ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Ryzen」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ryzen」に関する情報が集まったページです。

サイコム、Ryzen Threadripper 2990WX搭載のハイエンドPCを発売
サイコムは、同社製BTOデスクトップPCのラインアップにRyzen Threadripper 2990WX搭載モデル2製品を追加した。(2018/8/16)

第2世代でさらなる高みへ 「Ryzen Threadripper 2950X」のパフォーマンスを試す
第2世代Ryzen Threadripperから、8月31日発売予定の16コア・32スレッドモデル「2950X」を一足先にテスト。その性能は?(2018/8/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper 2990WXが深夜販売でデビュー
32コア・64スレッドの新CPU「Ryzen Threadripper 2990WX」が8月13日22時から販売解禁。深夜販売を実施する店舗もあり、お盆期間も目玉となりそうだ。(2018/8/13)

32コア・64スレッドの第2世代「Threadripper」まとめ 編集部に届いた「2950X」を開封したぞ
編集部に届いた第2世代「Ryzen Threadripper 2950X」の評価キットを早速開封……箱でけえ!(2018/8/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzen対応の新チップセット「B450」がデビュー アキバの反応は?
X470の下位となるB450チップセットを搭載したマザーが一斉に売り出された。1万円切りモデルやmini-ITXモデルもあり、Ryzen自作の選択肢を増やしている。店頭の評判は……?(2018/8/6)

サイコム、対象モデルを最大7000円値引きする「AMD+MSI サマーキャンペーン」 8月31日まで
サイコムは、AMD製プロセッサ搭載の対象モデルを値引きする「AMD+MSI サマーキャンペーン」を開始した。(2018/8/3)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(27):
1つのシリコンを使い尽くす ―― 米国半導体メーカーの合理的な工夫
半導体チップ開発は、プロセスの微細化に伴い、より大きな費用が掛かるようになっている。だからこそ、費用を投じて作ったチップをより有効活用することが重要になってきている。そうした中で、米国の半導体メーカーは過去から1つのチップを使い尽くすための工夫を施している。今回はそうした“1つのシリコンを使い尽くす”ための工夫を紹介していく。(2018/8/6)

レノボ、スリム狭額ディスプレイを搭載したビジネス向け一体型デスクトップ
レノボ・ジャパンは、法人向けデスクトップPC「ThinkCentre」の新モデル計4製品を発表した。(2018/8/1)

MSI、AMD B450チップセットを採用する第2世代Ryzen向けマザーボード7製品を投入
台湾MSIは、第2世代Ryzen向けミドルレンジチップセットのAMD B450を搭載するマザーボード計7製品を発表した。(2018/7/31)

TSUKUMO、Quadro+Ryzen 7を搭載するハイパフォーマンスPC
Project Whiteは、第2世代RyzenプロセッサとQuadroを標準搭載したミドルタワー型PCを発売した。(2018/7/27)

COMPUTEX TAIPEI 2018レポート(後編):
「COMPUTEX TAIPEI 2018」で静かに始まるx86からArmへの置き換え
「COMPUTEX TAIPEI 2018」の組み込み関連展示レポートの後編をお届け。あまり盛り上がっていないLPWAや、中国系SoCのSOM/SBCでの躍進などを紹介するとともに、前回と比べて着実に進んでいたx86からArmへの置き換えについても紹介する。(2018/7/24)

レノボ、Ryzen Pro搭載の14型ビジネスノート「ThinkPad A485」 台数限定で9万円台から
レノボ・ジャパンは、プロセッサとしてRyzen Proを採用した14型ビジネスノートPC「ThinkPad A485」の販売を開始した。(2018/7/23)

AIの開発を加速:
「ネットワークエッジの高性能化が必要」 AMDが語る
AMD(Advanced Micro Devices)は現在、クライアントおよび組み込みシステムのディープラーニングジョブを加速するための競争に参加すべく、準備を進めている。(2018/7/23)

QNAP、カード追加でGPUアクセラレーションも利用できるハイエンドNAS
テックウインドは、QNAP製ハイスペックNAS「TS-1677X」の取り扱いを開始する。(2018/7/17)

NEC、家庭用15.6型ノート「LAVIE Note Standard」を刷新 直販でRyzen 7モデルも用意
NECパーソナルコンピュータは、家庭用ノート「LAVIE Note Standard」の2018年春モデルを発表した。(2018/7/17)

日本HP、より身近にゲームを楽しむ“メインストリーム向け”ゲーミングPC「HP Pavilion Gaming」
日本HPは、メインストリーム向けをうたうゲーミングPC「HP Pavilion Gaming」シリーズを発表した。(2018/7/12)

