ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「依存症」最新記事一覧

関連キーワード

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開
薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。(2017/5/25)

田代まさしさんの1日、VRで“体験” NHK「A Day of 薬物依存症」公開
VR動画「A Day of薬物依存症 田代さんの一日」をNHKが公開した。(2017/5/24)

「ギャンブルが悪なのではない」:
依存〜断てないギャンブル:「死んだら」母の言葉で目覚める
ギャンブルが原因の使い込みや横領で会社を2度追われた男性は、母の一言から一度は死のうと考えたが……。(2017/5/18)

医師警告「刑務所行くか自殺する」:
依存〜断てないギャンブル:スロットで劣等感埋める
なぜ、ギャンブルにのめり込んだのか。その理由を依存症になり、その後、回復した人たちはいまなお自らに問い続けている。(2017/5/17)

「ちくしょう」叩き続けるスロット:
依存〜断てないギャンブル:警察聴取後もパチンコ店へ
人の心に巣くう依存という暗闇。ギャンブル依存症を取り巻く実態を追う。(2017/5/16)

国内でのカジノ解禁、いまいち盛り上がっていないのはなぜ?
「カジノ法案」って結局どういう法律?(2017/5/13)

「思い出の父はいつも酔っている」 アルコール依存症から始まる実録漫画「酔うと化け物になる父がつらい」がつらい
身近に潜むアルコール依存の怖さが描かれています。(2017/4/18)

かつて、吾妻ひでおは神だった
マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。(2017/4/15)

7ユーロで遊べる:
“元祖IR”独バーデンバーデンでカジノを体験
高級保養地として知られるドイツ南西部のバーデンバーデン。カジノや温泉が一度に楽しめ、国際会議などのイベントも誘致できる統合型リゾート(IR)の先駆けだ。IRは日本も導入を目指しており、そのヒントを求めてバーデンバーデンを歩いてみた。(2017/3/27)

厚生労働省「依存症理解度チェック」のナレーターに諏訪部順一さんを起用 全問正解するとボイスメッセージをプレゼント
依存症への正しい知識と理解の重要性が優しく語りかけられます。(2017/2/6)

実はTwitter嫌い……トランプ大統領の内面を知る「10のキーワード」
「予測不可能」とも評されるトランプ氏の内面を知るのに役立ちそうな10のキーワードを、欧米メディアの報道などをもとに紹介する。(2017/1/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
シンガポールに学ぶ、カジノ実現の進め方
カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する法案が可決された。安倍首相はIRを成長戦略の一環だと位置付けているが、実現するにはまだまだハードルがたくさんある。一足先にカジノ解禁に踏み切ったシンガポールはどのような議論を経て、実現することができたのか。(2016/12/15)

2025年の誘致目指して:
大阪万博「カネがないならカジノで賄え」論
大阪府が誘致を目指す2025年国際博覧会について、会場をカジノなどの統合型リゾートと一体開発して資金を捻出する案が、関西財界で急浮上している。(2016/12/7)

ASKA容疑者「恐ろしい覚醒剤を止めたい」から一転 かつての法廷発言から透ける“虚と実”
薬物の誘惑に「NO」とは言えなかったのか。「SAY YES」など数多くのヒット曲を手掛けた歌手、ASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)=覚せい剤取締法違反容疑で逮捕=の2度目の逮捕に衝撃が広がっている。(2016/12/5)

何かがおかしい? セレブなパリジェンヌの秘密とは?
あなたは彼女の真実に、気が付きますか?(2016/10/16)

あなたの本好き、病気じゃないですか?
SFに一生を捧げたSFバカ、SF作家・山本弘が考える。今回のテーマは「本を捨てられない人は冗談抜きで病気かも?」。(2016/10/12)

スピン経済の歩き方:
「豊洲新市場はカジノにすればコスト削減になる」は本当か
10月9日号の『サンデー毎日』で、複数の大手流通企業やアミューズメント会社が「豊洲を買いたい」と名乗りを上げているという。「カジノは豊洲に誘致したらいい」という声も出ているが、本当にそれでいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/10/4)

