ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「展示会」最新記事一覧

開催まであと1週間:
展示会の枠を超えるCEATEC、主催者が語る思い
2016年から、「CPS(サイバーフィジカルシステム/IoT(モノのインターネット)の展示会」として開催される「CEATEC」。なぜ、CEATECは生まれ変わる必要があったのか、運営事務局でプロジェクトマネジャーを務める鳥飼浩平氏と、広報・PR担当の吉田俊氏に話を聞いた。(2016/9/27)

SIM通:
「IFA 2016」登場の最新スマホから注目機種をピックアップ!
世界最大級の家電の総合見本市イベント「IFA 2016」に合わせて、今年も多くのスマートフォンメーカーが新機種を発表。その中から注目の機種を紹介します。(2016/9/23)

「東京ゲームショウ2016」開幕 VRが花盛り 「脳波VR」「VRライブ」など登場
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」が開幕。国内外から過去最多の614企業・団体が集結した。(2016/9/15)

製造マネジメントニュース:
“原点回帰”と“生まれ変わり”を訴えるCEATEC JAPAN
CEATEC JAPAN 実施協議会は、2016年10月3〜7日まで千葉市の幕張メッセで開催予定の「CEATEC JAPAN 2016」の開催概要について発表した。CEATEC JAPANは「最先端IT・エレクトロニクス総合展」として位置付けられてきたが、今回から「CPS/IoTの展示会」として生まれ変わり、来場者数前年比12%増の15万人を目指す。(2016/9/13)

日本人の「プレゼント」はこの展示会から生まれている 「ギフト・ショー秋2016」
「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」(ビジネスガイド社)が9月7日〜9日の3日間、東京ビッグサイト全館で行われる。会場の様子を写真レポートでお届け。(2016/9/8)

プリパラ担当者、iOS版プリパズは「もう少し待って」
「クリスマスおもちゃ見本市2016」で、女児向けゲーム&アニメ「プリパラ」の新商品が多数展示された。(2016/9/7)

IoTのニーズを実現させるプラットフォームを:
トリリオンセンサー時代に向けた展示会、初開催へ
JTBコミュニケーションデザインは、2017年6月7〜9日に東京ビッグサイトにおいて、展示会「Smart Sensing(スマートセンシング) 2017」を初開催すると発表した。国内のものづくり技術を発信し、センシング社会のビジネスマッチングを後押しすることを目指す。(2016/9/7)

ヱヴァから日本アニメ(ーター)見本市まで カラー10周年記念展が今秋開催
ラフォーレ原宿で11月23日からの開催が決定。(2016/8/31)

欧州最大のゲーム見本市「ゲームズコム」にコスプレイヤーが集まる理由とは?
ドイツのゲーム見本市「ゲームズコム」には多数のゲームファンにくわえてコスプレイヤーも訪れます。(2016/8/27)

庵野に鶴巻に舞城……豪華制作陣による長編アニメ「龍の歯医者」がNHK BSプレミアムで放送決定
日本アニメ(ーター)見本市発!(2016/8/26)

ゲーム内の臭いをリアル体験できる「Nosulus Rift」、Ubisoftが披露
ゲーム大手のUbisoftが、おならを武器に戦うゲーム「South Park: The Fractured But Whole」のプロモーション用に、「Oculus Rift」ならぬ「Nosulus Rift」を開発。ゲーム見本市で披露した。インタラクティブに臭いを嗅げるらしい。(2016/8/18)

DMS2016 編集後記:
ちょっと変? な展示会ノベルティまとめ(DMS編)
DMS2016のノベルティや、MONOist編集記者の思い出ノベルティについてまとめました。気楽な気持ちでどうぞ。(2016/8/12)

Keysight Technologiesプレジデント兼CEO Ron Nersesian氏:
計測器、技術の要はハードからソフトに
キーサイト・テクノロジーは、プライベートセミナーおよび展示会「Keysight World 2016 東京」を2016年7月14〜15日に開催した。それに合わせて来日した、米国本社Keysight Technologies プレジデント兼CEOのRon Nersesian氏に、Keysightの戦略などを聞いた。(2016/8/9)

製造業IoT:
アルプス電気はIoTで新規顧客と向き合うため“全てを捨てた”
アルプス電気の「センサーネットワークモジュール」は、4種類のセンサーを搭載しBluetoothでの通信に対応した新製品だ。センサーと通信モジュールという既存事業の組み合わせから、新規事業を立ち上げることを狙った。展示会で披露すると300件を超える引き合いがあったが、即座にビジネスに直結とは行かなかった。そこから引き合いをモノにするまでにはどのような苦労があったのか。(2016/8/1)

