ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「消防」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「消防」に関する情報が集まったページです。

停止したエスカレーターを上るとき、何だか変な感じがする“科学的な理由”
「壊れたエスカレーター現象」という、そのまんまの名称で呼ばれています。(2018/5/19)

視力検査に使われる「C」みたいなマークの名前、知ってる?
意外とかっこいい。(2018/5/19)

次世代の消防救助用ウエアラブル「スマートゴーグル」コンセプトモデルを公開 暗闇でも要救助者を確認
セイコーエプソンが次世代の消防救助用ウエアラブル機器のコンセプトモデル「スマートマスク」および「スマートゴーグル」を発表。スマートグラス「モベリオ BT-300」の技術を応用した。(2018/5/18)

「こたつの赤い光には、実は意味がない」って本当?
昔のこたつにはよくあった赤色光。(2018/5/19)

「ローマの休日で知られる『真実の口』は、古代のマンホールのふた」って本当?
確かに形は似てるけど……?(2018/5/18)

「Suica」でおなじみ「タッチ&ゴー」が持っている“危険な意味”
「タッチ・アンド・ゴー」の訓練中に、事故が発生したことも。(2018/5/18)

“牛が飲み込む用の磁石”が販売されている理由
栄養にはならなそうだけど……?(2018/5/17)

ゲームでおなじみ「バハムート」はもともと「ベヒーモス」だったって本当?
FFなどのゲームでは、別のモンスターとして登場しますが……?(2018/5/16)

「猫のおしっこのような香り」のワインがある
それはおいしい……のか?(2018/5/16)

インドのやりおるマンが水路に落ちてしまった子犬をレスキュー 自作アームつきドローンで拾い上げる
助けられた子犬は元気になりました。(2018/5/15)

クボタ 枚方製造所:
クボタの「喧噪音が飛び交う」組み立てラインに静寂を呼んだ、四角いブロック
製造業の組み立てラインには、アンドンシステムや信号灯といった作業トラブルを知らせる仕組みが広く導入されている。クボタの枚方製造所はこの「お知らせ」を安価に高度化し、作業効率を劇的に改善した。現場主導でなされた、その取り組みを紹介する。(2018/5/14)

30代以下は見たことないかも 「この〜木なんの木」のCMに登場する木は4種類ある
気になる。(2018/5/14)

カルピスの「ピス」って何なの? カルピスと仏教の意外な関係
まさかのサンスクリット語。(2018/5/14)

小鳥の「カナリア」はラテン語で「犬」という意味 どうしてこうなった……
ややこしい。(2018/5/12)

「黒船はペリーの数百年前から日本に来ていた」って知ってた?
室町時代から来ていたそうな。(2018/5/11)

こんにゃくに「恐ろしい別名」がある理由
「世界で最も醜い花」「死体花」の異名を持つ種類も。(2018/5/11)

大量のチョコ積んだトラックが横転 道路一面にチョコ流出
もったいない……。(2018/5/10)

転倒する家具、迫り来る炎に熱風……リアルな災害を五感で体験「VR防災」活用進む
VR技術を活用し、防災に役立てようとする取り組みが行政や民間企業で広がっている。東京消防庁が国内で初めて「VR防災体験車」を運用。乗車してみると、災害で転倒する家具や、目前で燃え広がる炎の迫力に圧倒された。(2018/5/10)

非常用電源の法令点検、9割が未実施で形骸化
災害時に停電しても、電気を止められない設備に電力を供給する「非常用発電機」。しかしここ最近、法令で義務付けられている年1度の定期点検で、民間施設を中心に実に9割近くが適切に点検されておらず、形骸化している実態が判明した。非常時には国内のライフラインがストップしてしまうのではないかとの危険性も指摘されている。(2018/5/10)

現代では考えにくい理由で「既婚者にしか任せられないガス灯の仕事」があった
夫婦ともに朝弱かったら意味なさそう。(2018/5/10)

筑波大発ロボットスーツ、記者が装着し25キロの箱を持ち上げてみると……
腰の動きをサポートするロボットスーツ「HAL腰タイプ」。全国の建設現場や介護施設などで活用され、従業員らから好評を博している。使用感を、産経記者が体験した。(2018/5/9)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ビジネスPCと個人向けPCって何が違うの?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCには個人向けとビジネス向けでカテゴリーが分けられています。できることはほぼ同じ……一体何が違うのでしょうか。(2018/5/9)

市街地データのエッジ分析で事件や事故を早期検知――米ラスベガスでNTTとDellが共同実証
NTTグループと米Dell Technologiesが、米国ラスベガス市で事件や事故をAIで予測・検知する「公共安全ソリューション」の共同実証実験を開始する。センサーに近いマイクロデータセンターでのエッジ分析により、インシデントの迅速な検知と対応を実現する。(2018/5/8)

「日本の半分は豪雪地帯に指定されている」って知ってた?
何だったら「豪雪ではない地帯」の方がちょっと少ない。(2018/5/9)

シロナガスクジラの年齢はアレで測る
こんなの取れたら気持ちよさそう。(2018/5/10)

ピーマンもパプリカも、とうがらしの仲間って知ってた?
実は違いが分かりにくいピーマン、パプリカ、とうがらし。(2018/5/8)

昔の日本には“歩いてはいけないトイレの履物”があった
なぜ作った……?(2018/5/7)

