ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google Spreadsheets」最新記事一覧

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(3):
GASでGoogleスプレッドシートのセルのフォーマット、文字位置、色、サイズ、けい線などを変えるには
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。今回は、スプレッドシートのセルのフォーマット、文字位置、色、サイズ、けい線などを変える各メソッドの使い方について。(2017/2/27)

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(2):
GASでGoogleスプレッドシートのセルの値、行数や列数を取得したり、セルに値を入力したりする基本
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。今回は、スプレッドシートのオブジェクトを整理し、セル操作に関する基本的なメソッドの使い方を紹介する。(2017/2/9)

モバイル版「Googleスプレッドシート」と「Googleスライド」でもコメント追加が可能に
Android/iOS版「Google Docs」がアップデートし、「スプレッドシート」と「スライド」でもコメントが追加できるようになった(「ドキュメント」では2012年から可能)。(2016/1/28)

「Googleスプレッドシートでは限界」――旅ベンチャーも困った交通費精算
「どこにもない旅を、みんなでつくる」をキャッチフレーズとするtrippeice。従業員数21人のベンチャー企業が選んだ交通費精算術とは?(2015/5/21)

モバイル版「Googleドライブ」アプリから編集機能が消滅 単体アプリが必要に
Googleが4月末にリリースした単体アプリ「Googleドキュメント」と「Googleスプレッドシート」をAndroid端末にまだインストールしていないと、Googleドライブでドキュメントを編集しようとすると単体アプリのインストールを促される。(2014/5/12)

Google、Microsoftに続いてiOS版オフィススイートを無料公開
Googleが、iOSおよびAndroid版の「Googleドキュメント」と「Googleスプレッドシート」を公開した。「Googleスライド」も間もなく公開する。(2014/5/1)

「新しいGoogleスプレッドシート」、オフライン編集などの新機能
Google Docsの表計算アプリ「スプレッドシート」が新しくなり、オフライン編集や新しい関数が追加された他、読み込みやスクロールが高速化した。(2013/12/12)

グレープシティ、帳票開発ツールの最新版を発表 Googleスプレッドシートに対応
グレープシティは、Javaシステム向けの帳票開発ツール「Elixir Report 8.4J」を発表。Googleスプレッドシートのデータからの帳票生成に対応したほか、データの書き出しにも対応した。(2012/1/12)

Spreadsheets Data APIを使うための基礎知識(3):
GData APIでスプレッドシートの排他制御とバッチ処理
SaaS形式のさまざまなGoogle Appsを操作するGData APIの1つ、Googleスプレッドシートを操作するSpreadsheets Data APIのJavaライブラリの使い方を基本から紹介する入門連載(編集部) (2010/6/4)

Spreadsheets Data APIを使うための基礎知識(2):
APIでGoogleスプレッドシートの追加/更新/削除
SaaS形式のさまざまなGoogle Appsを操作するGData APIの1つ、Googleスプレッドシートを操作するSpreadsheets Data APIのJavaライブラリの使い方を基本から紹介する入門連載(編集部) (2010/2/24)

Spreadsheets Data APIを使うための基礎知識(1):
GData APIでGoogleスプレッドシートを参照するには
SaaS形式のさまざまなGoogle Appsを操作するGData APIの1つ、Googleスプレッドシートを操作するSpreadsheets Data APIのJavaライブラリの使い方を基本から紹介する入門連載(編集部) (2010/1/15)

表示項目が4倍に:
「Google Squared」にソートやエクスポート機能など追加
検索結果をURLの一覧ではなく、表形式で表示する実験的サービス「Google Squared」に、検索結果を並べ替えたりGoogle Spreadsheetsにエクスポートする機能が追加された。(2009/10/13)

Googleスプレッドシート、iPhoneで編集可能に
iPhone、Android、Symbian S60携帯で、Google Docsの表計算ファイルの編集ができるようになった。(2009/2/14)

シゴトハッカーズ:
Googleスプレッドシートの基本的な使い方【チュートリアル編】
Google Docsのスプレッドシートを使って、遠く離れながらも同じホワイトボードを見ながら会議をしているのに近いやりとりをしている大橋さんと佐々木さん。その具体的な方法を解説します。(2008/8/8)

Google Docs & Spreadsheetsのグラフ機能でできること
グーグルによるオンラインオフィスサービス「Google Docs & Spreadsheets」でグラフを作ってみた。日本語対応に一部問題点があるものの、Webベースでグラフを作成するのには便利なサービスだ。(2007/4/25)

Google Docs & Spreadsheetsが日本語対応、アップロード時の文字化けも解消
Google Docs & Spreadsheetsが日本語に対応した。メニューが日本語化しているほか、日本語のフォントも選択可能になっている。以前あった、テキストファイルをアップロードする際に文字コードによっては文字化けした現象も解消した。(2007/3/20)

Googleサービスにcookie盗難の脆弱性
Googleの脆弱性が原因で、攻撃者がユーザーのcookieを盗んでGoogle Docs & Spreadsheetsやメールにアクセスできる状態になっていた。(2007/1/17)

3分LifeHacking:
OfficeファイルをダブルクリックしてGoogle Officeで開く
Officeファイルを直接「Google Docs & Spreadsheets」で開けるのは英語版Firefoxだけ。しかし日本語版でも、ちょっとした設定で利用が可能だ。(2006/12/13)

Google Docs & Spreadsheetsの5つの新機能を試す
オンライン版オフィススイート「Google Docs & Spreadsheets」にいくつか新機能の追加があった。新機能は大きく分けて次の5つ。実用性の高い書き出し機能から、NASDAQの株価が分かる特殊関数まで試してみた。(2006/11/30)

Google Spreadsheets、エクスポート機能を追加
ブログに表計算シートを埋め込みむことが可能になった。元データが更新されれば、埋め込んだ表も更新される。(2006/11/30)

Google版Office「Google Docs」登場か?
Googleが、「Writely」と「Google Spreadsheets」を統合したオフィス向けソフトを発表すると報じられている。(2006/10/11)

Google Spreadsheetsに新機能
招待なしで誰にでもスプレッドシートを公開できる機能や、OpenDocumentインポート・エクスポート対応などが追加された。(2006/9/22)

Google Spreadsheetsは「プアマンズExcel」
Google Spreadsheetsは表計算ソフトを時々使う人のためのもので、Fortune 500社のためのものではない。(2006/6/7)

「Google Spreadsheets」、テスト開始
Googleがオンライン表計算ソフトの限定テストを開始し、テスター登録を受け付けている。(2006/6/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。