ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FreeMind」最新記事一覧

小寺信良「ケータイの力学」:
教育のIT化を再考する(2)
教育現場の電子化には、どんなアプリを使うかも重要になってくる。ノートを“IT化”するのにぴったりな手書き対応のアプリを紹介しながら、具体的な利用シーンを検証してみよう。(2014/2/17)

3分LifeHacking:
アイデアを可視化しよう! マインドマップ作成ツール5選
ブレインストーミング、計画立案、アイデアの具現化などに効果を発揮するマインドマップ。どれを使ったらいいか悩んでいる人に向けて、米Lifehackerが読者投票で選んだマインドマップ作成ツールのベスト5を紹介します。(2013/5/17)

Mindjet、マインドマップツール「MindManager Version 9 for Mac」を発表
米Mindjetは、同社製マインドマップツール「MindManager」シリーズの最新版「MindManager Version 9 for Mac」を発表した。(2011/6/6)

3分LifeHacking:
MOLESKINE派もEvernote派も――「外付け記憶装置」としてメモを活用する術
メモを自分の「外付け記憶装置」として利用し、仕事に活用してみましょう。「紙と鉛筆が一番!」というアナログ派も、「デジタルツールを使いこなすのがイマ風でしょ!」というギーク派も、まずはメモを取ることを習慣化してみてください。(2010/12/21)

Webサービス図鑑/レビュー:
無料のマインドマップ作成ツール「EasyStep」はどこがスゴいのか
無料のWebマインドマッピングツール「EasyStep」は、美しいツリー図と使いやすいインタフェースが特徴。「マインドマップは気になってるけど、まだ自分で試したことはない」という人にオススメしたいサービスだ。(2009/11/13)

小寺信良の現象試考:
今だからこそ再確認したい、議論のしかた
ネットで議論がこじれるというのはよく聞く話だが、そもそも「議論」の仕方を私たちは十分に知っているだろうか。そこで上手な議論のために何が必要か、考察してみた。建設的な議論を行うための一助になれば幸いだ。(2009/9/7)

アクト・ツー、無料のマインドマップ作成サービス「マインドマイスター」日本語版を提供
アクト・ツーは、無料のマインドマップ作成Webアプリ「マインドマイスター」のサービスを開始した。(2009/6/17)

オープンソースのマインドマッピング「XMind 3」が公開
フリーのマインドマッピングソフトウェアとして有名なFreeMindの強力な対抗馬となり得るソフトウェアが中国企業からオープンソース化された。(2008/11/17)

オンラインでマインドマップ――無料Webアプリ6選
アイデアを書き出すときや議事録のまとめなどに有効だと言われているマインドマップだが、インストール不要でWebブラウザから作成できる便利なWebアプリも増えてきた。国内外のマインドマップ作成Webアプリを6つ紹介しよう。(2008/7/4)

ブレインストーミングを活発にさせる4つのツール
アイデア出しに効果的なブレインストーミング。このブレストの効用を高める4つのツールを1人用、グループ用に分けて紹介しよう。(2007/3/20)

読者から見たBiz.ID:
Googleカレンダーと世界の休日
9月14日〜20日にBiz.IDの記事にいただいたトラックバックやはてなブックマークを中心に、読者の方々からのフィードバックを紹介していきます。(2006/9/20)

読者から見たBiz.ID:
マインドマップとiTunes活用法
9月7日〜9月13日にBiz.IDの記事にいただいたトラックバックやはてなブックマークを中心に、読者の方々からのフィードバックを紹介していきます。(2006/9/14)

無料のマインドマップ作成ソフト「FreeMind」を使ってみました
マインドマップを作成したいが、どんなツールを使っていいかわからない――。先日紹介したオンラインサービス「Mayomi」に続いて、無料ソフトの「FreeMind」を試してみた。(2006/9/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。