ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハクティビスト」最新記事一覧

2020年に日本にやって来る脅威
政府が進めている東京オリンピックのサイバーセキュリティ対策とは?
日本政府は、2020年の東京オリンピックに向けてさまざまなサイバーセキュリティ対策を進めている。政府の対策は十分なのか。そして、オリンピック開催時にやって来る「膨大な脅威」とは何か。(2017/9/22)

IoTセキュリティ インタビュー:
IoTデバイスを“凶器”にしないモノづくりの心得とは
あらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代を迎え、人々の生活は便利になる一方で、ハッキングされれば凶器と化すIoTデバイスはリスクにもなる。では、IoTデバイスを作る側はどのような点に留意すべきなのだろうか。セキュリティ専門家のビリー・リオス氏とジョナサン・バッツ氏に話を聞いた。(2017/9/4)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(12):
あなたの会社が狙われる理由、ズバリ教えます!
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は「あなたの会社が狙われる理由」について深掘りしていきたいと思います。理由が分かれば後は対策ですが……。(2017/3/2)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(2):
東京に生かすべき、リオにおけるサイバーセキュリティの教訓とは
連載「リオ五輪におけるセキュリティの舞台裏」の後編として、政府および重要インフラの対策に続き、リオにおける課題、東京に向けた教訓をお届けする。(2017/2/16)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

Gartner Insights Pickup(7):
Yahoo!で10億人分のデータ流出――米国はいつになったらサイバー防衛に本腰を入れるのか
米Yahoo!は、約10億人分の個人情報が流出していたことが分かったと、2016年12月に発表した。この深刻な事件から、私たちは何を読み取ればいいのだろうか。(2017/2/3)

前作との違いは:
映画『デスノート』脚本家 今だから語る秘話
最新映画『デスノート Light up the NEW World』が注目されている。作品の中で、脚本家の真野勝成氏はどのような点にこだわったのか。普段あまりメディアで語ることのない真野氏が、本作について脚本家目線で語ってくれた。(2016/12/7)

FOCUS 2016 Report:
カーナビがランサムウェアに感染したら…… 攻撃者視点のこれからの防御術
サイバーの脅威がITからIoTへと広がる今、守る側は対策をどう考えるべきか――Intel Securityのカンファレンスでは将来の要になるというセキュリティ技術動向が紹介された。(2016/11/4)

セキュリティのアレ(30):
目に見えない「Webサイト改ざん」に気付く方法
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第30回のテーマは「Webサイト改ざん」です。改ざんの“4パターン”から有効な対策、対処方法まで、解説します。(2016/8/19)

日本型セキュリティの現実と理想:
【新連載】セキュリティインシデントが繰り返される理由
セキュリティ対策をしているにもかかわらず、標的型攻撃による情報漏えいなどのインシデントが後を絶たないのはなぜか――。業界通の筆者が、その理由を歴史からひも解く渾身の新連載。(2015/7/1)

破壊行為がまん延する時代:
2015年の新たな課題、セキュリティ・エキスパートが対処すべき脅威
2015年も新たなセキュリティ上の脅威が出現し、企業や組織の担当者が対応すべき課題は多い。安全なシステムやネットワークを実現するために必要なものとは何か――。(2015/6/18)

セキュリティインシデントに立ち向かう「CSIRT」:
ソニー・ピクチャーズへの攻撃は新たな警鐘? 企業が講じるべき対応策
2013〜2014年に米国では大規模な被害を伴うサイバー攻撃事件が相次いだ。セキュリティインシデントの分析・研究などを手掛けるMandiantの専門家は、「米国でも適切に対応できる企業はごく一部しかない」と指摘する。(2015/3/11)

ネット犯罪の2015年を占う
2014年の国内のネット犯罪ではマルウェアによるオンラインバンキングの不正送金被害が話題になった。2015年は犯罪手口のさらなる高度化が予想されるという。(2014/12/8)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(1):
工場管理者必見! 攻撃者視点で考える制御システムの不正プログラム感染
制御システムにおけるセキュリティが注目を集めている。実際に工場などの制御システムが不正プログラムによる攻撃を受けた場合、どういう影響があり、どういう対応を取るべきなのだろうか。本連載では、予防としての対策だけでなく、実際に制御システムが不正プログラムに感染した場合の影響とその対応方法、そのための考え方などについて解説していく。(2014/9/22)

