ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フロンガス」最新記事一覧

省エネ機器:
一次エネルギー効率143%、光熱費とCO2を5割以上削減する新型給湯器
設備メーカーのノーリツ(兵庫県神戸市)は、ガスと電気を組み合わせて利用する戸建住宅向けの「ハイブリッド給湯・暖房システム」の新製品を発表した。「業界最高レベル」(同社)の給湯一次エネルギー効率143%を達成した製品で、大幅な省エネによる電力コストとCO2排出量の削減を可能にした。2016年9月1日から販売を開始する。(2016/4/26)

法制度・規制:
いまさら聞けない「フロン排出抑制法」、ついに始まる「漏えい量」の報告義務
「フロン排出抑制法」が2015年4月1日に施行されてから間もなく1年が経過する。今回の改正では業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた他、一定の量フロンが漏えいした場合には国への報告が必要になった。環境省はこのほどこのフロン排出抑制法に関するセミナーを開催し、あらためて改正のポイントを説明するとともに、イオン、ローソンなどの企業が自社の対策状況について語った。(2016/3/24)

風まかせの風力発電、安定供給できる? 空気を使って電力貯蔵 神戸製鋼所などが開発へ
空気を使って電力を貯蔵する圧縮空気蓄電システムの開発に、神戸製鋼所などが着手した。発電量が不安定な風力発電の出力変動の抑制を実現する新技術として、実用化が期待されている。(2016/3/7)

自然エネルギー:
低温の蒸気と熱水を使える地熱発電所、大分県の山中で建設開始
地熱発電所が数多く集まる大分県の九重町で新しい発電所の建設工事が始まった。従来の地熱発電所では利用できかった低温の蒸気と熱水を使えるバイナリー方式の設備を導入する。発電能力は5MWになり、国内の地熱バイナリー発電所では最大級だ。1年後の2017年3月に運転を開始する。(2016/3/3)

宇宙ビジネスの新潮流:
「地球外生命体」と「火星移住」を研究する日本人を知ってますか?
人類は火星に移住できるのか? 地球の外にも生命体は存在するのか? そんな夢のあるテーマについて、日米を行き来しながら研究する一人の日本人がいるのをご存じだろうか。(2016/2/12)

自然エネルギー:
ローソンが“揚げもの廃油”でバイオマス発電、店舗の調達電力を7割削減
コンビニ大手のローソンが兵庫県姫路市の店舗にバイオマス発電システムを導入した。揚げもの商品の調理で発生する廃油を活用して発電し、店舗の電力として使うことで省エネ化を図る。発電量は既存店舗の消費電力の約20%に相当する年間3万6000kWhを見込んでいる。こうした創エネに加え、徹底した省エネ施策も導入して調達電力を7割削減する。(2016/2/4)

法制度・規制:
日本の温室効果ガス排出量が3%減る、電力の削減効果が大きく
2014年度に国全体で排出した温室効果ガスは前年度と比べて3.0%少なくなった。特に電力消費量の減少と発電設備の改善によるCO2の削減効果が大きかった。原子力発電所が運転できない状態でも、石油火力の減少と再生可能エネルギーの増加でCO2排出量は減らせる。(2015/11/27)

知財ニュース:
ダイキンが新冷媒の特許を無償開放、HFC-32採用空調機器の市場拡大へ
ダイキン工業は、新冷媒として注目されている「HFC-32を用いた空調機」に関する特許を無償開放する。新冷媒採用空調機器の市場拡大を促す。(2015/9/11)

法制度・規制:
環境負荷の少ない次世代冷媒、ダイキンが特許を無償開放
空調機などにおいて熱を運ぶ役割を担う冷媒は、一部の種類がオゾン層の破壊や地球温暖化につながるとして世界的に規制の強化が進んでいる。そこでダイキン工業は地球温暖化影響の少ないとされる「HFC−32」冷媒を用いた空調機の製造や販売に関する93の特許を、全世界に無償開放する。(2015/9/11)

相模原の爆発事故、米軍がFacebookで現地写真公開 建物の屋根が吹き飛んでる……
爆発が起こったのは窒素や酸素などのボンベ類が保管されていた建物だったとのこと。(2015/8/24)

