ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新卒採用」最新記事一覧

就活のトリセツ(8):
文系でもエンジニアになれますか?――続 いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT業界は求人多いの? 文系出身でも大丈夫?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい就活生の疑問に、就活のプロがお答えします。(2016/5/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
「中立である」はずなのに……。なぜ米国のメディアは特定の候補者を支持するのか
米国の大統領選を見ていて、気になることがある。それは、米国の新聞社が候補者を支持表明すること。ジャーナリストはできる限り「中立」の立場でなければいけないはずなのに、なぜ特定の候補者を支持するのか。それは……。(2016/5/26)

「離職率10%未満」ホワイト企業だけの会社説明会、就活生の心に刺さったか
離職率の低さや休暇の取りやすさなど労働環境が良い中小企業を集めた合同企業説明会が大阪で開かれた。“ホワイト中小企業”のラブコールは学生たちに響くのか。(2016/5/16)

キャリアニュース:
2016年度の新入社員――専門職志向で「優しく相談できる上司」が理想
トーマツ イノベーションが「新入社員のキャリアに対する意識」についての調査結果を発表。専門職志向で、相談に乗ってくれる優しい上司を求める新人が多いようだ。また、男女ともに「定時に帰りたい」層が増えていた。(2016/4/26)

「全力疾走」という病:
漫画が売れたら終わりではない 敏腕編集者・佐渡島氏が描く『宇宙兄弟』の次
講談社時代、漫画『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』など数々のヒットを飛ばした編集者、佐渡島庸平氏。大手出版社勤務というキャリアを捨てて彼が選んだのは、作家エージェントとしての起業だった。彼を駆り立てるものは一体何だったのだろうか――。(2016/4/20)

290人を計画:
経営再建中のシャープ、来春の新卒社員は今年の約2倍に
シャープが2017年度新卒採用計画を発表した。今年春の2倍近くの採用数を予定する。(2016/4/11)

五感を研ぎすませ:
少しのミスでも「大惨事」――女性航空整備士の1日を追った
エンジンや機体、コンピュータの不具合がないかを点検し乗客の命を守る仕事、航空整備士。関西国際空港を拠点とするLCC「ピーチ・アビエーション」の航空整備士・笠井春香さんに話を聞いた。(2016/4/4)

テレワークの運用ルールと評価制度を考える【第1回】
人材不足は「待ったなし」、中堅・中小企業の経営課題にテレワークは有効?
生産性やワークライフバランス向上などへの期待から、テレワークを利用したいと考えている人は多くなっている。連載第1回では、日本におけるテレワーク推進の現状を解説する。(2016/3/30)

Weekly Access Top10:
ソードアート・オンラインの世界に“リンクスタート”
無事にログアウトできました。(2016/3/22)

キャリアニュース:
転職成功者の平均年齢は32.1歳、過去8年間で最も高い年齢に
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職をした年齢」についての調査結果を発表。2015年下半期の転職者の平均年齢は「32.1歳」で、過去最高を更新した。(2016/3/22)

東芝、17年入社の新卒採用中止
東芝が2017年4月入社の新卒採用を中止すると発表した。(2016/3/18)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第40回 「人月単価」で雇われるITコンサルタント
以前にプリセールスとコンサルタントの違いについて考えてみましたが、今回は“お金”の点からこの違いについてご紹介してみたいと思います。(2016/3/18)

どこまで通じる?:
「くたたん」「えーばぐ」 SCEが新卒向けに“入社後役立つ単語辞典”を公開
解釈には個人差がある模様。(2016/3/3)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(6):
倒産寸前の大ピンチからV字回復、ICT活用で復活した紳士服メーカーの戦略
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第6回となる今回は大阪市谷町にある紳士服メーカーのNFLを紹介する。(2016/2/26)

就活のトリセツ(5):
「3月1日 0時00分が勝負」って本当?――「就活ナビサイト」使い倒しマニュアル<後編>
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第5章は前回に引き続き「就活ナビサイト」を解説する。「解禁日の0時00分にサイトにアクセスしないと出遅れる」というウワサは本当なのか?(2016/2/25)

風通しの良い職場は、作れる
離職率の高い流通小売業界を、人気業界に変える新しい仕組みとは?
流通小売業界の人手不足は深刻だ。人材の獲得と定着のための打開策を「仕事への誇り・働きがいの向上」「より良いコミュニケーション」「働きやすい環境づくり」という3つの観点から紹介する。(2016/2/25)

被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質
膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”
PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。(2016/2/12)

就活のトリセツ(4):
リクナビ、マイナビだけじゃない――「就活ナビサイト」使い倒しマニュアル<前編>
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第4章は、マイナビやリクナビなどの就活ナビサイトを徹底解説する。(2016/1/28)