RSA Conference Asia Pacific&Japan 2014:
相互依存を深める一方、不信に引き裂かれるインターネットを救うためにセキュリティができること
「RSA Conference Asia Pacific&Japan 2014」初日の基調講演では、インターネットやモバイル、クラウドといった革新的な技術がもたらした「相互接続」「相互依存」が「不信」を生み出していることが指摘された。そして、それを乗り越えるためにセキュリティ業界が果たす役割についても言及された。(2014/7/23)

外から内からのサイバー攻撃を見える化、情報通信研究機構の取り組み
サイバー攻撃の動きは専門家でなければなかなか把握しにくいもの。ガートナー主催のセキュリティ会議では情報通信研究機構が、サイバー攻撃を可視化する研究や民間での活用について説明した。(2014/7/17)

HP World Tour Report:
2020年に100万人のサイバー犯罪者出現? 次のセキュリティを打ち出すHP
インド・ムンバイで開催の「HP World Tour Report」では高度化するサイバー犯罪に立ち向かうセキュリティ対策の新たな方向性やデータ保護のためのソリューションが発表された。(2014/7/4)

元米政府セキュリティ高官のシュミット氏、安全保障やスノーデン事件を語る
オバマ政権のサイバーセキュリティ特別補佐官などを歴任したハワード・シュミット氏が、デジタルアーツの海外戦略アドバイザーに就任。来日会見でサイバーセキュリティの在り方やスノーデン事件などについて言及した。(2014/6/6)

セキュリティ・ダークナイト(18):
See new world――振り返るとセキュリティ・ダークナイトはいるよ(後編)
セキュリティ・ダークナイトの視点で振り返る特集、後編はアノニマスやハクティビストへ突撃取材したことを振り返ります。(2014/3/31)

「SECCON全国大会2013」リポート:
日本最大のセキュリティコンテスト、その頂点に立ったのは?
2014年3月1〜2日、東京電機大学で「SECCON全国大会2013」が開催された。各地の予選を勝ち抜いた20チームが2日間の頂上決戦に挑んだ。(2014/3/19)

セキュリティ・ダークナイト(16):
本当のアノニマスが知りたいの・2
危うく脅迫された筆者に助け船を出してくれた1人のアノニマスは、以前、筆者の取材を直接受けてくれた人物だった。当時から2年以上経った今、何が変わり、何が変わらないのか―― 再びその声を直接聞く機会に恵まれた。(2014/1/27)

こうしてWebは改ざんされた(3):
Web改ざんへの備えは「カイゼン」「5S」から
Web改ざんへの対策を講じようにも、どこから手をつけたらいいか見当がつかない――そんな悩みを抱える方に、一見アナログに見えて本質的な解決のヒントを紹介します。(2013/11/8)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 9月25日号:クラウド戦争 新興勢力 vs. 従来型ベンダー
AWS、Googleといったクラウド専業プロバイダーが台頭し、IT市場の構造が変わりつつある。IBMやHPなど従来型ベンダーの動向は? 他にも、投資がアウトソースへシフトしている調査報告の分析、「インターネットの父」のインタビューなどをお届けする。(2013/10/7)

IPA、「情報セキュリティ白書2013」を発刊
国内外の注目すべき情報セキュリティインシデントや、インターネット接続機器の拡大に伴う新たな脅威などを会した「情報セキュリティ白書」の最新版を発刊した。(2013/9/2)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは
ここ数カ月を振り返ると、セキュリティ脅威の動向が活発化している。Web改ざんや不正アクセス、いまだ収まらない標的型攻撃……企業はこうした行為にどう対処すべきか。6月28日に開催されたセミナー「サイバー戦争勃発!? いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは」の講演から、そのヒントを探る。(2013/7/30)

ホワイトペーパー:
インターネットセキュリティ脅威レポート
セキュリティアナリストが世界最高レベルの統合性を誇る脆弱性データベースを活用し、攻撃活動や悪質なコードの活動、フィッシング、スパムにおける新たな傾向を特定、分析、および解説した調査資料。(2013/6/5)