「モンスターハンター:ワールド」PC版は8月10日発売
カプコンは7月9日(米国時間)、ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」のPC版を、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で8月10日(日本時間)に配信すると発表した。(2018/7/10)

MSI、AMD X470チップセット採用のエントリーゲーミングマザー「X470 GAMING PRO」
エムエスアイコンピュータージャパンは、AMD X470チップセットを搭載したゲーミングATXマザーボード「X470 GAMING PRO」を発売する。(2018/7/6)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(ベンチマーク編)
レノボ・ジャパンの薄型ノートPC「ideapad 720S」には、AMD Ryzenを搭載するモデルが用意されている。その上位構成をベンチマークテストしてみた。結果やいかに。(2018/7/6)

サイコム、スリムデスクトップ「SBX」シリーズにRaven Ridge搭載モデルを追加
サイコムは、AMD製APU“Raven Ridge”を採用したスリム型デスクトップPC「SBX2600B350AG」の販売を開始する。(2018/7/5)

HP、プレミアムPC「HP ENVY」にタッチ対応コンバーティブルモデルを追加
日本HPは、個人向けプレミアムPC「HP ENVY」のラインアップにノートPC3製品、オールインワンデスクトップPC2製品を追加した。(2018/6/22)

第2世代Ryzenの省電力モデルと「StoreMI」を試してみる
「StoreMI」は意外と速くて導入も簡単だった。(2018/6/21)

ASUS、Core i9+GTX 1080搭載のハイエンドゲーミングノートなどゲーミングPC計14製品を一挙投入
ASUS JAPANは、2018年夏秋モデルのゲーミングPC計14製品を発表した。(2018/6/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「全光PCとかいけるかも」――ついに光るSSDも登場!
RGB LEDライトを表面にあしらった2.5インチSSD「T-FORCE DELTA RGB SSD」が登場。ドライブにも光モノが現れたことで、MOD欲が刺激されたユーザーが少なからずいる様子だ。(2018/6/18)

サイコム、「DeToNator」コラボPCにゲーム配信向けのRyzen搭載ハイエンドモデル
サイコムは、プロゲーミングチーム「DeToNator」とのコラボレーションモデルにRyzen搭載タワー型ゲーミングデスクトップPCを追加した。(2018/6/13)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「AMDの組み込み」は今度こそ変わるか
組み込みシステムに古くから携わっていると、「AMDの組み込み」に微妙な感情を持ってしまう。しかし、今のAMDは組み込みに本気であるように見える。歴史を振り返りつつ、AMDの「本気度」を探ってみたい。(2018/6/12)

Computer Weekly日本語版
IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げる理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/6/10)

週末アキバ特価レポート:
CPUの話題はIntelだけじゃない!? 「Ryzen」がアキバの対抗特価で最大1万円引きに
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で、RyzenシリーズのCPUが通常売価より最大で1万円近く安い超特価となっている。久しぶりにCPUが特価の花だ。(2018/6/9)

ユニットコム、Radeon RX Vega 56 Nano Editionを装備したコンパクトゲーミングPCを販売開始
ユニットコムは、BTOゲーミングPC「LEVEL∞」シリーズのラインアップにRadeon RX Vega 56 Nano Edition搭載のコンパクト筐体モデルを追加した。(2018/6/8)

第2世代「Ryzen Threadripper」は最大32コア・64スレッド 2018年第3四半期に投入
AMDは最大32コア・64スレッドを実現した第2世代「Ryzen Threadripper」を2018年第3四半期(7月〜9月)に投入する。(2018/6/6)

AMD、最大32コアの第2世代Threadripper CPUを7〜9月にリリースへ
AMDが、第2世代のRyzen Threadripperを第3四半期にリリースすると発表した。12ナノプロセスで製造し、最大32コア/64スレッドになる。(2018/6/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「前の反省が生かされてますね」――MSIが特典重視の「GAMING KIT」を発売
複数アイテムをパッケージにした「GAMING KIT」がMSIから久しぶりに登場。マザー単体と同価格で特典が付くお得さが評価されそうな雰囲気だ。(2018/6/4)

PR:ハイエンド性能を最大まで引き出すデュアル水冷! サイコム「G-Master Hydro X470A」を試す
第2世代Ryzenを採用したサイコムの「G-Master Hydro X470A」は、こだわりの水冷システムによって、高性能と静音性を両立したモデルだ。(2018/5/31)

PR:第2世代Ryzen搭載のゲーミングPCは性能よしコスパよし! 「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」をぶん回す
「G-Tune」に登場した第2世代Ryzen搭載モデルは、高いゲーミング性能を手の届きやすい価格で実現したバランスの良さが光る。ベンチマークテストでその実力を明らかにしていこう。(2018/5/25)