顔認識、面白くて実用的な技術へと進歩
最近では人間の体を使った認証技術への注目が高まりつつあります。その中でもカメラで表情を読み取る「顔認証技術」にはどんな特徴があるのでしょうか。まずは10個のメリットです。(2016/9/22)

2時間で“IoTアプリ”を作る中高生向け授業を(ちょっとだけ)体験してみた
NPO法人の企業教育研究会と日本IBMが、中高生向けにIoTを体験してもらう授業プログラムを開発。実際にアプリを開発してもらうことで、自分のアイデアが社会を変える可能性があるというメッセージを伝える狙いがあるという。(2016/9/15)

日本型セキュリティの現実と理想:
第31回 「ポケモンGO」まで来たITの進化とその先にあるIoTの衝撃
各種メディアをにぎわしているIoTは、日本も国を挙げて推進しようとしているほどの大きな潮流となりだした。今回から何度かにわたって、セキュリティはもちろん、このIoTの本質や課題、その将来性などを記す。まずはIoTの本質から考察したい。(2016/9/15)

ダレノガレ明美、おいらん姿の“和製ハーレイ・クイン”で悪党たちの仲間入り
映画「スーサイド・スクワッド」のNYプレミアにて。なるほどこれは最高だ。(2016/8/3)

「夢の時代」が終わった今、ゲームアプリを作る意味 「ひとりぼっち惑星」開発者に聞く
宇宙から届く「こえ」を探すゲーム「ひとりぼっち惑星」。いつでも連絡がとれるのが当たり前の時代に、なぜ流行したのだろうか? 開発者に聞いてみた。(2016/7/18)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

発売記念レビュー:
ビジネスだけではなくプライベートも“加速”する?――「VAIO Phone Biz」の注目機能をチェック
VAIO自ら手がけたスマートフォン「VAIO Phone Biz」が、まもなく出荷開始となる。「ビジネスを加速させるスマートフォン」は、ビジネス以外のパーソナルな面も“加速”できるのだろうか。(2016/4/22)

アニメ監督×漫画家×小説家:
これからの人類はAIとどう向き合っていくべきか――「AIの遺電子」山田胡瓜と「イヴの時間」吉浦康裕、水市恵が語る現在と未来
これまでSFにしか存在しなかった、人間と見分けのつかない知性を備えたAIが近い将来、本当に実現するのかもしれない。そんなAIが実用化された社会はどんなものになるのだろうか。(2016/4/14)

一度聞いたら依存症? 美しいハーモニーで下ネタ歌う「ブリトラ」が16年ぶりメジャー復帰
知る人ぞ知るフォークデュオ「ブリトラ」が、16年ぶりに再メジャーデビュー。(2016/3/2)

「スマホの充電切れストレス」は「エアコンが壊れたとき」と同じ?
普段、スマートフォンを利用しているときにストレスを感じたことはありませんか? 今回はスマホストレスの実態やテクノストレスの対処法などを紹介します。(2016/2/18)

「依存症には苦痛」 アルコールCMの「ゴクゴク音」自粛へ 業界団体が方針固める
確かに、飲めない立場にとってみれば苦痛かも……。(2015/9/1)

R25スマホ情報局:
合コン相手とつながるならTwitter?Facebook?
夏は出会いの季節。TwitterとFacebookなら、どちらの方が抵抗なくアカウントを教えてもらえるのでしょうか……?(2015/8/5)

ほとんどの新刊が電子書籍で読めるなんて、夢のよう 勝間和代の“I Love ebook”宣言
(2015/6/20)

私は“スマホ依存症”……8割の人が自覚
あなたはスマートフォンに依存していると思いますか? スマホを所有している15〜59歳の男女に聞いたところ、80.5%の人が「依存している(かなり+やや)」であることが、MMD研究所の調査で分かった。(2015/5/14)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

