ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新卒採用」最新記事一覧

就活に広がる「AI面接」で勝てる学生とは 無名大学は逆襲のチャンス、高学歴層は要注意
スマートフォン越しにAIが面接をする「AI面接」が、新卒採用の現場に広がっている。人間の面接官による“勘と好み”に左右されることなく、科学的根拠に基づいた評価を受けられるという。(2018/2/16)

プロエンジニアインタビュー(8):
教えて! キラキラお兄さん「AIは転職エージェントの職を奪いますか?」
グーグルのインターンを経て、英エディンバラ大学大学院で機械学習を学び、ベンチャー支援の経験も積んだ島田寛基さんは、機械学習を駆使した人材マッチングサービスを提供する「scouty」の代表取締役だ。島田さんが自らの進路をどう作り上げ、どのような筋道で起業に至ったのかを聞いた。(2018/2/5)

人材不足の解消へ:
シニアの“新卒採用”、倍率220倍 「72歳の応募者も」
シニア人材を社員として募集するケースが増えてきた。森下仁丹の「第4新卒採用」では、最終的に2200人から応募者があった。応募者の最高年齢は72歳だったという。(2018/1/26)

熊本の地で60年:
海藻の加工・販売で日本一 カネリョウ海藻、成長のワケ
海藻の加工・販売業界で国内トップシェアを誇るカネリョウ海藻。1954年の創業以来、国内外で200もの仕入れ先を開拓し、海藻サラダに使われることもある「色もの」海藻で売り上げトップに、もずく、めかぶも売り上げ1位を記録した(※同社サイトより)。グループ企業と合わせて売上高は170億円。海藻の研究から商品開発、製造、販売までを一貫して手掛け、これほどの規模で事業展開する企業は業界内にほとんどない。成長の理由、今後の展開に迫る。(2018/1/23)

社員が輝く職場:
PR:週3日はノー残業 島津製作所が働き方改革で目指すもの
「働き方改革」が叫ばれているが、企業の多くは何よりもまず労働環境の是正に力を入れているといった状況だ。そうした中、以前から残業時間を少なくして成果を出し、働き方改革でも先を進んでいる会社がある。島津製作所だ。(2018/1/22)

「30歳まで、既卒・就業経験者もOK」 リクルートの2019年度新卒採用基準に注目集まる
賛否両論。(2018/1/19)

リクルート、グループ9社の採用を統合 「365日エントリーOK」「30歳まで応募可」
リクルートグループ9社の新卒採用を統合。各社が独自に行っていた「30歳まで応募可能な新卒採用」「365日通年エントリー」といった取り組みを拡大する。(2018/1/17)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
1月は採用ハードルが下がる? 春入社を狙うなら今すぐ活動を
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、1月が他の時期と比べてなぜ転職しやすいタイミングかについて紹介します。(2018/1/11)

課題解決力高い人材が人気:
18年上半期も転職の「売り手市場」続く 企画職など
2018年上半期(1〜6月)の転職市場はどう動く?――パーソルキャリア調べ。(2018/1/10)

現場管理:
建設技術者は2025年に約11万人不足、生産性向上と働き方改革がカギ
ヒューマンタッチ総研は、国内の建設技術者の人材需給について試算を発表した。建設技術者数は2015年からの10年間で約6.7万人減少し、2025年時点では本来必要な人数よりも約11万人超が不足。一方で生産性向上などが進めば、約5.5万人分の需給ギャップ改善を見込む。(2018/1/10)

「新卒の8割が辞めていく」 そんな企業を激変させた“新しい組織の形”
5年前まで、新卒採用者の8割が辞めてしまうという悲惨な状態だったネットプロテクションズ。しかし地道な改革の結果、今では新卒がほとんど辞めなくなったばかりか、若手が大活躍しているという。いったい何が起こったのか。(2017/12/25)

省エネビル:
五輪特需は一段落――ジョンソンコントロールズが予測する国内建設市場の今後
ジョンソンコントロールズは2017年12月20日、都内で記者会見を開催し、2017年の国内市場と同社の動向について振り返りを行った。また、2018年以降に向けた同社の取り組みを紹介した。(2017/12/22)

売り手市場続く:
19年度の新卒採用数、「増やす」企業は16% 過去9年で最多
2019年度の新卒採用で、企業が採用する学生数はどう変化するのだろうかーーリクルートワークス研究所調べ。(2017/12/18)

PR:働き方は会計システムでこう変わる! 老舗食品メーカーが実践した改革とは
働き方改革や業務の効率化、人材育成など、企業の財務部門は課題を抱え、改革に迫られている。食品メーカーの昭和産業は、ICSパートナーズの会計システム「OPEN21」を導入し、業務の変革を進めた。その取り組みとは……?(2017/12/15)

「はむっ」とくわえるウニさんがかわいい! キャベツをめぐるウニの争いが衝撃的な光景
ウニにこんなに萌える日がくるとは……。(2017/12/14)