MSI、第2世代Ryzen+AM4マザーの同時購入でSteamウォレット5000円分をプレゼント 7月30日まで
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製の対象Socket AM4マザーボードと第2世代Ryzenプロセッサの同時購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始する。(2018/5/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
16万円弱のSSD「Optane SSD 905P」がアキバで予想以上の反響
Intelのエンスージアスト向けSSD「Optane SSD 905P」が複数店に入荷し、税込み16万円弱という価格ながら好調に売れている。NVMe M.2 SSDも新製品が豊富だ。(2018/5/21)

MSI、パソコンSHOPアークと協業 コラボゲーミングPC発売
台湾MSIは5月18日、パソコンSHOPアークと協業し、MSI製の各種パーツを搭載したアーク×MSI「Powered by MSI」ゲーミングPCを発売すると発表した。コラボPCはRYZEN搭載モデル、Core i7搭載モデル、Core i3搭載モデルの計3モデルを用意し、5月25日から販売を開始する。(2018/5/18)

AMD、Vegaグラフィックス機能を内蔵したビジネスPC向けの新「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、ビジネス向けAPU「Ryzen PRO」新モデルの発表を行った。(2018/5/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
サムスンの新世代SSD「970 PRO」「970 EVO」が一斉デビュー
NVMe M.2 SSDブームをリードしていたサムスンから、新世代の「970」シリーズが登場した。各ショップで話題となっているが、売れ行きは果たして……!?(2018/5/14)

ASRock、Ryzen対応の多機能ゲーミングMini-ITXマザーなど2製品
マスタードシードは、台湾ASRockのRyzen対応Mini-ITXマザーボード計2製品の取り扱いを発表した。(2018/5/11)

ESEC2018&IoT/M2M展:
組み込み機器向け「Ryzen」の演算性能は最大3.6TFLOPS、AIも動かせる
日本AMDは、「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC2018)」において、組み込み機器向けのプロセッサ製品「AMD Ryzen Embedded V1000ファミリー」を展示した。(2018/5/11)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(外観編)
AMDの「Ryzen Mobile APU(CPU+GPU)」を搭載するノートPCが登場し始めた。今回は、その低消費電力性を生かしたレノボ・ジャパンのノートPC「ideapad 720S(AMDモデル)」の外観をレビューする。(2018/5/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
3万9000円のRyzenマザー「ROG CROSSHAIR VII HERO」が登場
第2世代Ryzen向けのX470マザーと第8世代Core iシリーズ向けH370、B350マザーがASUSTeKから多数売り出され、大型連休中の選択肢を充実させている。売れ筋は高コスパモデル!?(2018/5/2)

マウス、税別5万円台から買えるRyzen APU搭載エントリーPC計2製品
マウスコンピューターは、ミニタワーPC「LUV MACHINES」およびスリムPC「LUV MACHINES Slim」にRyzen APU搭載モデルを追加した。(2018/4/26)

マウス、ヨドバシAkiba店の2周年を記念したフェアを全国直販店で実施 4月27日から
マウスコンピューターは、「ヨドバシAkiba店」2周年を記念したフェアの開催を発表した。(2018/4/25)

重要度が増した組み込み市場
IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げるのはなぜか
EPYCでサーバ市場にAMDが返り咲き、Intelとの競合が再び注目されるようになった。両社の戦いはデータセンター市場だけでなく、組み込み市場に拡大している。両社がこの市場を重視する理由とは?(2018/4/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzenが好調発進! 4万円強の2700Xがアキバで一番人気
第2世代Ryzenが予定通りに売り出され、順調な滑り出しで自作市場を賑わせている。同時発売のX470マザーも好評ながら、全体的に品薄でラインアップ不足を指摘する声もあった。(2018/4/23)

“地味子”じゃなかった第2世代Ryzen ベンチマークテストで徹底検証
第2世代のRyzen 7 2700XとRyzen 5 2600Xをベンチマークテストで評価する。(2018/4/20)

G-Tune、第2世代Ryzen 7を搭載したミニタワーゲーミングPCを発売
マウスコンピューターは、G-Tune製ミニタワー型PC「NEXTGEAR-MICRO」に第2世代Ryzen 7搭載モデルを追加した。(2018/4/20)

サードウェーブ、デスクトップPC計3ブランドに第2世代Ryzen採用モデルを投入
サードウェーブは、同社製デスクトップPC「GALLERIA」「raytrek」など各PCブランドから第2世代Ryzen採用モデルの販売を開始する。(2018/4/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。