お酒を飲んで天国から地獄へ まんしゅうきつこがアル中語る
(2015/5/7)

脳のムダづかいをやめるために2つの言葉を控えよう
(2015/4/16)

毎日4時間使ってました:
あなたの“スマホ中毒度”を指摘してくる恐ろしいアプリ「Moment」
1日中スマホを手放せないという人は多いはず。しかし、一度冷静になって自分が毎日どれだけの時間をスマホに費やしているのかを考えてみよう。(2015/4/1)

エナジードリンクで元気になるとお酒が欲しくなる?
「眠気を覚ましてリフレッシュできる」と、若い世代を中心にエナジードリンクが人気のようです。しかし、最近はこの飲み物に向けられる視線が厳しくなりつつあります。(2015/3/27)

田代まさしさん、4年半ぶりにTwitterを更新 「3年半の懲役を終えて府中刑務所から出てきました」
お疲れさまです。(2015/2/20)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

電通の圧力で記事が削除されたとのデマ拡散 「それ提供記事が一定期間で削除されただけだから」
Twitterで拡散→まとめブログでさらに拡散。(2015/2/15)

いつまでも若々しくいるための“セックス”のススメ
男性機能の衰えを招く習慣とは。(2015/2/10)

初のリアルイベント、やります!:
【ITmedia ニュース 読者感謝祭】「OK Go」MV撮影秘話を公開取材、年間ランキングTOP100×11年分で振り返るIT業界など
2004年1月にスタートし、今年で11周年を迎えたITmedia ニュース。初めてのリアルイベント「読者感謝祭」を行います。2月20日、お待ちしております!(2015/1/28)

スマホ依存に陥りやすいのはどうして?
スマホ依存から抜け出すためには? 『デジタル・ダイエット 28日間でIT中毒からぬけだす方法』を紹介します。(2014/11/13)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
統合型リゾート(IR)でWin-Winの関係が生まれる?
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。どこかにお金を落としてしまったというはるか。それを聞いたあずさは励ますどころか……。(2014/10/25)

窪田順生の時事日想:
実はカジノができて問題になるのは「ギャンブル依存症」ではない
今国会で「カジノ法案」が通過しそうなので、反対派の熱がヒートアップしてきた。あるメディアは「ギャンブル依存症拡大」という見出しをつけてきたが、本当に依存症の人たちが増えるのか。この問題よりも、心配なのは……。(2014/10/7)

健康診断「A判定」を取り戻す3つのポイント
秋口にも多くの会社で行われる健康診断。結果が気になる人は、「A判定」を取り戻すための生活習慣を取り入れてみるのはどうでしょうか。(2014/9/30)

恋人・結婚相手選び 女性は男性の何を見ている?
さまざまな話題で言われる女性と男性の違い。(2014/9/16)

蓮さまの兄は男色家? 吉田松陰の妹はブス? 週刊誌感覚で分かる“乙女の日本史”
朝の連続テレビ小説『花子とアン』で有名になった女流歌人、柳原白蓮。杜氏彼女の周りを騒がせた、スキャンダルな人間関係を紹介します。(2014/9/4)

窪田順生の時事日想:
あれほど騒がれた「お台場カジノ」の話がぷっつりと消えた理由
石原さんや猪瀬さんが都知事だったころは「お台場カジノ」構想に前向きだったのに、なぜか舛添さんが都知事になってからは慎重な動きに。その背景には、何があるのか。(2014/8/26)

スマホ依存症のあなたに スマホっぽいけど全然スマホじゃない「noPhone」を持とう
スマホの形をした何か。(2014/8/20)

「父さんがドイツに全貯金を賭けちゃったんだ」 反サッカー賭博キャンペーンに思わぬ誤算、シンガポールで
キャンペーンCMを作ったときにはドイツが優勝するなんて誰も予想しなかった!?(2014/7/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。