ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギリシャ」最新記事一覧

関連キーワード

ディルバート(519):
職場に忍び寄る“椅子取りゲーム”
受験に就職、出世と人生には“椅子取りゲーム”がたくさん。ときには想像もしない形で遭遇することも……?(2017/9/21)

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」、ついに解読!? 懐疑的な意見も続々
何度解読されれば気が済むのか……。評価は芳しくなかったようです。(2017/9/14)

ああっ女神様! 竹内結子、世界に1つのドレス姿が潤いしかない
イモトの「So beautiful」に「ありがたや!!」。(2017/9/13)

タイムアウト東京のオススメ:
勝負の夜はタイ料理にする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/9/5)

米大学、ミャンマーの琥珀から「1億年前の花びらがない花」発見 顕微鏡を使わないと研究できない極小サイズ
琥珀の中で、完全な状態のまま保存されていたとのこと。(2017/8/18)

VRの世界広がる未知の市場 「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」
技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。(2017/8/8)

トランプの4枚のキング、実は全員モデルがいるって知ってた?
ただの髭のおじさんではない。(2017/7/24)

Twitterに女性の名で9万件の不正アカウント、大量の誘惑ツイート投稿
女性名の不正アカウント約9万件で構築するボットネットから、ユーザーをポルノサイトや出会い系サイトに誘導するツイートが大量に投稿されていた。(2017/7/19)

u-bloxが強調:
自動運転ではGNSSチップも機能安全対応が必須に
コネクテッドカー市場に注力するu-blox(ユーブロックス)は、次世代のV2X(Vehicle to everything)モジュールやGNSS(全地球航法衛星システム)モジュールの開発を進めている。u-bloxの共同創設者であるDaniel Ammann氏は、レベル4の自動運転車からGNSSが必須になり、それに伴ってGNSSレシーバーは機能安全対応が求められるようになると説明する。(2017/6/23)

劇場版「世界ネコ歩き」から 岩合光昭さんのコメント&出演ネコたちのモフモフなお写真が到着
楽しみだニャ。(2017/6/16)

「オタク向けにしたくない」――“萌え”とは違うものを ギリシャ時代の彫刻を意識し「ONE PIECE」公式フィギュア制作
ルクセンブルクにあるオフィスを訪ねた。(2017/6/15)

「ギリシャ神話の神々や天使と同じ」 叶姉妹、ファンの「なぜ露出度が高くても興奮しないのか」の疑問にファビュラスに回答
回答からも愛があふれてみえる。(2017/6/12)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K/HDRプロジェクターのリファレンスにJVC「DLA-Z1」を選んだ理由――麻倉シアター大改革(前編)
(2017/6/5)

“顔のない魚” オーストラリアの深海で発見
のっぺりした顔の魚が、100年以上を経て再発見されました。(2017/6/3)

Dr.本荘のThought & Share:
なぜ、“上司も管理職もいない組織”でイノベーションが起きるのか
“上司も管理職もいない会社”でイノベーションが起こる理由とは。(2017/5/27)

Google、IBM、Lyftがオープンなマイクロサービス管理ツール「Istio」公開
Google、IBM、Lyftが協力し、クラウド上のマイクロサービスの管理ツール「Istio」をオープンソースで公開した。まずは「Kubernetes」をサポートするが今後仮想マシンやCloud Foundryにも対応していく。(2017/5/25)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
特殊エフェクトビデオを撮れるアプリ「Musemage」を試す
名前から魔法使い感が漂うカメラアプリ「Musemage」。試してみたところ、名前に恥じず面白い動画や写真を撮影できたのである。(2017/5/21)

「聖闘士星矢」実写化決定! これは、かつてないコスモを感じる……
期待してもいいんだよね!?(2017/5/19)

45カ国語での通訳・接客を実現するクラウド型ロボアプリ、ヘッドウォータースが発表
ヘッドウォータースが、日常会話での音声翻訳に対応する、クラウドベースの多言語翻訳ロボアプリを発売。Pepper、Sota、ロボホンなどのコミュニケーションロボットで利用し、45カ国語での翻訳・接客を行える。2020年に向けた海外観光客対策や、サービス業などの労働力不足対策として活用を見込む。(2017/5/16)

ハッキングの手口を文系に理解できるよう野球に置き換えて説明してみる
DoS攻撃ってドスドス攻撃することではないそうです。(2017/4/28)