2018年、ケーブルテレビでも8Kが見られる
CATV関連技術の専門展示会「ケーブル技術ショー」で実際に8K試験放送をCATVの設備で伝送するデモンストレーションを行っている。(2016/7/28)

CPS/IoTで変わる未来の社会:
「CEATEC 2016」開催概要を発表、見どころは?
「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」として実施されることになった「CEATEC JAPAN 2016」の開催概要が、2016年7月28日に発表された。(2016/7/28)

舞台化&展示会記念! 「おそ松さん」人気エピソードを含む10話がニコ生で配信決定
DVD、BD特典の3.5話の配信もあるよ。(2016/7/21)

福田昭のデバイス通信(78):
「SEMICON West 2016」開催、半導体ビジネスの変革を迫る
半導体製造関連の北米最大の展示会「SEMICON West 2016」が現在、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中だ。今回のテーマは「これまでのビジネスは忘れろ」。そこから見えてくるのは、半導体産業が明らかに転換期に入ったということだ。(2016/7/14)

太陽光:
FIT改正で動き出す太陽光O&M市場、各社独自の強みを生かす
2016年6月29日〜7月1日に横浜市のパシフィコ横浜で開催された太陽光発電の総合展示会「PVJapan2016」では、出典各社から多くの太陽光発電所向けの運用保守(O&M)サービスが披露された。本稿ではその一部を紹介する。(2016/7/7)

SiC/GaNはこれから:
中国のパワー市場は発展途上でも、日米欧を猛追
中国 上海で開催されたパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Asia 2016」では、地元のIGBTデバイス/モジュールメーカーが目立った。専門家は、中国のパワーエレクトロニクス技術は、欧米や日本にまだ及ばないものの、猛スピードで追い上げているという。(2016/7/6)

自然エネルギー:
地熱資源量3位の日本、活用率向上には技術のブレイクスルーが必要
地熱資源量が世界3位と恵まれている日本だが活用率は低い。日本地熱協会と石油天然ガス・金属鉱物資源機構では「再生可能エネルギー世界展示会」に出展し、地熱活用促進に対するアピールを行った。しかし、現実的には国内では大きく拡大するのは難しい状況が続いている。(2016/7/4)

スマートシティ:
エネルギーの完全自給自足を目指す浜松市、スマートな政令指定都市へ
電力の地産池消を目指す浜松市は、太陽光発電の総合展示会「PVJapan2016」で講演し、官民協力による地方の地産地消エネルギーシステム実現に向けた取り組みを紹介した。(2016/7/1)

PCIM Asia 2016 リポート:
中国ではEVと家電向けパワエレを強化、三菱電機
三菱電機の中国法人は、中国 上海で開催されているパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Asia 2016」(2016年6月28〜30日)に出展し、鉄道車両や産業用途、電気自動車(EV)向けのIPM(Intelligent Power Module)やIGBTなどを展示した。(2016/6/30)

日本唯一の飲料&液状食品展示会「Drink JAPAN」:
何気なく飲んでいるドリンクには、こんなスゴいテクノロジーが詰まっている
国内唯一の飲料と液状商品の展示会「Drink JAPAN」が開催された。私たちがふだんゴクゴク飲んでいるドリンクの裏には、スゴいテクノロジーが詰まっていた! イベントの様子を写真レポートでお届け。(2016/6/30)

スマートアグリ:
採算改善進む植物工場、LED制御技術が成否のカギ
環境に影響を受けずに作物の生産ができる植物工場。採算性が大きな課題だとされてきたがLED照明技術の進化や、生産ノウハウの蓄積などで徐々に改善が進んでいる。展示会「植物工場・スマートアグリ展」での出展内容を紹介する。(2016/6/27)

PCIM Europe 2016:
SiC技術、成熟期はすぐそこに――ローム
パワー半導体の展示会「PCIM Europe 2016」(2016年5月10〜12日、ドイツ・ニュルンベルク)で、ROHM SemiconductorはSiCパワーデバイスの製品群を展示した。コスト面ではシリコンに比べて不利なSiCだが、業界では6インチウエハーへの移行も始まっていて、低コスト化が進むと期待されている。(2016/6/13)

SiC/GaNに期待はあれど:
パワー半導体、シリコンの置き換えは何年も先
ドイツで開催されたパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Europe 2016」では、SiCとGaNを用いたパワー半導体が多く展示された。パワーエレクトロニクス業界に40年以上身を置く、ECPE(European Center for Power Electronics)のプレジデントを務めるLeo Lorenz氏に、現在のパワー半導体の動向について話を聞いた。(2016/6/13)

