ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「開発合宿」最新記事一覧

関連キーワード

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

ヤフー、グランフロント大阪に新オフィス 社内クリエイター支援を充実
ヤフーは、グランフロント大阪に新オフィスを開設した。東京オフィスと同様に、フリーアドレス制を導入する。(2017/10/2)

転職バーのハルカさん(4):
PR:コーヒーのカクテルをいかが?――違いの分かる男は、違いを活用できる男よ
そこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」の転職活動は絶賛難航中。面接でヒドいことを言われ、ハルカさんになぐさめてもらおうと「転職バー」に立ち寄った彼の前に現れた、超絶かわいい3人娘「ファンシーメタル」。ガッツリさわるとモエちゃうぞ!(2017/9/28)

明日から使えるITトリビア:
「島根にパソコンない」──夏に検索増える理由 県は「盛り上がるきっかけになれば」
夏になると「島根県 パソコン」に関する検索が増えるという。これは一体……。島根県にも反応を聞いた。(2017/8/11)

転職バーのハルカさん(3):
PR:ブランデーがお好きでしょ?――あなたに夢を見せてあげる
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」は、スキルや経験をアピールしてもなかなか内定が取れない。彼に欠けている“あるもの”に気付かせるために「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」が招集したのは、ちょっと(いや、とても)乱暴な彼女、「サディスティック・ミミ」だ!(2017/8/1)

転職バーのハルカさん(2):
PR:取りあえずビール? それともビール“を”飲みたいの?
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」がやっと獲得した内定に難色を示す美人バーテンダーの「ハルカさん」。「仕事をゆずれ」とすごむ「シタロー」さん――「転職バー」は、今日も波乱のヨ・カ・ン。(2017/6/1)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(最終回):
PR:ベイサイドクルーズで、美女と暴走しちゃいました
ぼく、梧籐剛。7次請け開発会社で働くITエンジニアです。「退職したい」「退職したい」と言い続けて、早2年半。どうやら本当に退職する日が来たようです。でも、その前に、この暴走屋形船を何とかしなくちゃ!(2017/2/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(14):
PR:「せんぱい! ヤメてください」――椎子の決意にボクのドキドキが止まらない!
こんにちは、エンジニアの梧籐 剛です。アンドロイド(物理)3体と共に取り組んでいたIoT開発がいよいよテスト工程まで進みました。このプロジェクトが終わったら、何をしようかな……そうだ、た・い・し・ょ・く???!(2016/12/1)

沖縄モノづくり新時代(6):
“沖縄発のIoT”を仕掛けるレキサス、キーワードは「非日常」と「人間中心設計」
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第6回では、IT企業でありながらその枠組みを越えて、“モノづくり”の分野にも事業領域を拡大させている「レキサス」の活動に焦点を当てたい。(2016/11/24)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(13):
PR:False! True!! ヨヨイのヨイ! 開発合宿でプレイ☆ボール
ぼく、エンジニアの梧籐 剛。上司のリナさん、可愛過ぎる後輩椎子ちゃんと、部下のアンドロイドたちを引き連れて、野球の交流試合にやってきました。でも、あんまりにもアンドロイドたちが独創的過ぎて、ぼく、また職場を辞めたくなってきちゃったよ……。(2016/9/30)

IoTデバイスの開発秘話(3):
オムロン、画像認識の“オープン化”で広がる可能性
オムロンは2016年8月、組み込み機器に取り付けるだけで人の状態を認識する画像センサー「HVC-P2」を発表した。HVC-P2は、独自の画像センシング技術「OKAO Vision」の10種類のアルゴリズムと、カメラモジュールを一体化した「HVC(Human Vision Components)シリーズ」の1つ。HVCシリーズに共通するのは、“オープンイノベーション”を掲げていることにある。(2016/9/26)