「豪華客船の旅」意外に安い? 「第2のクルーズ元年」到来か
「第2のクルーズ元年」が到来するのは、間近かもしれない。航空便やホテルの予約サイトとの間で顧客争奪戦が激しさを増す中、「上質な船旅」の提供は、旅行大手が強みを発揮できる重要な分野となりつつある。(2017/4/20)

広辞苑に実際に載っている「つきじです」とは一体どんな意味なのか? 「たほいや甲子゛園」を国語辞典マニアと一緒に鑑賞してきた
伝説のテレビ番組「たほいや」復活イベント第2弾!(2017/4/19)

最安料金は1人5万円:
「クルーズ」時代到来の予感 旅行大手がツアー拡充
「第2のクルーズ元年」が到来するかもしれない。顧客争奪戦が激しさを増す中、上質な船旅の提供は旅行大手が強みを発揮できる重要な分野となりつつある。熟年層はもちろん、クルーズ初体験のファミリー需要も開拓しようと売り込みに懸命だ。(2017/4/17)

男性同士で手をつないだ写真投稿、オランダのSNSで広がる 男性カップルへの暴力事件受け
「#allemannenhandinhand」というハッシュタグとともに広まっています。(2017/4/5)

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応
めちゃくちゃ使えそう。(2017/4/4)

Adobe、新フォント「源ノ明朝」オープンソースで公開
7つのウェイトと6万5535の字形を収録した。(2017/4/4)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
アテネで見つけた“ガラホ”はストレート型で日本語対応
見た目はケータイなのに中身はスマートフォン、そんな製品が海外でも増えています。ギリシャの家電量販店に立ち寄った際に見つけた「ギリシャ版ガラホ」と、現地で売られていたスマートフォンを紹介しましょう。(2017/3/28)

研究開発のダークサイド(9):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説の「再発見と崩壊の始まり」編)
プトレマイオスの「数学集成(アルマゲスト)」を「再発見」することに大きく貢献したレギオモンタヌスは、「再発見」以降に同書を最初に批判した学者でもあった。「数学集成(アルマゲスト)」の欠点に気付いたレギオモンタヌスは、新しい天文学理論の構築に取り掛かる。しかし、レギオモンタヌスが早逝したことにより、その試みは、ついえる。後を引き継いだのが、地動説への一大転換を果たすことになるコペルニクスであった。(2017/3/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
PCだけでなくサーバもARM対応を進めるMicrosoft
2016年12月にARM版Windows 10の開発表明を行ったMicrosoftだが、今度はARM版のWindows Serverを開発していると発表し、注目を集めている。(2017/3/27)

研究開発のダークサイド(8):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説の「再発見」編)
西欧社会では15世紀に至るまで、プトレマイオスの天動説「数学集成(アルマゲスト)」は絶対的な存在だった。だが、同書のラテン語翻訳版「数学集成の摘要」が誕生したことで、プトレマイオスの天動説を正しく検証できるようになった。そしてそれは、「数学集成(アルマゲスト)」に対する批判が始まるきっかけにもなったのである。(2017/3/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ホテルで配られる無料SIM、ギリシャのMVNOが便利だった
Mobile World Congress 2017が終わってからアテネで数泊しました。ホテルにチェックインするとき、カウンターの隅になにやらプリペイドSIMのパッケージのようなものが山積みされていました。何と、無料で使っていいそうです。(2017/3/21)

ディルバート(492):
それ、僕の仕事じゃないんで。
余計な仕事はしたくないという気持ちは分からなくはないですが、それはそれで自分にとっても損なのでは……という話すら通じない!?(2017/3/16)

研究開発のダークサイド(7):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説編)
研究不正の疑惑は、近代科学だけでなく、さらに時代をさかのぼった古代にも存在する。「数学集成(アルマゲスト)」をまとめ上げた、古代ローマ帝国の天文学者クラウディウス・プトレマイオスには、データを捏造したのではないかという疑惑がある。その“ダークサイド”を解説しよう。(2017/3/15)

NASA、土星の衛星「パン」の接近写真を公開 白い皮に具材が入った餃子のような見た目
宇宙に漂う餃子(パン)。(2017/3/10)

週末サイエンス:
約3200年前の古代エジプト彫像2体見つかる 破壊された寺院を知る「重要な発見」
古代エジプト第19王朝時代の彫像2体が見つかった。当時存在した寺院「オウン・サン」の様子を知る手掛かりになるという。(2017/3/10)