PR:ユーザーに管理義務、こうすれば解決「フロン対策」
東京都内で開催されたフロン排出抑制法対策セミナー「いまからはじめる!フロン排出抑制法対策〜空調機器の点検義務化に賢く対応するポイント〜」では環境省の担当者の他、ダイキン工業とダイキンエアテクノが講演。フロン排出抑制法に従う効率的な手法を紹介した。(2015/7/23)

法制度・規制:
「オゾン層」と「地球温暖化」、地球を守る2つの基準で進むフロン類の規制
フロン類の排出規制が広がりを見せている。世界的な規制強化の動きに合わせて日本でも2015年4月から「フロン排出抑制法」が施行。幅広い用途で利用されている冷媒の在り方に注目が集まっている。(2015/6/30)

PR:ユーザーに課せられた「フロン排出抑制法」の義務、心地よさを提供するダイキンエアテクノが解消
2015年4月1日に施行されたフロン排出抑制法により、メーカーのみならずユーザーにも義務が課せられた。病院や学校などの施設では、専任者がいないため、どのように対応したらよいのか、不安が広がっている。3つの強みを生かしたダイキンエアテクノのサービスが役立つ。(2015/6/11)

法制度・規制:
自然冷媒でも“冷えて省エネ”は可能か、環境省がコンビニで実証実験
環境省は2015年6月1日から、フロン類を使用せず自然冷媒を使った冷凍冷蔵機器を利用して、従来通りの“冷え”と温室効果ガスの削減を両立できるかどうかを試す、実証実験を行う。(2015/5/27)

省エネ機器:
「暑い時間は冷やさない」ピークシフト自販機の設置が10万台を突破
日本コカ・コーラは、省エネ型自動販売機「ピークシフト自販機」の全国の市場設置台数が2015年5月21日時点で10万台を突破したと発表した。(2015/5/25)

いまさら聞けない 電装部品入門(18):
カーエアコンの冷房はなぜ冷えるのか(前編)
夏場のドライブで大活躍するカーエアコンの冷房機能。一体どういう仕組みで冷やすことができるのか前後編に分けて紹介する。前編で説明するのは、冷房機能に必要不可欠な冷媒と、冷媒を使って冷やすための冷凍サイクルの全体像についてだ。(2015/5/7)

法制度・規制:
エネルギーミックスの改善で温室効果ガスを削減、2030年までに26%
政府が2015年内に世界各国と合意する温室効果ガスの削減目標が固まった。CO2を主体にした温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減して、欧米の先進国と同等の貢献を果たしていく。電力をはじめエネルギーの生産・利用に伴って排出するCO2の削減が中心になる。(2015/5/4)

材料技術:
代替フロンの代替冷媒に対応するカーエアコン用ホース
横浜ゴムは、カーエアコンの次世代冷媒として欧州で普及が進んでいる「HFO-1234yf」に対応するカーエアコン用ホース「AC6B 11」を開発した。(2015/5/1)

法制度・規制:
温室効果ガス増加、火力発電と代替フロンが要因
環境省と国立環境研究所は、2013年度の日本の温室効果ガス排出量の確定値を発表した。総排出量は14億800万トン(二酸化炭素換算)で前年度比1.2%増加した。また2005年度と比較しても0.8%の増加となっている。(2015/4/22)

工場管理者も注意:
工場の「フロン」管理できていますか? フロン排出抑制法開始
2015年4月1日から「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」が開始された。従来法と異なり、フロンを使用する機器のユーザーにも管理義務が生じることが特徴だ。(2015/4/6)

法制度・規制:
フロン排出抑制法開始、空調機器管理者が気を付けるべきこと
フロン改修・破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」が2015年4月1日からスタートした。今回の改正により、地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類の排出抑制のため、業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた。また一定の量フロンが漏えいした場合にも報告が義務付けられている。(2015/4/1)

世界を「数字」で回してみよう(11) 環境問題:
地球温暖化の根拠に迫る
今回は、二酸化炭素(CO2)がどのように地球を暖めるのか、そして、「2100年には、最悪で平均気温が4.8℃上昇する」という説に根拠があるのかを検証したいと思います。地球温暖化の仕組みは、太陽と地球をそれぞれ「ラジオ放送局」と「ラジオ受信機」と考えると分かりやすくなります。(2015/1/21)

世界を「数字」で回してみよう(10) 環境問題:
“引きこもり”は環境に優しい?――CO2を数字で見てみる
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの中で、最も“敵視”されているものが二酸化炭素(CO2)です。今回、CO2を数字で見てみたところ、意外な“モノ”がCO2を大量に排出していることが分かりました。(2014/12/9)

