プロナビ

これからの時代の「AI PC」たる条件は3つ! IntelとMicrosoftが定義を策定

» 2024年02月28日 02時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 IntelとMicrosoftは2月27日、vPro対応Core Ultraプロセッサ(シリーズ1)の発表に合わせて、AI処理を高速に行える「AI PC」の定義を共同で定めたことを発表した。「AI PCとは何なのか――曖昧だったポイントが明確化される。

条件は3つ!

 IntelとMicrosoftが共同で定めたAI PCの要件は以下の3つだ。

  • 「Copilot」に対応していること
  • Copilotキー」を搭載すること
  • CPUとGPUに加えてNPUを搭載すること
AI PCの要件 IntelとMicrosoftが共同で定めた「AI PC」の要件

 Core Ultraプロセッサ(シリーズ1)は全モデルがNPU「Intel AI Engine」を備えているため、同CPUを搭載するノートPCはCopilotキーさえ搭載すれば要件を満たせる。ただし、開発や製造/出荷のタイミングの都合でCore Ultraプロセッサを搭載していても、Copilotキーが搭載されないノートPCも存在する

Copilotキー ノートPCの2024年モデルにはCopilotキーを搭載するモデルも登場している。ただし、出荷のタイミングもあり“全て”とは限らない(写真はデル・テクノロジーズの「XPS 13」)

 AI PCには、CPUやGPUに加えてNPUも搭載される。これにより、さまざまなAI(人工知能処理)を高速化することができる。Intelは今後、Core Ultraプロセッサの「全モデルNPU搭載→ほぼ全てがAI PC」というメリットを打ち出していくものと思われる。

NPU NPUを利活用することで、非搭載のPCと比べて「できること」が増えたり、今までできたことでも処理がより高速になったりする。Intelでは、NPU(やGPU)によるAI処理を積極的に取り入れるようにアプリ(ソフトウェア)開発者に促しているという
自社はもちろん競合よりも強い Core Ultraプロセッサは、自社の「第13世代Coreプロセッサ」(開発コード名:Raptor Lake)はもちろん、競合の「Ryzen 7080シリーズ」よりもAI処理に優れているという
AI処理 AIを用いるアプリを使う前提なら、第13世代Coreプロセッサよりも同等のCore Ultraプロセッサ(シリーズ1)を選んだ方が快適だという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  4. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  5. わずか237gとスマホ並みに軽いモバイルディスプレイ! ユニークの10.5型「UQ-PM10FHDNT-GL」を試す (2024年04月25日)
  6. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  7. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  8. 「Surface Go」が“タフブック”みたいになる耐衝撃ケース サンワサプライから登場 (2024年04月24日)
  9. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー