ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「米国防総省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「米国防総省」に関する情報が集まったページです。

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

トリニティ、MIL規格のApple Pencil/Apple Watch向けアクセサリーを発売
トリニティは、7月27日に米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を備えたアクセサリーを発売。Apple Pencil専用キャリーケースとグリップケース、Apple Watch対応衝撃吸収ケースとスポーツバンドをラインアップしている。(2018/7/27)

Google、「AIの倫理原則」を公開 武器など人に危害を加える利用はしないと約束
米国防総省とのAI技術関連契約で社内外から批判されているGoogleが、AIに関する倫理原則を発表した。武器など人に危害を与える技術にAIを使わないとしており、ピチャイCEOは「これはコンセプトではなく具体的な基準だ」と語った。(2018/6/8)

「シリア攻撃後、ロシアのトロールが2000%増」──米国防総省
米連邦政府が英仏と共同で13日に行ったシリアへの空爆後、「ロシアのトロール(が2000%増加した」と米国防総省が発表した。「トロール」は、ロシア政府による虚偽プロパガンダを指すようだ。(2018/4/16)

米国防総省が市民のネット投稿を監視か? AWSの設定ミスで露呈
米国防総省が収集したと思われる個人のニュースへのコメントやSNSへの投稿などが、AWSのユーザーなら誰でもダウンロードできてしまう状態で、AWS S3のバケットに保存されていた。(2017/11/20)

まひした手にロボットアームで触覚を取り戻す! 米国防総省の研究機関が実験に成功
「まるで自分の手に触れられたみたい」とコメント。(2016/10/15)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
なぜ米国防総省はWindows 10を採用したのか
「勝手にアップグレードされた」「なぜ強行するのか」などと、最近、Windows 10へのアップグレードについて大きな関心が寄せられている。そんな中、米国防総省が省内で使用している約400万台のPCのOSを、2016年内にWindows 10へ移行することを決めた。アップグレードをネガティブな目で見る風潮がある中で、なぜ米国防総省はWindows 10への移行を決定したのか。(2016/4/27)

ホワイトペーパー:
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。その中身を見ていこう。(2016/4/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。中身を見ていこう。(2016/4/1)

日本マイクロソフト、Windows 10導入で法人におけるセキュリティ強化をアピール
日本マイクロソフトが、米国防総省の導入事例を用いてWindows 10の高いセキュリティを訴求した。(2016/3/10)

Alphabetのシュミット会長、米国防総省の顧問委員会会長に
米国防総省がシリコンバレーのIT企業からの助言を受けるための顧問委員会を設立し、Googleを傘下に持つAlphabetのエリック・シュミット会長を委員会のリーダーに指名した。(2016/3/3)

企業でも大いに役立つ
米国防総省が公開した“ミルスペック”な「クラウドセキュリティガイド」に書かれていること
サイバー攻撃の主要な標的としても知られる米国防総省が、クラウドセキュリティのガイドラインを公開した。その内容の中から、企業が参考にできそうなポイントを紹介する。(2015/12/4)

米国防総省の機関が“自然に近い触覚”のある義手を開発 SF作品の世界にまた一歩近づく
“近未来”がやってきた。(2015/9/16)

企業も学ぶべきデータ防衛の手法
米軍が選んだ「iPhoneにデータを残さない」ソリューション、VMIの安全性とは
仮想モバイルインフラ(VMI)は企業分野で普及の兆しが見えるが、米国防総省は以前から、仮想モバイルアプリケーションがセキュリティ強化に役立つと考えてきた。(2015/8/26)

米軍事規格に準拠、ICカードも収まる防水・防塵iPhoneケース
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性iPhoneケース「WATERPROOF IC CARD CASE」が登場した。(2014/6/5)

京セラの防水・防塵スマホ「TORQUE」国内投入 米軍事規格準拠
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE」(トルク)を京セラが国内投入へ。(2014/1/27)

ビジネスニュース:
優勝賞金2億円! 米国防省がサイバー攻撃の防御プログラムの開発コンテスト
米国防総省の内部局であるDARPAは、サイバー攻撃を自動的に検出/防御するプログラムの開発コンテストを行う。コンテストは3年間にわたって行われ、優勝者には200万米ドル(約1.9億円)の賞金が授与される。(2013/10/29)

ビジネスニュース:
ムーアの法則はあと7年で終わる? 微細化の限界は7nmか5nm
米国防総省のディレクタによれば、ムーアの法則は早ければ2020年、遅くても2022年までに終えんを迎えるという。ムーアの法則は、あと7年も続くのだろうか。(2013/8/30)

攻撃は最大の防御?
米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」
米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。(2013/4/16)

Microsoft、米国防総省から約6億ドルの契約獲得
米国陸軍、海軍、国防情報システム局の職員が、Windows 8、Office 2013をはじめとするMicrosoftの最新技術を導入する。(2013/1/7)

プロが使う脆弱性検査ツール「Retina」を企業に、ブロードとBeyondTrustが販売提携
米国防総省や大企業での採用実績が多い脆弱性管理製品「Retina」の企業版をブロードが発売した。(2012/11/16)

デル、米国防総省の基準も満たした堅牢仕様のビジネス向けUltrabook「Latitude 6430u」
デルは、14型ワイド液晶を搭載したビジネス向けUltrabook「Dell Latitude 6430u」を発売する。(2012/11/16)

米防衛大手ロッキードにサイバー攻撃 「SecurID」情報悪用か
米国防総省などを顧客に持つ防衛大手のLockheed Martinが大規模なサイバー攻撃を受けた。3月に米RSAから盗まれたSerurID情報との関連性を複数のメディアが指摘する。(2011/5/30)

米国防総省、兵士によるTwitter利用を解禁
米軍の兵士や職員は、国防総省のネットワークを利用してTwitterやFacebook、YouTubeなどを利用できるようになった。(2010/3/1)

ネットの力で気球を探せ――米国防総省がインターネット40周年記念ゲーム
国防総省の「Network Challenge」は、インターネットで情報や仲間を集めて、どこかに設置された10個の気球を探し出すゲームだ。(2009/11/2)

Dell、温度変化や湿度にも強い、堅固なノートPC発売
米国防総省の規格を満たす、政府や企業向けノートPC「Latitude XFR D630」が発売となった。(2008/3/5)

中国に“サイバー人民解放軍”、米国防総省が報告
中国のハッカーは熟達しており、20分でシステムに入り込んで情報を取得し、離脱することが可能だと専門家は言う。(2007/6/7)

米国防総省、省内PCからYouTubeなどへのアクセスを禁止
帯域確保のため、YouTubeなど人気12サイトへのアクセスをブロックするという。(2007/5/16)

「NASAハッカー」の米国送致が決定
NASAや米国防総省のコンピュータをハッキングしたとされる英国の男が、米国で裁判を受けるため、身柄を送致されることになった。(2007/4/4)

米国防総省攻撃「ゾンビキング」に懲役3年の判決
米国防総省や病院、学校のコンピュータを攻撃した犯人が、懲役3年と賠償金25万ドルの支払いを言い渡された。(2006/8/31)

米国国防省、医療情報システムにCACHEを採用
米Intersystemsは8月7日、同社が提供する多次元データベース製品、CACHEが米国防総省厚生局のCHCSに採用されたと発表した。(2006/8/8)

Google、政府機関向けビジネスを強化へ
Googleは米国防総省など、政府機関とのビジネスを拡大するようだ。同社の求人情報がそれを示している。(2006/4/26)

米政府、iPodやXboxを利用したサイバー犯罪に警鐘
米国防総省はサイバーセキュリティに関するカンファレンスで、iPodなどのMP3プレーヤーやXboxなどのゲーム機を悪用したサイバー犯罪の手口を紹介した。(2006/1/13)

米軍に多数の不適切なアカウント、セキュリティ監査で明らかに
米国防総省が実施したセキュリティ監査の結果、多くの休眠アカウントや不正なアカウントの存在が明らかになった。(2006/1/12)

Yahoo!が米東海岸に研究所新設、DARPA元幹部を起用
米Yahoo!はニューヨークに研究センターを新設し、米国防総省高等研究計画局(DARPA)出身のロン・ブラシュマン氏を新幹部に起用した。(2005/12/16)

Tiger搭載の自動制御カー、国防総省のグランドチャレンジに出場
Mac OS Xで完全自動制御の改造車が、米国防総省主催のカーレースのセミファイナルに出場する。(IDG)(2005/7/22)

米国防総省、HPのスーパーコンピュータ導入
米国防総省空軍基地にHPのスーパーコンピュータが採用された。導入されるのは、OpteronとLinuxを搭載した「HP Cluster Platform 4000」。(2005/7/20)

米国防総省不正侵入の罪で実刑判決
国際ハッキング犯罪組織の元メンバーが、米国防総省のPCへの不正侵入、詐欺共謀罪、児童ポルノ保持の罪で21カ月の禁固刑を言い渡された。(IDG)(2005/5/13)

米国防総省、児童ポルノ画像のデータベース開発で捜査を迅速化
米国防総省は、コンピュータ犯罪捜査を迅速化するため、児童ポルノ画像のデータベースを開発する。(IDG)(2005/1/26)

ヒューマンテクノロジーズ、米国防総省でも採用の指紋認証システムを発売
ヒューマンテクノロジーズは2月中旬より、指紋を用いてWindowsへのログオンやパスワード管理を行う「DigitalPersona Pro 日本語版」の販売を開始する。(2005/1/24)

HP、米国防総省の契約獲得
(2004/9/16)

米国防総省、高度な軍事シミュレーションにLinuxクラスタ導入
米国防総省が導入したLinux NetworxのLinuxクラスタは、約100万の部隊や戦車、輸送車両、迫撃砲や陸上火砲などの兵器、戦艦、戦闘機などを想定した軍事シミュレーションが可能だ。(IDG)(2004/8/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。