「Venue」ブランドのAndroidとWindows 8.1タブレットを発表
非公開化のめどが立ったDellが、7インチ〜11インチの4台のタブレットを発表した。Windows 8.1だけでなく、一度は手を引いたAndroidモデルも発売する。(2013/10/3)

DellがAndroidスマートフォンから撤退――「Windows 8」タブレットにフォーカス
Dellの幹部がスマートフォンから撤退することを改めて明らかにした。モバイル分野は今後、Androidではなく「Windows 8」タブレットに注力するという。(2012/12/17)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE 104SH」「DELL Streak 001DL」のソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルが「AQUOS PHONE 104SH」と「DELL Streak 001DL」向けの最新ソフトを公開した。104SHにはスマセレアプリを追加し、001DLでは無線LAN関連の不具合を改善する。(2012/9/20)

iPhone 5発売目前 5つの「やりましょう」で改めて魅力を打ち出すソフトバンク
テザリング、通話定額、セット割――。まとめてみんな「やりましょう。」とKDDIへの対抗策を打ち出したソフトバンクモバイル。au版のiPhone 5よりもソフトバンク版のほうが「速い、安い、広い」ことを改めてアピールした。(2012/9/20)

ソフトバンクモバイル、テザリング解禁 2013年1月15日から
ソフトバンクモバイルが9月19日、iPhone 5での「テザリング」を2013年1月15日から提供すると発表した。そのほかLTEスマートフォン向けの24時間通話定額やADSL回線とのセット割引など5つの割引施策を打ち出した。(2012/9/19)

「DELL Streak PRO 101DL」、プラチナバンド対応などのアップデート開始
ソフトバンクのスマートフォン「DELL Streak PRO 101DL」のソフトウェア更新が開始された。不具合が解消されるほか、900MHz帯での通信が可能になる。(2012/9/4)

ソフトバンク、「DELL Streak Pro 101DL」をプラチナバンド対応に
ソフトバンクモバイルは、Dell製スマートフォン「DELL Streak Pro 101DL」をプラチナバンドに対応させると発表した。8月下旬にソフト更新を提供する。(2012/8/8)

該当機種のユーザーは要注意:
SDHC規格の一部機種にmicroSDXCを差し込むとデータが破損する事象
一部のAndroid端末で、microSDXCカードをmicroSDXC非対応機種に差し込むと、microSDXC内のデータが破損する事象が確認されている。(2012/6/11)

テザリング徹底比較(後編):
テザリング対応スマホ4機種の「通信速度」と「連続使用時間」を検証
スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして利用するテザリングの通信速度は実際どの程度なのだろうか。またバッテリーの持ちも気になる。後編では通信の実効速度と連続使用時間を調べた。(2012/5/24)

テザリング徹底比較(前編):
Xi、FOMA、+WiMAX、イー・モバイル――テザリングをお得に使えるのは?
スマートフォンをルーターとして使うテザリング機能を備えた機種が増えつつあるが、通信速度や料金はどれだけ違うのだろうか。ドコモ、au、イー・モバイルのスマートフォン3台で比較した。(2012/5/14)

ソフトバンク、「DELL Streak Pro SoftBank 101DL」のソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは、Dell製のスマートフォン「DELL Streak Pro SoftBank 101DL」のソフト更新を開始した。特定環境での通話品質機能を改善する。(2012/5/8)

Kindle Fire、米Androidタブレット市場でシェア54.4%に――comScore調べ
Amazonの「Kindle Fire」が、米国のタブレット市場で過半を占めた。2位のGALAXY Tabシリーズは15.4%だ。(2012/4/27)

Androidタブレット市場シェア、Kindle Fireが54.4%
Androidタブレット市場でAmazonの「Kindle Fire」が2位の「Galaxy Tab」を大きく引き離す54.4%のシェアを獲得した。(2012/4/27)

形状、使い回し、SIMロック――SIMにまつわるアレコレを調べてみた
スマートフォンを使う上でいろいろと複雑なのがSIMカード。形状やキャリア内での使い回し、SIMロック解除などはキャリアによって異なる。あらためて、SIMにまつわるさまざまな事項をまとめてみた。(2012/4/11)

ソフトバンク、「DELL Streak Pro 101DL」を3月3日に発売
ソフトバンクモバイルは、Dell製のAndroidスマートフォン「DELL Streak Pro 101DL」を3月3日に発売する。高精細な4.3インチのスーパー有機ELをタッチパネルに備え、Dellのクラウドサービスも利用できる。(2012/2/28)