入社3年目「社長」になれる! とある会社が就活生に“約束”
入社3年目に「社長就任」を約束している会社があることをご存じだろうか。コンサルティング会社の「シェイク」である。どんな仕組みなのか、同社の副社長に話を聞いたところ……。(2016/1/22)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(後編):
ゴールドマン・サックスが実践する「品質向上」の取り組みと役立つツール
2015年10月23日に開催された@IT主催セミナーより、後編ではゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングスの伊藤博志氏による特別講演の他、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演を紹介する。(2015/12/8)

就活のトリセツ(2):
ギョーカイ研究、自己分析――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第2章は、就活の準備編として「業界研究」「職種研究」「自己分析」を手ほどきしよう。(2015/11/26)

日本式イノベーションの起こし方:
イノベーターは無責任で無愛想?
すべてのイノベーションに共通するのはその発端が人にあるということ。では、いったいどのような人がイノベーターなのか探ってみよう。(2015/11/24)

日本企業にも普及するのか? タレントマネジメントの今
近年「タレントマネジメント」というシステムが注目を集めている。海外のグローバル企業を中心に広まっているが、日本企業の普及は遅い。その理由について、リクルートワークス研究所の石原氏に聞いたところ……。(2015/11/20)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
理想のベビーシッターサービスって何だろう?
「ベビーシッター文化を日本にも広めたい」――。やりたいことは明確に決まっているのだけど、そのイメージを具体的なサービスに落とし込むのは並大抵ではない。私たちのサービスはどのようにして生まれたのだろうか。(2015/11/18)

就活のトリセツ(1):
キョーテイ、オワハラ、内々定、研究室推薦――スタート前に知っておきたい「就活のジョーシキ」
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第1章は、押さえておきたい「就活のジョーシキ」を手ほどきしよう。(2015/10/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
売上アップと、優秀なリーダー育成を同時に達成する「全員営業」マネジメント 
経営者にとっての存在価値は、会社あるいは組織に収益をもたらすか、役に立つか。では、どんな人が会社組織に収益をもたらすのか? あるいは役に立つのか?(2015/10/22)

プログラミング異種格闘インタビュー(3):
高校生×IT “アプリ開発サマーキャンプ”で高校生プログラマーが学んだ、アイデアをより良いカタチにする方法
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第三ラウンドのテーマは「高校生×IT」だ。(2015/10/20)

あなたの会社は? トヨタが踏み切る「配偶者手当の廃止・子ども手当4倍」
トヨタ自動車が配偶者手当を廃止し、子ども手当を4倍に引き上げることで労組と大筋合意したという。(2015/9/9)

新卒で就職した会社に、約4割が「後悔」
就職活動で企業を選ぶ際に重視したことは何ですか? 22〜30歳の働く男女に聞いたところ……。ビズリーチ調べ。(2015/9/4)

また昭和な転職で失敗してるの? きのこる先生の「かろやかな転職」(3):
Wantedly、CodeIQ、カンファレンス 本当に有効なのはどの手段?――転職2.0現状確認会
プログラマーにしてWeb系企業の採用担当の「きのこる先生」が指南する、転職サービスに依存せずソーシャルなつながりなどを利用する「転職2.0」の活用法。今回は、カンファレンス転職や、コーディング型転職支援サイトなど、最近のエンジニア転職“界隈”のトレンドを紹介する。(2015/9/4)

フォーラムエンジニアリング活用事例(3):
PR:即戦力・新卒採用の両観点から派遣エンジニアを活用する/ニッパツ・メック
エンジニアの確保が難しくなっている。自社で求人をしても望む人材が来ない、入社しても仕事内容や社風が合わずに辞めてしまうなど、採用担当者は頭が痛いことだろう。ニッパツ・メックは、この課題をフォーラムエンジニアリングの技術者派遣によって解決している。(2015/9/15)

学生向けの会社説明会では、パワポを使わないほうがいい
「プレゼンでは、パワーポイントを使うものだ」と思っている人も多いのでは。本コラムの筆者・川口氏は「学生向けの説明会では、パワポを使わないほうがよい」と指摘している。その理由は……。(2015/8/25)

デモ参加は就活に不利? インターンは行くべき? 採用のプロに聞く「内緒の面接思考術」
Twitterのフォロワーは10万人以上。就活生に人気の著者に聞く就活の極意、心構え。(2015/8/15)

致命的:
オワハラは企業自らをオワらせる
大学生の就活が本格化するとともに、学生の間からオワハラ問題が出ています。人事政策上、今の学生の心情を無視したオワハラは企業自身に致命的なマイナスを呼ぶ可能性があります。(2015/7/15)