特集:テクノロジーが支援する1億総ワークスタイル変革時代(1):
個人の「想い」が社会を変えていく――1億総ワークスタイル変革時代の幕開け
3.11でリモートワークの実績と自信を得たビジネスマンたちは、日本全国へ、そして海外へ、働く場所を広げていった。(2016/9/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(10):
島根編:どこでも働けるということ――Iターンエンジニアが実践する屋外開発と開発合宿
ITエンジニアはPCと電源があれば、どこでも働けるよね?――U&Iターンの理想と現実「島根編」の第1回は、お城で、お寺で、民宿で、ネットワークとクラウドツールを駆使して働くIターンエンジニアのリモートワーク事情を紹介します。(2016/8/19)

大学生ブロガー活用事例:
PR:カバンから取り出して即通信・即作業! SIMが入る「dynaPad N72/VGP」を大学生ブロガーがフル活用してみた
東芝の2in1「dynaPad N72」シリーズに、LTE通信モジュール搭載モデルが登場。軽量ボディーに、どこでもインターネットにつながる利便性が加わり、軽快さがさらにパワーアップ。各方面で活躍する大学生に使用感を試してもらった。(2016/5/30)

「ザ・インタビューズ」終了 「復旧不可能な事象が発生」したため
「ザ・インタビューズ」が終了する。「復旧不可能な事象が発生し、サービスのご提供・維持が困難」なためという。(2016/2/4)

湯河原の老舗温泉旅館が「開発合宿プラン」提供 コード書きがはかどりそうだ
ブログ書いてるエンジニアは、なんと50%オフ!(歓喜)(2015/7/6)

PR:エンジニアの実力を120%引き出すために “技術の追求=ビジネスの進化”アドテク最先端の現場のホンネ
急成長のアドテク分野は、技術力がビジネスの成長に直結する硬派な現場。技術に妥協しない職人気質のエンジニアたちを支える自由な社風とは?――リクルートコミュニケーションズで働くみなさんのホンネ、焼肉しながら聞きました。(2015/3/25)

東急ハーヴェストクラブを社外会議室に:
PR:軽井沢で会議ができたらうれしい? 経営者が話す「福利厚生の悩み・ホンネ」あるある
「福利厚生について社員にヒアリングしたら『そんなことするなら給料上げてくれ』と言われたんだよね」――。経営者が東急ハーヴェストクラブに宿泊して、日ごろ福利厚生に対して持っている悩みやホンネを語り合った。(2013/9/30)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
イマドキの新入社員はとても優秀――テンプレ就活生と問題解決能力
4月に入り、新卒採用が本格化しています。最近増えているのが、良くいえば情報収集や処理に長けた、悪くいえば「ネットで答えを探して乗り切」ろうとする就活生。今回は新卒採用で注目される「問題解決能力の差」についてこっそり書いてみます。(2013/4/15)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
新卒採用面接は、なぜ何回もくり返し行われるのか
ほとんどの人事採用は「面接」という方法で行われます。しかし、密室での面接官とのやりとりは、実際の業務には関係のないこと。面接で能力が本当に分かるのだろうか、と疑問に思ったことはありませんか?(2013/3/18)

あったかければ、捗るか?:
エンジニアとライターで、2泊3日の“沖縄ノマド”生活
寒い。東京が寒い……。沖縄なら暖かく仕事ができるのではないか。そう期待したあるエンジニアとライターが、沖縄で2泊3日のノマドライフに挑んだ。(2013/2/26)

Androidで使えるO2O技術まとめ解説(2):
Wi-Fiベース屋内測位技術をAndroidアプリに組み込むには
今注目の「O2O」について、現状や概要を紹介し、O2Oを利用したAndroidアプリを作る際に必要な技術要素を1つ1つ解説していきます。今回は、O2Oの技術要素の1つとして「屋内測位」の概要や、Wi-Fiを利用したものを5つ紹介し、Walkbaseというサービスを例に使い方も解説します (2012/11/19)

IT用語解説系マンガ:食べ超(7):
ジャストアイデアの開発合宿だけど、オポチュニティはtrueです
困難をともにし、力を合わせて乗り越えてこそ、チームとしての連帯感が強まり、よりアベイラベリティをアップさせるリアルなコーディング・マインドをキャッチすることができます。(2012/9/20)