関係者は注目しているが:
大学就職ランキングは「ナゾ」すぎる
空前の売り手市場で学生優位な環境が続いている。大学関係者は「就職ランキング」にかなり注文しているが、そもそもこの種のランキングって意味があるのだろうか。(2017/12/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
「一般職」を希望する高学歴が増えている その理由とは
このところ、企業側が想定していない職種に学生が就職を希望するケースが増えている。働き方改革が社会的テーマとなっているにもかかわらず、企業のカルチャーは昭和の時代からあまり変わっていない。しかし、若年層を中心に労働に関する価値観の多様化は着実に進んでいるようだ。(2017/11/29)

HR Tech最前線:
採用現場で「AI面接官」は普及するのか
ソフトバンクがエントリーシート(ES)選考にAIを活用するなど、採用業務の自動化が着々と進んでいる――。実は、こうした動きはESだけでなく「人がやるもの」と考えられてきた面接業務にも及んでいる。AI面接官「SHaiN」(シャイン)を開発したタレントアンドアセスメントの山崎社長に話を聞いた。(2017/11/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
「経営」と「人事」に距離がある企業は成長が難しい理由
「HRテック」――近年このキーワードを耳にする機会が増えている。人材関連分野は、「人がやる仕事」という一般的なイメージとは異なり、AIなどの新しいテクノロジーとの親和性が高い。各企業が人事のデジタル化を急ぐ背景や、導入の課題などについて考察した。(2017/11/20)

「面倒でも手書きするべき」「ありきたりな趣味はNG」 履歴書の“ルール”が本当なのか専門家に聞いてみた
まことしやかに主張されているけど、その通りにしないと落ちるの?(2017/11/25)

常見陽平のサラリーマン研究所:
なぜあの人が? 採用活動に駆り出される社員の共通点
会社の採用ページ、就職ナビ、会社説明会、面接、内定者懇親会などに駆り出される社員はどのようにして決まるのか。人選の基準は、単に優秀かどうかだけではない。選ばれる人の共通点とは……。(2017/11/3)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年も下半期に突入。活況な転職市場はいつまで続く?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。10月は、給料を上げたい、働き方を変えたいと思っている人に、管理職への転職について紹介します。(2017/10/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ高収益? 急成長する「ブロンコビリー」の戦略とは
ブロンコビリーが急成長を続けている。特筆すべきは利益率の高さで、外食企業ではトップクラスだ。成長性と高収益の秘訣(ひけつ)はどこにあるのだろうか。(2017/10/11)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
大手企業の高給与求人、中小出身でも応募できる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。9月は、中小企業で着実にスキルを積上げてきた方なら必見の「中小から大手企業への転職」をご紹介します。(2017/9/7)

キャリアの選択肢広げる:
逆求人サービス「OfferBox」に“博士向け”新サイト登場
就活サイト「OfferBox」を運営するi-plugが、博士号を持つ人材に特化した就活サイト「OfferBox Ph.D.」を開設。(2017/8/31)

HR Tech最前線:
ソフトバンクが新卒の「ES選考」をAIに任せた理由
新卒採用にAIの活用を始めたソフトバンク。エントリーシートの合否判断をAIに任せているという。採用担当者に、その効果と狙いについて話を聞いた。(2017/8/29)

センスあれば最終面接へ:
建築会社が「インスタ選考」 投稿のおしゃれさ評価
建築事業やインテリア事業を展開する大熊工業が、「Instagram」の投稿内容をもとに合否を判断する「インスタ書類面接」を実施すると発表。「センスを判断するため」という。(2017/8/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
“意識高い系”の学生には「ダメ出し」が必要だ
近年、盛り上がりを見せているインターンシップの季節がやってきた。意識高い系ウォッチャーとしてはたまらない機会である。10年前から変わらず「インターンシップの猛者学生」が毎年必ずいるからだ。(2017/8/4)

若手のロールモデルに:
課長がもっと輝けば、日本経済はもっと良くなる
日本生産性本部が昨年秋に実施した調査によると、新入社員のうち約半数が「管理職になりたくない」と回答。筆者が問題視したのはその理由だ。(2017/7/31)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(14):
職場の“味見”は学生のうちに――「Wantedly People」Web版をほぼ1人で開発した東大院生のネオジョブホッピング体験記
試食や試着をするように、いろいろな企業に“お試し”就職してもいいじゃない。(2017/7/24)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(8):
技術未経験からモノづくり技術職へ――オリジナルマッチングによる転職成功事例
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第8回では、技術未経験から技術職へのチャレンジ事例を紹介しながら、転職成功の秘訣(ひけつ)や注意すべき点などについて取り上げます。(2017/7/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIは優秀な人材を採用できるのか
企業の採用業務にAIを活用する動きが進んでいる。AIが採用後の結果まで自己学習するようになれば、今後は「採用の基準」もAIが作るようになるかもしれない。(2017/7/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手社員を「成長の危機」から救い出そう――カギはマネジャーの「問いかけ」にあり
若手社員が仕事や職場環境に強い違和感を抱き、働く意欲を失っている3つのポイント。(2017/6/22)