世界を「数字」で回してみよう(9):
「環境問題」とは結局何なのか(後編)〜板挟みの実情〜
当事者意識がなかなか湧きにくい環境問題ですが、人類がこれまで何もできなかったわけではありません。実際、オゾンホールの問題は国際協調によってそれなりの効果を出しています。ただし、総じて環境問題というのは、「原因がはっきりしなくても対策しなければならない」「なのに数十年たっても効果はないかもしれない」という、極めて“板挟み”的な要素を含んでいるのです。(2014/12/1)

スマートショップ:
電気代を「60%削減」、コンビニで15種類の技術が光る
ローソンは2014年11月12日、愛知県に新店舗「ローソン豊橋明海工業団地店」を開店した。最大の特徴は電気使用量が2010年比で約60%削減できること。これは同社の店舗として最大の削減率だ。CO2冷媒冷蔵ケースとLED照明の効果が大きいという。(2014/11/12)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
“宇宙冷蔵庫”誕生秘話――ツインバードの冷蔵庫はいかにして宇宙へと羽ばたいたのか?
ツインバード工業の冷凍冷却ユニットをベースに作られた宇宙実験用冷凍冷蔵庫「FROST」が国際宇宙ステーションで活躍している。その背景には、小説「下町ロケット」のような話が、現実に展開されていた?(2014/4/11)

自然エネルギー:
温泉発電の「落とし穴」、別府の事例
温泉の源泉に市販のバイナリー発電機を据え付けると、24時間安定した電力を取り出すことができる。井戸を掘る必要もなく、固定価格買取制度(FIT)の対象であり、理想的な再生可能エネルギーに見える。しかし、幾つかの落とし穴がある。大分県別府市内の事業を担当した西日本地熱発電の事例を紹介する。(2014/3/12)

発電・蓄電機器:
100kW級のバイナリー発電が競う、低価格か高信頼性か
バイナリー発電は100℃前後の低温の熱源から発電できる。蒸気タービンでは利用できない熱源を使えることが特徴だ。低温の熱源は総規模が大きい代わりに、数が多く分散している。ユーザーの事業規模も小さくなるため、小型で安価な製品が必要だ。(2013/5/24)

スマートショップ:
省エネ率50%のエコストア、高効率空調や太陽光発電で実現
流通大手のイオングループが2020年度までにエネルギー使用量を50%削減する計画の一環で、次世代エコストア「スマートイオン」を拡大中だ。新店舗が4月12日に千葉県内にオープンする。高効率の空調機器や冷凍・冷蔵機器をはじめ、太陽光発電と蓄電池、LED照明を全面的に採用した。(2013/4/11)

アナログ設計:
低振幅・低周波のセンサー出力を扱う、アナログ信号調節の最新テクニック
現実世界の物理量を検出するセンサーの多くは、検出結果を振幅が小さく周波数が低いアナログ信号として出力する。それを処理するには、直流(DC)付近で利得と精度がいずれも高いアナログ信号調節(シグナルコンディショニング)回路を後段に設ける必要がある。本稿では、センサー出力の処理に向けたアナログ信号調節技術の最新状況を解説する。(2013/1/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/11/1)

東京モーターショー、BMW・ポルシェ・ホンダ
第42回東京モータショー2011現地速報。「BMW i」「ポルシェ911」「ホンダ EV-STER」など。(2011/12/8)

ガンダムからあの花まで――西武鉄道&アニメの地域活性化戦略
日本動画協会と協力して「アニメのふるさとプロジェクト」を2007年にスタートし、数々のアニメとのコラボを展開している西武鉄道。『機動戦士ガンダム』『銀河鉄道999』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などと行った取り組みを、ヒューマンメディアの小野打恵社長と西武鉄道の野田政成氏が解説した。(2011/11/30)

スマートグリッド:
甘味料で一度に40軒分の熱を運ぶ、大阪発の新しい都市エネルギー利用法
焼却炉は発電所としての機能をもつ都市内の重要なエネルギー拠点だ。焼却炉の欠点は、発電機を動かした後に残る200℃以下の熱をほとんど無駄に捨ててしまうことだ。川崎重工業と大阪ガスが大阪の地方自治体とともに始める取り組みは興味深い。ゴミ焼却場で得た低温の熱を甘味料を用いて需要家まで輸送する実証実験を開始する。(2011/9/30)