IT用語解説系マンガ:食べ超(6):
ゼロから始まらない、リーン・スタートアップ
「何もない」バージョン0.0から0.0へ、シームレスでストレスを感じさせない跳躍。(2012/9/6)

きっかけは足湯:
サイバーエージェント子会社社長は新卒内定者 iPhoneアプリ「My365」開発チームの劇的な365日
起業にはさまざまなドラマがある。サイバーエージェントは、新会社の社長に4月入社予定だった内定者の飯塚勇太さんを抜てきした。就職活動からiPhoneアプリ「My365」ヒット、社長になるまでの道のりを聞いた。(2012/1/17)

「ヒットしてる実感がなかった」 2カ月で会員20万人「ザ・インタビューズ」が正式サービスに
ユーザー同士が匿名で質問をぶつけ合う「ザ・インタビューズ」が、人気を受けてpaperboy&co.の正式サービスに。運営メンバーは同サービスを「会社の柱にしていきたい」と意気込む。(2011/9/29)

若い力を結集し、ネット業界のプロを育てる! サイバーエージェントが新事業
インターネット企業の多くがエンジニア獲得に躍起になる中、サイバーエージェントは学生を対象にした教育支援をスタート。将来の業界をけん引するエンジニアなどを育てていく。(2011/8/17)

東電、夏の計画停電は避けられない見通し
東電が公表した今夏の電力需給見通しによると、7月末の時点で需要想定に対し供給力が大幅に不足。暑い時期の計画停電は避けられない見通しだ。(2011/3/25)

節電で開発拠点ごと西日本に移動 パンカク「長めの開発合宿」
東電管内での節電に協力するため、アプリベンチャーのパンカクは、開発拠点を西日本に移動させるという。(2011/3/14)

Railsで目指せ、情熱エンジニア(2):
Railsの学び方
ロンドン在住のRailsエンジニア、井上真氏が自身の体験を振り返りながら、初中級者向けにRails関連のエッセイ、技術トピックをお届けします。連載第2回目は、体験談を交えたRailsの学び方についてです。(2011/1/11)

IVS 2010 Fall:
「人事評価は必要か」「まかない」「優秀なエンジニアとは」──ベンチャー経営者が語り合う
IVSの「新進ベンチャー経営者が物申す!『最新の経営とはこういうものだ!』」には、はてなの近藤氏、芸者東京エンターテインメントの田中氏、コロプラの千葉氏、ポケラボの後藤氏、佐々木氏が登場。各社各様の経営論や理想と現状が語られ、大いに盛り上がった。(2010/12/22)

広がれエンジニアの輪:
第12回 Yoshiori――「java-jaで『内輪』を広げたい」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションにはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/6/9)

Webサービス図鑑/レビュー:
図書館に行きたくなるWebサービス「カーリル」を試してみよう
全国の図書館から書籍を検索し、蔵書の有無や貸し出しの可否を調べられるWebサービス「カーリル」。簡単な使い方と各種設定方法をまとめてみた。(2010/3/17)

社長がなぜ、クワガタに!? paperboy&co.のいま
JASDAQ上場企業paperboy&co.の社長が、クワガタ姿でほぼ毎晩、Ustreamに登場する。なぜだ、なぜなんだ。(2010/3/5)

ひとりで作るネットサービス:
デザインできなくても作れる――デザイナーを経て「NENPYO」を作り上げたdaiskipさん
自分の年表を作り上げていくことができるWebサービス「NENPYO」。このサービスを作ったdaiskipさんは、実は元々デザイナーだった。デザイン要素をなるべく省いたNENPYOで「デザインができなくても作れることを示したかった」という。(2009/10/27)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(5):
「ハチロク世代」がIT業界を変える日
IT/Web業界を席巻(せっけん)した「ナナロク世代」から10年。1986年生まれの「ハチロク世代」がIT業界を変える日が迫っている。コミュニティ「ハチロク世代」中心メンバーの座談会から、新しい世代がIT業界にもたらす変化を探る。(2009/4/17)