3月8日発売:
1.5GHzデュアルコアCPU+スーパー有機EL搭載の「Dell Streak Pro(GS01)」、イー・モバイルから登場
ソフトバンク向けに発売予定の「Dell Streak Pro」がイー・アクセスからも登場する。1.5GHzデュアルコアCPUや4.3インチのスーパー有機ELを搭載し、テザリングも利用できる。(2012/2/22)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第1回 基本スペックが充実/持ちやすいスマートフォンは?――36機種を横並び比較
2011年から新モデルの主役は従来のケータイからスマートフォンに替わり、それに伴ってスマートフォンの機種数も急増した。本コーナーでは2011年10月から発売、または発売予定の36機種を横並びで比較していくので、購入の参考になれば幸いだ。(2012/2/17)

DeNAとBaiduが提携 スマホ向けに中国版Mobageコーナー開設
DeNAとBaiduが提携。Baiduのスマホプラットフォーム向けアプリストアに中国版Mobageゲームアプリコーナーを開設する。(2012/2/1)

iPad 2愛用者の筆者の判定やいかに
タブレットの画面サイズ、7インチと10インチどちらがベスト?
7インチと10インチ、タブレット端末の画面サイズとしてはどちらが優れているのか? 実際に使い比べてみた。筆者が出した答えとは?(2011/12/16)

ソフトバンク、「AQUOS SHOT 002SH」「DELL Streak 001DL」のソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは、シャープ製の3G端末「AQUOS SHOT 002SH」とDell製のAndroidタブレット「DELL Streak 001DL」のソフト更新を開始した。(2011/12/15)

Dell、Androidタブレット「Streak 7」の販売終了へ
AppleのiPadが支配するタブレット市場での競争が激化する中、Dellが1月に発表した7インチタブレットの販売を終了する。(2011/12/6)

全国の道路地図を丸ごとダウンロード 容量5GのAndroid向けナビアプリ「いつもNAVI ドライブ」
ゼンリンデータコムは、カーナビ利用に必要な地図データや情報を丸ごとAndroid端末にダウンロードするナビアプリ「いつもNAVI ドライブ」の配信を開始した。スマホが圏外でも、地図が参照でき、ルート検索や行える。(2011/11/24)

「iPhone 4S」効果でKDDIに大幅転入 純増はソフトバンクが19カ月トップ――2011年10月契約数
2011年10月の携帯電話・PHSの契約者数が電気通信事業者協会(TCA)から発表された。「iPhone 4S」の発売で大変動が予想された今月のMNP利用実績は、KDDIが7万件近い転入超過を記録している。(2011/11/8)

JINS PCは効果があるのか? 編集者が使っている液晶モニターで「ブルーライト」を計測してみた
最近話題のPC作業用メガネ。LED液晶が発するブルーライトをカットして、疲れ目を防ぐという。はてさて、本当に編集者が使っている液晶モニターからどれだけブルーライトが出ているのだろうか?(2011/10/28)

フォウカスのPOSシステム、Android端末で利用可能に
フォウカスが、Androidスマートフォンをオーダー端末として利用できるトータルPOSシステムをリリース。従来のiOS対応版もバージョンアップした。(2011/10/26)

写真で解説する「DELL Streak Pro 101DL」
「DELL Streak Pro 101DL」はDELLのAndroidタブレット「Streak 001DL」の後継機に当たる、4.3インチのディスプレイを持ったスマートフォンだ。1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載し、DELLの新しいクラウドサービス「SyncUP」に対応するなど、「Pro」の名にふさわしい機能とスペックを持ったモデルとなっている。(2011/10/13)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
「iPhone 4S」と「Kindle Fire」、どっちがスゴい?
新しいiPhoneの発表を受け、IT業界はアップルがどう動くのかに注目している。なぜならライバルのひとつであるAmazonがAndroidタブレット「Kindle Fire」を199ドルで発表したからだ。iOSとAndroidの戦いは今、新しいフェーズに入ったのではないだろうか。(2011/10/6)

レコチョクと連携:
ソフトバンクモバイル、音楽統合アプリ「SoftBank MUSIC BOX」提供
ソフトバンクモバイルが、Androidスマートフォン向けの音楽サービス「SoftBank MUSIC BOX」を提供する。最新の音楽情報をチェックしたり、関連楽曲を購入したりできる。(2011/9/29)