フォーラムエンジニアリング活用事例(1):
PR:設計の中核に外部エンジニアを――技術者の新しい働き方/明電舎
働き盛りの20代後半〜40代エンジニアが「失われた10年」で不足する中、モノづくりの中核となる世代の確保に新たな手法を採り入れ始めている。フォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用して“技術者の新しい働き方”を積極的に導入している明電舎に話を聞いた。(2015/7/15)

プログラミング異種格闘インタビュー(2):
テレビ×IoT “ABCハッカソン”は、モノづくり界の“M-1グランプリ”だ
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第二ラウンドのテーマは「テレビ×ハッカソン」だ。(2015/6/19)

履歴書不要、検索結果だけで選考――カヤックが「エゴサーチ採用」
履歴書は不要。検索結果だけで選考します――応募者の氏名やニックネームなどの検索結果のみで採用選考する「エゴサーチ採用」をカヤックがスタートした。(2015/6/9)

またぶっ飛んだ採用活動を……面白法人カヤックがGoogle検索結果を利用した“エゴサーチ採用”を開始
採用はGoogle先生にかかっている。(2015/6/9)

プログラミング異種格闘インタビュー(1):
医療×IT 医師はプログラミングで医療の仕組みを変えられるか
プログラミングはプログラマーだけの特権ではない?――ITを活用して自身の専門分野をより良くしていこうとチャレンジしている人たちにお話を伺うインタビューシリーズ、本日始動。(2015/6/1)

「新卒=大学生」の誤解を払拭したい リクルートが30歳以下の新卒採用を発表 既卒・就業中でも応募OK
面接時のスーツ着用、手書きの履歴書が不要で、遠方で来社できない場合はオンライン面接にも対応。就活してる人にはありがたい!(2015/5/29)

リクルート、Web系の新卒採用で「30歳以下・既卒」も応募可能に 「面接でスーツ着用禁止」「オンライン面接OK」
「新卒採用を、もっと自由に」――リクルートのWeb関連職の新卒採用で、応募条件に「30歳以下」と明記。既卒者や就業中の人、フリーターも応募できる。(2015/5/29)

中小企業白書:
中小企業の収益力、“差”を生むのはイノベーションへの意欲
グローバル化の進展や長引く経済不況により、収益力の強化が求められている中小企業。政府が発表した2015年版「中小企業白書」では、中小企業を取り巻く環境の変化や、収益力の強化に向けて取り組むべき複数のポイントに関するの分析結果が公表された。本稿ではその概要を紹介する。(2015/5/15)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(12):
新入社員への適切な接し方
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は新入社員の迎え方を指南する。(2015/4/20)

何かいる:
リクルートの2016年度新卒向け採用サイトをスマホで見ると……?
就活生のみなさん、息抜きにいかがでしょうか。(2015/4/6)

「解けたらいきなり最終面接」 ネットエージェント、今年も新卒向けに“難問”出題
なるほど分からん。(2015/3/30)

PR:エンジニアの実力を120%引き出すために “技術の追求=ビジネスの進化”アドテク最先端の現場のホンネ
急成長のアドテク分野は、技術力がビジネスの成長に直結する硬派な現場。技術に妥協しない職人気質のエンジニアたちを支える自由な社風とは?――リクルートコミュニケーションズで働くみなさんのホンネ、焼肉しながら聞きました。(2015/3/25)

求人募集を効果的に:
ネオキャリアとマイクロアドデジタルサイネージが業務提携――新卒採用広告を共同で配信
新卒採用支援事業を手掛けるネオキャリアと、マイクロアドデジタルサイネージ(以下、MADS)は3月24日、業務提携を締結したことを発表した。これにより、MADSが提供するデジタルサイネージアドネットワーク「MONOLITHS」を活用した新卒採用特化型の広告配信サービス「Broad Career」をスタートする。(2015/3/24)

こじらせ!上司図鑑:
ゆとり世代がアナライズ! 40代男性が“こじら世代”のメインストリームだ!!
20代の若手社員から上司に対する本音を聞き出す本連載。今回のテーマは“こじらせ上司”と“尊敬できる上司”。こじらせ上司は「“かまってちゃん”になってる」「“デキる男”ぶってる」など、厳しい指摘が次々と……。(2015/3/17)

キャリアニュース:
就活「後ろ倒し」、就職活動を実質的に長期化させるとの調査結果
経団連は新卒採用をめぐる活動を後ろ倒しするよう求めているが、HRプロは調査レポート「2016年新卒採用 中間調査」の中で、就職活動は実質的には長期化していると指摘している。(2015/3/16)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――春(4〜6月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年、定例的に行うものがあります。今回は、4〜6月にかけての春の仕事のなかから、新入社員の受入れと株主総会にまつわる法務事務を取り上げます。(2015/3/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。