AIなど活用し:
ユニリーバ、大学1年生も対象の通年新卒採用を導入
ユニリーバ・ジャパンがAIなどを活用した通年新卒採用制度を導入。大学1年生も就職活動に参加でき、「過去よりも未来の能力を重視」するという。(2017/6/20)

新卒採用にワンツーワンマーケティングを応用:
パーソナライズド動画を新卒採用に活用、IBSがサービス提供開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、パーソナライズド動画サービス「personalize me」を活用した「新卒採用向け動画サービス」の提供を開始した。(2017/5/31)

キャリアニュース:
新卒採用のエントリーシート選考に人工知能を活用
ソフトバンクは、応募者をより客観的に評価する目的で、新卒採用のエントリーシート選考の中で人工知能「IBM Watson日本語版」を活用する。(2017/5/31)

人事の業務を効率化:
ソフトバンク、新卒採用のES評価に「Watson」導入
ソフトバンクが、採用活動に日本IBMのコグニティブ・システム「Watson」を導入すると発表した。エントリーシートの分析に使用するという。(2017/5/29)

ソフトバンク、AIで新卒採用 エントリーシート評価にWatson活用
ソフトバンクが新卒採用のエントリーシート評価をIBM Watson日本語版で行う。(2017/5/29)

ソフトバンク、新卒採用に「IBM Watson」活用 エントリーシート確認時間を75%削減
ソフトバンクが新卒採用の選考過程にAI「IBM Watson」を導入すると発表。エントリーシートの確認時間を削減し、対面でのコミュニケーション時間を増やす。(2017/5/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの会社は若者から魅力的に見えていますか?
2018年度の新卒採用が既に盛り上がりを見せている。「新卒の採用なんて関係ねえよ」というサラリーマン諸君も多いことだろう。しかし、サラリーマンとしての保身のためにも、少なくとも自社の採用については関心を持つべきだ。(2017/5/26)

「奴隷のほうがマシな生活」「人材枯渇」 自動車整備業界の危機的状況を現役整備士が告白
整備士、業界関係者を取材しました。(2017/6/4)

TechFactory通信 編集後記:
創業100年を控え、試されるパナソニックの本気度
家電中心の総合電器メーカーとして発展してきたパナソニックが、B2Bに重きを置いた改革を進めています。2018年に創業100年を迎える同社の「本気」が問われています。(2017/4/29)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
社員満足が顧客満足に直結する! 社員同士の仲のよさが強みのストライプインターナショナル
社員同士は単なる仕事上の関係よりも親密で、家族の次に大切な関係である「セカンドファミリー」を目指している。社員満足度の高さがお客さまの満足につながっている。(2017/4/26)

M&Aも検討:
パナソニック、AI技術者を5年以内に1000人規模に増員へ
パナソニックは、現在約100人程度の人工知能(AI)領域の技術者を5年以内に1000人規模に増やす計画を明らかにした。(2017/4/19)

技術職が中心:
東芝が新卒採用再開 18年卒を220人採用
東芝が、新卒採用を再開すると発表。社会インフラやエネルギー事業を担う人材を、技術系を中心に計220人採用する予定。(2017/4/12)

キャリアニュース:
新卒採用予定数は前年実績比17.8%増――「製造」は19.8%増
マイナビが「2018年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」の結果を発表。大学卒の採用予定数が前年実績比で17.8%増加し、業種別では「商社」「建設」「製造」で大幅な増加を目指していることが分かった。(2017/4/11)

「採用スケジュール前倒し」企業増える:
18年卒採用も「売り手市場」 スピード感はアップ
マイナビが「2018年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」を発表。18年卒も売り手市場の状態が続いているが、採用環境への危機感からスケジュールは全体的に前倒しになっている。(2017/4/6)

4月から新社会人のはずが……:
てるみくらぶの内定取消者を救え 官民動く
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の内定取消者を対象に、厚生労働省が特別相談窓口を設置。官のみならず、民間企業も動きを見せている。(2017/3/29)

ラックの学歴別初任給制廃止で波紋 “院卒初任給が下がる”指摘に担当者「院卒初任給は下がらない」
学歴初任給制を廃止するとともに、業務能力や専門能力に応じて初任給額を増額する制度。(2017/3/22)

17年4月1日入社の新入社員から:
初任給「学歴別」廃止 技能など考慮 ラックが導入
IT企業のラックが3月21日、新卒採用の初任給制度を「学歴別」から「技能経験考慮型」に変更すると発表。17年4月1日入社の新入社員から導入する。(2017/3/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。