韓国の大規模なシステム障害、攻撃者の目的は「システムダウン騒ぎ」か
韓国のメディアや金融機関のシステムが相次いでダウンした問題で、セキュリティ企業各社がこの攻撃に使われたとみられるマルウェアの解析作業を進めている。(2013/3/22)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年12月版:
Gmail乗っ取りでてんやわんやの年の瀬に
12月は、遠隔操作ウイルスによる誤認逮捕事件やハクティビストの活動がおとなしくなってきた一方で、年も押し迫った頃になってGmailアカウントの乗っ取りが続出し、大騒ぎになりました。(2013/1/16)

ハッカー集団、米国土安全保障省やシャープへの不正アクセスを公言
「NullCrew」を名乗るハッカー集団が、不正アクセスに成功したというサイト情報の一部を公開している。(2013/1/7)

セキュリティ・ダークナイト(11):
手のひらが世界中 繋がるハクティビスト
「GhostShell」というハッカーチームをご存じだろうか? 世界の有名大学を対象にした攻撃やNASA(米航空宇宙局)、ESA(欧州宇宙機関)などをターゲットにした「Project WhiteFox」を仕掛け、2012年にネットを騒がせたチームだ。Twitterでコンタクトを取ってみたところ意外なほど友好的なGhostShellから、思いがけない申し出を受け……。(2013/1/9)

不正処理もサーバサイドに?:
自動化、効率化進むサイバー金融詐欺、マカフィーが解説
マカフィーは12月18日、不正なポップアップ画面や「SpyEye」や「Zeus」といったマルウェアを用いたサイバー金融詐欺の現状に関する説明会を開催した。(2012/12/18)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年11月版:
遠隔操作ウイルス騒ぎは鎮静化、一方でAnonymousが再度躍動
遠隔操作ウイルスによる誤認逮捕事件はある程度沈静化し、国内は比較的落ち着いた雰囲気だった一方、海外では、イスラエルやシリアなどでAnonymousなどハクティビストの活動が再び活発になりました。(2012/12/14)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年9月版:
ハクティビストに中国……サイバー攻撃再燃の1カ月
一時期鳴りを潜めた感があったハクティビストによる攻撃が8月の終わりくらいから再開し、世界中のWebサイトが被害に遭いました。また日本では、尖閣諸島問題に関連して多数のWebサイトが攻撃されました。(2012/10/15)

OpJapan(オペレーションジャパン)から学ぶサイバー攻撃への備え
日本の政府や組織を狙った「Anonymous」によるサイバー攻撃から得られる教訓とはなにか――。(2012/7/3)

Kasperskyセキュリティセミナー(1):
国家が“ゲーム”に参加し始めた――現実化するサイバー戦争
セキュリティベンダーのKasperskyがメディア向けセミナーを開催。世界を取り巻くセキュリティ脅威の現状について解説した。(2012/4/13)

セキュリティ・ダークナイト(9):
知らないほうがいいのかもね? 人の脆弱性にハラハラ
不正アクセス禁止法の改正によって、いわゆるフィッシングサイトの設置や、そこへ誘導するフィッシングメールの送信が禁じられることになった。今回は、そのフィッシングサイトの危険性、ひいてはそれにだまされる「人」というものの脆弱性を、実際にサイトを構築することによって検証してみる。(編集部)(2012/4/10)

2012年のサイバー犯罪の傾向、EMCが予測
ネット詐欺を助長する不正サービスや企業に対する攻撃の拡大などが予想されるという。(2012/3/27)

悪質化と高度化が進む? モバイルの脅威と標的型攻撃の2012年を占う
米Fortinetでセキュリティストラテジストを務めるディレク・マンキー氏は、2011年に注目されたセキュリティ脅威にモバイルと標的型攻撃を挙げる。これらの脅威が2012年にどう変化するかを解説してくれた。(2012/1/26)

携帯狙いの不正コードや標的型攻撃が増加、IBMの上半期セキュリティ報告書
個人所有の端末を企業ネットワーク内で利用する「Bring Your Own Device」という方針が、企業セキュリティでの懸念を高めていると指摘する。(2011/10/3)

SymantecのCEOが来日会見、情報資産を保護する取り組みを披露
Symantecのエンリケ・セーラム社長兼CEOが来日し、政府機関や企業、個人の持つ情報資産を保護するという同社の取り組みを説明した。(2011/9/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。