TSMCとも協業:
イーサネットスイッチでBroadcomに挑む新興企業
イーサネットスイッチ市場で圧倒的優位を誇るBroadcom。そのBroadcomに挑むのが、台湾MediaTekからスピンアウトしたNephosだ。(2017/3/10)

ITはみ出しコラム:
GoogleのAIが未来ではなく生活に入り込んでいる件
AIを使った普段の生活で利用できるサービスは、ぐんぐん進化しています。(2017/3/5)

研究開発のダークサイド(5):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(前編)
研究不正(研究不正と疑われる行為も含む)は、16〜17世紀の西欧では既に存在していた。英国の数学者であるチャールズ・バベッジは1830年に、「英国の科学が衰退しつつあることへの意見」という論文を発表し、研究不正を定義している。(2017/2/28)

「HTC Vive」のオーディオストラップと「Tracker」、それぞれ99.99ドルで発売へ
HTCが、VR HMD「Vive」の装着感をアップする付け替え用オーディオストラップ「VIVEデラックスオーディオストラップ」と新コントローラ「VIVEトラッカー」の価格と発売時期を発表した。(2017/2/27)

GoogleのiOS版入力アプリ「Gboard」が音声入力対応、「Google Doodle」も表示
Google検索の結果も入力できるiOS向けGoogle製キーボード「Gboard」に、音声入力機能と「Google Doodle」を入力する機能が追加され、新たに15カ国語(日本語はまだ)をサポートした。(2017/2/24)

スポンジ上に古城やクレムリンを建造 建築家兼パティシエが描くアートケーキの世界
リンゴでバラを表現したり、ダースベイダーをかたどったり、モチーフも技法も変幻自在。(2017/2/18)

ビヨンセがマタニティーフォトの新作を公開 妊婦ならぬ“ニンフ”がごとき神々しさ
っていうかもうアートだこれ。(2017/2/4)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(最終回):
PR:ベイサイドクルーズで、美女と暴走しちゃいました
ぼく、梧籐剛。7次請け開発会社で働くITエンジニアです。「退職したい」「退職したい」と言い続けて、早2年半。どうやら本当に退職する日が来たようです。でも、その前に、この暴走屋形船を何とかしなくちゃ!(2017/2/1)

ディルバート(485):
ときには上司は“悪魔”になるべし?
「部下を動かすために上司は冷徹になるべき」と解く説もあるようですが、ボスの無茶振りについては何だか納得いかない気がするのは、なぜなのでしょうね。(2017/1/26)

CES 2017:
CHORD最強のポータブルDAC「Hugo 2」開発秘話
「Hugo」の新世代モデル「Hugo 2」が登場。さらに「Mojo」の外付けモジュール「Poly」、そして超弩級CDトランスポート「Blu MkII」など盛りだくさんの内容。開発者に話を聞いた。(2017/1/12)

来週話題になるハナシ:
米国の衰退から学ぶ、ショッピングモール再生
米国のショッピングモールが衰退しつつある。数年ほど前から客足が減っていて、いまや「デッドモール」と呼ばれる廃墟が目立っている。なぜ、かつてのような輝きを失ったのか。その一方で、再生に向けた動きも始まっている。(2016/12/28)

米ImageWare Systemsが開発:
最大12種類の生体情報を使用する認証システム
米ImageWare Systemsが、最大で12種類の生体パラメータを使用する、安全性の高い生体認証システム「GoVerifyID」を開発したと発表した。パスワードなどからの置き換えを狙う。(2016/12/12)

ET2016獣道レポート:
3大クラウドサービスの裏通りで、ひっそりと輝く組み込み業界の星々
エレクトロニクス/組み込み分野に詳しい大原雄介氏が、IoTブームに沸く「ET2016/IoT Technology 2016」をレポート。「IoTというより、もうちょっと組み込みっぽい感じで!」というMONOist編集部のざっくりした依頼に応えるべく展示会を訪れた大原氏の前には“獣道”が広がっていた……。(2016/12/7)

「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由
「HoloLensって本当にホログラムなの?」「視野角の狭さは?」「日本の開発者に期待することは?」――来日した米MicrosoftのHoloLens担当者に数々の疑問を聞いてみた。(2016/11/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。