ハンバーグは、もともと生肉のまま食べる料理だった
「ユッケの兄弟」のような食べ物だったもよう。(2018/5/7)

豪大学で異臭、500人が避難 原因は腐ったドリアンだった
ドリアンやばい。(2018/5/1)

【マンガ】ランドセルを日本で初めて使ったのは大正天皇だった
ランセル→ランドセル(2018/5/2)

【マンガ】室町時代には“現代人には絶対解けないなぞなぞ”があった
「母には二度会うけれども、父には一度も会わない」ものって、な〜んだ?(2018/5/6)

【マンガ】砂のない砂漠があるって知ってた?
実は、砂だらけの砂漠の方が少ない。(2018/5/3)

【マンガ】実はナマコには骨がある
あんなにグニャグニャしてるのに。(2018/5/4)

【マンガ】シチリアの旗は「どうしてこうなった」感がすごい
お前は誰だ。(2018/5/5)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(3):
働き方改革から災害対策まで「閉域モバイル網」を徹底活用しよう!
連載第3回はモバイルに焦点を当てる。この数年で固定通信と比較して、モバイル向け通信の高速化と低価格化が進んだ。企業はモバイルをより多く活用する「モバイルシフト」によって、通信コストを削減できる。それだけでなく、働き方改革や災害対策にも役立つ。その際使うべきなのはインターネットに接続していない「閉域モバイル網」だ。(2018/4/23)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 最終回:
訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わりつつあるようです。(2018/4/20)

消防車を個人で所有し、法律を守って公道を走る方法
実は意外とお安い。(2018/4/17)

声に出さなくても伝わる 心の声を認識するウェアラブルシステムをMITが開発
あなたの…心に…直接… 呼びかけています…。(2018/4/12)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

「iOS 11.3」配信開始 バッテリーの交換推奨、ARKitの拡張など
Appleが「iOS 11.3」を配信開始。iPhoneのバッテリーの状態を確認できるようになり、必要に応じて交換を推奨する。「ARKit」は1.5にバージョンアップし、壁やドアなど垂直な面も認識可能になる。(2018/3/30)

判決後男は驚きの行動:
高温車内に1歳男児を放置、死亡させた男女の不可思議な関係
「何度も車に放置して大丈夫だったので、危険とは思わなかった」。被告の男は法廷でこう強弁した。(2018/3/23)

これは覚えておきたい もしもの時に役に立つ「毛布1枚で暖をとる方法」が搬送にも使える
頭に入れておくことが大事。(2018/3/17)

うほほ、水面すれっすれ グラウンドエフェクトを使ってかっ飛ぶ船「エアーフィッシュ」がかっこいい〜
トビウオみたいにスーイスイ。これは飛行機? それとも船? (2018/3/16)

PR:タフなだけじゃなかった! GPSナビにスマホ連携——G-SHOCK レンジマンの先端技術
カシオ入魂の新しい「G-SHOCK RANGEMAN」。GPSナビを搭載し、さらに活躍の幅を広げるために詰め込まれた新技術の数々とは? 羽村技術センターでその詳細を聞いた。(2018/3/7)

漫画『あいまいみー』最新回が衝撃の展開 作者の自宅がリアル炎上 → 詳細を聞いたら本当に大変だった
燃えたのは裏庭の樹木。人や家屋が無事で本当によかった。(2018/2/28)

iOS/Androidアプリ「周波数帳2018」リリース 新たにARモードを搭載
ハンズエイドは、2月27日に「周波数帳2017」のiOS/Android版を同時配信。現在地をもとに大まかな位置情報に向けて矢印や周波数情報をカメラに表示する「ARモード」を新たに搭載した。(2018/2/27)

「ドクターカー」導入にクラウドファンディング 成育医療センター、国立なのに「寄付」に頼ったワケ
重症の子供を搬送する高規格の「ドクターカー」を導入したいと、国立成育医療研究センターがクラウドファンディングを始めた。国立の病院が自施設の機材拡充に民間の資金を募るのはなぜか。そこにはクラウドファンディングならではの「感情に訴えかける方法」が活かされていた。(2018/2/27)

2年間無償で4ノード8TBまで使える試用版も:
PR:HDDだけでもフラッシュ並に速く、TCOを3分の2に削減した実績があるストレージソフトウェアがHCIの問題点を解消できる3つの理由
ベンダー各社からさまざまなハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品が登場している。HCIというとアプライアンス製品をイメージするが、ベースにあるのはソフトウェア定義ストレージ(SDS)技術だ。そんな中、SDSのパイオニアの1社であるDataCore Softwareは、SDSだけではなくHCIにもマーケットに先駆けて早くから取り組んでいた。HCIアプライアンスでは提供できない魅力とは。(2018/2/19)

クレーンゲーム機に閉じ込められた少年を消防隊員が救出 フロリダ州で
ぬいぐるみが欲しかった少年の救出に当たったのは非番の消防隊員。(2018/2/16)

自然エネルギー:
佐賀県で起きた風車発電の火災、原因は変圧器部品の腐食か
2017年夏に佐賀県唐津市の「串崎風力発電所」で起きた火災事故について、JFEエンジニアリングが調査報告書をまとめた。原因は電蝕(しょく)による変圧器内の部品の腐食と見ているという。(2018/2/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。