ゲームの祭典「E3 2016」の各社発表スケジュール ソニーは日本時間の14日午前10時から
ゲーム業界の最大級の見本市「E3 2016」の開催に合わせ、Microsoftやソニー、任天堂などが現地で新作を発表する。主な企業の発表時間をまとめた(いずれもライブ中継を視聴できる)。Microsoftの発表は、AppleのWWDCの基調講演とぶつかる。(2016/6/12)

スタジオカラー「日本アニメ(ーター)見本市」の公式資料集が発売決定 本田雄の原画パラパラ本も!
第1弾は「西荻」。第2弾以降に「ME!ME!ME!」「I can Friday by day!」「旅のロボから」「カセットガール」も予定。(2016/6/10)

あなたの知らないプリンタの世界:
「印刷機」と「プリンタ」の違いって何? カタカナ訳語の不思議
なんとなく使い分けているような、いないような気がする「印刷機」と「プリンタ」の2つの言葉。その違いは一体どこにあるのでしょう。前回紹介した巨大展示会「drupa」で見た最新動向も紹介します。(2016/6/9)

「コンピューテックス台北」開幕 日本勢、IoT最新技術を披露
世界最大級のコンピューター見本市「コンピューテックス台北」が31日、台北で開幕した。36回目の開催で、世界30カ国・地域から1602社が5009のブースを出展。(2016/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
世界有数のICT見本市「COMPUTEX 2016」が台湾・台北市でいよいよ開幕 今年の見どころは?
台湾・台北市でPCパーツ関連/ICT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2016」が31日に開幕する。PCパーツがめじろ押しなのはもちろん、今年は新たに3つのエリアを増設する。COMPUTEXが目指すものは……?(2016/5/30)

絶縁型モーター制御デバイスのリーダー「Avago」が生まれ変わった:
PR:高効率モーター駆動に向けて革新的製品を生み続ける新生Broadcomに迫る
高効率化に向けて、最新のモーター駆動/制御技術が集結した展示会「TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展」の中でも、ひときわ大きな注目を集めたのが2016年2月にAvago Technologiesから社名変更したBroadcomのブースだ。ここでは、注目を集めたSiC/GaNパワーデバイスに対応する次世代型アイソレーションデバイスや新コンセプトのエンコーダーなど、新生Broadcomのモーター駆動/制御向けデバイスを詳しく紹介していこう。(2016/5/30)

あなたの知らないプリンタの世界:
3Dプリンタは世界を変えるか? 4年に1度の“印刷業界のオリンピック”で占う
4年に1度、ドイツで行われる印刷業界の大規模な展示会「drupa」(ドルッパ)。今回の注目はやはり3Dプリンティングです。立体を“プリント”することが当たり前になった未来は、印刷の概念すら変わっているかもしれません。(2016/5/26)

PCIM Europe 2016:
SiCを取り巻く環境、「この2年で変わった」
ドイツ・ニュルンベルクで開催されたパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Europe 2016」(2016年5月10〜12日)に出展した米国のUSCi(United Silicon Carbide, inc.)は、SiCパワー半導体に対する認識がここ数年で大きく変わったと語る。(2016/5/18)

人テク展2016 開催直前情報:
2016年も過去最大規模に、人テク展は538社が1155ブースで出展
自動車技術会は、2016年5月25〜27日にパシフィコ横浜で開催する自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2016」の概要を発表した。今回は538社が1155ブースで出展し、前回に引き続き過去最大での開催となる。(2016/5/16)

PCIM Europe 2016 主催者に聞く:
“PCIM”というプラットフォームでビジネス機会創出を
ドイツで開催中の「PCIM Europe」は、パワーエレクトロニクスに焦点を当てた、30年以上の歴史を持つ展示会だ。特にここ5年ほどで出展社数、来場者数を伸ばしていて、日本企業の出展もじわじわと増えつつある。(2016/5/12)

PCIM Europe 2016:
フルSiCは時期尚早? コスト面での不利さ拭えず
パワー半導体の展示会「PCIM Europe 2016」で、耐圧650VのSiC SBD(ショットキーバリアダイオード)や同1200VのSiC MOSFETなどを紹介したToshiba Electronics Europe。SiCのSBDとMOSFETを組み合わせた“フルSiC”のパワーモジュールは登場しているが、コストの壁は大きいと同社は述べる。(2016/5/11)

PCIM Europe 2016:
インフィニオン初のSiC MOSFETを披露、量産は2017年
Infineon Technologiesは、ドイツで開催中のパワー半導体の展示会「PCIM Europe 2016」(2016年5月10〜12日、ニュルンベルク)で、耐圧1200VのSiC MOSFETなどを展示した。(2016/5/11)

Interop Tokyo 2016 特集:
「日本のインターネットの父」が語る、Interopの意義
2016年6月8日から10日にかけて、インターネットテクノロジーをテーマとした国内最大級の展示会「Interop Tokyo 2016」が開催される。本稿では、Interop Tokyo 実行委員長である慶應義塾大学環境情報学部長 教授、村井純氏にInteropの持つ意義について聞いた。(2016/5/9)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
街が変わる、家も変える――IoTを活用するLED照明の可能性
3月にドイツのフランクフルトで開催された照明と住宅設備の展示会「Light+Building」では、最先端のLED照明を見ることができた。今回は最も大きなブースを構えていたフィリップスを例に、IoTを活用した最先端の照明の世界をのぞいてみよう。(2016/4/28)

ハノーバーメッセ2016:
「産業用ロボットのオムロン」確立へ、卓球ロボットも
オムロンは、ハノーバーメッセ2016において、買収したオムロンアデプトテクノロジーズ社の産業用ロボットを中心に産業用ロボットによるさまざまなソリューションを提案。国内の展示会でも出展した「卓球ロボ」なども披露し、ロボットメーカーとしてのイメージ作りを行った。(2016/4/26)

MVNOやIoTの展望が分かる――「ワイヤレスジャパン 2016」の事前登録を受付中
5月25日〜27日に東京ビッグサイトで開催される、モバイル/ワイヤレスの専門展示会「ワイヤレスジャパン2016」の事前予約を受付中。MVNOやIoTをテーマにしたカンファレンスも実施する。Android Nの情報もキャッチできる。(2016/4/22)

第2回 国際ドローン展:
ドローンの“弱点”と解決へのアプローチ
小型無人機(ドローン)の専門展示会、「国際ドローン展」が開催された。業務向けへの提案が多く盛況であったが、展示の中にはドローンが抱える課題の解決を目指すものも見受けられた。(2016/4/22)

VRに関係しない業界はない:
「VR(Virtual Reality)」がテクノロジー系展示会を乗っ取った日
2016年に行われたテクノロジー系展示会はVRが圧巻!? 各展示会に参加した著名人に、VRの現状を聞くイベントが開催されました。(2016/4/22)

TECHNO-FRONTIER 2016:
FL-NETでも、CC-Linkでも問題なし、異種環境を結べるインタフェース
ジェイテクトは、エレクトロニクス・メカトロニクスの展示会「テクノフロンティア2016」(2016年4月20〜22日、幕張メッセ)において、製造現場におけるIoT活用を実現する技術として、異業種間を結べるインタフェース「TOYOPUC-PLUS」を紹介した。(2016/4/21)

TECHNO-FRONTIER 2016:
IoTによる製造業革新へ、EtherCATやOPC-UAに対応したPLC
日立産機システムは、エレクトロニクス・メカトロニクスの展示会「テクノフロンティア2016」(2016年4月20〜22日、幕張メッセ)において、IoT対応産業用コントローラーを核に、つながる製造現場のデモを披露した。(2016/4/20)

電気自動車:
電気自動車は台湾の新産業に成り得ない? 落胆の「EV台湾」に見た光明
2016年で6回目の開催を迎えた電気自動車関連の技術展示会「EV台湾」。台湾では政府が電気自動車の技術で世界一になろうと意気込んでいるが、電気自動車の普及はなかなか順調に進まない。こうした台湾の電気自動車市場について、筆者のEV台湾リポートを交えてお送りする。(2016/4/15)

MEDTEC Japan 2016開催直前情報:
圧力波センサーで血管年齢をチェック――太陽誘電
太陽誘電は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2016」の出展概要を発表。「圧電圧力波センサ」や「機能性表面処理膜」などを披露する。(2016/4/14)

WPCが策定した「Qi Medium Power」:
15Wワイヤレス給電仕様が公開、2つの新たな方式
ロームの主席技術員である成清隆氏は、WPCが主催した「ワイヤレスパワー総合展示会&セミナー」(2016年4月8日)において、最大受電電力15Wであるワイヤレス給電規格「Qi Medium Power」のシステム構成や従来仕様との違いなどを一般向けに初めて公開した。(2016/4/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。