デュアルコアCPU搭載、独自のクラウドサービスにも対応した「DELL Streak Pro 101DL」
米デルが日本市場に投入する2代目のStreak、「DELL Streak Pro 101DL」は、4.3インチのSuper AMOLEDディスプレイを搭載したスマートフォン。デルのクラウドサービス「SyncUP」に対応し、2Gバイトのオンラインストレージが無料で利用できるなど独自の進化を遂げた。(2011/9/29)

ULTRA SPEED、LUMIX Phone、HONEY BEEスマホ、SoftBank 4G対応機も――ソフトバンク2011年度冬春モデル
ソフトバンクモバイルが、2011年冬商戦と2012年春商戦に発売する新機種を発表した。ULTRA SPEEDやデュアルコアCPU搭載スマートフォン、下り最大76Mbpsの“SoftBank 4G”対応モバイルWi-Fiルーターなどをラインアップする。(2011/9/29)

起こるかもしれない危険よりもメリットが勝る
米国企業各社がモバイルBI導入を推進するわけ
他のアプリケーションに比べればまだまだ後れているが、モバイルBIの需要は今後急速に高まることが予想されている。既にモバイルBIを採用している事例を見ると、先進的なCIOの姿がうかがえる。(2011/9/12)

Dell、中国サーチエンジンの巨人Baiduとタブレットで提携
中国サーチエンジンの巨人Baiduが、モバイルOS「Yi OS」を発表し、さらにDellと提携した。両社の提携は、どの方向に向けられるのだろうか。(2011/9/7)

PHS&データ通信端末販売ランキング(8月15日〜8月21日):
データ端末トップ3のうち2モデルがXi端末に
データ端末のランキングでは、上位3モデルのうちLTEサービス「Xi」の対応端末が2モデル入った。(2011/8/26)

Lenovo、ビジネス向けAndroidタブレット「ThinkPad Tablet」を米国で発売
HPはTouchPadの販売を終了するが、世界PC市場3位のLenovoがビジネスに特化したタブレットを発売した。(2011/8/24)

Androidベースのタブレット、iPadとの競争で欧州とアジアに目を向ける
Androidベースのタブレットは欧州およびアジア市場で成功する確率が最も高い。両市場はiPadでない選択肢にも需要があるかどうかを確認するための決定的な戦場となるだろう。(2011/8/23)

デル、最新版「DELL Stage」を公開
デルのタブレットデバイスや液晶一体型PC、ノートPCに導入されているユーザーインタフェースユーティリティの最新版が登場。無線LANによる自動同期が可能になった。(2011/8/10)

Dell Steak 10 Pro、公式リリース前に発見される
Dellの10インチAndroidタブレット「Dell Streak 10 Pro」をいち早く取り上げた画像からは、何とStreak 7の興味深い点も明らかになった。(2011/7/29)

「DELL Streak 001DL」が緊急地震速報に対応
ソフトバンクモバイルは、「DELL Streak 001DL」の緊急地震速報対応を発表した。ソフト更新を適用することで専用アプリが端末に追加される。(2011/7/27)

eBook Forecast:
国際電子出版EXPO前後の電子書籍市場
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のために最新動向を分かりやすくナビゲートする「eBook Forecast」。今回は、先日開催された「第15回国際電子出版EXPO」前後に起こった出来事を中心にお届けします。(2011/7/24)

PHS&データ通信端末販売ランキング(7月4日〜7月10日):
下り最大42Mbpsの“ULTRA WiFi”が好調な出だし
ソフトバンクモバイルが提供する下り最大42Mbpsの通信サービス「ULTRA SPEED」に対応したモバイルWi-Fiルーターが登場。初登場で4位と好調な出だしを見せている。(2011/7/15)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月27日〜7月3日):
LTE対応のモバイルWi-Fiルーター「L-09C」が好調
NTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応したモバイルWi-Fiルーター「L-09C」がランキングに参戦。初登場で上位を獲得した。(2011/7/8)

ソフトバンクが15カ月連続トップも、各社夏モデル投入で純増シェアに変化――2011年6月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が2011年6月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。純増数トップはソフトバンクモバイルで、2010年4月以降15カ月連続。しかし各社の夏モデルが出そろったことで、純増シェアに微妙な変化も出てきている。(2011/7/7)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月20日〜6月26日):
「X PLATE」と「DELL Streak」のセットモデル登場
ウィルコムの販売ランキングに「X PLATE」と「DELL Streak」のセットモデルが登場。データ端末の販売ランキングでは、初代「Pocket WiFi」がついにトップ10圏外に。(2011/7/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。