松田雅央の時事日想:
天空にある、気象観測所を訪ねてみた
海抜3580メートル、雪が消えることのない白銀の世界に気象観測所がある。欧州で最も標高の高い観測所ではどんなデータを集めているのだろうか。訪ねてみた。(2011/9/13)

きれいに使おう:
テレビやAV機器のクリーニング用品など4製品、エレコムから
エレコムは、テレビやAV機器のクリーニング用品やアクセサリとして、ダストブロワ―やリモコンカバーなど4製品9アイテムを販売する。(2011/4/26)

何かがおかしいIT化の進め方(45):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(前編)
年々、関心が広がっている地球温暖化問題。日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減する」と国際社会の場で世界から突出した約束をした。しかし、それをそのまま受け入れてしまっても良いものだろうか? CO2削減の動きを作り出している“背景”について、われわれが自ら考えてみる必要があると思う。(2010/4/7)

日本コカ・コーラ、ソーラーパネルを搭載した環境配慮型自動販売機を設置
(2010/3/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気回復を確認して底堅いが利益確定売りに押される
(2009/12/3)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
家電のネーミング進化論
家電のネーミングは種類によって、親しみやすい日本語だったり、かっこいい横文字だったりと傾向が変化します。それぞれのネーミングにどんな意図があるのか、考えてみました。(2009/11/30)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
もはや100円でも売れない……自販機不況に活路はあるか?
デフレの進行や、不況による従業員の削減などによって、自販機での売り上げが急減している。そしてその理由としてさらに、“お手軽から本物への変化”がある、と筆者は指摘する。(2009/11/19)

ユニチカ、自動車内装用VOC除去シートを開発――除去性能は従来比最高10倍
(2009/8/28)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(1):
プリント基板CADで“マイ”マイコンボードを作ろう!!
イチから作って丸ごと学ぶをモットーに、プリント基板CADによるボード製作からマイコン制御プログラミングまでを丸ごと解説(2009/3/26)

ベンチャーフェア Japan2009:
攻撃的に危険から身を守る!? 盾に催涙スプレーが入った防犯グッズ
凶悪事件などをテレビで見る機会が増えたような気がするが、防犯グッズを持っている人はどのくらいいるのだろうか? 防犯ベルやセンサーライトでもない、ちょっと変わった防犯グッズを紹介しよう。(2009/1/21)

カーボンオフセットのカラクリ:
疑問7 エコ情報に踊らされないためには? ブロガーにもできること
カーボンオフセットをはじめ、温暖化にCO2削減など、エコ情報があふれている。踊らされずに冷静に付き合うために、なにか有効な手立てはないだろうか――? (2008/7/17)

カーボンオフセットのカラクリ:
疑問4 ほかの温暖化ガスはどこへ? CO2を削減する3つの理由
有力仮説、地球温暖化の元凶として、いつも矢面に立たされるのがCO2だ。でも確か、温暖化ガスはほかにもあったはず……。「CO2主犯説」はどこから来たのだろう。(2008/7/9)

J8サミットの支援も:
「未来の地球を守るため」――エプソンが掲げる2050年の環境目標とは?
エプソンは北海道洞爺湖サミットの開催に合わせて、千歳事業所で同社の環境活動をアピール。地域協力の一環として、J8サミットへの支援も行った。(2008/7/8)

消費電力と闘うCIO:
【第3回】牛ふんもエネルギー資源として活用
エネルギーの資源不足が世界的に深刻化する今、その確保に向けて各社ともしのぎを削っている。中でも特にCIOは、データセンターの省エネ化などに向けてグリーンITの旗振り役として期待される。ユニークなアイデアが登場する一方で、取り組むべき課題も多いという。(2008/6/30)

今年最大の関心事は「電力」「冷却」:
氷、コンテナ、液体冷却――エネルギー最適化への果てしない道
データセンターにおけるエネルギーの最適化が叫ばれる中、管理者は日々頭を悩ませている。夜中に氷を作って日中の冷却に用いるなど、各企業のさまざまなアプローチを探る。(2007/12/19)

小学生といっしょに訪問:
かくして“つよインク”は生まれ変わる――エプソンのリサイクル工場見学
過酷な開発競争の裏で、環境保全にも本気で取り組んでいるエプソン。同社のリサイクル工場では、毎日山のような使用済み製品が再資源化されている。(2007/8/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。