ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「洋画」最新記事一覧

室井滋、「ファインディング・ドリー」のヒットで私生活でも“ドリー化”が進んでしまう
ニモ役の菊地慶くん、ベビー・ドリー役の青山ららちゃんも初お目見え。(2016/8/2)

ドラマやアニメ、雑誌が888円で見放題 フジテレビ「FODプレミアム」登場
動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」に、ドラマやアニメが見放題になる新プラン「FODプレミアム」が加わった。月額888円(税別)。(2016/8/1)

音を“前”に出したいあなたへ――オラソニックのテレビ用スピーカー「TW-D77OPT」のススメ
「下向き」が多いテレビのスピーカー。どうしても音を前に、ハッキリと出したいときにお勧めしたいのが、Olasonic(オラソニック)のテレビ用スピーカー「TW-D77OPT」だ。(2016/7/14)

マツケン、将軍からクラスチェンジで神になる
「X-MEN:アポカリプス」でマーベル史上最強のヴィラン(悪役)の声を担当する松平健さん(2016/7/13)

10代で「映画離れ」は進んでいない
若者の間で「テレビ離れ」が進んでいると言われているが、映画を見ている人はどのくらいいるのだろうか。10〜70代に聞いたところ……。NTTコム リサーチ調べ。(2016/7/11)

歌舞伎座が緑化される! 「ジャングル・ブック」ジャパンプレミアで初の洋画上映へ
ディズニーと歌舞伎の殿堂が世にもまれなコラボ!(2016/7/8)

フジテレビ、定額動画配信プラン「FODプレミアム」 雑誌読み放題も込みで月額888円
フジテレビオンデマンドに定額プラン「FODプレミアム」が登場。ドラマやバラエティ番組が見放題になり、雑誌読み放題サービスも利用できる。(2016/6/27)

あのキャラに花束を:
誰かと話したいの!(でも1人で見たいこともあるの!)「木根さんの1人でキネマ」木根真知子(三十代)のわがまま映画人生
映画が好きすぎて面倒くさいこと言っちゃうのは、まあ、よくあるよね。(2016/6/29)

4DXのキンプリは今日から:
人はなぜ「応援上映」にハマるのか 映画館で大騒ぎする新体験を図解してみた
映画館で声援OK、サイリウムOK、コスプレOKの「応援上映」。そんな応援上映にハマる仕組みを図解しました。(2016/6/18)

アニメや洋画にたびたび登場する謎の数字「A113」 その謎を解き明かすYouTubeムービーがなるほど
謎の数字「A113」が示すものとは一体。(2016/6/4)

声優の大塚明夫&沢海陽子が俳優として初共演 ダンディボイスのコンシェルジュと謎のスタイリスト役に
日本語吹き替え界で活躍してきた2人……ドラマでは一体どんな演技を?(2016/5/9)

菊地凛子さんが夫・染谷将太さんとの間に第1子を妊娠したことを報告
「新たな家族が増えるという喜びと感動を大切に、また日々精進していきたいと思っております」(2016/5/7)

当時のプロデューサーから詳細判明 ジャンク基板から発見された謎のゲームの正体「DarkSeed」
ゲーム中の時候の変化がキャラクター性能に影響する、意欲的なシステムを導入していた。(2016/4/28)

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、Netflixで配信開始
洋画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の配信がNetflixで始まった。(2016/4/25)

スピン経済の歩き方:
災害取材を行うマスコミが、現地で非常識な行動をとる理由
関西テレビ放送の中継車が、被災地のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車列に割り込んだことが発覚した。過去にも被災地でマスコミの非常識な行動が問題になっているが、なぜ彼らは“迷惑”なことをしてしまうのか。筆者の窪田氏によると……。(2016/4/19)

教えて! 絵師さん:
言葉で伝えられないことを目に込めて てぐれさん
10歳でイラストを描き始めたというてぐれさん。孤独を、言葉で伝えられないことを目に込めて――さみしさも強さも感じる1枚1枚が印象的です。(2016/4/18)

喪黒福造にハクション大魔王、ダース・ベイダー 声優の大平透さんが逝去 86歳
声優アワードの第1回で功労賞も受賞した名声優でした。(2016/4/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(後編)
前編に引き続き、「第8回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」のレビューをお届けしよう。後編は音質・画質のほかに、Blu-ray Discならではのパッケージ性という点が評価されたタイトルがそろった。(2016/4/4)