任天堂と一緒に「へんてこなもの」を はてな近藤社長に聞くDSi「うごくメモ帳」
「へんてこな人たちが、面白いものを作っている」――任天堂ははてなと似ていると、近藤社長は言う。共同開発したDSi「うごくメモ帳」向けサービスで、「インターネットは面白い」とたくさんの人に伝えたいという。(2008/12/24)

「もうITだけじゃない」 はてなブックマークが25日にリニューアル
はてなブックマークが25日にリニューアルする。検索機能やコミュニティー機能を強化。UIも改善し、“非IT”ユーザーを取り込む狙いだ。(2008/11/5)

はてな、検索ベンチャーと提携 はてブ新機能を共同開発
はてなとプリファードインフラストラクチャーが提携。協業第1弾として「はてなブックマーク」に、ブクマしたURLに関連するページを自動抽出する新機能を実装。(2008/7/15)

ライフハック テンプレート:
#069 この指とまれシート
友達を増やしたかったら、みんなが集まれるような会を企画してみましょう。まずは構想から。(2007/12/14)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
「圧縮新聞」「訃報ドットコム」始めて半年で数々のサービスを生み出す、自称“ニート”──phaさん
「ニートだけど別荘を買った」というブログで知られるphaさんは、数々のWebサービスを生み出す開発者でもある。プログラミングを始めたのは2007年の2月。どのようにして学び、サービスを作り出していったのだろうか。(2007/12/12)

誰でも「2万字」アーティスト気分 インタビュー風自己紹介サイト、ペパボから
「2万字アーティストのように、自分をさらけ出して語りまくってください!」――paperboy&co.が、長文インタビュー形式の自己紹介が書ける「2manji」を公開。「(苦笑)」「あえて言うなら」など、それっぽい語句を記入できる入力支援ツールも備えた。(2007/11/21)

Biz.ID Weekly Top10:
スタンバイ、使ってる?
スタンバイを活用してみると、Windowsの起動や終了の“待ち時間”というものがなくなる。朝のちょっとした時間の節約かもしれないが、スタンバイを試してみてはいかが。(2007/10/9)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
【番外編】開発合宿で出会った3人が作ったお小遣い帳
今回の「ひとりで作るネットサービス」は、番外編として「チームでつくるネットサービス」を取り上げる。会社の枠を越えて集まった3人が作ったネットサービスとは? その企画、開発、運営のウラにはどういった苦労があったのだろうか。(2007/10/3)

「マッシュアップ仲間に入れてほしい」――ニフティもAPI公開
リクルートや楽天など“Web1.0的”と言われる企業がAPI公開を進める中、老舗ISPのニフティもAPI公開サイトを開設した。社外の開発者を交えた開発合宿も行い、“Web2.0的”な体制をアピールする。(2007/8/8)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
【番外編】カップルで作るネットサービス──うわさメーカー
カップルでネットサービスを作った2人がいる。ネット企業に勤め、開発のスキルも持つ者同士。普段からシステムの話で盛り上がる2人が、力を合わせてサービス開発を始めた事の始まりは……。(2007/7/26)

“機運高まるRuby”――企業利用促進の「Rubyビジネス・コモンズ」発足へ
フレームワークRuby on Railsの人気も相まり、日本生まれのRubyに注目する開発者が増え続けている。企業間の壁を超え、情報共有と世界への架け橋を実現するものとして、団体発足に至った。(2007/7/24)

日本全国ラボめぐり:
グループウェアの新しい使い方「ひとり言スレ」──サイボウズ・ラボ
ラボの“生態”を明らかに──。4回目を迎えた今回のラボめぐりは、グループウェアなどで有名なサイボウズから分社したサイボウズ・ラボ。2007年に入社したばかりの西尾泰和さんに話を伺った。(2007/7/17)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
「弁当の買い出し」でPCの面白さに目覚めた――あとで行く・石原淳也さん
「あとで行く」を開発した石原淳也さんは新入社員時に課された「弁当の買い出し」のためにExcelマクロを組んだことがきっかけで、コンピュータの面白さに目覚める。その後、転職や米国勤務を経て、開発者として独立に至る道のりは――。(2007/5/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。