あのキャラに花束を:
みんなに大人気のギャルがいるって本当ですか? 「おしえて!ギャル子ちゃん」ギャル子ちゃんに恋をしちゃう
ギャル子ちゃんに「がんばれ!」って言われたら数年はがんばれます。(2016/4/1)

テレ東「午後のロードショー」の放送枠拡大が決定 放送時間も変更されるので注意
今までは13時35分放送開始→4月4日からは13時50分から放送開始。(2016/3/24)

「GYAO!」のCMなし月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」開始 「ガンダム」「コードギアス」など人気アニメや海外ドラマの独占配信
「沈黙の艦隊」や陸上自衛隊の映像も見放題。(2016/2/23)

Twitterで話題沸騰の「手書き時計」が東京で見られる! 東京都美術館の企画展で公開が決定
からくり時計が時刻を手書きするというユニークかつ複雑な作品が、生で鑑賞できるぞ。(2016/2/19)

第8回ブルーレイ大賞――グランプリに輝いたのは、あのバイオレンスアクション映画
DEGジャパンは2月17日、第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の表彰式を開催し、受賞作品を発表した。(2016/2/17)

週末アップルPickUp!:
Apple公式アプリ「iTunes Movie Trailers」と「Music Memos」ってなんだ?
30秒で分かる新作アプリ。(2016/2/15)

「おかあさんといっしょ」4月から新人形劇 番組史上初、ロボットがメインキャラに
いそうでいなかったロボット。(2016/2/8)

声優・小野大輔さんが所属事務所から独立、フリーに 「支えてくださった皆様にはいくら感謝をしてもしきれません」
新たな公式サイトのキャラクターボイスは小野Dファン必聴かも。(2016/2/1)

第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」、入賞作41タイトルを発表
DEGジャパンは、2015年に発売されたBlu-ray Discタイトルの中で「最もBlu-ray Discの特徴を生かした作品」を表彰するアワード、第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の入賞作41タイトルを発表した。(2016/1/21)

週末アップルPickUp!:
2015年ベストの音楽、映画、アプリは? Appleが各ストアで「BEST OF 2015」を公開
2015年もあと2週間弱で終わろうとしています。2015年はどんなコンテンツがヒットしたのでしょうか? 各ストアのエディターたちが厳選した、2015年を代表する傑作タイトル特集「BEST OF 2015」で今年のエンターテイメントを振り返ってみましょう!(2015/12/20)

ナイト2000が帰ってくる! 「ナイトライダー」新シリーズのトレーラー映像が公開
「行くぜ、キット!」「了解です、マイケル」。(2015/12/18)

魔法少女を夢見る少女を描いた洋画「マジカル・ガール」 予告編でなぜか長山洋子さんの「春はSA・RA・SA・RA」が流れる
監督の趣味がすごい。(2015/12/17)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
UHD BDはなくても史上最強! パナソニック「DMR-UBZ1」を使い倒す
パナソニックの「DMR-UBZ1」は、Ultra HD Blu-ray Discの再生機能を初めて搭載したBDレコーダー。まだUHD BDタイトルは市場に存在しないが、通常のBDを見れば再生能力の高さは分かる。また「NETFLIX」の4Kコンテンツも試聴した。(2015/12/17)

洋画鑑賞、あなたはどちら派? 近頃の字幕/吹替事情
演じる俳優たちの声をリアルに感じられる字幕、より内容を理解できる吹替――あなたの洋画鑑賞はどちら派? 近頃の字幕&吹替事情に迫ります。(2015/12/3)

今日から我が家が美術館よ! 100点以上の作品から好きな12点を選べる「国立美術館オリジナルカレンダー」がすてき
プレゼントにもどうぞ。(2015/11/9)

「クレヨンしんちゃん」園長先生役に声優の森田順平さん 10月9日放送回で初登場
昨年11月に亡くなった納谷六朗さんの後任として。(2015/10/8)

「テレビがつまらない」が8割:
Hulu、今後利用したいVODサービスで1位獲得――スカパー!調べ
9月1日〜8日までの期間でテレビ視聴に関する意識調査を実施したところ、「今後利用したいと思う動画配信サービス」でHuluが1位を獲得した。(スカパー!調べ)(2015/9/29)

PR:新作も見放題も楽しめる動画配信サービス「ビデオパス」の魅力とは?――5つのポイントから迫る
新しい動画配信サービスが次々登場して注目を集めているが、auユーザーが利用できる動画配信サービスに「ビデオパス」がある。ビデオパスはほかの動画サービスと比べ、どんな魅力があるのだろうか。5つの特徴から迫った。(2015/9/24)

「サザエさん」フネ役が交代へ 今の“初代フネ”が聞けるのはあと2回
麻生美代子さんから寺内よりえさんに交代となります。(2015/9/18)

月額590円で映画やドラマ、成人向けなど8万タイトル以上の配信コンテンツが見放題 ゲオとエイベックスの提携VODサービス「ゲオチャンネル」
開始は2016年2月予定。(2015/9/16)

月590円で8万本が見放題:
レンタル大手ゲオも参入、定額見放題サービスの「VOD元年」到来か
レンタル大手のゲオが映像配信サービス市場に参入する。全国に約1600店あるリアル店舗の強みを生かした“ハイブリッドVOD”として2016年にスタートする予定だ。(2015/9/15)

オンライン動画サービス特集:
音楽プレーヤーとしても便利! ソフトバンクの「UULA」ならワンコインで映画と音楽を楽しめる
ソフトバンクが提供する定額制動画配信サービス「UULA」は、月額500円以下の安さが魅力。その実力はいかに?(2015/8/31)

オンライン動画サービス特集:
お笑い好きなauユーザーへ 毎月1本の新作レンタルチケットが付く「ビデオパス」
各キャリアが定額制動画配信サービスを提供しているが、auの「ビデオパス」もその1つ。その特徴を見ていこう。(2015/8/19)

オンライン動画サービス特集:
実はドコモユーザー以外も使える! 月500円でオリジナル作品も充実の「dTV」
NTTドコモとエイベックス通信放送が提供する「dTV」は、月額500円という低価格で利用できるのが特徴だ。HuluやU-NEXTよりも割安なキャリアサービスの実力は?(2015/8/13)

オンライン動画サービス特集:
新作映画をいち早くチェックしたい人に! 映画館や電子書籍にも使える独自ポイント採用の「U-NEXT」
11万本以上もの動画を配信する「U-NEXT」。定額制動画サービスの中では高額な月額約2000円の料金を払ってでも使いたいのはどんなユーザー?(2015/8/11)

オンライン動画サービス特集:
海外ドラマのイッキ見はこれで決まり! 対応デバイスの多さが魅力の「Hulu」
Huluは、毎月1000円ほどで海外ドラマや洋画、アニメなどの映像が見放題になる動画配信サービス。どんなユーザーと相性がいいのだろうか。(2015/7/31)

いちから分かる最新家電:
スマホ1台で未体験のワクワクを毎日体験できるかも!!――アニメや映画が見放題の“映像配信サービス”ってどんなもの?
スマホさえあれば映画やアニメが楽しめる? 「Hulu」「dTV」など、最近良く耳にする定額見放題サービスについて解説していきます。(2015/7/21)

カレーが好きすぎて「和カレー」を編み出してしまった――漫画家・カラスヤサトシさん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場いただくのは、漫画家のカラスヤサトシさんです。(2015/7/17)

有料動画ユーザーの詳細が明らかに:
「YouTuberは文化じゃない」「VOD元年はこれから」 Hulu×dTVのキーマン対談
盛り上がりを見せる定額制動画配信サービスは、どんなユーザーがどのように利用しているのか。VODサービス「Hulu」と「dTV」のキーマンが現状を分析し、今後の展望を語った。(2015/7/15)

日本人向けのレコメンドが鍵:
Huluの船越社長が語る、「NETFLIX」に勝つ方法
HJホールディングスの船越社長とエイベックスデジタルの村本常務取締役が、業界関係者向けのイベントでVODサービスに関する対談を行い、国内上陸間近の「NETFLIX」について言及した。(2015/7/13)

教えて! 絵師さん:
愛しい彼女に触れたいドキドキを絵に込めて 賀茂川さん
京都市営地下鉄のキャラクターなどを手掛ける賀茂川さん。女の子を描く時に意識しているのは「愛しさ」だそうです。(2015/7/13)

月額500円で映像・電子書籍が見放題――Y!mobileユーザー向け「エンタメパック」
ソフトバンクとヤフーは、Y!mobileのスマートフォン/タブレット利用者を対象としたオプションサービス「エンタメパック」を提供開始。月額500円で映像・電子書籍が見放題になる。(2015/7/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。